【初心者必読】キャンプ用品まとめ!快適にキャンプが楽しめる人気アイテム

 キャンプ用品

アメリカンヴィンテージなキャンプサイトのリビングスペース

「キャンプ用品を買いたいけれど、たうさんありすぎてどこのメーカーの何を買うのがベストかわからない…。」そんな悩める初心者必見!キャンプに行くときに持っておきたいアウトドア用品をご紹介します。どんなシーンで必要かということまでわかるので、必要・不要も判断しやすいですよ。


 目次


キャンプに必要な道具とは

キャンプのテントサイトで焚き火をしている写真    

出典: bee32 / ゲッティイメージズ

最近ますます人気が出てきているキャンプ。「今年は始めてみようかな」と考えている方も多いのではないでしょうか。「キャンプ=テントというイメージはあるけれど、他にも必要なアイテムってあるの?」「どこからどこまで揃えたらいいの?」という疑問をお持ちの方のために、ここではキャンプに行くなら持っておきたいアイテムを紹介していきます。

▼失敗しないように人気ブランドのアイテムを買っておきたいなら、こちらもチェック!

持っておきたいキャンプ用品①テント&タープ

綺麗な芝生の広場に貼ってあるテントとタープの画像    

出典:Amazon

テントは宿泊をする際、もちろんテントがあれば寝泊まりは可能なのですが、寝室スペースしかないテントだと、雨が降ってしまうと大変。

初心者の方で、テントだけ買ってキャンプに行ったら雨が降ってびしょびしょになってしまった、という話も聞きます。屋根のある炊事棟やBBQスペースなどがあるキャンプ場なら良いのですが、雨の日は込み合うことも。

そのため、キャンプ場でテント泊をする際には、①リビングスペースのある2ルームテントか、②テント+タープの2つを設営する、という方法がベスト。ということで、初心者におすすめの2ルームテントと、テント+タープスタイルにおすすめのテントを紹介していきます。

2ルームテント

テント+タープ

▼テントの選び方や設営方法などについて詳しく知りたい方は、こちらをチェック!

▼もっとたくさんのタープを知ってから選びたい方は、こちらもチェック!

▼2ルームテントか、テント+タープどっちがいいの?様々な観点で検証してみました。

持っておきたいキャンプ用品②シュラフ(寝袋)&マット

シュラフの内側    

真夏に平地でキャンプをするなら、寝袋がなくても寝られる!という声も多いですが、キャンプ場は森に囲まれた自然の中にあったり標高が高いところにある場合もあるので、やはりあった方が安心です。

ベテランキャンパーだと、寝袋を2つ持って使い分けている方が多いです。1つは、3シーズン用と呼ばれる春夏秋に使えるタイプのもの。そしてもう1つが冬用です。

初心者でいきなりの冬キャンプはハードルが高いので、これからキャンプを始める、という方は3シーズン用を買っておくのが良いでしょう。夏休みしか行かない、という場合は夏用でも◎

これらの種類の違いは耐久温度で、耐久温度可能な温度が低くなるごとに値段も高くなっていきます。どんな気温で使うのかを意識して選びましょう。

▼もっとたくさんのシュラフを知ってから選びたい方は、こちらもチェック!

キャンプに行ったことがないと想像しづらいのですが、設営したテントの中でそのままシュラフにくるまって寝ても、地面がゴツゴツでとても寝心地が悪いんです。

特に地面が芝ではなく土や砂利の場合、地面がガタガタで夜に何度も起きてしまう、なんてことも。そのため、寝袋を買うときにはあわせてマットも買っておくのがおすすめです。

▼マットをもっと詳しく知ってから選びたい方は、こちらもチェック!

持っておきたいキャンプ用品③テーブル&チェア

テーブルを使ったピクニックの様子    

出典:Amazon

テーブル&チェアはキャンプの調理・食事シーンで必須のアイテム。テーブル選びは、テーブルの高さに応じて「ハイスタイル」「ロースタイル」と大きく2つのタイプがあります。

ハイスタイルだと立ち上がりやすく、ローススタイルだとゆったりするのが特徴。チェア選びとも関わってくるので、どんなスタイルでキャンプを楽しみたいか考えながら選ぶと良いでしょう。

▼キャンプ用テーブルをもっとたくさん知ってから選びたい方は、こちらもチェック!

▼人気のロースタイルのテーブルをもっと知りたい方は、こちらもチェック!

▼キャンプ用チェアをもっとたくさん知ってから選びたい方は、こちらもチェック!

持っておきたいキャンプ用品④ランタン

ノクターンの点火した様子    

出典:Amazon

キャンプ場の夜は想像以上に暗く、キャンプ場で夜を過ごすならランタンは必須のアイテムです。ランタンの個数は、①リビング全体を照らせるもの、②テーブルの上を照らせるもの、③テント内を照らせるもの、と3個ほどあると便利。そして、ランタンの種類は、ガス式、ガソリン式などいくつかありますが、最も手入れも簡単で安全なLEDタイプが初心者にはおすすめです。

▼ランタンをもっとたくさん知ってから選びたい方は、こちらもチェック!

▼リビング全体をライトで照らしたい時に便利なのがランタンスタンドです。ランタンとあわせてチェック!

持っておきたいキャンプ用品⑤焚き火台・グリル

焚き火台でバーベキューをしている様子    

出典:Amazon

焚き火台とグリルは、それぞれ単体でも使える商品から、1アイテムでどちらにも使えるものも出ています。焚き火もしたいしグリルとしても使いたい場合は、兼用アイテムをチョイスすれば荷物の総量が減るのでおすすめですよ。焚き火をしない場合は、グリルのみのアイテムの方がリーズナブルなことが多いです。

▼コンロ・グリルをもっとたくさん知ってから選びたい方は、こちらもチェック!

▼焚き火台をもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

持っておきたいキャンプ用品⑥バーナー

木の上に置いてあるバーナーの写真    

出典:evpv/ゲッティイメージズ

薪や炭でグリルを楽しむのももちろん◎ですが、薪や炭は消火に時間がかかるので、例えば朝チェックアウト前に朝食を作る際には、バーナーがあると便利。お湯を沸かしてスープを作ったり、ホットサンドクッカーでホットサンドを作るのもいいですね。

また、通常の料理においても、グリルで作るよりガスで作るのに適した料理、例えば煮込み料理やパスタなどはバーナーで作る方が効率的に美味しく仕上がります。キャンプをするときにに1つは持っておきたいバーナーです。

▼バーナーをもっと詳しく知ってから選びたい方は、こちらもチェック!

持っておきたいキャンプ用品⑦クーラーボックス

クーラーボックスを2人で持っている画像    

出典:Amazon

食材から飲料まで、腐らないように保管しておけるクーラーボックス。デザインも様々で、選ぶのも楽しいアイテムです。クーラーボックスを購入する際は、サイズやデザイン、値段に加えて保冷力も気になるポイントですよね。

クーラーボックスの素材は主に、発泡スチロール、発泡ウレタン、真空断熱パネルの3種類があります。右に行くごとに保冷力が高くなっているので、何時間どのくらいの程度の保冷力が必要かを考えて選ぶとよいでしょう。

▼クーラーボックスをもっと詳しく知ってから選びたい方は、こちらもチェック!

▼クーラーボックスのサイズ感について知りたい!という方は、こちらもチェック!

▼保冷剤によっても保冷効果は全然違う!保冷剤もあわせてチェック!

持っておきたいキャンプ用品⑧調理器具

▼クッカーをもっと詳しく知ってから選びたい方は、こちらもチェック!

▼シェラカップをもっと詳しく知ってから選びたい方は、こちらもチェック!

あるとキャンプがもっと快適になるアイテム

焚き火テーブル

▼焚き火テーブルをもっと詳しく知ってから選びたい方は、こちらもチェック!

▼バーベキューの炭についてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

ダッチオーブン

▼ダッチオーブンについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

カトラリー

▼カトラリーについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

ペグ

▼ペグについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

ハンモック

▼ハンモックをもっと詳しく知ってから選びたい方は、こちらもチェック!

コット

▼コットをもっと詳しく知ってから選びたい方は、こちらもチェック!

収納グッズ

▼収納グッズ&テクをもっと詳しく知ってから選びたい方は、こちらもチェック!

安全対策グッズ

ゴミ箱

セール?中古品?キャンプ用品はどう買うのが一番安いのか

中古のキャンプ用品の購入方法

まずご紹介するのが、中古のキャンプ用品を購入する方法。オークションサイトか、フリーマーケットアプリで掘り出しものを探すと良いでしょう。

キャンプに慣れてくると、より良いアイテムや貴重なギアが欲しくなってしまい、いらなくなったキャンプ用品がたくさん出品されていますよ。

ヤフオクで探す:ヤフオク キャンプ用品
メルカリで探す:メルカリ キャプ用品

有名ブランドのセールを狙う

セールのチラシの画像    

出典:Ekaterina Romanova/ゲッティイメージズ

キャンプ用品店のセールを狙うのもおすすめ!例えばスノーピークは、毎年お正月に初売りセールを開催しています。セールに合わせてアイテムを買い換えれば、お得に購入できます♪

ポイントを貯めておトクに買える!通販サイトで購入

パソコンをいじっている写真    

出典:cyano66/ゲッティイメージズ

Amazonや楽天でアウトドア用品を買えば、他の買い物で使えるポイントを貯めることができます。特にテントやタープなど金額の大きいお買い物は通販サイトのポイントが溜まりやすいのでおすすめ。大手アウトドア用品店の「エルブレス」も通販サイトを運営しており、品揃えは随一!ぜひチェックしてみてくださいね♪

初心者にはレンタルもおすすめ!

初心者にはキャンプ用品のレンタルもおすすめです!気になるアイテムを試せたり、必要な小物が全部セットになっていたりと、メリットが沢山!どんなアイテムを買おうか迷っている人は、一度レンタルでキャンプを味わって見てはいかがでしょうか?

▼キャンプ用品のレンタルサービスについて詳しく知りたい方は、こちらをチェック!

キャンプ用品を揃えてキャンプへ繰り出そう!

海沿いに貼ってあるテントの写真    

出典:Юлия Моисеенко / ゲッティイメージズ

自分好みのアイテムは見つかりましたか?初心者におすすめのアイテムを中心に、上級者にも人気のアイテムまで、幅広くキャンプ用品を紹介してきました。一度に全て揃えることは難しいと思うので、通販サイトなどを活用して、少しづつお得に買い集めていきましょう!


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪