モンベルとは?アウトドアブランド「モンベル」の大図鑑!

 キャンプ用品

モンベルの展示会に並ぶウェア

モンベルは、日本で誕生した国内最大手のアウトドアブランドです。モンベルの人気の秘密は、比較的安価なのに機能性が高いところ。ここでは、そんなモンベルの各種人気アイテムから店舗情報、モンベル製品のおトクな情報まで、モンベルについてくまなく解説します。


 目次


日本のアウトドアブランド「モンベル」

モンベルの店舗の画像

出典:Hideyuki KAMON / flickr

モンベルは、1975年に日本・大阪で誕生した、国内最大手のアウトドアブランド。登山やキャンプに行けば、そのブランドロゴを必ず目にすると言っても過言ではないほど、圧倒的な知名度を誇ります。日本発のブランドということもあり、日本人に合った機能を備えたウェアやギアが豊富。初心者からベテランまで満足できる製品が揃っています。

モンベルの店員さん

モンベルは、新宿をはじめとして国内各地に店舗を構え、自らも登山に行くというスタッフさんが、アイテムの選び方を詳しく教えてくれます。店舗の前に立つ熊のマスコットがとても印象的ですが、実はどの店舗の熊も顔が微妙に違うというギミックが。お店を訪れる際には、ぜひチェックしてみてくださいね。

モンベルの魅力

モンベル2020展示会風景

モンベルの魅力は、比較的安価なのに機能性が高いところ。他のアウトドアメーカーよりも手の届きやすい価格でありながら、品質にも優れているコストパフォーマンスのよさが、ユーザーの高い評価につながっています。

コストパフォーマンスのよさを実現できる最大の理由は、製品づくりの最初から最後までをすべて自社で行っているから。デザインや素材の開発もすべて自社で行うことで、各所において中間マージンが発生せず、費用を抑えられるというからくりです。

モンベルの2020年新作情報

モンベルの焚き火台

モンベルは、2020年春の新作でキャンプアイテムを強化。ブランド初となる焚き火台をリリースしまています。モンベルらしいシンプルな見た目。折りたためて煙の少ない焚き火台です。独自の二重、深型構造で、二次燃焼とドラフト効果を助けて煙を減らし、高い燃焼効率を実現しています。

▼焚き火台を含む、モンベルの2020年春の新作レポートはこちらから!

モンベルのレインウエア

モンベル2020展示会

モンベルのレインウェアは、レインウェアの中でも特に評価が高いです。特に「ストームクルーザー」は、1982年に発売開始されてから現在まで人気のロングセラーアイテムです。

雨の多い日本の気候に合わせて作られたモンベルのレインウェアは、軽量で高性能。素材も薄くかさばらないため持ち運びが簡単で、重ね着しても快適です。それでいて防水性はしっかりとしており、キャンプや登山、フェスやタウンユースでも活躍してくれます。

モンベルのレインウェアには、防水透湿性に優れたゴアテックスや、モンベル独自の防水透湿素材のドライテック、防水透湿性能に「通気性」が加わったブリーズドライテックと呼ばれる素材が使われています。これにより、雨天時に不快に感じる嫌な衣服内の蒸れを解消して、快適にアクティビティを楽しめます。

レインウェアを選ぶ際には、アクティビティ別で選ぶのがおすすめ。軽量かつコンパクトに収納しておけて急な雨でも対応できるものや、フェスやキャンプなど比較的ライトなアクティビティ向けの性能でコスパがよいものなど、自分が実際に使うシーンを思い浮かべて、ぴったりのレインウェアを選びましょう。

モンベルの王道レインウェア「ストームクルーザージャケット」

ストームクルーザージャケットは、モンベルの王道レインウェアです。発売されてから35年以上も売れ続けている、モンベルの代表的な商品。ゴアテックス製品のため、撥水性や透湿性はもちろん優秀です。さらに、重量約250gという軽量性も魅力。スタッフバッグ付きでコンパクトに収納でき、携行にも最適です。

モンベル「ストームクルーザーパンツ」

ストームクルーザーパンツは、ストームクルーザージャケットとセットで使えるレインパンツ。柔らかな着心地が特徴です。裾が大きく開く仕様になっていることで、ブーツを履いたままでもレインパンツの内側を泥などで汚すことなく、素早く着用可能。雨の日の外出やアウトドアで重宝します。

モンベル「レインダンサージャケット」

レインウェアに必要な機能をバランスよく備えたスタンダードなモデルのレインウェアです。ややゆとりのあるシルエットで、厚みのある中間着の上にも着用しやすいのがポイント。また、ゴアテックスを使用したモデルとして最もリーズナブルな価格である点も魅力です。

▼種類豊富なモンベルのレインウェアについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

モンベルのフリース

登山での服装では中間着が欠かせません。モンベルのフリースは保温性と速乾性を兼ね備えており、中間着にぴったり。モンベルでは、シーズンや登山スタイルに合わせてさまざまなフリースが取り扱われています。インナーダウンが流行していますが、着心地のよさや洗濯しやすいという点でフリースも優秀ですよ。

モンベル「シャミースジャケット」

モンベルのシャミース

出典:Amazon

薄手ながら暖かく、心地よい肌触りのシャミース素材で作られたジャケットです。適度にゆとりがあるシルエットで、アウターとしても中間着としても着用可能。保温性と通気性のバランスがよく、汗をかいても蒸れを素早く効果的に放出します。優れたストレッチ性を備えているため、大きく体を動かす場面でも快適です。

【基本情報】
カラー:ブラック、レッド、ブルー etc.
サイズ:S、M、L、XL、U/S(海外モデル)、U/M(海外モデル)、U/L(海外モデル)、U/XL(海外モデル)
購入はこちら:モンベル

モンべル「トレールアクションパーカ」

トレールアクションパーカ

出典:Amazon

抜群のストレッチ性を備えた、動きやすさが特徴のパーカです。素材のストレッチ性により、ストレスのない快適な着心地。裏面は暖かな起毛地で、保温性にも優れています。生地の表面が滑らかな質感のため、重ね着しやすいのもポイント。フードはフィット感が高く、ジッパーを上げると目元以外の部位をすっぽりと覆える仕様で、バラクラバのような使い方ができます。冬季の登山やアイスクライミングなど、激しい動きを伴うシーンで活躍します。

【基本情報】
カラー:ブラック、レッド、グリーン etc.
サイズ:S、M、L、XL、U/S(海外モデル)、U/M(海外モデル)、U/L(海外モデル)、U/XL(海外モデル)
購入はこちら:モンベル

モンベル「クリマプラス100 ジップベスト」

運動性と快適性をあわせ持つクリマプラス100素材で作られたフロントオープン仕様のベストです。ストレッチ性に優れているため動きやすく、汗を素早く放出する速乾性と通気性を備えているのが特徴。かさ高性に優れる編み糸を使用しているため、空気を多く蓄えることができ、薄手で軽量・コンパクトながら高い保温性を発揮します。

▼モンベルのフリースについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

モンベルのダウン/化繊インサレーション

モンベルのインサレーション

モンベルのダウンウェアはとにかく軽いのが特徴です。理由は、高品質なダウンを使用しており、少量のダウンでも温かく保てることで、ジャケットの重量が軽くて済むから。かさばらないため、アウターとしてはもちろん、インナーダウンとしても使えます。

実際に購入した方の口コミを見ても満足度が高いコメントが多く、ダウンジャケットを使ってみてモンベルファンになったという方も多数。特にライトアルパインダウンジャケットは、タウンユースで愛用している方も多くいます。

また、モンベルのダウンは、自宅でも簡単に洗える点も魅力。洗浄方法は、汚れの気になる部分を洗って落とし、全体をぬるま湯とダウンクリーナーで洗うだけ。力を入れたりこすったりしなくても、ダウンクリーナーがあれば汚れが簡単に落ちます。洗った後は乾燥させて、撥水スプレーを吹きかけて風通しの良い場所に置いておけば元どおり。自然乾燥は時間がかかるため、低温の乾燥機で乾燥させるという手もあります。

モンベルのダウンインサレーション 「ライトアルパインダウンジャケット」

モンベルのアルパインダウンジャケットの画像

出典:Amazon

軽やかな着心地と暖かさを両立した、携行にも便利なダウンジャケット。生地には不快な静電気を軽減する帯電防止加工が施されているため、乾燥して静電気が気になる時期でも快適に着用できます。さらに、生地には撥水加工が施されていて水をはじくため、雪の付着なども防いでくれます。

【基本情報】
カラー:ブラック、レッド、インディゴ etc.
サイズ:S、M、L、XL
購入はこちら:モンベル

モンベルのダウンインサレーション「スペリオダウンジャケット」

高品質ダウンと超軽量シェル素材を組み合わせて作られた、保温性と軽量性を高次元で両立したジャケット。独自のキルティングパターンや帯電防止加工により、着用感快適なアイテムです。厳冬期の中間着として、また、春や秋のトレッキングでは防寒着として、季節やフィールドに合わせた使い方が可能。1年を通じて活躍する汎用性の高いジャケットです。

▼モンベルのインナーダウンについて詳しく知りたい方はこちらもチェック!

▼モンベルのダウンアイテムについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

モンベルの化繊インサレーション 「U.L.サーマラップ パーカ」

行動中の保温着に最適なパーカ。保温性・耐久性・ストレッチ性を備える中綿素材「ストレッチ エクセロフト」に、透湿性とストレッチ性に優れたシェル素材を組み合わせて作られていることで、驚異の運動性と快適性を実現しています。体に程よくフィットする細めのシルエットのため、中間着としてもアウターとしても活躍してくれます。

モンベルのマウンテンパーカー

モンベルのマウンテンパーカーは、シンプルなデザインで高機能なアイテムが豊富です。また、圧倒的なコストパフォーマンスも魅力。タウンで使ってる方も多く、汎用性が高いのが特徴です。

モンベル「サンダーパスジャケット」

高い透湿性を誇る、モンベル独自の防水透湿性素材・ドライテックで作られた、エントリーからハードユースにまで幅広く対応したマウンテンパーカーです。腕上げがしやすいパターンで仕上げられているため動きやすく、軽快な着心地。コストパーフォマンスに優れている点も魅力です。

モンベル「ストームパーカ」

サンダーパスジャケット同様、ドライテック素材で作られたマウンテンパーカーです。保温性・軽量性に優れたエクセロフトが封入された、中綿入りモデル。暖かく、またウエア内の蒸れを素早く放出する機構を備えているため、スキーやスノーシューなど、寒い時期のアクティブなスポーツに最適です。

モンベル「トレントフライヤー ジャケット」

衣服内の蒸れを素早く放出するピットジップを備えた、スピードハイクやトレイルランニングなどの運動量が多いアクティビティで活躍するマウンテンパーカーです。ゴアテックス パックライトプラス ファブリクスを使用して作られていて、最高レベルの防水透湿性と優れた軽量コンパクト性を実現。細部にまで防水・撥水処理が徹底されていて、レインウエアとしても仕様できます。

▼モンベルのマウンテンパーカー についてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

▼マウンテンパーカーとあわせて、ウィンドブレーカーもチェック!

モンベルの登山ギア

登山をしている人たちの写真

出典:taka4332 / ゲッティイメージズ

まずはリュックから。モンベルのリュックは、シンプルなデザインと快適な背負い心地が特徴です。登山初心者にはもちろん、中・上級者にまで人気。日本発のブランドということで、日本人の体型に合うように設計されており、フィット感が抜群なため、登山での疲労感を軽減してくれます。

また、日本の気候にも合わせて作られいる点にも注目。背面パネルやショルダーハーネスは蒸れを軽減できるような高い通気性をもっているため、汗をかいても快適に登山を楽しめます。日帰り登山や、小屋泊、テント泊などのスタイルに合わせて、アイテムをしっかり収納できるリュックをゲットしましょう。

モンベルの小型人気リュック「バーサライトパック15」

バーサライト パック 15

スピードハイクでの使用や、アタックザックにぴったりな超軽量リュックです。軽量ながらも機能性は確保され、背負い心地も快適。ショルダーハーネスには軽量で型くずれしにくく保水しないモノフィラメント・メッシュが使われていて、汗をかいてもベタつきにくくなっています。トップリッドが収納袋になるポケッタブル仕様のため、別のバッグに入れて持ち運ぶのにも便利です。

【基本情報】
カラー:ブラック、グリーン、レッド etc.
サイズ:高さ45×幅27×奥行き17cm
容量:15L
重量:99g
購入はこちら:モンベル

モンベルの中型人気リュック「キトラパック 30」

日帰りから1泊2日の登山に適した軽量なリュックです。蓋を巻き込んで閉じるロールアップタイプで、操作性と防水性が抜群。1気室と2気室の切り替えができ、使い勝手の良いポケットも多数装備されています。さらに、背中の曲線に合わせてカーブを調節できる仕様になっていることでフィット感がよく、背負い心地も快適です。

▼モンベルのリュックについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

▼リュック以外にも、モンベルのバッグについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

モンベルのクッカー

出典:Amazon

続いては、登山用クッカーです。モンベルでは、アルパインクッカーシリーズが販売されています。丸型のクッカーや四角型のクッカー、そしてクッカーのセットなど、ラインナップは全部で24種類。登山時にコンパクトに持ち運べるよう取っ手は収納可能で、スタッキングもできるようになっています。

モンべル「アルパインクッカースクエア」

アルパインスクエアクッカー

出典:Amazon

モンベルのアルパインクッカーシリーズの中でも、四角い形が印象的なアルパインクッカースクエア。最大の魅力は、手軽な登山食として便利なラーメンの袋乾麺を割らずにそのまま入れられること。また、形状が四角であることで、角から液体を注ぎやすいという利点もあります。パッキングする際にデッドスペースができにくい点も魅力です。

【基本情報】
収納サイズ:14.2×14.2×9.1cm
重量:383g
購入はこちら:モンベル

▼「アルパインクッカースクエアについてもっと詳しく知りたい」「その他のクッカーも気になる!」という方は、こちらもチェック!

▼モンベルの食器も軽くてコンパクト。クッカーとあわせて食器もチェック!

小鍋に盛り付けてあるパスタの写真

出典:Pixabay

モンベルは登山用品を中心に扱うアウトドアブランドということで、ギアだけでなく食品も扱っています。荷物を少しでも減らしたい登山には、軽くてコンパクトで調理も簡単な登山食がおすすめ。

お湯を注ぐだけで炊きたてのようなご飯ができあがる「アルファ米」や、モンベルが開発したまったく新しいアウトドア用食品「リゾッタシリーズ」、モンベル直営のエスニックカフェ『スパイスマジック』のレシピをもとにスパイスをブレンドした「カリーキット」があります。

▼モンベルの登人気山食・リゾット、食べてみました。モンベルの登山食のレポートをチェック!

モンベルのシューズ&サンダル

モンベルのトレッキングシューズを手に持った男性

モンベルのトレッキングシューズは、防水性が高く、かつシューズ内をドライで快適に保てる点が特徴。防水性と透湿性を誇るゴアテックスファブリクスとメッシュを組み合わせることでそれを実現しています。

また、ソールには、泥はけの良い「トレールグリッパー」を使ったモデルが多いです。トレールグリッパーは、傾斜40度以上の濡れた坂道でも滑らないほどグリップ力のあるソール。スリップによる転倒などのリスクを軽減して安全な歩行ができます。

登山での歩き方をきちんとマスターできていない初心者でも安心して履けるシューズが多いです。

モンベル「クラッグステッパー」

耐久性に優れた全天候型ローカットシューズです。岩場へのアプローチをはじめ、ハイキングや自然散策、キャンプまでマルチに活躍する汎用性の高いアイテム。各種アウトドアに使えるので、アウトドア好きは1足持っていて損はありません。アッパーにはゴアテックスファブリクスが使用されているため、水場や悪天候で着用しても安心です。

モンベルの定番トレッキングシューズ「テナヤブーツ」

モンベルのテナヤブーツ

出典:Amazon

春から秋まで3シーズン使える全天候型のハイカットブーツ・ツオロミーブーツに、より心地よいフィット感と、着脱が素早くできるリールアジャストシステムを付け加えたモデルがテナヤブーツです。ソールには、抜群のグリップ力で路面を捉える高機能ソール「トレール グリッパー」が採用されていて、スリップによる転倒などのリスクを軽減。安全で快適に歩行できます。

【基本情報】
カラー:チャコール、ブラウン
サイズ:24.0、24.5、25.0、25.5、26.0、26.5、27.0、27.5、28.0、28.5、29.0cm
ワイズ(足囲):レギュラー
重量:576g(25.5cm・片足)
購入はこちら:モンベル

▼モンベルのトレッキングシューズについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

▼寒さもへっちゃら!モンベルのスノーブーツもあわせてチェック!

モンベル「ソックオンサンダル」

モンベルの定番サンダルです。モンベルが独自開発したS字形状の鼻緒が最大のポイント。足の甲がしっかりホールドされてかかとが浮き上がりにくいため歩きやすく、さらに靴下のままサンダルを履けます。開放的な履き心地と優れたホールド感を両立。キャンプをはじめ、普段使いでも気軽に着用できます。

▼ソックオンサンダル以外にも、モンベルのサンダルについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

▼水産業や農作業に、また、雨の日のタウンユースでも使える!モンベルの長靴もあわせてチェック!

モンベルのアパレル小物

まずは帽子から。帽子は、登山やアウトドアでの必須アイテムとも言える存在です。日差しが強くても、帽子があれば日焼けや体力の消耗を防げます。モンベルの帽子は、コットンやナイロンをはじめとした定番素材から、ウイックロンクールやブリーズスパンといった機能性素材を使用して作られたものまでさまざま。種類が豊富なため、利用シーンに応じて選べます。

モンベル「サウスリム ハット」

サウスリム ハット

出典:Amazon

70デニール・フルダル・スパンライク・ナイロン・タッサー素材を使用して作られた、速乾性に優れ、コットンのような優しい肌触りのハットです。たくさん汗をかくようなアクティビティから普段使いまで幅広く使用可能。撥水加工が施されているため水や汚れをはじき、メンテナンスも簡単です。

【基本情報】
カラー:ネイビー、ブラウン、カーキ etc.
サイズ:S、M、L、XL
ツバ長:6.7cm
購入はこちら:モンベル

モンベル「ゴアテックス O.D.キャップ」

GORE-TEX O.D.キャップ

出典:Amazon

ゴアテックスニットバッカーテクノロジーを使用して作られた、しなやかなかぶり心地が特徴のキャップです。重量がとても軽い点も魅力。ツバのカーブが額にフィットする作りになっているため、風が吹いても飛ばされにくく快適です。

【基本情報】
カラー:ブラック、グリーン、チャコール
サイズ:S/M、M/L
ツバ長:7.2cm

▼モンベルの帽子についてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

モンベル「U.L.シェルグローブ」

モンベル U.L.シェルグローブ

出典:Amazon

極薄の素材で作られた、超軽量かつコンパクトなグローブ。重量はわずか10gと超軽量です。トレイルランニングやスピードハイクなどの際の手の防寒にぴったり。また、指でつまめるくらい小さく丸めることができるため、パックだけでなくジャケットやパンツのポケットにもかさばることなく入れておけて便利です。タッチパネルにも対応しています。

【基本情報】
カラー:ブルー、ブラウン、メタル
サイズ:XS、S、M、L、XL
平均重量:10g
購入はこちら:モンベル

▼U.L.シェルグローブ以外にも、モンベルの手袋についてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

モンベル「スリムワレット」

重量わずか25gの超軽量な財布。厚さも薄いので、ヒップポケットにいれておいても違和感がありません。折りたたみ部分にはループが付いていて、カラビナやストラップを装着可能。また、コインポケットがメッシュで中身を確認しやすい点も魅力です。とにかく薄くて軽い財布がほしい!という方におすすめです。

▼スリムワレット以外にも、モンベルの財布についてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

モンベル「メリノウール サポーテックトレッキングショートソックス」

モンベルの靴下

出典:Amazon

土踏まずを下から支える独自の構造と優れたクッション性により、歩行時の足の負担を和らげてくれるる高機能ソックスです。厚手の総パイル生地のため少し硬めで密度を感じますが、その分暖かいです。上質なウールでできていて肌触りも良好。発汗量に応じて温度を調節してくれるため、長時間履いていても靴の中が蒸れずに快適です。防縮加工がされていて洗濯時の縮みを防いでくれるのもうれしいポイント。山歩きをはじめ、タウンユース にも使えます。

【基本情報】
カラー:チャコール、グレー、ネイビー etc.
サイズ:S、M、L
平均重量:65g
購入はこちら:モンベル

▼メリノウール サポーテックトレッキングショートソックス以外にも、モンベルのソックスについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

モンベル「ジオラインL.W.バラクラバ」

アルパインのクライマーやウィンタースポーツをしている人に人気のバラクラバ。①目だけ出して、首から〜顔ごと頭までガード②顔を出して、首〜頭をガード③頭は出して、首元〜鼻をガード④その他は出して、首だけガードという、4通りの使い方が可能です。通気性に優れているため、口元を隠しても息が凍りにくく快適に着けていられます。

▼ジオラインL.W.バラクラバ以外にも、モンベルのネックウォーマーやマフラーについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

モンベルのテント&タープ

モンベルのテントは、登山向けの小型テントを中心に幅広いラインナップが展開されています。ブランドコンセプトに基づき、天候の変わりやすい日本の山で活躍する、設営のしやすさ、軽さ、耐水・耐風性が特徴です。

モンベル「クロノスドーム」

3シーズン対応のテントです。モンベル独自のポールを直角に交差させるシステムにより、コンパクトながらも居住空間を広くとれる点が魅力。ツーリングやトレッキング、バックパッキングなどにも幅広く使えます。ショックコードでポールとソケットが一体になっていて、素早い設営・撤収が可能。ソロ用の1型、1〜2人で使える2型、3〜4人で使える4型の3種類があります。

▼クロノスドームについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

モンベル「ステラリッジテント」

ステラリッジテント

出典:Amazon

世界トップクラスの軽量性と剛性が特徴のステラリッジテント。長年にわたり、多くの登山家やアウトドア愛好家から支持されてきたアイテムです。独自の吊り下げ式構造により、強風時でも素早い設営が可能。フライシートやスノーフライ、グランドシートなど、別売のオプションも豊富で、オールシーズンさまざまなシーンに対応します。1・2・3・4・6の5サイズの展開があります。

【基本情報】(ステラリッジテント2)
使用サイズ:210×130×105cm
収納サイズ:14.5×14.5×30cm(本体のみ)
重量:1.43kg
購入はこちら:モンベル

▼ステラリッジテントについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

モンベルの定番テント「ムーンライトテント」

ムーンライトテント

出典:Amazon

ムーンライトテントは、モンベルで一番歴史が古い定番のテントです。ムーンライトテントという名前の通り、月明かりでも簡単に素早く設営できるのが魅力。テントの内側の床面と側面にはインナーポケットがついているため、ライトやライターなどを収納しておけば、「あれ、どこ行った?」となりにくいです。

【基本情報】(ムーンライトテント1型)
使用サイズ:220×110×106cm
収納サイズ:直径15cm×40cm
本体重量:2.3kg
購入はこちら:モンベル

▼モンベルのテントについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

テントと合わせて使いたい!モンベル「ミニタープHX」

モンベルのミニタープの画像

出典:Amazon

モンベルのタープの中でも抜群の人気を誇るミニタープHX。コンパクトながらも居住空間が広く、六角形デザインで風にも強いのが特徴です。できるだけ荷物を軽くしたいソロキャンプやツーリングキャンプなどにぴったり。タープがあると、突然の雨や強い日差しにも対応できて便利ですよ。

【基本情報】
使用サイズ:338×280×165cm
収納サイズ:13×13×23cm
重量:870g
購入はこちら:モンベル

▼ミニタープHXについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

▼ミニタープHX以外にも、モンベルのタープについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

モンベルのその他キャンプギア

まずは寝袋から。モンベルの寝袋は数あるシュラフの中でも圧倒的な人気を誇ります。理由は、しっかりと使える機能性があり、かつコストパフォーマンスが良いから。アウトドアマンにおすすめの寝袋を尋ねると、かなりの高確率でモンベルの名前が挙がります。

モンベルには、中綿がダウンのものや化繊のものなど、多種多様な寝袋がラインナップ。使う季節や持ち運びのしやすさなど、あらゆるシーンに対応する寝袋が揃っています。

モンベルの人気寝袋「ダウンハガー800」

ダウンハガー800 #1

出典:Amazon

ダウンハガーは、モンベルの中でも特に人気の寝袋。モンベル独自のスーパースパイラルストレッチシステムが採用さた、伸びる寝袋。寝袋に必要なフィット感損ねずに、窮屈感を解消した革新的なアイテムです。

ダウンの質によって複数のラインナップがあります。ダウンの質に関しては、900・800・650の3種類。900はとにかく軽くて軽量、800はサイズと価格のバランスが良好、650はサイズ大きめで安価というイメージ。おすすめは800です。

【基本情報】(ダウンハガー800 #1)
カラー:オレンジ
収納サイズ:∅17×34cm(6.8L)
ジッパー展開:右ジッパー、左ジッパー
購入はこちら:モンベル

▼ダウンハガー以外にも、モンベルの寝袋についてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

▼モンベルの広報さんに、製品に込められた想いや人気のシュラフなどについてお話を伺いました!

モンべル「フォームパッド 180」

フォームパッド 180

出典:Amazon

素早く設置・撤収できる可能な軽量スリーピングパッドです。ポリエチレンフォームを使用して作られていて、耐久性・断熱性が良好。また、裏面のフォームが硬めになっていることで地面の凸凹感を軽減してくれます。

【基本情報】
カラー:シアンブルー
使用サイズ:181×51×1.6cm
収納サイズ:51×15×11cm
重量:420g
購入はこちら:モンベル

▼モンベルのマットについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

▼マット同様に地面の凸凹を軽減してくれる、コットもあわせてチェック!

モンベル「クーラーボックス」

モンベルのクーラーボックス

出典:Amazon

モンベルのクーラーボックスのラインナップは全部で5種類。ハードなボックスタイプではなく、すべて生地の柔らかいソフトなクーラーです。ロールアップ式のクーラーバッグは、折りたたんで収納できるため携行に便利。ボックスタイプはペットボトルや缶の収納にぴったりです。

【基本情報】(クーラーボックス 4.0L)
カラー:マスタード、ネイビー、オレンジ
サイズ:13×21×15cm
容量:4.0L(収納目安:350mL缶6本 or 500mLペットボトル4本)
重量:120g

購入はこちら:モンベル

▼モンベルのクーラーボックスについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

▼飲み物を持ち運びたいなら、ジャグやボトルもおすすめ!

▼クーラーボックスで持ち運んだ食べ物や飲み物を置いておけるテーブルもあわせてチェック!

モンベル「コンパクトランタン」

モンベルのランタン

出典:Amazon

シェードが可動式で、収納時にはコンパクトにしまっておけるコンパクトなランタンです。机に置いても、テントの天井でぶら下げても使用可能。また、サイトマーカーモードという点滅する点灯スタイルも備わっており、テンの入り口にぶら下げておけば、トイレに行って帰るときの目印にもなります。

【基本情報】
カラー:レッド、ブルー
使用サイズ:∅5.3×18cm
収納サイズ:∅5.3×11.5cm
明るさ:最大210ルーメン
照射時間:最大350時間
購入はこちら:モンベル

▼モンベルのランタンについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

▼ランタンとあわせて、ヘッドランプやシェードもチェック!

モンベルのギアはチャリキャンプにも最適!

キャンプギアを積んだ自転車の写真

出典:Pixabay

最近では、ソロキャンプの需要もどんどん高まり、自転車でソロキャンプに行く人も増えています。そんな中、モンベルのアイテムは登山に対応できるように作られていることもあり、アイテムを軽くコンパクトにしたい自転車キャンプにもぴったり。

▼自転車キャンプにおすすめなモンベルのギアについて詳しく知りたい方は、こちらをチェック!

モンベルの隠れた名品

モンベル「トレッキングアンブレラ」

モンベルの傘

出典:Amazon

外で楽しむアウトドアですが、急遽雨が降ることもあります。そんな時に備えて、丈夫で持ち運びが楽な傘を持っていたいもの。そんな要望を叶えてくれるのが、モンベルのトレッキングアンブレラです。55cmのカーボン骨を8本使って作られていて、軽量ながらも強度もばっちり。アウトドアシーンだをはじめ、タウンユースまで幅広い場面で活躍してくれます。ちなみにモンベルでは、トレッキングアンブレラを含めて全13種類の傘が販売されています。

【基本情報】
カラー:ブルー、ホワイト、グレー etc.
使用時直径:98cm
骨長:55cm
重量:150g
購入はこちら:モンベル トレッキングアンブレラ

▼モンベルの傘についてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

▼モンベルには、傘以外にも「こんなのあったんだ!」というアイテムがたくさん。詳しくはこちらをチェック!

モンベル「水上アクティビティギア」

湖に浮かんでいるカヌーの写真

出典:Pixabay

モンベル=登山というイメージがある方も多いと思いますが、登山に特化したアイテムだけでなく、水上アクティビティを楽しむためのアイテムも販売されています。使用シーンごとに快適に使えるアイテムが揃っています。

▼モンベルのライフジャケットやカヤックについて詳しく知りたい方は、こちらをチェック!

登山を安全に楽しむ為の山岳保険

モンベルでは、アウトドアを楽しむ人のための傷害総合保険も取り扱っています。「もしも」に備えて保険をかけておくと、安心してアウトドアを楽しめますよ。

▼モンベルの山岳保険についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをチェック!

モンベルのレディース・キッズアイテム特集

アウトドアは家族で楽しむことも多いですよね。ブランドによってはレディースやキッズの展開がないブランドもありますが、モンベルでは、男女兼用のアイテムやレディース専用のアイテム、キッズサイズのアイテムまで幅広く販売しています。家族でお揃いのウェアでアウトドアを楽しめば、楽しさも倍増。いいなと思ったらメンズしか無かった…なんてがっかりすることもありませんよ。

レディース特集はこちら

キッズ&ベビー特集はこちら

東京都内のモンベル主要店舗をピックアップ

モンベルの店舗の外観

出典:MIKI Yoshihito / flickr

アウトドアギアは比較的値段も高く、何度も頻繁に買い換えるものではありません。だからこそ、実物をしっかり見て気に入ったものを購入したいですよね。そこでここでは、モンベルのアイテムを実際にアイテムを見て触って買える、東京都内にあるモンベルの主要な店舗を7か所紹介します。東京都内のモンベルストアは全部で15店舗です。

モンベル 東京京橋店

モンベル 東京京橋店は、東京駅から徒歩6分の場所、東京メトロ銀座線京橋駅直結「東京スクエアガーデン」内にある、都内最大級のモンベルストアです。広い店内には、登山を始めとするアウトドア用品が多く取り揃えられています。

【基本情報】
住所:東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン1、2階
アクセス:東京メトロ銀座線 京橋駅直結、JR東京駅から徒歩6分
電話:03-6214-1861
営業時間:11:00~21:00
定休日:不定休
公式はこちら:モンベル東京京橋店

モンベル マルイ池袋店

モンベル マルイ池袋店は、副都心・池袋にある「マルイ池袋」内にある店舗。池袋駅西口から地下道直結で徒歩5分で、駅から直結しているので雨が降っても濡れずに行けます。店内には、登山を始めとするさまざまなアクティビティのためのウェアやギアが豊富。四季折々のアウトドアを楽しむスタッフが、商品選びの手伝いをしてくれます。

【基本情報】
住所:東京都豊島区西池袋3-28-13 マルイシティ池袋5階
アクセス:東京メトロ 池袋駅地下道直結、JR線・東武東上線 池袋駅西口より徒歩3分
電話:03-5957-2891
営業時間:11:00~20:30
定休日:1/1
公式はこちら:モンベルマルイ池袋店

モンベル 品川店

モンベル 品川店は、JR・京急線・地下鉄のすべての路線につながるアクセス抜群の品川駅から徒歩5分と、非常に便利な場所にあります。同じビルの地下1階には、モンベルが手がけるナチュラル・ダイニングカフェ「バーベステラス」を併設。買い物の休憩に立ち寄れます。

【基本情報】
住所:東京都港区高輪4-8-4 モンベル高輪ビル 1F
アクセス:JR・京急線「品川駅」高輪口より徒歩5分、都営地下鉄 浅草線「高輪台駅」より徒歩5分
電話:03-6866-7501
営業時間:
[平日]11:00~21:00
[土日祝]10:00~20:00
定休日:年中無休
公式はこちら:モンベル品川店

モンベル 新宿南口店

モンベル 新宿南口店は、新宿南口から徒歩約3分という、仕事や学校の帰りにも気軽に立寄りやすい場所にあります。約220坪という広さの店内では、各種ウェアやアウトドアギアをはじめ、行動食(非常食)や虫除けグッズなど、普段使いにも便利なグッズが取り揃えられています。

【基本情報】
住所:東京都渋谷区代々木2-4-9 NMF新宿南口ビル1F
アクセス:JR・小田急線・京王線「新宿」駅南口より徒歩3分
電話:03-5354-5542
営業時間:10:00~21:00
定休日:年中無休
公式はこちら:モンベル新宿南口店

モンベル 恵比寿店

モンベル 恵比寿店は、JP恵比寿駅西口前にあります。2フロア280坪と広大な敷地面積。さまざまなアクティビティに対応するため、モンベルアイテムを網羅した品揃えです。2階のサロンでは、モンベル・アウトドア・チャレンジのイベントスケジュールを確認したり、書籍や雑誌を閲覧したりできます。

【基本情報】
住所:東京都渋谷区恵比寿1-8-12 キュープラザ恵比寿1階、2階
電話:03-5420-7956
営業時間:
[平日] 11:00~21:00
[土日祝] 10:00~20:00
定休日:年中無休
公式はこちら:モンベル 恵比寿店

モンベル 御徒町店

モンベル 御徒町店は、東京・上野エリアにある都内屈指の大型ストア。JR御徒町駅から徒歩2分の場所にあります。4フロア・約350坪の店内には、登山をはじめキャンプ、カヤックや自転車など、さまざまなアクティビティを楽しむためのアイテムが豊富。上野恩賜公園やアメ横からも近く、観光のついでや、仕事帰りにも気軽に立ち寄れます。

【基本情報】
住所:東京都台東区上野3-22-6 コムテラス御徒町
アクセス:JR山手線 / 京浜東北線「御徒町駅」南口下車すぐ
電話:03-5817-7891
営業時間:10:00~21:00
定休日:年中無休
公式はこちら:モンベル 御徒町店

モンベル グランベリーパーク店

モンベル グランベリーパーク店は、全国のモンベルストアの中で最大となる680坪もの敷地面積を誇る店舗。店内には、登山用品やキャンプ用品、カヤック、自転車など豊富なアウトドア用品を取りそ揃っており、ファクトリー・アウトレットも併設しています。カヤックを体験できる人工池や、クライミング体験ができるクライミングピナクルが併設されており、買い物だけでなくアウトドア体験が楽しめる点も魅力です。

【基本情報】
住所:東京都町田市鶴間3-4-1 グランベリーパーク内
アクセス:
[電車]東急田園都市線「南町田グランベリーパーク駅」に直結
[車]東名高速道路「横浜町田IC」から約5分
電話:042-850-6123
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休
公式はこちら:モンベル グランベリーパーク店

▼モンベルの店舗についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをチェック!

モンベル製品をおトクに購入する方法

モンベルのアウトレットの店の外観の写真

出典:MIKI Yoshihito / flickr

モンベルはセールをしないため、アウトレットがおすすめ

モンベルは実店舗においてセールをしないことで有名。投げ売りのような売り方をしないことで、ブランドの価値を下げないことに成功しています。モンベル製品を少しでも安く買いたいという方は、アウトレットで購入するのがおすすめ。1割から2割程度ですが、安く購入できます。

▼モンベルのアウトレット店舗についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをチェック!

モンベル公式オンラインストアにもアウトレットあり

モンベルのアウトレット店舗以外に、モンベルの公式オンラインストアでもディスカウントされたアイテムを購入できます。アウトレットで販売されている商品は、カラーやデザインの変更でカタログには載らなくなったアウトドアウェアや、アウトドアギア、登山用品が中心。最新にこだわらない方は、ぜひアウトレットも覗いてみましょう。

公式はこちら:モンベル アウトレット

ちなみにモンベルの公式オンラインストアの送料は、全国一律500円(税抜)。ただし、1回の注文金額が10,000円(税抜)以上の場合は送料が無料になります。送料が気になる方は、モンベルストアや取り扱い店舗で商品を受け取れば、注文金額に関わらず送料がかかりません。

特典盛りだくさん!モンベルクラブ

北アルプスの山脈

出典:Paul Mundt / flickr

モンベルクラブは、自然が大好きなアウトドア愛好家に向けて、さまざまなサービスを提供するクラブとしてモンベルが1985年に発足させた会員組織です。モンベルクラブには特典が盛りだくさん。下記のようなサービスが受けられます。入会金は無料、年会費は1,500円(税込)です。

・新規入会時と更新時にそれぞれ500ptプレゼント
・モンベルと提携している1,800を超える施設で、割引などの優待特典が受けられる
・オンラインショップでの買い物の送料が無料
・お買い得商品が豊富な会員限定イベントに参加できる
・フェリー・レンタカー・トラベル料金の割引サービスが受けられる

▼モンベルクラブについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

モンベルでアウトドアを満喫しよう

登山をはじめとする、すべてのアウトドアを楽しむ人のためにおすすめのモンベル。本格的なギアから、タウンユースで使えるようなウェアまで多数の商品ラインナップがあります。お気に入りのアイテムを手に入れて、さらにアウトドアを楽しみましょう。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

モンベル アウトドアブランド

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪