hinata

>

ノウハウ

>

キャンプ初心者

>

【初心者必見】オートキャンプのいろはを学んで快適キャンプデビュー

【初心者必見】オートキャンプのいろはを学んで快適キャンプデビュー

 ノウハウ

星空の下で座りキャンプを楽しむ人々

出典:anatoliy_gleb / ゲッティイメージズ

オートキャンプって何するの?持ち物は何が必須なの?これを読めばオートキャンプの持ち物だけでなく、バーベキューの仕方、キャンプ場の選び方など、オートキャンプの楽しみ方を全て知ることができます!快適なキャンプにするために、しっかり準備しておきましょう!


 目次


そもそもオートキャンプって?

オートキャンプって何が違うの?

キャンプの様子    

出典:MIKI Yoshihito / flickr

「オートキャンプ」とは自動車やバイクでキャンプ場に直接乗り入れし、車を横付けした状態でテントなどを設営し、楽しむキャンプスタイルを指します。車にキャンプ用品を積んで、そのままキャンプサイトで展開することができるので、とてもお手軽です。初心者キャンパーさんにはおすすめのキャンプスタイルと言えるでしょう。

ただし、どこでもオートキャンプを楽しめるということではなく、車が乗り入れ可能かどうかはキャンプ場によって異なるため、事前にキャンプ場について調べておきましょう。

ソロやファミリーなど、様々なキャンプスタイルが!

ドーム型テントの横でお茶を飲んで一息つく人    

出典:Pixabey

キャンプスタイルは、誰と行くかと何で行くかの掛け合わせです。

・ソロキャンプ:1人でキャンプをするスタイル
・グループキャンプ:友達など集団でのキャンプをするスタイル
・ファミリーキャンプ:家族団欒で楽しむキャンプ

次に手段ですが、車、バイク、自転車、電車など交通手段は主に4つに分けられます。

自分のキャンプスタイルがはっきりしたら、キャンプ場を選ぶ際にも。見るべきポイントが決まります。例えばバイクでのソロキャンプなら、バイク乗り入れ可能なところを選ぶ必要がありますし、ファミリーでキャンプをするなら周辺にアクティビティが豊富なスポットを選ぶのがおすすめです。

キャンプ場はどう選ぶ?

初心者の方がまずわからなくて苦労するのがキャンプ場選び。そこでキャンプ場を選ぶ際に見るべき3つのポイントをお教えします!

設備・レンタル品の充実度で選ぶ

まず、トイレやシャワーなどの水回りの設備が整っているか、レンタル品を貸し出してくれるかは、初心者キャンパーにとって重要な要素。これらがしっかり整っているのか否かでキャンプ場での過ごし方が大きく変わってきます。レンタル品を貸し出してくれるキャンプ場はそのキャンプ用品の使い方をレクチャーしてくれるところも多いので、自信がない方はレンタル品を利用するのも一つの手。

アクセスの良さで選ぶ

次に距離です。距離が近くないと移動に想像以上の時間を取られてしまって、遊ぶ時間が少なくなってしまうこともあります。自宅から1〜2時間程度で行けるキャンプ場からスタートして、徐々に遠くのキャンプ場を選ぶのがベターです。

アクティビティの豊富さで選ぶ

キャンプ場へ行ってその近くのアクティビティで遊べたら、お子さんはもちろん、大人も盛り上がります。特に海、川の近くやリゾート地に併設するキャンプ場では、その土地ならではのイベントにも参加できたりするので要チェックです!

では次の項目で具体的なキャンプ場をチェックしてみましょう!

【関東編】初心者におすすめのオートキャンプ場3選

高規格キャンプ場と言えば!「北軽井沢スウィートグラス」

北軽井沢スウィートグラスのツリーハウス    

軽井沢の浅間高原に広がる広大な敷地面積をもつ、日本でも有数の高規格なキャンプ場です。1年を通して利用することができ、四季を感じながらキャンプを楽しむことができます。初心者へのおすすめポイントはレンタル品が充実している点、ツリーハウスやハンモックサイト、インディアンティピなどの宿泊施設も数多くあるので、テントを持っていなくともキャンプを楽しむことができる点です。

住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-4448
TEL:0279-84-2512
公式HP:北軽井沢スウィートグラス

お子さんを遊ぶなら!「キャンプ・アンド・キャビンズ」

キャンプ・アンド・キャビンズの受付    

出典:キャンプ・アンド・キャビンズ

手入れが行き届いていて、設備が充実している“高規格”キャンプ場として人気のキャビン・アンド・キャビンズ那須高原。グランピングが楽しめるキャンプ場としても有名です!

巨大オセロやアスレチック、ハンモックなど子供のための手作りの遊び場が充実していて、ちびっ子連れでも十分楽しめます!その他、バーベキュー場や露天風呂、コインランドリーやドッグラン、ドッグキャビンなどもあります。

住所:栃木県那須郡那須町高久甲5861-2
TEL:0287-64-4677
公式HP:キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原

レンタル品が充実した「長瀞オートキャンプ場」

長瀞オートキャンプ場のキャンプサイト    

出典:長瀞オートキャンプ場

レンタルと売店が充実しているので、これからキャンプを始めたい!と思っている方にもおすすめです◎特に調味料が充実。サラダ油だけでなくオリーブオイルも、食塩だけでなく岩塩も用意している点は、女性オーナーらしい食事への気遣いが行き届いています♪初めての女子キャンプでも、楽しめること間違いなし☆もちろんキャンプ用品のレンタルもありますよ♩

【基本情報】
住所:〒369-1312 埼玉県秩父郡長瀞町大字井戸559-1
TEL:0494-66-0640
公式HP:長瀞オートキャンプ場

初心者に優しい、レンタル品が充実したキャンプ場をもっと知りたい方はこちら!

関東にある初心者におすすめのオートキャンプ場をもっと知りたい方はこちら!

【関西編】初心者におすすめのオートキャンプ場3選

関西の高規格キャンプと言えば「伊勢志摩エバーグレイス」

水辺のグランピングテント場    

出典:伊勢志摩エバーグレイズ

グランピングスポットで有名な「伊勢志摩エバーグレイス」。まるで高級ホテルのスィートルームにいるかのような幻想的な空間でキャンプを楽しむことができます。手ぶらプランがあり、テントも食材も持っていく必要がありません!初心者キャンパーさんは、まずはお手軽なグランピングからスタートしてみるのもいいですね。

住所:三重県志摩市磯部町穴川1365−10
TEL:0120-592-364
公式HP:伊勢志摩エバーグレイス

周囲の施設が充実した「舞洲オートキャンプ場」

アーバンオートビレッジ 舞洲オートキャンプ場で食事を楽しむ2人    

出典:アーバンオートビレッジ 舞洲オートキャンプ場

大阪市内から車で20分という近さのところにあるのがこちらの舞洲オートキャンプ場です。バーベキュー用のレンタルもテントなどキャンプ用品のレンタルもあるので初心者も嬉しいですね♩しかもテントはティピー型という、とても背が高いテントなので雰囲気が出ますし、設営も簡単なんです。

【基本情報】
TEL:06-6460-1640
住所:大阪府大阪市此花区此花区北港緑地2-1-12
公式HP:舞洲オートキャンプ場

バーベキューを楽しむなら!「 自然の森ファミリーオートキャンプ場」

自然の森ファミリーオートキャンプ場でキャンプを楽しむ家族    

出典:自然の森ファミリーオートキャンプ場

大阪市内から1時間と非常にアクセスの良いキャンプ場。自然の森ファミリーオートキャンプ場は近隣にスーパーやコンビニがあるため、簡単に食材の買い出しができるのも魅力的。場内を谷川が流れており、イワナやアマゴなどの川魚のつかみ取り体験もできます!他にも石窯でパンやグラタンを焼いたり、うさぎ小屋でうさぎと触れ合ったり普段出来ない体験を子どもにさせてあげられますよ♪

【基本情報】
住所:大阪府豊能郡能勢町山辺411
TEL:072-734-0819
公式HP:自然の森ファミリーオートキャンプ場

関西圏のオートキャンプ場についてさらに詳しく知りたい方はこちらをチェック!

全国にも魅力的なオートキャンプ場がこんなにたくさん!

その他に必要な準備は?

1日のスケジュールを作ろう

そもそもキャンプってどういう手順で進めるの?という方も多いと思います。始めの内はしっかりとしたタイムスケジュールを組んでおかないと、あっという間に一日が終わってしまいます。ということで、まずはキャンプの大まかなスケジュールをご紹介します。今回はコテージに泊まったりするキャンプではなく、テントをしっかり張る1泊2日のキャンプを想定しています。

<1日目>
午前中:家を出発、夕食の材料や飲み物を調達
13時〜:キャンプ場到着、チェックイン、テント、タープの設営
14時〜:アクティビティ(釣りや、スポーツ、自然とのふれあい)
17時〜:食事の準備
18時〜:食事
20時〜:後片付け
22時〜:就寝

<2日目>
7時〜:起床
8時 〜:朝食
9時〜:撤収開始
10時〜1時:チェックアウト

季節に合わせて服装を決めよう!

キャンプに間違った服で来るととってもタイヘン!そこで、キャンプってなにを来ていけばいいの?という疑問を解決します!今回は初心者の方が出かけることが多い、夏スタイルと春・秋スタイルに分けて紹介します。

■夏スタイル

岩の上に腰掛け、片足を抱える女性    

出典:Xfas / ゲッティイメージズ

夏の昼間だからといってTシャツに短パンはNG。蚊やブヨなどの虫が多いので長袖を着ていくか、簡単な上着を持っていきましょう。また、林間のキャンプ場に出かけた場合は、朝霧がかかって急に寒くなることもあります。肌を極力出さない格好でいきましょう!

■春・秋スタイル

マウンテンパーカーを着て一人で食材を焼いている人    

出典:Reimphoto / ゲッティイメージズ

春・秋のキャンプの昼間は「ヒートテックと長袖Tシャツ」+「パンツ」スタイルで!昼間はこれで暑くも寒くもなく、ちょうど良く過ごせます。夕方は気温が10℃を下回ることもしばしば。そこでおすすめは、先ほどの昼間の格好の上から、マウンテンパーカーやフリース素材のジャケットを羽織るスタイルです。ただ気候によって、気温が左右されやすいのでカーディガン等を持っていくのをおすすめします。

キャンプに必要な持ち物を確認!

キャンプに持っていくべき必要な持ち物は、何人で行くのか、テント泊なのか日帰りなのかなど、楽しみたいスタイルによって大きく変わってきます。ここでは、テント泊を想定して持ち物リストを紹介します。

<必須>
□ テント
□ グランドシート
□ インナーマット
□ ペグ・ペグハンマー
□ タープ
□ ランタン
□テーブル
□ チェア
□ クーラーボックス
□ 食器
□ グリル・コンロ
□ 洗剤・スポンジ・たわし
□ ガスバーナー
□ シュラフ
□ 洋服・下着・タオル
□ 洗面用具・お風呂セット
□ 蚊取り線香
□ 虫除けスプレー
□ レインコート・レインブーツ

<あると便利・おしゃれ>
□ ガーランド
□ ブランケット
□ ウィンドスピナー
□ スキレット・ダッチオーブン
□ シエラカップ
□ パーコレーター
□ シュラフマット
□ 焚き火台
□ ストーブ
□ ミニほうき

その他のキャンプスタイルの持ちものについて知りたい方はこちらをチェックしましょう!

初心者におすすめのキャンプ用品

それでは具体的初心者キャンパーにおすすめの具体的なキャンプ用品たちを紹介していきます!

オートキャンプでも「テント」は必須!

オートキャンプで設営されたコールマンのテント    

キャンプで1番大事なのはやっぱりテントですね。テントは就寝場所として利用するのが一般的ですが、デイキャンプでも荷物置きとして利用するのも便利です。そんなテントはキャンプスタイルに合わせて選ぶのが良いでしょう。設営が簡単な方が良ければ、ドーム型テント。デザインを気にするならティピー型テント。大人数ならツールーム型テント。今回は初心者向けにドームテントを紹介します。

初心者キャンパーにおすすめのテントをもっと知りたい方はkちらをチェック!

日よけとして使う「タープ」も必要!

ワンポールテントの使用イメージ    

キャンプ場で実際にくつろごうと思うと、予想以上に日差しや雨風などの天候が気になるものです。そんなときに、日差しや雨風からリビングスペースを守って、快適なリビングをつくりあげてくれるのがタープなんです!タープの下でくつろいだり、食事をしたり、作業をしたりと何かと便利♪また、形状や大きさも様々で、用途によって使い分けができたり、テントと連結して利用することもできます!

「寝袋」なしでは寝られない!

岩の上で寝袋で寝ている女性    

出典:RossHelen / ゲッティイメージズ

キャンプでテントやタープと同じくらい重要なのが寝袋。寝袋によって性能が違うので、快眠できるかが変わってきます。そして快眠できたかによって、キャンプが楽しかったかが変わってくるので、シュラフは高くても良いものを選ぶのがポイント!

「ランタン」なしでは夜は真っ暗!

闇夜に光るランタン    

出典:Wittybear / ゲッティイメージズ

キャンプ場に足を踏み入れれば、そこにはありのままの自然が広がっています。日が暮れればあたりは真っ暗。町や家のようにどんな場所でも明かりがあるわけではありません。そんな自然の中のキャンプ場でも快適な光を使えるようにと、キャンプ場に適した形にデザインされた物がランタンです!

サイトの横に吊るすタイプのランタンがメインランタン。メインランタンを使えば、テントサイトを全て照らしてくれるので、テントサイトの顔にもなりますし、外から見たとき自分のテントサイトを見分ける役割も果たしてくれます。またキャンプで面倒な虫も、メインランタンに寄って来るので、虫除けにもなります。

「テーブル」「チェア」がないと食事ができない!

キャンピングカーと設置されたテーブルとチェア    

出典:welcomia / ゲッティイメージズ

アウトドアテーブルとアウトドアチェアはキャンプに必須!しかしテーブルとチェアもキャンプスタイルによって選び方が変わってきます。友達とグループでキャンプに行くならハイテーブルとハイチェアがおすすめ。食事も作業もしやすいのでとても使いやすいです。小さいお子さんのいる家庭にはローテーブルとローチェアがおすすめ。ローチェアは地上から30cmのところに座面があるため、お子さんと一緒の目線で話すことができるためです。

料理をするなら「コンロ」や「焚き火台」

燃える焚き火と薪    

料理をするのに必須なアイテムがバーナーです。バーナーは料理をするときのコンロと同じ役目をしてくれます。バーナーの中でも分離型シングルバーナーは、本体とガス缶が離れているため、ゴトクが大きめで低重心になり安全なので、初心者にもおすすめです。

また、ダッチオーブンを使った料理をしたい人には焚き火台をおすすめします。焚き火台の中に直置きしてもよいですが、吊り鍋をするとより雰囲気が出ますよ♩

キャンプでは料理も楽しもう!

定番はやっぱり「バーベキュー」

バーベキューで串焼きを楽しむ人々の手元    

出典:LuckyBusiness / ゲッティイメージズ

キャンプといえばバーベキュー!!そこでバーベキューに欠かせない鉄板料理をご紹介します!

■牛肉のサーロンインステーキ

網の上で焚かれる肉    

出典: AlexRaths / ゲッティイメージズ

やっぱり厚切りのお肉は王道で最高!塩かタレでシンプルかつ豪快に食べるのがベストです。大人にも子供にも大変人気な一品ですね。

■海鮮の炭火焼き

網の上で焼かれている海鮮類    

出典:dreamnikon / ゲッティイメージズ

グリルの上で焼く海鮮は天下一品!特にサザエ、ホタテなどの貝類はバーベキューの雰囲気をさらに盛り上げてくれます。味付けも醤油のみでも十分に楽しめるので、簡単で嬉しいです。

少しこだわればより楽しみが増える!

キャンプに少し慣れてきたら是非とも試していただきたいのが、ダッチオーブンやスキレットでの料理。ダッチオーブンやスキレットを使うことで料理のクオリティは格段にアップする上に、雰囲気も最高!

■ローストチキン

盛り付けられたローストチキン    

出典:Yingko / ゲッティイメージズ

ダッチオーブンさえあればローストチキンもバーベキューでできちゃうんです。家でやろうと思っても手間のかかるローストチキンも、ダッチオーブンを使えば全体に火が通りやすく、手間がかからないのでおすすめです。お皿に盛り付けたら、子供だけでなく、大人からも歓声が上がること間違いなし!あなたの株も上がるはずです!

もっと料理について詳しく知りたい人は下記の記事もチェック!

キャンプの様子は本やブログも参考に!

にしちゃんママのファミリーキャンプブログ

ファミリーキャンプの人気ブロガーにしちゃんさん!日記の延長で書いているというにしちゃんさんのブログは、家族団らんの姿が等身大で伝わってくる素敵な内容!キャンプの楽しみ方、普段のキャンプの中での工夫など、学びがたくさんのブログです♪

詳しくはこちら:にしちゃんママのファミリーキャンプブログ

有名キャンパーさんのブログをもっと知りたい!という方はこちらをチェック!

まとめ

オートキャンプのいろはを理解していただけたでしょうか?キャンプはとても奥が深くて楽しいんです!!ぜひあなたもキャンプに出かけてその楽しさを実感してみてください。



あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

3

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

4

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

5
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪