hinata

>

キャンプ用品

>

アウトドアブランド

>

モンベル

>

モンベルのテントを徹底比較!モンベルテントの魅力やおすすめ7選をご紹介♪

モンベルのテントを徹底比較!モンベルテントの魅力やおすすめ7選をご紹介♪

 キャンプ用品

朝焼けの中、山岳にたたずむテント

出典:pixabay.com

モンベルのテントは日本の山に登る方におすすめのテントです。日本で誕生したモンベルは、日本の山の気候を考慮してテントを開発しており、その性能と使いやすさには定評があります。今回はモンベルのテントの特徴や魅力をお伝えし、おすすめのテント7選を紹介します!


 目次


日本を代表する登山ギアブランド!モンベルのテントの特徴は?

今ではアウトドア用品や登山用品を世界的に展開しているモンベル。モンベルのアウトドアギアの中でも優秀なテントです。モンベルテントの特徴をご紹介します。

使うシーンはズバリ「山」!

山頂に雪が残っている山脈    

出典:pixabay.com

山でのテント泊を伴う登山では、食料のほかにテントや寝袋、防寒着などすべて担いで登るため、少しでも荷物を軽くしたいところ。

モンベルの登山用テントは軽くて収納もコンパクトだからバックパックの中にもすっぽり収まり、かさ張りません。1人~2人用のテントなら3キロを切るほどの軽量化を実現しています。テントの骨組みであるタープポールは、アルミやスチールを採用しているので軽いながらも強度は抜群です!

モンベルのテントの中で談笑する人々    

出典:モンベル

モンベルの創業者である辰野勇さんは登山家でもあるため、登山での自らの体験や失敗などすべてがモンベルのアイテムに反映されています。その熱意がモンベルの社員にもしっかり受け継がれており、社員のみなさんも開発よりもまずは登山へ!実際に登山をすることで得られたアイデアが商品開発に生かされているから、良いアイテムがどんどん生み出されているのです。

日本の山に合わせたテント

山へと続く草原    

出典:pixabay.com

日本の山では突然の雨に見舞われることの多く、すぐに雨をしのげる空間がほしいですよね。そんな時にすぐに設営できるという組み立てやすさもモンベルテントの強み。独自のアイデアを搭載しているから、サッと簡単に組み立てることができます。

そして、雨が長く降り続くと心配なのが、テントの雨漏りですよね。その点、モンベルのテントには水をしっかりはじいてくれる防水性を備えた生地が使われています。またモンベルのテントは、テント内が蒸れたり結露が出にくくなっているので、通気性も抜群です!モンベルのテントなら、雨のときでもテント内で快適に過ごすことができますね♪

他の山岳テントとは違ったモンベルテントの魅力とは?

雲に包まれた山岳    

出典:pixabay.com

先ほども説明しましたが、海外ブランドの登山テントと比べると雨に強いという特徴があります。アメリカのアウトドアメーカーのテントは、雨があまり降らないということもあって、防水性をそこまで考慮していません。海外メーカーのものを日本の山で使っていると雨漏りもしてしまうこともあるかもしれません。

また、テントというと意を決して購入するというイメージでしたが、モンベルのテントなら2人用のテントでも2万円台で買えるようになりました。手の届きやすい価格になっても、その性能の高さは向上し続けており、コストパフォーマンス抜群です。使ってみれば思わず納得してしまうはずです!

独自開発の構造で張り方も超シンプル!

モンベルのテントは定番の「ムーンライトテント」や「クロノスドーム」など、一般的なドームテントとは異なった独自の構造を持つテントが多いんです!全てのテントが想定した使用シーンに最適な構造に設計されており、張り方もシンプルに◎。

また、もしテントの張り方に迷った時にもすぐ確認できるようにHPには全てのテントの張り方がわかる取扱説明書がアップされています。

張り方が気になるテントがある方もこちらのHPをチェック
モンベル

1人用から大人数まで!キャンプ向け「ムーンライトテント」

みんなの評判・口コミは?

まずはムーンライトテント1型の評価をチェック!
1人用のテントであり特殊な形状である分、中は決して広くはないようですが、それでもその簡単な設営にはみなさん満足している様子♪

テント泊でのアルプス縦走から長期にわたる自転車ツーリング,ちょっとしたイベントなどなんでも使用していますが,抜群に快適で,抜群に丈夫,そして抜群に設営がかんたんです.

Amazon

室内は一人で寝る分には全く問題ない広さですが、パニアバッグやヘルメットを持ち込んだりするのはちょっときついレベルです。高さは身長172センチですが一番高いところであぐらをかいてぎりぎり頭が天井にあたらないくらいです。

Amazon

1型以外も同様に設営の簡単さが評価されています☆こちらは7型の口コミ▼

他の大型ドームを使ったことがないのですが、ひとりで短時間(なれれば10分以内)に建てられるようなテントは他にないのでは。設営が楽だと登場機会が増えるし、案外重要です。

Amazon

こちらは9型の口コミ▼
やはり実際に使用する人数よりも余裕のあるサイズのムーンライトテントを使用するのがおすすめのようです!

大人二人 子供4人で使用しても余裕があります。
大きいため、設置場所を選ぶかと思いましたが、スクリーンタープとそれほど面積はかわらないので、
スクリーンタープが設置できるキャンプ場ならば場所確保にそれほど困らないでしょう。

Amazon

キャンプツーリングにも最適!「クロノスドーム」

みんなの評判・口コミは?

ムーンライトテントに負けず劣らずの設営の簡単さはもちろん、その軽さも魅力的です♪

初めてのテント泊のため購入しましたが、説明書を見ながら10分そこそこで設営できました。
重量2キロほどで、ザックにもすっぽり収まり重宝しています。

Amazon

今まで、ワンタッチテントを使っていましたが、老朽化にともない買い換えました。ワンタッチでは有りませんが、設営も簡単でさっそく北海道ツーリングに使用しました。やはり、メーカーものは良いですね。 

楽天

こちらはクロノスドーム2型の口コミですが、やはり独自構造による耐久性の高さは確かな様子!

1度、ダウンバースト現象のような暴風雨に襲われたことがありますが
張り綱を張っていなかったにも関わらず、びくともせず、浸水もしませんでした。

Amazon

多くの登山家が愛用「ステラリッジテント」

豊富なカラーリング・オプション!

ステラリッジテントは現在、ホワイト・ブルー・オレンジ・グリーンの4色で販売されています。キャンプサイトでは一番目立つテントの色を選ぶことができるのは嬉しいですよね!また、オプションでテント内にロフトやマットを取り付けられるので、キャンプ地の天候や環境に合わせることもできます。

『ステラリッジテント』と『ムーンライトテント』を比較!

   

『ステラリッジテント』と『ムーンライトテント』はほぼ同じ大きさであるのに、値段がかなり違います。これは、一般的な3シーズン用テントであるムーンライトテントに対して、ステラリッジテントが山岳用テントなので、積雪期登山にも対応可能なのが大きな違いです。また、1型でムーンライトテントが2.18kgなのに対してステラリッジが1.26kgとなっていて、軽さの面も踏まえてもステラリッジテントの方が高価となっています。

みんなの評判・口コミは?

夜に激しい雷雨。
テントから出られない(水はけ悪く5cmくらいの水溜まりの上で寝ている)状態でしたが、浸水はなく快適に眠れました。朝起きると、周りのテントでは2張りが浸水したらしいです。(デザインのいい海外のメーカーでした)オーソドックスなテントですが、さすがに日本のメーカーだけあって信頼できます。

Amazon

やはりその耐久性には信頼感がある様子!少し高価なテントにはなりますが、その分登山にも使用できるタフな作りが魅力のようです☆

なるべく安くて登山に使えるものと言う基準で探しました。 幸運なことにこのテントで悪天候にはまだ遭遇していませんが、設営も撤収も簡単です。
換気機能が想像したより良いです。 モスキートネットの開閉もスムーズこの辺は心配ありません。

Amazon

モンベルテントはサイズがたくさん!型選びの基準は収容人数!

モンベルテントを代表するテントは主に3つ!「ムーンライトテント」「クロノスドーム」「ステラリッジテント」です。これらのテントには型が多く存在し、どれを買っていいか迷う人も多いはず...基本的にモンベルのテントは1型は1人用、2型は2人用と型の数字が収容人数になっています。モンベルテントを買いたい方は収容人数を基準に選んでみてください!

「ムーンライトテント」:6種類(1,2,3,5,7,9型)
「クロノスドーム」:4種類(1,2,4型)
「ステラリッジテント」:5種類(1,2,3,4,6型)

モンベルのテントは他にも!おすすめテント3選

モンベルのテントは修理可能?

冬のキャンプ場    

出典:hoge asdf / flickr

モンベルではテントを含めた全ての商品の修理に対応しています!自力で修理できる場合は、この後紹介するテントの修理用品を買い、自分でテントのお手入れをしましょう!自力での修復が困難な場合は、モンベルのカスタマーサービスに問い合わせるか近くのモンベルの店舗に持っていくようにしましょう!修理には費用もかかりますが、モンベルのテントは修理すれば一生使えるものばかりなので、破損した場合もしっかり修理するようにしましょう◎

問い合わせHPはこちら▶︎モンベル

テントを自力で直せる修理道具をご紹介!

モンベルのテントにテントマットは必要?

快適な睡眠のためにはテントマットは必須!特に、モンベルのテントを使用するような山などのハードなシーンでの睡眠には欠かせないアイテムです。自分のテントに合ったサイズのテントマットを選んで購入しましょう!

テントマットはテントごとに決められている訳ではありません!自分の睡眠をサポートする最適なマットを選びましょう。詳しくはこちら▼

モンベルのテントシューズで快適なテント泊を!

モンベルには魅力的なテントも多いですが、テントシューズもおしゃれなものが多いです。テントの中で安全で快適に過ごすために持っていくことをおすすめします!

テントシューズはテントごとに決められているわけではありません!快適なテント泊を楽しむためにも、自分に合ったテントシューズを見つけましょう♪詳しくはこちら▼

テントを買うならアウトレットがおすすめ!

モンベルのアイテムを購入するならアウトレットがおすすめ!定価よりも安く、実際の商品を見て購入することができます◎

モンベル 南大沢店(東京都)

東京都西部にあるアウトレットモール「三井アウトレットパーク多摩南大沢」の中にある、モンベルのアウトレット!大型駐車場も完備しているため、車で行ってそのままテントを持ち帰るのもOK。広い店内にはテントをはじめとしたアウトレット商品が豊富に揃っています◎

【基本情報】
住所:192-0364
東京都八王子市南大沢1-600 三井アウトレットパーク多摩南大沢2階
TEL:042-670-5681
FAX:042-670-5682
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休
駐車場:あり
画像はイメージです。

【アクセス】
■電車の場合:京王相模原線「南大沢」駅徒歩1分。

自宅近くのモンベルのアウトレット店舗が気になる方は、こちらの記事をチェック▼

まとめ

山頂からの景色を眺める男性    

出典:pixabay.com

実際に山に登ることで培ったノウハウや細やかな心遣いが、商品開発に十分に生かされているモンベルのテント。悪天候下でも簡単に設営や撤収できる構造や風雨に強い耐久性を実現するシステムは、特許を取得するほどです!その優れたシステムを取り入れたモンベルのテントは、長年使い続けることができます。一度モンベルのテントで過ごすとその快適さから、ほかのテントではもう過ごせなくなるかも!


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

3

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

4

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

5
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪