hinata

>

キャンプ用品

>

バーナー

>

キャンパーに大人気!信頼の火器ブランド「プリムス」のおすすめキャンプ用品20選

キャンパーに大人気!信頼の火器ブランド「プリムス」のおすすめキャンプ用品20選

 キャンプ用品

アウトドア缶で明かりが灯るランタン

出典:naosuke ii / flickr

「プリムス」といえば、バーナーやポータブルストーブなどの燃焼器具を指す代名詞として、確固たる知名度と信頼度があるブランド。キャンプなどのアウトドアで火や明かりはとても大切な存在ですよね。そんな火や明かりを考える上では欠かせないプリムスについてご紹介します。


 目次


多くのキャンパーに愛されるプリムス

プリムスとは?

   

出典:プリムス

1892年にスウェーデンで「PRIMUS」ストーブとして誕生したプリムスは、瞬く間に世界中に広まり、北極探検家や人類初めての南極点に到達した探検家たちにも愛用されました。プリムスの歴史が探検の歴史といわれる所以です。
日本へ進出したのは1985年のことで「イワタニプリムス」として名前を変え、バーナーやランタンは優れた機能性や安全性など評価され、日本中へどんどん広がっていきました。プリムスは「燃焼のプロ」「登山用ストーブ」のトップとして、アウトドアに密着した革新的な製品を今も作り続けています。

多くのキャンパーがプリムスに魅了されるワケ

プリムスのバーナー    

出典:黄缶会 - イワタニプリムスファンクラブ / Facebook

プリムスがプロから支持され愛され続けているのは、もちろん性能から生まれる安心感です。過酷な条件や状況の中でも、しっかり働いてくれるその安定した燃焼性が、なによりもプリムスが「信頼できる道具」だということを証明しています。高性能でありながら、使いやすいシンプルな操作は、キャンパーや登山初心者、ベテラン登山家を魅了してやみません。

安定感抜群!プリムスのバーナーおすすめ9選!

プリムスのバーナーは、なんといっても高い燃焼効率を示す青い炎と、風に強く消えにくい構造が特徴です。初心者にも優しいシンプルな操作なので、初めての方でも安心です。きっとお気に入りのバーナーが見つかりますよ。プリムスのバーナー全9種をご紹介しましょう。

プリムスバーナーを徹底比較!

153? 173?プリムス型番の仕組みを大公開!

プリムスの商品には3桁もしくは4桁の型番がついていることにお気づきでしょうか?この型番がどのような意味なのか紹介していきます!

【3桁の場合】
ストーブに付与されている数字は3桁の場合、左の数字は燃焼器具の種類(例:バーナー、ランタン、ヒーターなど)、中央の数字は性能(大きい数字ほど出力が高い)、右の数字はバージョン(大きい数字ほど新しいバージョン)になります。

例)153 ウルトラバーナー
1→バーナー、5→出力中程度、3→バージョン3

例)173 フォールディングハイパワーバーナー
1→バーナー、7→出力高め、3→バージョン3

例)115フェムストーブ
1→バーナー、1→出力低め、5→バージョン5

出力が1(型番中央の数字)でもお湯を沸かすだけでなく、簡単な調理ぐらいまでは可能です。大きな鍋やダッチオーブンを使って料理をしたい方は出力が5以上のバーナーを選びましょう!

【4桁の場合】
4桁の数字はプリムスの管理番号で特に意味はないようです。

153 ウルトラバーナーと173 フォールディングハイパワーバーナーを比較!

   

153 ウルトラバーナーと173 フォールディングハイパワーバーナーの大きな違いは重量と収納サイズです。173 フォールディングハイパワーバーナーの方が全体的に大きい設計になっています。また、ゴトク径や出力も173 フォールディングハイパワーバーナーの方がわずかに大きいですが、あまり違いはないようです。

153 ウルトラバーナーとエクスプレス・スパイダーストーブⅡ を比較!

   

153 ウルトラバーナーはガス缶とバーナーが一体になっている一体型、エクスプレス・スパイダーストーブⅡはガス缶とバーナーが離れている分離型になっています。この2つのバーナーの大きな違いは安定度です。ガス缶の上にバーナーが一体になっている153 ウルトラバーナーは軽量化できますが、分離型に比べて不安定。安定している分離型のエクスプレス・スパイダーストーブⅡの方が重い分、バーナー使用時のトラブルが少ないです。

バーナーの使い方は?

初心者でも安心!ガスカートリッジにセットして捻るだけの簡単使用!

いかがでしたか?全9種類の中からあなたのキャンプスタイルに合うバーナーを見つけたところで、実際に使ってみましょう!使い方はとっても簡単で、コンロをガスカートリッジに指し込み、上のごとくを開いてからつまみを回すだけ!コンロ装着時にのみガスが流れる仕組みになっているので、初心者の肩でも安心して使っていただけます!

上の動画でも使い方を確認しておきましょう☆

室内では使用禁止!

簡単に点火ができるため、使い勝手の良いプリムスのガスバーナーですが、室内やテント内で使用してはいけません。バーナーの使用中は周囲の酸素を大量に使用するため、空気の限られた屋内やテント内で使用すると、一酸化炭素中毒に陥る危険性があります。また、火力もしっかりあるので、火災の恐れもあるのです。

バーナーの選び方や使い方についてはこちらも合わせてチェックしましょう!

バーナーの使い勝手は?ブログでチェックしよう!

箱から出すと、本体はこんな収納袋に入ってる。iPhone5sよりちょっと大きいくらい。袋の生地はかなり厚めで頑丈。

こんな感じに折りたたまれて入ってる。超コンパクトやないの!

茅ヶ崎の竜さん

一番最初に紹介した定番モデル「P-63」を使用している方は多いです。五徳の収納サイズはiPhoneと同じくらいで場所を取りませんし、コンパクトながら火力もしっかりなんです!

以前、オプティマスCRUXを使った時に感じたのは、五徳の足が3本しか無くて安定性が弱かった上に、バーナーヘッドがグラグラして益々安定感がない、という事でした。それ故にCRUXは早々に売り飛ばしてしまったのですが、このP-153はその辺りの欠点をクリアしています。CRUXよりは多少コンパクト性に欠けますが、しっかりした造りである事の方が重要です。

たにし大記録

他社製品と比べると、プリムスのバーナーの安定性は抜群です。コンパクトとはいえ火の出るものですし、クッカーも乗せますから安心して使うためにも安定しているに越したことはありません。その点においても、プリムスのバーナーは初心者でも安心して使えますね♪

プリムスのランタンおすすめ4選!

キャンプでは、テーブルのランタンの灯りで、ほっとする和みの空間が広がります。ランタンを使うのはソロキャンプ?それともファミリーキャンプでしょうか。登山にも持参したいですね。ランタンを選ぶ基本は、明るさと重さ、使いやすさです。目的に合わせたプリムスのランタンをご紹介しましょう。すぐにもキャンプに行きたくなりますよ。

EX-3240(廃盤モデル)

Yas Itdさん(@yax45)がシェアした投稿 -

EX-3240はブラスのボディにガードフレームが付いた、特徴的なデザインが印象的のランタンです。そのデザイン性の高さが、廃盤となっている今でも多くのキャンパーさんから愛される理由です。これだけ大きくとも、プリムス独自のサイレント構造が取り入れられており、驚くほど静かに燃焼してくれます。気になる方は、ぜひ中古販売サイトをこまめにチェックしてみてください☆

中古販売サイトはこちら:ヤフオク

ランタンも使い方を知っておこう!

ではランタンの使い方もチェックしておきましょう!使い方は以下の3ステップです☆最も複雑なマントルの空焼きの流れは上の動画でも確認できます☆

ガスカートリッジをセット!

まずはバーナーの使い方と同様で、ガスカートリッジにランプをセットします。くるくると回すだけで簡単に取り付けることができます。

マントルを空焼きし、炭化させる

次はマントルを空焼きします。「マントル」とは、繊維でできた袋状のものを指し、これを事前に炭化させておくことで、ランタンの光源として使用することができるのです。

それでは空焼きの仕方をご紹介します。まずランタンのホヤを外し、マントルを一枚被せます。その後、ライターなどを使って被せたマントルをあぶっていきます。もともとマントルにはピンクなどの色がついていますが、燃焼させることでこの色が消えていきます。

最後に、しっかり炭化ができているかテストしてみましょう。ランタンのス真美を捻り、マントルが明るく光ってくれればしっかりと炭化ができています。これで、マントルの炭化は完了です。

ホヤをセットして、点火!

ここまでできたらあとは簡単!ホヤを再びセットして点火します。炭化したマントルはとてももろくなってるので、ホヤを被せるときにマントルにつかないように注意しましょう!

ランタンの使い勝手は?ブログでチェックしよう!

では、ガスランタンの使い勝手もブログでチェックしてみましょう☆

小振りながらもなんとなく安心感があり、ファミリーキャンプではテーブルランタン、ソロキャンプであればメインランタンにもできるランタンで、様々なシーンで活躍してくれる、使い勝手がかなりいいランタンです。

Yosocam

プリムスのガスランタンは大きすぎず小さすぎずの程よい大きさ☆ソロキャンプでも邪魔になりませんし、ファミリーなどの大人数キャンプでは良い雰囲気を醸し出してくれるテーブルランプとしても活躍してくれます☆

ガスランタンで最も明るかったのがプリムス2245ランタン。2245ランタンはレギュラーガスでもソコソコ明るいと評判だけど、プレミアムガスを使うとご覧のとおりスノーピーク天よりも明るい結果に。Peak1ガソリンランタンにも見劣りしないほどの明るさで、正直これには驚いた。

Backyard Builder

プリムスランタンは、他ブランドと比較してもその光量の大きさが魅力です!メインランタンとしても使用できる安定感は多くのキャンパーさんを魅了する理由です☆

独特なデザイン!プリムスのファイヤーシリーズおすすめ7選

プリムスのバーナーを使って調理する様子    

出典:rakuten.co.jp

プリムスには、バーナーやランタンの他にも、「キャンプファイアシリーズ」というキャンプで使えるツーバーナーやクッカー等があります。「キャンプファイアシリーズ」は独特なデザイン性でおしゃれなモノばかりなのでぜひキャンプ場で使ってみてください!

修理は最寄りの販売店へ!

軽量でコンパクト、火力も抜群のプリムスシリーズですが、長年使っているとどうしても修理が必要になってきます。プリムス製品はオンラインや電話で修理窓口を設けておらず、販売店や取扱店へと持ち込み、修理を依頼する形になります。

まとめ

   

プリムスの「いい道具」へのこだわりは、高度な性能と耐久性、どんな場面でも使う人の立場にたった使いやすさです。だからこそ、長年愛用され、支持し続けているのでしょう。アウトドアでは小物扱いのバーナーやランプなどですが、大事な役割を担っている道具たちです。しっかり選んで楽しいアウトドアを満喫しましょう!


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

3

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

4

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

5
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪