hinata

>

キャンプ

>

キャンプに必須のバーナー!選ぶポイントとおすすめバーナーご紹介

キャンプに必須のバーナー!選ぶポイントとおすすめバーナーご紹介

 キャンプ

アウトドアの必需品シングルバーナー

シングルバーナーはアウトドアで熱々の料理やドリンクを楽しむのに欠かせない重要アイテムです。一口にシングルバーナーといっても、ソロキャンプにぴったりのコンパクトなタイプから、大人数でのグランピングやバーベキューでも活躍するタイプまで、いろいろなものがあります。今回は、シングルバーナーの基本的な種類と、目的やシチュエーション別のおすすめアイテムについてご紹介していきます!


 目次


キャンプ必須だからこそバーナーをしっかり選ぶ!

シングルバーナーを使用して調理をする様子    

出典:スノーピーク

「バーナー」と一口に行っても実は様々なタイプなものがあります。燃料の違いや形の違い、デザインなど検討するべきポイントは盛りだくさん!キャンプで料理をするのには必須なアイテムだからこそ、しっかりポイントを抑えて皆さんのキャンプスタイルにあったバーナーを選ぶようにしましょう♪ということで、バーナーの選ぶポイントとおすすめのバーナー、使い方などをご紹介していきます!

ポイント① ガス・ガソリン・灯油から燃料を選ぶ!

ガス

ガス缶タイプのシングルバーナー使用例    

出典:スノーピーク

ガスを使ったバーナーの特徴は、コンパクトで軽いことと簡単に使用できること。ガス缶を繋ぐだけで火をつけることができるので、家庭でガスコンロを使うように簡単にバーナー初心者でもすぐ使用できます♪冬キャンプで使用する際は、外気温が低いのでそれに伴って火力も落ちます。またガスを使用している音がなってしまうという難点もあります。このように多少のデメリットはあるものの、それを補うほどの扱いやすさなので初心者の方はガス缶のタイプを選ぶのがベストです!

また、ガスには高機能なアウトドア缶タイプ、いわゆるOB缶と、手に入れやすいカセットガス缶タイプ、いわゆるCB缶があります。缶のタイプは後ほど詳しくご説明します!

ガソリン

液体タイプのシングルバーナー使用例    

出典:MSR

ガソリンと一口に言っても、基本的にはガソリンそのものを使うバーナーは多くありません。ガソリンタイプで使う主流のガソリンはホワイトガソリンです。ホワイトガソリンは、通常のガソリンを精製したもので揮発性が高いので、火力が非常に強いです。燃料コストも安いのも特徴。一方、高い火力を保つに当たって「ポンピング」という空気を送り込む作業があり、はじめのうちは慣れておらず難しいという問題点もあります。

灯油

ケロシン燃料とも言われます。手に入りやすくコストが安いので使いたいところですが、扱いには十分な注意が必要になってくるという側面も持っています。ガソリンと同様液体燃料なので寒さに強いというメリットもあります。そもそも日本で出回っている灯油対応のバーナーは数少ないので、触れる機会は少ないかもしれません。

ポイント② ガスバーナーにもOD缶・CB缶がある!

汎用性の高いOD缶

   

出典:Amazon

OD缶は「OutDoor缶」の略。バーナーにセットすることで、家のコンロと同じように誰でも簡単に着火することが可能です。最も扱いやすく、バーナー以外にもランタンなど多くのアウトドアギアで使用できるメリットがあります。コストがかかることと、OD缶を複数用意するとなると荷物が嵩張るのが難点。また寒冷や高所ではパワーが落ちるので、季節や場所を選んで使用する必要があります。

手軽に使用できるCB缶

   

出典:Amazon

初心者用のアイテムと侮るなかれ。CB缶に対応した様々なタイプの商品が出ており、ベテランキャンパーの愛用者も多い燃料です。最大のメリットはコンビニやスーパーで購入ができ、OD缶やホワイトガソリンと比べて安く手軽に購入できる点。 使用時もOD缶同様使いやすく、自宅でも使う場面のあるアイテムです。ウィークポイントはパワーが弱く強風時や寒冷地などでは火力の低下が著しい事です。天気が穏やかな季節に使うのには抜群のコストパフォーマンスの燃料と言えます。

ポイント③ 一体型・分離型から型を選ぶ!

冬のキャンプの様子    

出典:MSR

一体型

バーナーには型にも種類があります。燃料の入った缶の上に直接ストーブ部分が乗る型が「一体型」と呼ばれるものです。一体型はコンパクトで軽く、マグカップや小鍋などに収納して持ち歩くことができるのが特徴です。お湯を沸かすなどのちょっとした調理に向いています。逆に重い容器や大きい容器を置くことはできないので、少人数、少量の料理の際にはこちらをがおすすめです。

分離型

燃料部分とストーブ部分がホースで繋がっている型が「分離型」と呼ばれるものです。分離型はコンロ部分と燃料部分がホースで繋がっているので、置く場所を選びやすく重心も低いので安定感をしっかり確保できるのが特徴です。しっかり料理したいという人に向いています。

定番からおしゃれなものまで!おすすめのシングルバーナー10選

ここではバーナーの中でも最も使いやすく、用途の幅が広いシングルバーナーをご紹介!シングルバーナーさえ持っていれば、ひとまず料理に困ることはないので、ここからお気に入りを選んでみてください♪

これさえ守れば安心!バーナーの使い方

ポイント① 装着時のチェック!

ガスが漏れて出てこないように、バーナーの調節つまみをしっかりと閉じていることを確認します。また、ガス缶と連結する部分のゴムパッキンが劣化していないことも確認してください。これもガズ漏れを防ぐためです。

ポイント② ライター・マッチを持って行っておく!

基本的には点火装置を使うことで着火が可能ですが、標高が高かったり外気温が低すぎる時には点火装置が起動しないことがあります。そのせいでバーナーが使えない...。なんてことがないよう、ライターやマッチを持って行っておきましょう。点火装置がなくとも着火が可能となります。

使い方をもう少し詳しく知りたいという方はこちらをチェック!

バーナースタンドでもっと便利に使える!

シングルバーナーは、バーナーだけでは大きい調理器具に対応できないこともしばしば。そんな時はバーナースタンドがおすすめです♪スタンドで調理器具をおく面積をきちんと作ってあげることで、どのような料理でもできるようになります。ただし、バーナースタンドの高さと耐荷重には要注意!バーナーとスタンドの高さがマッチしているか、バーナースタンドはどれくらいの重さまで耐えられるかの2点はきちんと確認してから使うようにしましょう!また、OD缶のバーナーでは熱が跳ね返りやすいため、使えないものが多いのでその点も確認が必要です。

【番外編】キャンプで活躍するコンロもチェック

今回、主にシングルバーナーをご紹介してきましたが、コンロ型のバーナーもキャンプで活躍する火器として見逃すことはできません!ということでタイプの異なる厳選4つのコンロをご紹介♪

キャンプ用バーナーで作る簡単絶品料理3選!

バーナーが決まったところで、肝心の料理は何を作る?シングルバーナーじゃ本格的なキャンプ料理は作れないと思っていませんか?今回はキャンプ場でも簡単に作れる絶品料理レシピを3種類ご紹介します!

豚バラ肉大根煮

   

出典:yoppy / flickr 

いきなり手が込んでそう。と思うかもしれませんが、まとめて煮込むだけの超簡単料理です!

【材料】(2人分)
豚バラ肉 100g
大根 1/4本
しょうが 大さじ1
細ねぎ 少々
ゴマ油 小さじ1
一味唐辛子 少々
(A) 麺つゆ 2杯濃縮大さじ3
 水1/4カップ

【作り方】
①豚肉は4cm長さに、大根はいちょう切りに、しょうがはみじん切りにします。

②鍋に①と(A)を入れて加熱します。

③沸騰したら弱火にし、ふたをして10分ほどゆっくり煮ます。

④最後にゴマ油を加え、小口切りにした細ねぎを散らしたら完成!

鮭ときのこのホイル焼き

鮭ときのこのホイル焼き    

出典:ysakaki / flickr

こちらも包んで蒸すだけの簡単料理!しっかりと火を通すためにアルミホイルはしっかり閉じましょう!

【材料】(2人分)
塩鮭(切り身) 2切れ
しめじ 40g
えのき 20g
玉ねぎ 適量
(A) みそ 大さじ3
    みりん 大さじ1/2
水 大さじ1
砂糖 大さじ1
すりごま大さじ 1/2

【作り方】
①Aを良く混ぜ合わせてタレを作ります。

②アルミホイルを広げ、 玉ねぎ、鮭、えのき、しめじの順にのせ、細ねぎをちらします。

③②に①のタレをかけ、アルミホイルで包んでしっかりと閉じましょう。

④フライパンに1カップ程度の湯を沸かし、③を入れ、蓋をして5分ほど蒸したら完成!

ソーセージとジャガイモのバター煮

   

出典:kimishowota/ flickr 

具だくさんスープで栄養満点!キャンプの寒い夜はこれで温まっちゃいましょう☆

【材料】(2人分)
キャベツ 1/4個
ソーセージ 4本
ジャガイモ 1/2個
和風だしの素 小さじ1
バター 小さじ1
粗挽き黒こしょう 少々

【作り方】
①ジャガイモは一口サイズ、玉ねぎは薄切りに、ソーセージは浅く切り込みを入れます。

②鍋に①を入れ、水500ccを注ぎ火にかけます。沸騰したらだしの素を入れ、蓋をして10分ほど煮ましょう。

③バターを加えて味を調え、粗挽き黒こしょうをふったら完成!

まとめ

バーナーにはかっこいいデザインのものが多く、持っているだけでもテンションが上がります!スマートに使いこなせれば、さらにアウトドアが楽しくなること受けあいです。耐久性にも優れているので、ポイントをおさえて自分にぴったりのものを選べば、長年愛用できるアウトドアの相棒になりますよ。


あわせて読みたい記事



新着記事


  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪