hinata

>

キャンプ用品

>

アウトドアブランド

>

ノルディスク

>

ノルディスク「アルフェイム」の魅力とは!キャンパー憧れのお洒落テントを徹底解剖!

ノルディスク「アルフェイム」の魅力とは!キャンパー憧れのお洒落テントを徹底解剖!

 キャンプ用品

森の中で明かりを灯すノルディスクのテント

出典:Nordisk

日本に参入してからたった数年で冬のテントとして定番となったノルディスク。今回はそんなノルディスクの中からティピー型テントのアルフェイムにスポットを当ててご紹介いたします♪


 目次


ノルディスクってどんなブランドなの?

ノルディスクのテントでキャンプをする人々    

出典::Nordisk

ノルディスクとは北欧発のアウトドア用品ブランドで、100年以上の歴史があります。ノルディスクのテントはデザイン性が高く、特にグランピングを楽しむ層に人気があります。また、人気のワケはラグジュアリーな見た目だけではなくテント内に確保された十分な広さとそれがもたらす快適性、室内で焚き火もできるなどの他にはない使い方ができる機能性にもあります♪

ノルディスクのアルフェイムってどんなテント?

ポリコットン素材で夏は涼しく、冬は暖かい

コットンとポリエステルを組み合わせた新素材「ポリコットン」を採用し、夏は外の暑い空気を遮断して涼しく、冬は中の暖かい空気を逃がさないので夏でも冬でも快適に過ごせます♪

ノルディスクテントとセットで使いたいオプション3選

用途や人数で選べるタープ


アルフェイムでキャンプをより楽しむために

雨の時に使用しても大丈夫?

アルフェイムは「ポリコットン」という素材を採用しています。ポリコットンとは、コットンとポリエステルを組み合わせた素材で、コットンの風合いと丈夫さはそのままにポリエステルの防水性をプラスして雨の日でも安心して使用することができます。さらにコットンは雨にぬれると目が詰まるので更に防水性が高まります!

テント内で薪ストーブを利用するには?

テント上部にベンチレーションが付いているので、そのままでも利用することができます!より安全に使用したいという方は煙突に断熱材を巻いたり、一酸化炭素警報機を着けたりしましょう!

ノルディスクのテントはポリコットン性なので、カスタマイズがしやすいのも魅力の1つですよね。下記ブログの方はなんと自身で煙突ポートを作ってしまったそうです!
ブログ名:おさびし山のうた
ブログURL:おさびし山のうた

ソリステ系のペグを購入してでしっかり固定しよう

芝の上に置いてあるペグ    

出典:amazon

付属のペグでももちろん設営可能ですが、高さがあるので風に弱くソリステ系のペグを使用するとより安全に使用できます♪付属のペグを使用しつつ、補強的な意味合いでソリッドステーク40を使用すればよっぽどの突風が吹かない限り、安心です♪

ブログでユーザーの口コミをチェック☆

ノルディスクのテント    

出典:amazon

あとはポールを中で立ち上げれば設営完了。作業時間はおよそ15分。手分けしてやれば10分くらいで出来るのではないでしょうか。設営撤収が早いのがワンポールテントの魅力のひとつ。

Zcoo-Shop便り

なんとペグ打ちから設営完了まで15分という速さ!ワンポールテントならではの設営の素早さですね♪

5mの直径は想像以上に広々。
3.5と天井も高く、中心に立つと頂点が遠い・・・ 家の天井より高いので当然ですね。
床面積的にはトルテュと同等程度なんですが、インナーを吊ったトルテュと比較すると、ワンフロアな分アルフェイムの方がやっぱり広く感じます。

まーいいか

こちらのブロガーさんはアルフェイム19.6を使用!天井が高い分より居室内が広く感じそうです♪

まとめ

ノルディスクのテントでのキャンプの様子    

出典:Nordisk

ノルディスクの人気テント、アルフェイム12.6と19.6についてご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか?ティピー型テントが流行したことで手に入れやすくなったノルディスク。お値段は少し張りますがやはり機能性ととデザイン性は魅力的です♪寒くなるこれからの時期、温かみのあるノルディスクのアルフェイムでキャンプに出掛けませんか?


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪