プリムスのバーナーおすすめ6選!人気商品を比較してみた!

 キャンプ用品

出典:kotangens/ゲッティイメージズ

プリムスのバーナーを使用したことはありますか?バーナーの王道とも呼ばれる「プリムス」ですが、どんな点に優れていて、どの商品が良いのかまでわかっている方は少ないかもしれません。今回はおすすめバーナーと、そのバーナーの優れた点をまとめました。使う目的に合わせて、自分が一番気に入るバーナーをゲットしましょう!


 目次


プリムスバーナー3つのすごいポイント

X字のゴトクで耐風性抜群

安定性の高い4本のゴトクはX字型になっており、コンロを4つに区画します。そのおかげで、強風下でも火が消えてしまうのを1面のみで収めます。1面の火が消えてしまっても残りの3面で燃焼を続けるので、アウトドアでも使いやすいというワケです。

超軽量でハンディーサイズ

   

出典:Amazon

プリムスのバーナーはとてもコンパクトで、どんなアウトドアシーンにも対応します。中でも「フェムストーブ P115」は、本体重量がわずか56gと、たまご1個分ほどの重さに収まっています。なおかつ手のひらに収まるハンディーサイズ。これなら、オートキャンプ以外のキャンプスタイルでも活躍しそうですね。

抜群の燃焼効率!

プリムスの中でも、王道である「P-153 ウルトラバーナー」の場合、最高3,600kcl/hという高火力のハイパワーを誇りながら燃焼時間は約60分という驚異的な燃焼効率の良さを誇っています。燃焼時間が短いと、いくつもガスカートリッジを持参する必要が出てきてしまいまうので、コストパフォーマンスにも優れたモデルなのです。

プリムスのおすすめバーナーを比較!

プリムスのバーナーとセットで用意しておきたいアイテム!

分離型バーナーをチェック!

プリムスバーナーの使い方を解説!

つかない時はどうしたらいい?

点火しない時は大きく3つの原因が考えられます。
1点火装置が破壊している.
2.電極とバーナーの距離が不適切
3.ガスが出ていない。

点火装置とガスカートリッジは交換品が販売されています。故障による不具合であれば、部品を交換しましょう。もし、原因がわからなかったり、交換方法がわからない場合は使用を控え、販売店を通して修理点検を依頼するようにしてください。

プリムスバーナー使用の注意点

ガスカートリッジは飛行機の機内に持ち込むことができません。国外や飛行機での移動がある場合、現地でガスカートリッジを調達する必要があるので注意が必要です。また、プリムスのバーナーに他社製のガスカートリッジを使用することは、プリムスの保証外であり、事故に繋がる危険性があるので控えましょう。

合わせて使いたいクッカーはこちら!

まとめ

いかがでしたか?バーナーの王道であるプリムスについてまとめてみました。燃焼効率がよく、コンパクトで使いやすいので、初心者にもおすすめです。プリムスの製品は、極限の環境でも信頼されており、登山用としてもナンバー1の実績があります。ぜひ、次のバーナーをプリムスで考えてみてはいかがでしょうか?


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪