hinata

>

キャンプ

>

アウトドアブランド

>

ロゴス

>

アイスクリームも溶けない!ロゴスクーラーボックスのおすすめ7選と合わせて買いたい保冷グッズ!

アイスクリームも溶けない!ロゴスクーラーボックスのおすすめ7選と合わせて買いたい保冷グッズ!

 キャンプ

ロゴスのクーラーボックス

出典:楽天

夏のキャンプやピクニックに、あると便利なクーラーボックス。ロゴスのクーラーボックスは使い勝手の良さで定評があります。クーラーボックスと一緒に使うと、より効果的なグッズも豊富です。そんなロゴスのクーラーボックスの特徴と購入時のポイントを紹介します!


 目次


ロゴスのクーラーボックスの魅力とは?

クーラーボックスに求められるのは保冷性能ですよね。ロゴスのクーラーボックスは、なんと8時間もアイスクリームが溶けないと謳うほどの高性能なものもあります!他にも魅力的なポイントがたくさん。目的別のサイズの目安や、おすすめの使用方法を紹介します。

M~XLなど豊富なサイズ展開

ロゴスのクーラーボックス    

出典:楽天

クーラーボックスは目的や人数に合わせて、大きさを選ぶことが大切です。大きすぎては持ち歩きに不便だし、小さすぎて必要なものをきちんと保冷できないのでは困ります。
その点、ロゴスのクーラーボックスはサイズがMサイズからXLサイズまで揃っているので、必要な大きさを見つけやすいのが魅力です!

サイズの目安

クーラーボックスの容量の説明でよく目にするのは、ペットボトルが入る本数で表示しているものです。例えば、50Lなら2Lペットボトルで16本、500mlペットボトルで34本入る、30Lなら2Lペットボトルで6本、500mlペットボトルで24本、15Lなら2Lペットボトルで4本、500mlペットボトルで15本など。

これではいまいちピンとこないかもしれませんね。そこで目安としては、1泊2日のキャンプで使用するクーラーボックスのサイズは、50Lなら4人家族向き30Lなら2人向きに良いサイズと覚えておくと良いでしょう。
実際には現地で食料を調達したり、ハードクーラーとソフトクーラーを組み合わせたりする使い方もあるので、そこはお好みであくまでも目安として参考にしてみてください。

一緒に使いたいサブアイテム多数!

ロゴスのアイスパック    

出典:楽天

クーラーボックスは冷えた食材やドリンクが温まらないよう冷たく保つためのもので、冷蔵庫のように冷やす働きはありません。冷たさをキープするためには、クーラーボックスと組み合わせて保冷材(アイスパック)やスタンドなどのサブアイテムも重要です。
ロゴスのクーラーボックスには、目的に応じて使い分けられる保冷力に優れたアイスパックが揃っているので、冷たいものを長時間キープすることができます。

おすすめのロゴスのクーラーボックス7選

クーラボックスと一緒に買いたいアイテム!

廃盤のメタル氷点下クーラーをお探しの方は

廃盤のモデルを購入したい人は、オークションや中古ショップを随時チェック!人気なのですぐなくなってしまいますが、タイミングによっては出品されていることも!!

ヤフオクでを探す:ロゴス メタル氷点下クーラー
メルカリで探す:ロゴス メタル氷点下クーラー

水抜き栓などの部品の破損、紛失の場合

お気に入りのクーラーボックスは、大切に長く使いたいですね。もし、水抜き栓などの部品が破損したり、紛失してしまった場合には、ロゴスのコンシューマー係に連絡してみてください。修理は部品の交換などに対応してくれます。

問い合わせはこちら:ロゴス・コーポレーション コンシューマー係

まとめ

高性能なクーラーボックスがあると、アウトドアでも冷たいドリンクやアウトドアクッキングを気軽に楽しめます。ロゴスのクーラーボックスなら用途にあったサイズや保冷機能のものが揃っていて、しかも故障などのトラブルにも対応しているのが嬉しいですね!お気に入りを見つけて、アウトドアへ出かけましょう♫


あわせて読みたい記事



新着記事


  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪