NORDISK(ノルディスク)テントでおしゃれキャンパーの仲間入り!「シロクマ」マークのおすすめ決定版

hinata

>

キャンプ

>

アウトドアブランド

>

ノルディスク

>

NORDISK(ノルディスク)テントでおしゃれキャンパーの仲間入り!「シロクマ」マークのおすすめ決定版

NORDISK(ノルディスク)テントでおしゃれキャンパーの仲間入り!「シロクマ」マークのおすすめ決定版

 キャンプ

NORDISK(ノルディスク)といえば、アルフェイムやアスガルドといったコットンテントが有名なブランド!コットンテント以外にもレイサシリーズなど、おしゃれキャンパーに人気なテントばかりです。ノルディスクの魅力とラインナップをご紹介☆あなたが欲しいノルディスクはどれ??


 目次


シロクママークのNORDISK(ノルディスク)

   

Instagram (@reireinoan)

現地の言葉で北欧を意味する「NORDISK」は、アスガルドアルフェイムといったおしゃれなコットンテントを販売しているアウトドアブランドです。おしゃれかつハイスペックな製品は来日してから瞬く間に広がり、今ではどこのキャンプ場でも見るくらい有名なアウトドアブランドになりました。

生まれがデンマークで、北欧やヨーロッパでは広く認知されています。元々は羽毛の会社で、会社初のアウトドア用品はシュラフだったそうです。現在では幅広いアウトドアシーンで使える製品、特にキャンプシーンを専門に革新的な製品を作り続け、高品質で幅広い商品を提供していることで有名。設立は1901年、創業時の社名とは変わっていますが実は意外と歴史が長い老舗なのです。

   

Instagram (@tna1124)

ノルディスクのシンボルマークである「シロクマ」。コットンテントを見て、「ノルディスクかな?」と思ったら、入り口のシロクママークを見れば分かります。以前と比べて、シロクマさんの顔も少し変わったんです!昔は優しい顔だったのが、今はキリリとかっこいい顔になってます。

ノルディスクといえばコットンテント

   

Instagram (@1005take)

ノルディスクのコットンテントが注目を集めている理由のひとつが「グランピングの流行」。キャンプなのに贅沢を楽しめ、快適に過ごせるグランピングが今特に注目を集めています。ノルディスクのテントは大きく・ゆったりした造りで、なおかつおしゃれなデザインなのでグランピングにもってこい☆人気は近年急上昇していて、おしゃれキャンプの先駆けをつくったとも言えるかもしれません!

2013年あたりから、ノルディスクのコットンテントは100%コットンのフルコットン製から、コットンとポリエステルを混紡したポリコットン製になりました。それ以前はテントは全てフルコットンで、今ではGO OUTなどのキャンプフェスイベントの販売会などでしか手に入りません。

その間にテントの名前も変わり、

 以前        現在 
Sioux(スー)   → Alfheim(アルフェイム)
NANDO(ナンド)Asgard(アスガルド)
kokomo(ココモ)Utgard(ウトガルド)

となっています。
それから、ポリエステル素材のPIRUピル(現在のReisa・レイサ)が登場しました。

ポリエステル素材は、フルコットンよりも外部からの水を染み込まないので、雨に強い材質となっています。雨の多い、日本の気候にもぴったりです。

コットンテントは夏に涼しい!

   

Instagram (@rara._coco)

冬には暖かい空気を外に逃がさず、快適に過ごせるコットンテントですが、夏は暑い?心配無用、コットンは透湿性に優れているので夏のじめじめした日でも中は快適!コットンテントは夏は暑いと思われがちですが、実は生地もそこまで厚くなく、普通のポリエステルのテントよりも涼しくなります♪さらにアスガルドやアルフェイムなどのテントはジップインフロアを外すことができるので、土間として使えば足元からの風通しもよくなり、涼しく過ごすことができます。

ただ、それでも真夏日には暑さを感じることも。そんな時に試して欲しいのが、テントに水をかけること!濡れた生地が乾く際に、気化熱によって中の空気を冷やしてくれるので涼しくなります♪

ノルディスクテントの冬の魅力と言えば1つしかない!

   

Instagram (@motok1ng)

冬キャンプといえば気をつけなければいけないのが防寒対策。テント内を温めるのにストーブは必須です。ただし、普通のポリエステル素材のテントでは、熱に弱いこともあり、室内でストーブを使うことができません。火の粉が飛べばテントがボロボロなんてことにも...

そんなストーブもノルディスクのコットンテントなら大丈夫。コットンは熱に強いのでちょっと火の粉が飛んだくらいでは穴もあきません。冬にキャンプをしたい方には必須と言ってもいいでしょう。通気性の良いコットン生地によって、テント内の温度はそのままに、空気を入れ替えてくれます。そうは言っても、換気には気をつけてください。一酸化炭素感知器を設置するなどきちんと対策をしましょう。

テント内でストーブを使用する方は、テントを土間スタイル(フロアシートを使用しないでチェアやコットを中に入れて生活するスタイル)で使いたいと思っている方が多いとは思いますが、注意して欲しいのがスカート部分。スーなどの旧来のタイプにはスカートがついていますが、現行のアルフェイムやレイサなどはスカートがなく、テントが地面から5〜15cmほどあいてしまうので冷気が足元から入ってきてしまいます。フットプリントを購入するか、スカートを自作して対策しましょう。

驚愕の耐水圧350mm!気になる雨キャンプは大丈夫??

ノルディスクの主力テントである、アスガルドなどのコットンテントは耐水圧がなんと350mm(メーカー公式)!コットンは水をとても吸収するので、耐水圧もかなり低いです。通常のポリエステル素材のテントは耐水圧1,500mmなので、その耐水圧は5分の1

「だったら雨の日は使えないの?」と思うかもしれませんが、実はコットン素材は水に濡れると目が詰まって水を通さなくなるんです!なので、雨が降って外側が濡れても内側に水が染みこんでくることはありません(耐水圧は350mmなので、内側からテントに触ると水がしみてきますので注意)。

翌日晴れていれば最速で30分ほどで乾きます。雨撤収になってしまった場合、濡れたままだとすぐにカビが生えてしまうので、撤収した後はきちんと乾かしてくださいね♪マンションに住んでいる方は浴室乾燥機があると便利です。

 

地面に接触する部分はビニールのような素材になっており、木綿のところに泥水を吸い上げて汚れることもございませんのでご安心ください。

2cv.org

ジップインフロアと呼ばれる取り外しが可能なテントの床はポリ塩化ビニルと呼ばれる防水性100%の素材を使用しているので、床から水がしみてくることはありません。

もっと詳しくコットンテントの耐水圧について知りたい方はコチラ!

テントについている数字の意味は!?

ノルディスクのコットンテントには商品名の後ろに数字が付いています。これはテント設営時の床面積を意味します。12.6なら12.6 m2(だいたい7畳くらい)、19.6なら19.6 m2(だいたい12畳くらい)の広さ、と言う意味です!公式では7.1が3人用12.6が6人用19.6が8人用とされていますが、実際に泊まる際には荷物があるので、収容可能人数は公式設定の人数より1人分少ないと考えるのが良いでしょう。

ノルディスクのコットンテント7種

 

見た目はかなりかっこよくていい感じです。 特に夜、暗くなってから、暖房とランタンを 付け外から見ると、いい雰囲気の光で覆われて、すごくいいです。買ってよかったと実感します。

amazon.co.jp

コットンテントは生地が光を透過するので、昼間は明るく、夜は中のランタンの光が外にうっすらと漏れ出して、なんとも幻想的な雰囲気になります。ここもおしゃれキャンパーさんに人気な理由の1つ。ただし、テント内で何をしているのかも影でうつってしまいますのでご注意を。

 

側面に垂直部分がやや80cm程あることで、内側からの視界に圧迫感が少なく、元々持っていた3メートル✖️3メートルのコールマンテントをセンターポールで歪み食い込みながらインストールでき、二重テントの暖かさは秋から冬へ活躍しそうです。

amazon.co.jp

コットンテントはこちらでも紹介していますのでぜひご覧ください♬

せっかく奮発してコットンテントを買ったのに、思っていたよりも小さいor大きいとイメージと違うことがないように!ゼッタイ失敗したくない方は、こちらをご覧になってください♪

ノルディスクはコットンテントだけじゃない!レイサシリーズ

ノルディスクの中で、コットンテントの次に人気の高いレイサシリーズ。芋虫のようなシルエットが特徴的なトンネル型です。

レイサシリーズはレイサ4もレイサ6もリビングにしかフットプリント(グランドシート)が付いていません。レイサはテントの構造上、テントの下に15 cmほどすき間があいてしまい、スカートもないので冬キャンプでは防寒が心配です。そんな方には別売りのフットプリントがおすすめ。また、スカートを自分で作ってしまう方も多く、100均の材料のみで作れてしまうので腕に自身がある方は挑戦して見てもいいかもしれません。

ノルディスクのテントを買うならタープも合わせて!

ノルディスクのコットンテントに合わせるテントはやはりコットンタープです!テント・タープを優しい色合いの白で揃えて、テーブルやチェアを木製のアイテムで揃えればおしゃれなナチュラルデザインのサイトのできあがりです♪

その他、ノルディスク情報

2016年に初開催されたノルディスクビレッジに、潜入してきましたので、そちらのレポートは、こちらです。ノルディスクを肌で触れられるのは、とても貴重な体験ですよね。

まとめ

今大人気のNORDISK(ノルディスク)についてまとめてみました。いかがでしたか? コットンが入っているので結露しないため冬キャンプにオススメです!ただ、濡れてしまうと重さが増すのでご注意を!かわいさ、おしゃれさはズバ抜けて高いのでせっかくのキャンプをおしゃれに可愛く決めたい!っと思うならノルディスクは最高ですよ☆

かさばるテントの収納場所・持ち運びに困ったら!

   

hinata trunk!は、自分のキャンプ用品を倉庫に預けておき、キャンプに行く時だけ現地に配送できるサービス。 スマホ上でキャンプの準備が完了するので、自宅の収納場所も、キャンプ場までの持ち運びも必要ありません!

かさばるテントの収納場所・持ち運びにお困りの方は、hinata trunk!を一緒に使って不便を解消してください♪

hinata trunk!を詳しく見る


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner