モンベル「ミニタープHX」の魅力を解説!ミニタープといえばこれ!

 キャンプ用品

モンベルミニタープHX

出典:Amazon

モンベル「ミニタープHX」特殊。ミニタープで人気のモンベル「ミニタープHX」は、コンパクトかつ軽量で持ち運びしやすくソロキャンプや少人数でのキャンプにぴったりです。この記事では、そんなモンベル「ミニタープHX」の魅力を解説します。

LINEの友だちを追加

 目次


モンベル「ミニタープHX」とは?

ミニタープHX

出典:Amazon

モンベルのミニタープHXは、モンベルから発売されているミニタープシリーズのアイテムです。モンベルにはミニタープHX以外に無印のミニタープもありますが、こちらはミニタープHXよりもさらにコンパクトなサイズ感。トレッキングや自転車・バイクでのソロツーリングで使える、モンベルで最軽量のタープです


表題のミニタープHXは、無印のミニタープよりも居住空間に余裕があり、風に対しても比較的強い六角形デザインの小型タープ。無印のミニタープと比較すると約1.5倍ほどの870gという重量ですが、それでも一般的なタープよりも十分に軽量です。もちろん、無印のミニタープ同様に、自転車やバイクでのソロツーリングなどのできるだけ荷物を軽くしたいシーンにぴったりです。

モンベル「ミニタープHX」の魅力

キャンプなどでは、テントとは別に日差しや風雨を防ぐ空間を作る目的としてミニタープを使うことが多いです。しかし、モンベルのミニタープXHなら同メーカーから発売されているドームテントと組み合わせて、テントに直射日光や露などが当たらないようにしながらテーブルや椅子をおいた快適空間を作り出せます。

テント後方の低い方が1500のポールで少し高い前方がモンベル純正の1650のポール 夜露避けにテントに被るように設置

火曜水曜どうでしょう

ソロキャンプにも最適!軽量&コンパクト

ミニタープHXの収納図

出典:Amazon

通常のタープよりも小さなサイズ感で、かつポールも同封されていないため、軽量&コンパクトに収納できる点が魅力です。特に持ち物をとにかく減らしたい自転車やバイクでのキャンプなどには、軽量性やコンパクト性は嬉しいポイント。収納時のサイズ感は、直径12.5×長さ23cmで、おおよそ1Lのペットボトル程度の大きさです。

収納時の大きさは写真の通りかなりコンパクトなので追加に装備しても負担にはなりませんでした!

物欲ラボ

1〜3人で使える、ちょうど良いサイズ感

ミニタープHXは、一般的なタープと比べてコンパクトなサイズ感なので、狭いサイトでも設置できます。また、コンパクトゆえに設営もしやすく、女性でも簡単に設置可能。それでいながら、展開時には家族3人でも使える広さ。小さめのキャンプサイトでこじんまりとミニマムなキャンプを楽しむにはぴったりです。

小さめタープの選定基準は、家族3人が晴れの日に使える最小限の広さであること。息子と2人のキャンプで快適に使用できること。今よりも設営時のサイズがコンパクトになることで、狭いサイトでも素早く設置することができること。
収納が小さくなることです。サイズ的に良さそうなタープは幾つかあったのですが、適度なサイズと収納時のコンパクトさから、ミニタープHXを購入しました。

コロケロの雑記帳

焚き火の近くで使っても安心な難燃仕様

夜の焚き火

出典:PIXTA

モンベルのミニタープHXはポリエステル製ですが、難燃加工が施されています。生地に火が当たっても自己消火し、燃え広がらないため、安心して使えます。もちろん、焚き火をする際のタープはコットン製の燃えにくい素材のものがベストですが、例えば雨が降った時など、コットン製が不便な時もあります。ミニタープHXはそんな時にも活躍してくれる、便利なアイテムです。

私が思うミニタープHXの最大の利点は、その難燃加工により「雨天でも火器が使える、さらには焚き火も可能」という点です。もちろん燃え広がらないよう、煙が充満しないように細心の注意は必要ですが、雨の中で火をおこせるというのはとてもありがたいことです。

ソトタイム

付属のペグは軽量で頑丈

モンベルのペグ

出典:Amazon

テントやタープに付属のペグは使いにくいという声が多い中、このミニタープHXのペグは、アルミ製で軽いうえに、強引に打ち込んでも曲がりづらく丈夫です。さらに、傷がつきにくく汚れも取りやすいという口コミも。ちなみにこのペグは単品でも販売されています。

ミニタープHXに付属のペグはアルミ製で極めて軽い。いっけん頼りない。強引に打ち込んだペグも何本かあったので、曲がってやしなかったかとちょっと心配だったのだ。ところが、1本も曲がっていない!

森川”突破口”滋之

モンベル「ミニタープHX」の張り方

ミニタープHXには、ポールが付属していません。ゆえに、自分の張りたいスタイルに応じて、ポールもしくはそれに代替するアイテムで設営することになります。

こちらの動画では、様々なミニタープHXの張り方が紹介されているので、気になる方はチェックしてみてください。

ミニタープHXで小川張り

ミニタープHXはコンパクトなタープですが、ソロキャンプなどのコンパクトなキャンプなら、小川張りもできます。小川張りとは、テントがタープの中に入るように設置する張り方。メインポール位置ががテントの裏側にくるのが特徴で、スペースをより自由に使える張り方です。ミニタープHXの小川張りについて、詳しくは動画をチェックしてみましょう。

張り方に応じてチョイスしよう!モンベルの純正ポール

モンベルでは、120cm〜280cmまでのタープポールが販売されています。タープと合わせてモンベルでポールも購入したい方は、ミニタープHX購入の際に一緒に揃えましょう。

公式はこちら:モンベル /タープポール

初心者でも使いやすい!モンベル「ミニタープHX」

キャンプ場をはじめとしたアウトドアでは、雨や直射日光などを防いでゆっくりできる環境を作れるタープの役割は大きいです。モンベルのミニタープHXは、自然と程よい距離感を保ちながらも開放感がある空間を作れてリラックスできるのが魅力。設置も簡単で耐久性も高く持ち運びもしやすいので、少人数のアウトドアのお供にぜひ使ってみてくださいね。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

モンベル アウトドアブランド タープ

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪