キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

アウトドアにおすすめのテント21選!選び方や設営法まで紹介

富士山の麓に貼ってあるテントの写真

出典:Sergio Yoneda / ゲッティイメージズ

テントの種類や選び方をキャンプ未経験者の方にも分かりやすく紹介しています。形状、ブランド別にテントの種類を紹介、設営の仕方やテントに使われるパーツの基礎知識など、この記事だけでテントの選び方から設営までばっちり!

テントの種類

沢山のテントと富士山

出典:Sergio Yoneda / ゲッティイメージズ

まず、テントと一口に言っても利用するシーンや使う人数によってさまざまな種類があります。買おうと思ってもどんな形のものがあって、どんな使い方をするかを把握しなければ本当に自分に合ったテントを選ぶことはできません。テントをこれから選んでいく前にどんな種類があるのかを知っておきましょう。 「テント」と言われて思いつく形はどんな形ですか?おそらく多くの方がドーム状のテントを思い浮かべたのではないでしょうか。 テントの形状は多種存在し、種類によって骨格や構造が違うため居住性や設営・撤収のしやすさ、荷物の多さに違いが出ます。自分のキャンプスタイルをきちんと把握して自分のスタイルに合った形状を選ぶことが、よりよいキャンプライフを過ごすために重要です。

ドーム型テント

テントの形状の中でも最も定番で、初心者の方にもおすすめのタイプです。大きさのバリエーションも豊富で人数に合わせて選べます。 大きなメリットは、コンパクトで持ち運びやすい収納性と、設営する場所を選ばずに済むというオーソドックスさです。風をうまく逃がす構造になっているため、風に強いというメリットもあります。 デメリットとしては居住性が挙げられるでしょう。半円上のドーム型をしているので全体的に低い天井なので、高さを確保できないという点でやや圧迫感を感じるかもしれません。 代表的なドーム型テントとしては、 ・コールマンのタフワイドドーム ・スノーピークのアメニティドーム などがあります。 一般的なドーム型テントの設営方法はこちら▼
▼ドームテントに興味を持った方はこちらもチェック!

ツールームテント

ツールームテントは寝室となるドーム型テントとリビングスペースが一体化したタイプのテントを指します。屋根のある広いリビングスペースを確保できるため、急に雨が降ってきたときにも寝室部が濡れずに済むので安心です。 しかし、大きなリビングスペースが特徴なので、荷物が多くなりテントそのものが重くなってしまうというデメリットがあります。収納時の状態でもコンパクトさはなく、パーツが増える分設営も難しくなります。初めて使うときには説明書を事前に読んでおいたほうがいいでしょう。 一般的なツールームテントの設営方法はこちら▼
▼ツールームテントを詳しく知りたい方はこちらもチェック!

ティピー型テント

ティピーとは円錐型のテントのことで、アメリカインディアンの平原に住む部族が住宅テントとして使っていたため、インディアンテントとも呼ばれています。 おしゃれなルックスと重量に対して広い居住空間を得られることができて、本格的なキャンプから野外フェスまで幅広いシーンで活用されています。 メリットはなんといっても収納時のコンパクトさと軽さでしょう。またドーム型と比べて背が高いこともあり、見た目よりも居住空間は広いです。ただし、キャノピー(ひさし部分)がないティピーテントは雨に弱く、出入りするたびにインナーに雨が入っていしまうという難点も。 一般的なティピーテントの設営方法はこちら▼
▼ティピーテントを詳しく知りたい方はこちらもチェック!

ベル型テント

ティピー型テントと似ている形のテントにベルテントがあります。ティピー型テントは円錐のような形をしているため、端の部分がどうしても使えません。 しかし、ベルテントは円錐と円柱を組み合わせたような形、きのこのような形にすることで端まで使えるようにしています。設営作業はその分増えてしまうのですが、より効率的に空間を使える設計になっています。ティピーテントよりも広く感じるので、大人数でキャンプするならベルテントもおすすめです。 ▼ベル型テントを詳しく知りたい方はこちらもチェック!

ロッジ型テント

コールマンのオアシステント

出典:Amazon

ロッジ型テントはその名の通り、小屋のような形をしたタイプのテントです。その見た目からも分かるように居住性の高さが最大のメリットで、もはや長期滞在さえできてしまうほどの空間を持ちます。広々としたリビングスペースを確保できるため大人数でも安心。雨が降っても問題になりません。 さらに、見た目に反して、テントの設営はあまり難しくなく、設営に必要な面積もそれほど大きくありません。屋根が高く居住性が高いので、場所を取っているように感じますが、必要な面積は大抵が大きめのドーム型テントほどです。 大きなメリットがある反面デメリットも大きく、収納時の大きさと重量は他のテントと比べると圧倒的です。 ロッジ型テント(コールマンのオアシステント)の設営方法はこちら▼
テントの種類をより詳細に分かりやすく紹介している記事もあるので、まだ自分が欲しいテントが決まらないという方は参考にしてみてください。
▼その他テントの種類や設営方法などはこちらをチェック!

アウトドア用テントの選び方

テントは形も大きさもさまざまでどれを選べばいいか迷ってしまいます。ここでは、どのようなポイントでテントを選べばいいかを紹介します!

使用人数

朝焼けを見ながら焚き火をしている人たちの写真

出典:Pixabay

テントの使用人数を確認する際は、「最大収容可能人数」を確認しましょう。テントの中でゆったりと快適に過ごしたいのであれば、「最大収容可能人数」から1~2人ほど引いた人数の使用がおすすめ!テントでは荷物をテント内に搬入する場合も多いと思いますので、少し余裕をもった大きさがいいでしょう。

耐水圧は1,500mmを目安に

 GEEDIARテント ワンタッチテント キャンプテン3~4人用

出典:Amazon

テントを購入する際は、生地の「耐水圧」にも注目しましょう。耐水圧とはテントが水にどれだけ強いかの指標です。 耐水圧はテントによってさまざまです。コットン生地以外のテントであれば、耐水圧1,500mm前後のものが多く、2,000mm以上もあればゲリラ豪雨にも耐えられるほどの強さを持っています。最低でも1,500mm以上のものを選ぶと、突然の雨でも安心して使えるためおすすめです。

予算にあったテント

テントは素材や使用人数、機能性によって金額もさまざまです。テントだけでなくチェアやテーブル、焚き火台などのアウトドア用品を購入する予定があると思いますので、ある程度予算を決めておきましょう。 テントはただ安いという理由で購入すると、素材や耐水圧が十分でないため、すぐに壊れてしまうことも多いです!安全性と予算のバランスを見極めて慎重に選びましょう。

設営のしやすさ

GOGlamping テント

出典:Amazon

設営に自信のない初心者の方は、ワンポールテントやドームテントがおすすめです。なかにはポンプでチューブに空気を注入するだけで設営できるタイプのテントもあります。1〜2人程度で設営するテントが、比較的設営しやすいためおすすめです。一見簡単そうに見えても実は重たいテントもあるため、選ぶ際にはスペックをしっかりチェックしましょう!

デザイン性

NORDISK(ノルディスク) アウトドア テント アルヘイム12.6

出典:Amazon

テントを選ぶ際、デザイン性を重視して選ぶこともおすすめです。他のテントとは一味違う変わった形のテントを使用するだけでも、テンションが上がること間違いなし!キャンプでレイアウトを楽しみ、日常生活では味わえないおしゃれな雰囲気を体験しましょう!

【人数別】おすすめテント9選

おすすめテントを人数別に紹介します。ソロキャンプからファミリーキャンプまで幅広く紹介しているため、自分のキャンプスタイルに合わせて選んでみましょう!

1〜2人用テント

▼ロゴスの魅力をもっと知りたい方はこちら

3~4人用テント

▼MSRのテントを詳しく知りたいからはこちらもチェック!

サバティカル(SABBATICAL)のテント

モーニンググローリーTC 革新的なデザインの高品質なテントをリーズナブルな価格で提供し、一世を風靡する話題のブランド、サバティカル。こちらのモーニンググローリーTCは、コットンと化繊の利点をあわせ持つTC素材を使用し、オールシーズン快適なティピー型テント。入り口左右のポールの立ち上がりにより、見た目以上の居住空間を確保。入り口の大きなメッシュにより、夏も快適です。 購入はこちら:サバティカル

モンベル(mont-bell)のテント

モンベル テント

出典:Amazon

ムーンライトテント
モンベルは日本人トップクライマーだった辰野勇さんによって創立された。高温多湿という日本の気象に合ったテントを開発し、日本での評価はとても高いです。 辰野さんご自身が登山家であったため、登山用のキャンプを中心に高い評価を得ていますが、キャンプ用のテントに関しても商品展開を行っている。決して安くはないものの、性能はきちんとコストに見合っている質の高いテント・アイテムが多いです。

5人以上の大人数テント

▼コールマンについてより詳しく知りたい方はこちら
▼オガワのテントについて詳しく知りたい方はこちら!
▼ノルディスクのテントを詳しく知りたい方はこちら
▼コットンテントを詳しく知りたい方はこちらもチェック!

初心者にはテントのレンタルがおすすめ!

綺麗な芝生の広場に貼ってあるテンとタープの写真

出典:Amazon

初心者キャンパーさんに一番おすすめしたいのがキャンプ用品のレンタルです。キャンプを始めるにあたって大きな問題となるのが「キャンプ用品は高い・大きい・重い問題」です。 キャンプ用品をいきなり全部そろえると、かかる金額は馬鹿になりません。アウトドア用品の中でも大きいものが多いキャンプ用品は、自分で持つとなると結構広い収納スペースが必要になります。大きい・重いので移動も大変です。 そんな問題を解決することができるのがレンタルサービスです。3、4人で利用すれば料金も安く済みますし、自宅に置かなくてもいいので収納スペースが少ない人でも気軽にキャンプを始められます。
キャンプ用品をレンタルする方法の一つがキャンプ場でレンタルすることです。キャンプ場でレンタルすることのメリットはレンタルできるアイテムの取り扱いに慣れているスタッフがいることです。 設営に困ったら気軽に聞けて安心です。また、デメリットは扱っているアイテムの種類が少なかったり、全キャンプ場でレンタルできるわけではないということです。キャンプ場に行く時には事前に確認しておきましょう!
レンタル用品をキャンプ場に送って、使い終わったらキャンプ場から郵送で返せるレンタルサービスもあります!会社によって扱っているブランドが違ったりするので、いろんなブランドのアイテムを試したい方にはオススメです!

自分に合ったアウトドア用テントを探そう!

テントに関する知識を総まとめしました!キャンプ初心者の方も、自分の好みやどんなキャンプをしたいかで、テントを絞ってみてください。 ▼テント以外の必要な持ち物など、キャンプ初心者に必要な情報はこちらをチェック!
▼初心者必読!快適にキャンプが楽しめるキャンプ用品特集はこちら!

今回紹介したアイテム

商品画像PANDASOLOドームアライテント エアライズ2ロゴス(LOGOS)のナバホTepee 300アメニティドームMコールマン ティピー型テントヘリノックス のタクティカルフィールド6ノルディスク アスガルドMSR マザハバ NX3スノーピーク(snow peak)のアメニティドームSホールアースのアースハーフクーヘンユニフレームのREVOルーム4プラスコールマン タフワイドドームオガワのアポロンコールマン タフスクリーン2ルームハウスノルディスク アスガルド12.6キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)のモンテノルディス レイサカーカムス ハイライン
商品名PANDASOLOドームアライテント エアライズ2ロゴス(LOGOS)のナバホTepee 300アメニティドームMコールマン ティピー型テントヘリノックス のタクティカルフィールド6ノルディスク アスガルドMSR マザハバ NX3スノーピーク(snow peak)のアメニティドームSホールアースのアースハーフクーヘンユニフレームのREVOルーム4プラスコールマン タフワイドドームオガワのアポロンコールマン タフスクリーン2ルームハウスノルディスク アスガルド12.6キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)のモンテノルディス レイサカーカムス ハイライン
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事