hinata

>

キャンプ用品

>

テント

>

クロノスドームは初心者登山におすすめ!選び方と使い方を徹底解剖

クロノスドームは初心者登山におすすめ!選び方と使い方を徹底解剖

キャンプ用品

たき火を囲む人々

出典:pixabay

登山やキャンプに欠かせないアイテムと言えば「テント」ですが、膨大な種類のアイテムがあって、どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。そんな初心者登山にもおすすめのテントのひとつとしてあげられるのが、お手頃価格かつ信頼性の高い「クロノスドーム」です。クロノスドームの特徴や選び方の基本をおさえて、キャンプ泊を楽しみましょう!

目 次

クロノスドームはエントリー向けの登山用テント

クロノスドーム

出典:Amazon

クロノスドームは、アウトドアブランド「モンベル(mont・bell)」から発売されている、春夏秋の3シーズンに対応したテントです。「モンベル」の高い技術力に裏打ちされた優秀なテントなので、海、山、キャンプ場など、さまざまなシーンで活躍してくれます。山岳専門ではありませんが、登山でのキャンプにも対応できる丈夫な設計になっています。

クロノスドームがエントリー向けな理由とは?

クロノスドーム

出典:Amazon

クロノスドームが初心者におすすめされる理由としては、手を出しやすい価格であることや、設営が簡単であること、持ち運びがしやすいことなどが挙げられます。また、3シーズン対応であることや山でも使えることなど、活躍するシーンの幅広さも初心者には嬉しいものです。

理由その①コストパフォーマンスが抜群

クロノスドームは、アウトドア用テントの価格としては比較的安価な設定になっています。機能性や大きさを合わせて考えると、かなりコストパフォーマンスが良いテントと言えるでしょう。初心者にありがちな、「初めてキャンプをするけれど、ずっと楽しむかはわからない…」という不安を持っている人でも、購入しやすいですね。

理由その②設営のしやすさ

クロノスドームは設営しやすさも抜群です。テントのポールを初めからクロスさせておくという独自のシステムを採用しており、全くの初心者でも5~10分あればテントを設営することができます。また、同じサイズのテントに比べて、前室が広めに設計されているので、靴の脱ぎ履きもしやすいですし、ちょっとした荷物も置けちゃうんです。

理由その③コンパクトに収納できる

クロノスドームのコンパクト収納

出典:Amazon

山岳用テントのような特別な軽さはないものの、コンパクトに収納できるので、荷物が多くなりがちな初心者キャンプでもスマートに使用できます。グランドシートなどの付属品も発売されているので、自分のキャンプスタイルを見極めながら、長く付き合っていきたいと思っている人にもおすすめです。

サイズで見るクロノスドームの選び方

クロノスドームを購入すると決めたとき、次に問題になるのがサイズ選びです。初心者なら特に、どのサイズが自分に合っているのか悩んでしまうもの。クロノスドームから出ている3種類のテントについて、テント選びのポイントとなる「テントを利用する人数」、「宿泊する期間」、「持ち込む荷物の大きさ」の3点を中心に見て行きましょう。

モンベルの類似テントをクロノスドームと比較!どちらがおすすめ?

「モンベル」から発売されているテントには、「クロノスドーム」と同じく人気の高い「ムーンライト」や「ステラリッジ」というテントがあります。持ち運びや設営のしやすさ、形、使い心地の特徴などを比較しながら、どちらのテントが自分に合っているのかを見極めていきましょう。

クロノスドーム1型と2型の違いは?

テントクロノスドーム1型クロノスドーム2型
使用サイズ長さ220×幅100×高さ105cm長さ230×幅130×高さ105cm
収納サイズ16×16×33cm17×17×35cm
重量1,950g2,180g

そもそも1人用の1型と2人用の2型の違いってどんな点なのでしょうか?デザインはどちらもブルーとオレンジの2色展開なので、サイズと重さ、価格の3点に絞って比較してみたいと思います。

まず、使用時のサイズですが、2型の方が長さ10cm、幅が30㎝広く、ゆとりのある居住スペースです。高さは変わりありません。一方、1型と2型の収納サイズは長さ・幅共に1cm、高さは2cmしか違いがありません!

次に重さの比較です。1型は2kgを切る1,950gであるのに対し、2型は2,180gです。重さもわずか200gしか変わりません。

最後に価格の面ですが、だいたい1型よりも2型の方が4,000円ほど高いです。素材は変わりませんが、居住空間が広い分、お値段は張りますね。

使用時には荷物を置くスペースも確保できますし、ゆったりと過ごすこともできますので、ソロやツーリングキャンプでも2型の方が何かと使い勝手が良いです。しかし、キャンプ用品はテントだけではないですから、ギアを揃える上で少しでも価格を抑えたいという方は1型がおすすめです。

クロノスドームとムーンライトを比較!

テントクロノスドーム1型ムーンライト1型
使用サイズ長さ220×幅100×高さ105cm長さ230×幅130×高さ105cm
収納サイズ16×16×33cm17×17×35cm
重量1,950g2,180g

クロノスドーム、ムーンライトは共に、設営が簡単で比較的良心的な価格なので、初心者でも手を出しやすい優秀なテントです。大きさや重さに大差はありません。ではどの点に注目して選ぶのが良いのでしょうか?

見た目からもわかる通り、クロノスド―ムとムーンライトでは形が大きく異なり、故に使い勝手も大きく異なってきます。クロノスドームはポールのしなりによって高さを出すことができるので、テント内に入った時に、ムーンライトと比較して圧迫感を感じません。
一方のムーンライトは縦長のテントで、入口から入った空気が後方のベンチレーターまで通りやすい設計になっています。夏の暑い時期でもテント内が蒸れづらく、快適に過ごすことができるでしょう。

テント内で過ごす際の「開放感」を大切にしたければ、クロノスドーム、「通気性」を重視するのであればムーンライトテントを選ぶと良いですね。
ムーンライトテントについて知りたい方はこちらも合わせてチェック!

クロノスドームとステラリッジを比較!

テントクロノスドーム1型ステラリッジ1型
使用サイズ長さ220×幅100×高さ105cm長さ210×幅90×高さ55cm
収納サイズ16×16×33cm13×13×30cm
重量1,950g1,260g

ツーリングテントのクロノスドーム、登山用テントのステラリッジと、そもそもの用途が大きく異なりますが、モンベルのテントの中でもこの2種類はよく比較されます。

使用サイズの大きな差はテントの高さ。クロノスドームとステラリッジではおよそ50㎝の差があるので、ステラリッジの方が圧迫感を感じます。やはり、クロノスドームの魅力はその居住性の高さですね。また、価格面も、クロノスドームはステラリッジの半分で購入することができます。コストパフォーマンスが抜群に良いですね。

一方、重さで見ると、ステラリッジに軍配が上がります。その差なんと700g!さすが山岳用テント、抜群の軽量性を誇ります。少しでも重さを抑えたい方はこちらがおすすめです。
また、ステラリッジはテント底部の対角線を結ぶフレーム形状から、テント上部のスペースはそこそこながらも風をはらみにくい形状です。雨風など、より過酷な環境でもキャンプを楽しみたいという方はステラリッジが心強い味方になってくれるでしょう。

ステラリッジテントを詳しく知りたい方はこちらはチェック!

オプションでクロノスドームの楽しみの幅を広げよう!

クロノスドームは初心者におすすめ!

クロノスドームは設営のしやすさとコストパフォーマンスの良さはもちろん、広々とした入口や天井の高さも魅力です。クロノスドームの良さをしっかり活かすためにも、シチュエーションに合わせたサイズ選びに気をつかってみてください。初めてテントを買う場合は、お店で実際にテントのなかに入ってみるのがおすすめです。

▼クロノスドーム以外にも、人気アイテムやお得な情報など、モンベルについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

今回紹介したアイテム

商品画像 モンベル(mont-bell) テント クロノスドーム1型 [1~2人用] スカイブルー 1122490-SKB モンベル(mont-bell) テント クロノスドーム2型 [2人用] ゴールデンオレンジ 1122491-GDOG モンベル(mont-bell) テント クロノスドーム4型 [3~4人用] ゴールデンオレンジ 1122492-GDOG モンベル(mont-bell) タープ ミニタープ グリーン 1122513-GN
商品名 「クロノスドーム1型」はソロキャンプにおすすめ! 「クロノスドーム2型」は2人でのキャンプにおすすめ! 「クロノスドーム4型」はファミリーキャンプにおすすめ! クロノスドームにちょうどいいサイズの「ミニタープ」
商品リンク Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る Amazon で見る
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事



おすすめのキーワード