【容量別】ソフトクーラーボックス15選!保冷力ランキングや裏技も紹介

 キャンプ用品

出典:kosmos111 / ゲッティイメージズ

飲食料を冷やすクーラーボックスはキャンプに欠かせないアイテム。その中でも、軽量でコンパクトになるソフトクーラーボックスは、キャンプの幅をより広げてくれるだけでなく、普段の買い物などにも役立つ万能アイテムです。そこで今回は、ソフトクーラーボックスの魅力とおすすめ15選を紹介していきます!


 目次


ソフトクーラーボックスの魅力って?

   

出典:al62 / ゲッティイメージズ

食べ物や飲み物を冷やしておくクーラーボックスは、キャンプに必須のアイテムです。しかしクーラーボックスと聞くと、ハードタイプのクーラーボックスを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?実はソフトクーラーボックスには、ハードクーラーボックスにない魅力がたくさんあります!

普段使いにも!軽量でコンパクトになる

   

出典:Amazon

ソフトクーラーボックスの一番の魅力は、なんといっても「軽さ」と「コンパクトさ」にあります。小さく折りたたむことができるので、使用後の持ち運びが簡単に。コンパクトで場所を取らないため、使わないときの収納もラクラクです。重くてかさばるハードクーラーボックスと違って、気軽に運べるのが嬉しいですね♪そのためキャンプだけでなく、ピクニックや運動会、買い物にも役立ちます。

サブバッグとしても便利!

   

出典:dehooks / ゲッティイメージズ

ソフトクーラーボックスは、食材運びを補助するサブバッグとしても役立ちます。保冷力があるハードクーラーボックスのデメリットは、重くて運びにくいこと。そのデメリットを補うのが、軽くて運びやすいソフトクーラーボックスです。例えば、取り出す機会と運ぶ機会が多い飲み物は、ソフトタイプに。長時間冷やしておく必要があって取り出す機会が少ない生モノは、ハードタイプに入れるなど、様々な使い方が可能になります。

ソフトクーラーボックスの選び方

ソフトクーラーボックスは種類がたくさんあるため、何を選べばいいか迷うかもしれません。一見どれも似たように見えますが、性能や使い方には違いがあります。そこで、選び方の基準となる3つのポイントをご紹介します!

【用途】キャンプで使うか、日常生活で使うか

   

出典:Amazon

ソフトクーラーボックスは、ボックスタイプの他に、バックタイプやトートタイプなどの種類があります。そのため、まずは「何に使うか」を考えましょう。キャンプで使うなら、容量が大きくて保冷力が比較的高い、ボックスタイプがおすすめ。ピクニックやちょっとした外出に使うなら、持ち運びやすくて小さくなる、バッグタイプやトートタイプがおすすめです。

【保冷力】どれだけ冷やせるか

   

出典:olesiabilkei / ゲッティイメージズ

食べ物の鮮度を保ち、飲み物をキンキンに冷やしておくためには「保冷力」が大切です。特にキャンプでは、直射日光が当たったり、暖かい外気が入ったりしやすいので、できるだけ保冷力が高いものを選びましょう。構造上、ハードクーラーボックスに保冷力は及びませんが、アイテムによっては氷を42時間維持できるソフトクーラーボックスもあります!後ほど保冷力ランキングをご紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

【容量】どれだけ詰め込めるか

   

出典:fishysam / ゲッティイメージズ

飲食料を詰め込める「容量」も重要。ソフトクーラーボックスの容量は、大体5リットル〜30リットルの間に収まっていることが多いです。5リットルは普段使い、30リットルはファミリーのデイキャンプなど、ここでもソフトクーラーボックスの用途を決めて選びましょう。

ソフトクーラーボックスの保冷力ランキングTOP3

数あるソフトクーラーボックスの中でも、保冷力が優れているソフトクーラーボックスTOP3を紹介します!暑い外でも氷が溶けにくいので、安心してキャンプを楽しめますよ♪

【容量別】おすすめソフトクーラーボックス9選

5リットル前後!ちょっとしたお出かけに便利

5リットル前後のソフトクーラーボックスは、手軽さが一番の魅力。キャンプだけでなく、ピクニックや普段のちょっとしたお出かけに便利です。ぜひ日常生活の色々なところで活用してみてください。

10リットル前後!釣りやピクニックに

10リットル前後のソフトクーラーボックスは、釣りやピクニックなどのアウトドアに最適です。500mlのペットボトルが12本入るので、ファミリーや数人の友達同士にはぴったりのサイズですね♪

20リットル前後!ファミリーでのバーベキューに

20リットル前後の容量は、日帰りバーベキューにおすすめです。3〜4人のファミリーなら食料も飲み物も、一緒に詰め込めます。

30リットル前後!デイキャンプに!

30リットル前後の容量は、ソフトクーラーボックスの中では大容量!バーベキューはもちろん、デイキャンプにもぴったりです。大人数の宿泊キャンプでは、サブバッグとしても役立ちます。

おしゃれなソフトクーラーボックス3選

「性能だけでなく、おしゃれにも気をつかいたい!」という方に、デザインが凝ったソフトクーラーボックスを紹介します!

保冷力を上げる3つの裏技を覚えておこう

ハードタイプには保冷力が敵わないソフトクーラーボックス。しかしちょっとした工夫で、保冷力がグッと上がります。そこで、手軽に試せる保冷力を上げる裏技を3つご紹介します!

1.詰め込み方を考える

   

出典:Amazon

保冷力アップのためには、適当に食材飲み物を詰め込むのはNGです。そのため、正しい詰め込み方を覚えておきましょう。

まずは、クーラーボックスの底に凍らせたペットボトルなどを敷き詰めて、その上に肉や魚など鮮度が大切な食材を乗せます。そして、隙間に小型の保冷剤を詰め込んで、食材の上には再び凍らせたペットボトルなどを置きます。つまり、凍ったペットボトルで食材を挟む形になれば最適です。

あるいは、食材と飲み物を分けて入れるのも保冷力を上げるには有効です。取り出す機会が何かと多い飲み物は、その度にクーラーボックスを開閉することになり、温かい外気が入りやすくなります。特に夏場は飲み物をたくさん取り出すので、分けて入れるのがおすすめです。

2.アルミシートを使う

太陽の光を反射し、断熱効果のあるアルミシートを貼ることも保冷力upに繋がります。ソフトクーラーボックスの内側には、既にアルミシートが貼られていることがありますが、さらに上から重ねて貼ることでより断熱効果を得ることができます。アルミシートは100円ショップでも売っているので、ぜひ試してみて下さい。

3.床や地面から離す

地面からの熱放射を防ぐために、ソフトクーラーボックスは床や地面から離れた場所に置きましょう。テーブルの上に置くだけでも保冷性は上がります。ハードクーラーボックスは重くてかさばるので、地面から離して置けないかもしれませんが、ソフトクーラーボックスなら大丈夫!軽さとコンパクトさが、ここでも役に立ちます。

まとめ

いかがでしたか?軽量でコンパクトになるソフトクーラーボックスは、キャンプに役立つこと間違いなし!サブバッグとしても便利です。もちろんキャンプだけでなく、様々なシチュエーションでも大活躍。買い物や運動会、ピクニックなど、ソフトクーラーボックスを色々なところで活用してみて下さい!


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

ソフトクーラー クーラーボックス

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪