フィールドアのタープテント&タープ全種をわかりやすく解説!

 キャンプ用品

フィールドアのタープテント

出典:楽天

高機能なのにリーズナブルなフィールドアのタープに注目。ワンタッチ設営のタープテントや、TC素材のヘキサタープなど、様々な種類のタープがそろっています。ポールや専用グランドシート、より強度を高めるための強化版パーツなど、オプションアイテムも充実しています。


 目次


フィールドアのタープの魅力

フィールドアのタープ

出典:楽天

フィールドアのタープは、利用シーンに合わせて様々な大きさや形状のものがそろっています。イベントやアウトドアで使用する大きなものから、海水浴や運動会で便利な小型のワンタッチテントなど。他メーカーに比べて価格もリーズナブルなので、いくつか持っておくのもおすすめ。組み立ても簡単なので、女性でも設営できます。

他メーカーの同価格帯のものに比べ、生地の性能が良いのも大きな魅力のひとつ。紫外線対策はもちろんのこと、遮熱対策をしっかり施されているのはフィールドアのタープだからこそ。日差しをしっかり防いでくれるのは、真夏の屋外でタープを利用するのに必須条件です。

耐水圧は2,000mm以上

雨とタープ

出典:photo AC

フィールドアのタープの生地には高耐水加工がされており、その耐水圧は2000ml以上。強い雨にも耐えうる丈夫な生地が採用されています。縫い目にはシーム加工も施されており、雨漏りの心配もありません。天候に左右されず、安心して利用できるフィールドアのタープ。価格以上に高機能です。

フィールドアのタープテントを解説

フィールドアのタープテントは大きく4種類

フィールドアのタープテント

出典:楽天

フィールドアのタープの代表格ともいえる「タープテント」。そのタイプは4種類あります。まずは、フレームの材質の違いによって2種類。耐久性に優れたスチールフレームの「タープテント(スチール)」、軽量でさびに強いアルミフレームを採用した「タープテント(アルミ)」があります。どちらも組み立てはワンタッチ。あっという間に設営できます。

より強度を高めた強化版シリーズもあります。屋根柱を4本から8本に増やし、しっかりとサイドフレームを固定することにより、どんなハードな環境にも対応できるタープ。こちらもスチールフレームとアルミフレームの2種類が用意されています。全部で4種類のタープテント。自分にピッタリのタイプを選んでみてください!

サイズは2m、2.5m、3mの3種類

フィールドアのタープテントのサイズは3種類。一番小さなタイプは2m×2mの大きさです。コンパクトで軽量なので、少人数でのピクニックや海水浴などに最適です。その次に大きいタイプは2.5m×2.5m。ファミリーでの利用にピッタリのこのサイズは、キャンプや運動会などさまざまなシーンで活躍します。最後に、一番大きな3m×3mのサイズ。イベントやスポーツ大会など、大人数で利用するならこの大きさがおすすめです。広い面積の日陰を作り出せます。

タープテントの口コミをブログでチェック!

フィールドアのタープテント

出典:Amazon

あまり真夏にはデイキャンプ自体はしないと思うけど、それでも遮熱はタープの役割として大切だと思ったので、FIELDOORのワンタッチタープにしました。

hycko.blog

フィールドアの大きな魅力のひとつである遮熱性は、タープを選ぶ際の重要なポイントのようですね。厳しい日差しを防ぎ、しっかりと濃い影を作ってくれるのは、タープテントの大きな特徴です。

新調したタープは骨組みにシートがくっ付いてます。前のはシートと骨組みが別々で、いちいち被せるタイプだったのですが、今回のはシートがセットされているので手間が省けてかなり楽です。

北海道の多趣味な男の独り言。

設営が楽チンなのはかなり高ポイントですよね。フィールドアのタープテントは、フレームとシートが一体化しているので、フレームを広げるだけで設営が完成します。もちろん、撤収もワンタッチでできます。

もう30回ほど使っていますが、いまだに水が転がっていきます。おかげで、使用中に雨が降った時でも、たたんでから揺すると雨がほとんど落ちますので、そのまま車に積み込めます。

田舎つれずれ記2

水に強い生地を採用しているフィールドアのタープテントのシートは、何度利用してもしっかりとその耐水性を保ってくれるようです。しっかりと防水加工されているシートなので、付いた水滴もさっと落ちてくれます。

タープテントの設営・撤収方法

タープテントの設営方法はいたって簡単です。2人で持ち上げて、ゆっくりと広げるだけ。後は、傘を差すイメージでフレーム部分をロックするまで引き上げ、高さを調整して完成です。撤収は、フレームのロックを解除し、2人でフレームを持ち上げ内側に押しながらたたむだけ。設営も撤収も、慣れれば5分程度で設営できます!

タープテントのオプションアイテム

部品購入も可能

フィールドアのタープテント

出典:楽天

タープテントの部品が破損してしまった場合、その部品のみを購入することができます。破損した部分だけを購入して修理できるので、長く使用し続けることができます。過去の世代のタープテントのパーツも販売されているので安心です。

購入はこちら:タープテントパーツリスト

フィールドアのタープを解説

フィールドアのタープは大きく3種類

フィールドアのタープ

出典:楽天

フィールドアのタープは3種類あります。まずは6角形の「ヘキサタープ」。別売りのポールを組み合わせて自由自在なレイアウトを楽しめるのが特徴です。4~6人向けのMサイズと、6~8人向けのLサイズがあり、利用人数によって選べます。

軽量コンパクトが特徴の「スクエアタープ」は、手のひらサイズの4角形タープ。小さいながらもUVカット機能や高耐水加工で、日差しや雨にしっかり対応します。スクエアタープより大きいサイズの「レクタタープ」は、大人数でもゆったり開放的に使用できるのがポイント。人数や利用シーンに合わせて、最適なタープを選んでみてください。

生地は2種類

タープの端

出典:photo AC

フィールドアのタープは、それぞれ2種類の生地が用意されています。1つめは、軽量でコンパクトに持ち運べる「ポリエステル素材」のタープ。耐水加工されているので、雨が降ってもさっと水滴をはらって畳むことができるのが便利なポイントです。強い日差しでもしっかりと濃い日陰を作ってくれるのは「TC生地」のタープ。ポリエステル糸とコットン糸を混紡して作られており、遮光性、難熱性に優れています。火の粉で穴が空きにくい素材なので、タープの近くでも思いっきり焚火を楽しむことができます!

フィールドアのタープの口コミをブログでチェック!

フィールドアのタープ

出典:楽天

もちろん、素材の違いはあるので、一概には言えませんが、5メートルサイズのレクタタープが、税抜きですが7,000円を切るというのは、かなり安い方だと思います。しかも、フィールドアのこのタープは、安物タープにありがちな「貧弱さ」はあまり感じません。

プジョーでキャンプ

他メーカーの同じ大きさのタープより、断然リーズナブル。しかも、作りもしっかりしていて他メーカーと比べても遜色ない模様。テントに合わせて何種類か持つ、なんてこともできそうです。

フィールドアのタープ

出典:楽天

このタープには別売りでポールが用意されていますが、そのバリエーションがかなり豊富なんです。普通、カラーバリエーションがいくつかあるくらいなんですが、フィールドアのポールはカラーバリエーションに加えて素材、長さも選べるようになっています。

ヤマログ

ポールを組み合わせて自由なレイアウトが楽しめるのもタープの楽しみです。フィールドアのポールは、カラバリも豊富なことに加え、長さも太さもたくさんの種類が用意されています。1本からバラ売りされているのもうれしいです。

タープのラインナップはこちら!

テントポールは3種類

フィールドアのポール

出典:Amazon

別売りのポールは、スチール製、アルミ製、木製の3種類あります。スチールポールは3本連結の165cmと4本連結の219cmの2サイズ。分割式ポールなので、お好みの長さに調節できます。大型タープにおすすめなのは直径32mmのアルミポールです。軽量でありながら耐久性の高い厚さ1.5mmのアルミ素材を採用しているのが特徴。高級感あるアルマイト仕上げで、カラーバリエーションも豊富です。

天然のタモ材を使用した木製ポールは、自然に溶け込むナチュラルなデザイン。ネジによる締め付け式タイプで、ぐらつくことなくしっかりと固定できます。おしゃれな木製ポールとタープを組み合わせれば、簡単におしゃれサイトが完成します!

フィールドアのタープをチェック!

フィールドアのタープ

出典:楽天

カラーやデザインがたくさんそろっているフィールドアのタープ。どんなアウトドアスタイルであっても、必ずぴったりのタープが見つかるはずです。カラフルなポールを組み合わせて個性的なレイアウトを楽しんだり、ナチュラルテイストなスタイルでおしゃれに焚火を楽しんだり。確実にアウトドアがもっと楽しくなります。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

タープ アウトドアブランド

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪