hinata

>

キャンプ用品

>

モンベル

>

モンベルのタープの魅力とは?超優秀な全4種類のタープを大紹介!

モンベルのタープの魅力とは?超優秀な全4種類のタープを大紹介!

キャンプ用品

芝生に張られたモンベルのタープ

出典:モンベル

大人気アウトドアブランドのモンベル。その中の代表的なギアがタープです。優れた性能、ヘキサ型やレクタ型など形状のバリエーションの多さ、価格の安さから隠れた人気商品となっています。今回はモンベルのタープ全5種類を、モンベルタープを使ったおすすめのレイアウトと合わせてご紹介します。

目 次

アウトドアブランド「モンベル」

大阪で生まれたモンベルは“Light & Fast”“Function is Beauty”をコンセプトにテントやレインウェアをはじめとしたアウトドアギア全般を取り扱う総合アウトドアメーカーです。

その中でも長年大人気商品のタープは、機能性の高さ、ラインナップ、手頃な価格から多くの登山愛好家やキャンパーに愛されています。ミニタープからビッグタープまで幅広いサイズ展開でソロキャンプからツーリング、ファミリーキャンプ、大人数のイベントにも大人気。軽量設計でバックパッカーなど荷物の軽量化を重視するユーザーにも多く使われています。

モンベルのタープの魅力とは?

安全安心の燃えにくい素材

モンベルのテント・タープ生地は「難燃加工」が施されています。その効果は生地に直接炎を12秒間当ててもほとんど燃え広がらず自己消火してしまうほど。キャンプではたき火に炭火、ランタンなど火に直接触れる機会が多いので燃えにくい加工は必須ですよね。

丈夫で長持ち強固な構造

タープで最も傷みやすいのはポールとの接合部。この部分の丈夫さがカギになります。モンベルのタープなら、ポールとの接合部をグロメットではなく生地に負担のかかりにくいステンレス金具を採用。タープ本体とステンレス金具をつなぐテープ部分は上側と下側で縫製位置をずらしてテンションを分散し、耐久性を高めています。さらにタープ本体の縁は二重に補強する徹底ぶり。使い続けても、耐久性を高く保つ丈夫な構造になっています。

様々な形状・サイズ展開

芝生に張られたモンベルのタープ

出典:モンベル

モンベルの現行モデルには、大きさも形もすべて異なる5種類のタープ上がります。登山や少人数のキャンプにおすすめなミニタープには、ヘキサとスクエアの2種類。ファミリーキャンプなどの大人数で使用する際におすすめなビッグサイズは、ヘキサ、レクタ、スクエアの3種類です。それぞれ張り方や用途が異なるので、自分のアウトドアスタイルに合ったタープを選ぶことができます。

モンベルのタープ4種類

モンベルの2019年発売タープ

2019年にモンベルから、新作としてタープが2種類発売されました!

  • L.W.タープ
  • L.W.タープ ワイド
レクタタープで、居住空間が広い!新開発のナイロンを使用しており、軽量性も耐久性も兼ね備えています。水を溜めにくく伸びにくいため、生地の垂れ下がりが少なくハリを保ってくれます。ペグなしで290gと超軽量!ミニタープ(約390g)よりも軽いため、持ち運びしやすく便利です♪

「L.W.タープ」は、2~3人での使用に適したサイズで、「L.W.タープ ワイド」5~6人での使用に適したサイズとなっています。カラー展開もイエローとグリーンがあり、特にイエローは鮮やかでキュートな印象!サイトを明るくしてくれそうです♪

詳細はこちら:L.W.タープL.W.タープ ワイド

プロテクターで炎からモンベルのタープを守る!

ルーフプロテクター

出典:Amazon

雨や強風により、やむなくタープの下で調理やたき火をおこなう際、火の粉や熱を遮断し、煙をタープの外へ逃がしてくれる便利なアイテムです。

洗濯を繰り返しても防炎効果を持続し、設置も簡単。本体両サイドにポールを通して、本体四隅とタープの縁をロープ先端のクリップで留めるだけです。難燃加工が施されているので熱い鍋などを置く敷物としても使えるほどの強度を持っています。

購入はこちら:ルーフプロテクター
▼全ブランド、全種類のタープを見たい人はコチラ

モンベルのタープを購入しよう!

どのタープも異なる魅力がたくさん!天候や人数に合わせて複数のタープを揃えておくのも良いかもしれません。モンベルタープを使って有意義なキャンプ生活を始めましょう!!

▼タープ以外にも、人気アイテムやお得な情報など、モンベルについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

今回紹介したアイテム

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


関連するキーワード

タープ モンベル アウトドアブランド

おすすめのキーワード