キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

ワンタッチタープおすすめ16選!3つの選ぶポイントを解説

芝生の上に張られたグリーンのワンタッチタープ

出典:楽天

キャンプにバーベキューにアウトドアが楽しい季節!でも、気になるのは紫外線.。そんなとき、ぱぱっと組み立ててすぐに使えるワンタッチタープが強い味方になってくれます。たくさんあるワンタッチタープの中からキャンプに適したおすすめのワンタッチタープを紹介します!

ワンタッチタープとは?

ワンタッチタープとは、ワンタッチで簡単に組み立てて、設営ができるタープのことです。
ワンタッチタープを組み立てる順序

出典:楽天

基本的な組み立て方法は3ステップのみ!
  1. フレームの支柱を広げる
  2. フライと呼ばれる屋根部分の生地を被せる
  3. 支柱の脚を伸ばす
たったこれだけ。設営しやすく、女性1人でも慣れれば設置可能!自立式タープやキャノピーとも呼ばれています。

ワンタッチタープを選ぶポイント

ワンタッチタープにはさまざまなサイズや種類があります。ここではチェックすべき選び方のポイントを紹介します。

使用人数

タープテントの下でリラックスティータイム

出典:楽天

タープのサイズは、使用人数で選びましょう。一般的なタープの大きさは200~300cm四方。 使用する人数に対するタープの大きさの目安は以下の通りです。
  • 3~4人:200×200cm
  • 4~5人:250×250cm
  • 5~6人:300×300cm
購入前に、どんなシチュエーションで人数は何人くらいで使用するのかをシミュレーションしておくと、必要なサイズが見えてくると思います。または、実際にお持ちのテーブルやチェアをセッティングして座ったときの大きさを測ってみるやり方も確実でおすすめです!

ワンタッチタープの重さと値段

 ABCCANOPY タープテントを車のトランクに乗せている様子

出典:Amazon

設営が簡単で便利なワンタッチタープですが、ネックとなるのは重量です。フライ部分と脚部のポールが一体になっており、どうしても重くなってしまいます。そのため、車以外での持ち歩きには不向きということを覚えておきましょう。 高価なワンタッチタープは軽量で持ち運びやすい傾向にあり、機能性に優れているものが多いです。安価なものは、機能性には劣りますが、初めての購入に不安がある場合や使用頻度があまり高くなかったり車でしか移動しない場合におすすめです。使用頻度と値段を勘案して自分に合ったタープを選びましょう!

雨、風、日差し対策に優れた機能

メッシュ素材を取り付けたワンターチタープを使って中に座ってくつろぐ女性

出典:Amazon

ワンタッチタープについている主な機能やスペックを紹介します。風対策には、耐久性の高いフレームやフライにベンチレーター構造があるものがおすすめ。ベンチレーション機能があれば強めの風が吹いてもフライ部分から風が抜けるので風の影響を直接受けにくいです。フレームにおすすめの素材は、軽量で丈夫なアルミです。 雨対策には、生地の防水性の高さは耐水圧の高さで選べます。また、サイドパネルがついているもの(別売りで後から装着できるもの)だと横からの雨の侵入を防げます。メッシュ素材だと蚊帳のように使えるので、虫除けとしても活躍します! 日差し対策には、UVカット機能がついたものを選びましょう。遮光率が高ければ、タープ内が暑くなりにくいのでビーチなどで使用する時におすすめです。

【3~4人】おすすめのワンタッチタープ

カップルや、大人2人子ども2人のファミリー向けのワンタッチタープを紹介します

【4~5人】おすすめのワンタッチタープ

子どもの数が多いファミリー向けのワンタッチタープです。

【5~6人】おすすめのワンタッチタープ

友達同士や大家族など、いつも大人数でわいわい楽しみたい人向けのワンタッチタープです。
▼ワンタッチタープ以外のタープも見たい方はこちらをチェック!

ワンタッチタープはキャンプ以外でも大活躍!

Quictent ワンタッチ タープテントの商品画像

出典:Amazon

屋根があったら快適だなと感じるシーンはたくさんあります。アウトドアで活動するとき、キャンプやバーベキューはもちろん、子どものサッカー観戦や野球の試合の応援などをするとき、運動会、子どもの水遊びプールなどなど。しかし、意外なところでタープは活躍してくれます!

ワンタッチタープは食事を狙う鳥の回避にも!

バーベキュー場やサイトなど、野外で食事をする機時、トンビにあっという間に食べ物を盗られることもあります。そんな時、頭上からの鳥の攻撃に対してもタープがあると安心です。

ペグが打てない場所や斜面にも設置可能!

 コールマン(Coleman) シェード インスタントバイザーシェード M+の商品画像

出典:Amazon

キャンプ場は土や芝生などの地面が多いですが、ワンタッチタープはペグ打ちができないコンクリートの地面や、ロープを伸ばす広さがない限られた場所にも設置可能。さらに、4本の支柱は長さ調節可能なので、脚の長さを調整し斜面などにも設置できます! 場所を選ばず、あっという間に設営できるワンタッチタープは、アウトドアでの活動時に1つあるとかなり使える便利なアイテムです!

ワンタッチテントでワンランク上のアウトドアを楽しもう!

ワンタッチタープは設営が簡単であっという間に涼しい空間が作れます。女性が1人で組み立てられるものもあるので、女子キャンプやバーベキューにも取り入れたいアイテム!風に強く丈夫なフレームのものがキャンプではおすすめです! ▼もっと気軽にアウトドアが楽しみたい方はワンタッチテントやポップアップテントがおすすめ!

今回紹介したアイテム

商品画像ロゴス クイックどこでもターププラス220-L 71457622ロゴス ソーラーブロック Qセットタープ270 71661031DOD  TCワンタッチタープ(M)コールマン インスタントバイザーシェードバンドック(BUNDOK) ワンアクションタープ200 BDK-120Nクイックキャンプ ワンタッチタープ 2.5m QC-TP250ワンタッチタープテント240 ブラウン/ベージュLOGOS/ロゴス Qセットタープキャプテンスタッグ スーパーライトタープ ワイド 245FIELDOOR ワンタッチタープテントコールマン タープ イージーキャノピーレクタ/450キャプテンスタッグ ヘキサゴンポータブルタープ UA-1056キャプテンスタッグ ワンタッチテントタープキャプテンスタッグ クイックシェード DX300UV- Sマスターキャノピー ワンタッチタープテントABCCANOPY タープテント
商品名ロゴス クイックどこでもターププラス220-L 71457622ロゴス ソーラーブロック Qセットタープ270 71661031DOD TCワンタッチタープ(M)コールマン インスタントバイザーシェードバンドック(BUNDOK) ワンアクションタープ200 BDK-120Nクイックキャンプ ワンタッチタープ 2.5m QC-TP250ワンタッチタープテント240 ブラウン/ベージュLOGOS/ロゴス Qセットタープキャプテンスタッグ スーパーライトタープ ワイド 245FIELDOOR ワンタッチタープテントコールマン タープ イージーキャノピーレクタ/450キャプテンスタッグ ヘキサゴンポータブルタープ UA-1056キャプテンスタッグ ワンタッチテントタープキャプテンスタッグ クイックシェード DX300UV- Sマスターキャノピー ワンタッチタープテントABCCANOPY タープテント
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事