キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

キャンプにおすすめのテント21選!種類や選び方も紹介

スノーピークテント

出典:Amazon

人数別でみるテントの選び方を紹介!テントを選ぶ際の見るべきポイントやワンタッチで簡単に設営・撤去ができるテント、楽しさも倍増するおしゃれなテントなどテントの種類も詳しく解説します。人数別でピックアップしたおすすめテント21選の魅力もぜひチェックしておきましょう!

テントの選び方で見るべきポイント

テントの選び方で見るべきポイントを4つ紹介!これからアウトドアやキャンプで使うテントを購入予定の方にとても参考になる部分を詳しく解説します。

使用人数に合わせたサイズ

コールマン インスタントテント

出典:Amazon

テントには使用人数が設定されています。メーカー側でテントを設営した際にしっかりと休むことができる人数を決めているので、その人数の範囲内で使用するのが良いでしょう。指定の人数より多く人を入れてしまうと窮屈さを感じてしまい、リラックスできません。 1泊の場合はまだ良いかかもしれませんが連泊や雪山登山などの過酷な状況では、ストレスを感じてしまいトラブルの原因にもなりかねます。思いっきりアウトドアを楽しみたいなら、メーカー指定人数より少ない人数で利用するようにしましょう。

設営・片付けのしやすさ

AND・DECOテント組み立てシーン

出典:楽天

アウトドアでキャンプを楽しむ場合、テントの設営のしやすさも重要になります。設営・撤去がとても簡単なワンタッチテントやワンポールテントが人気です。ワンポールテントの設営は、軸となるポールを固定してテント上部の紐を引っ張ればほぼ完成!ものの数分で設営が完了します。もちろん1人でも簡単に設営できるので、ソロキャンプでも安心です。 テントを設営、撤去する際に重要なポイントはもう1つあります。それは、テント本体の重量です。いくら折りたたんでコンパクトでも持ち運ぶ際に重いと不便さを感じます。大人数での利用が目的であれば、複数人で運搬ができるので良いですが、少人数で利用する際のテントの重量には気を付けましょう。 ▼ワンポールテントの設営方法を詳しく知りたい方はこちら

機能性に見合った予算

ノルディスク アルヘイム

出典:Amazon

さまざまな種類のテントが販売されていますが、機能性が良く、便利なものほど高価になります。使用用途や使う場所、人数などしっかり調べておき、自分たちに合ったテントをチョイスするのがベストです。 あれもこれもと欲深く多機能なものを選んでしまうとオーバースペックとなり、予算オーバーとなります。しっかりと人数や目的を決めておき、予算内で収まるスペックのテントを選びましょう。また、妥協ポイントも決めておくとテントを選びやすいかもしれません。

耐水性は耐水圧でチェック

雨の中のキャンプ

出典:PhotoAC

テントを使用する際は晴れの場合もありますが、もちろん雨の場合もあります。そこでテントの耐水性が重要になってくるのですが、テントの商品説明には「耐水圧〇〇〇mm」として表記されている場合がほとんどです。耐水圧という聞きなれない言葉が出てきたと思いますが、染み込もうとする水の力をどれぐらい抑えられるかの数値です。身近な物で表すと傘の耐水圧は500mm程度。 テントの耐水圧は1,000~2,000mmの商品が多く販売されています。一般的に小雨程度なら300~500mmあれば充分と言われており、2,000mmあれば普通の雨でも問題なく過ごせるでしょう。大雨にも耐えられる耐水圧の商品もありますが、耐水圧が高くなればなるほどテント内の通気性が悪くなるので、テントを使用する環境に合わせて選ぶと良いです。

テントの種類

テントの種類について紹介!テント選びは人数とは別に種類にも注目しましょう。好みのテントを選ぶも良し、おしゃれ度で選ぶも良し、機能性で選ぶのも良いです。それぞれの特徴を詳しく解説します。

ドームテント

バンドック ツーリングテント BDK-18

出典:Amazon

テントと言われたら、このドーム型テントを思い描く方は多いのではないでしょうか。人気の理由は、とてもコンパクトに収納でき、軽量で設営、撤退も簡単だからです。シンプルな構造はとても分かりやすく、キャンプ初心者でも組み立てられるでしょう。たくさんの商品が販売されていますが、主に1~2人用の大きさが多い印象です。ソロキャンプやツーリングキャンプには最適なテントと言えるでしょう。

ツールームテント/トンネルテント

テントファクトリー2ルームテント

出典:Amazon

ドーム型テントをより大きくしたモデルであるツールームテント、トンネルテントです。ドームテントの居住空間の他にリビングと呼ばれる前室を用意したタイプで、テントとタープが組み合わさったような形が特徴。 リビングルームをタープとして使う他に、窓を全て閉じれば2つ目の居住空間にもなります。タープを別に張る必要がないため、とてもコンパクトに収まり、設営や撤退も簡単です。

ワンポールテント(ティピーテント)

テンマクデザイン サーカスST DX

出典:Amazon

真ん中の太い1本のポールで支えているのが特徴のワンポールテント。インディアンのテントを思わせる形がとてもおしゃれです。他のテントと違いポリエステルとコットンを合わせた生地が使われていることが多く、遮光性、通気性に優れています。 テントを上から見た形が6角形となっており、多面型で風に強いのも特徴のひとつです。煙突を立てて、テント内で薪ストーブを使うこともでき、夏も冬も活躍できるテントでしょう。テント生地に柄が入ったおしゃれなモデルも販売されています。

ロッジテント

ogawa ロッジ型テント52R

出典:Amazon

テント本体が大型なロッジテントは居住空間が広く、テント内の快適性がとても優れています。90年代に流行ったタイプです。近年ではグランピングブームで広く快適性を求められることが多くなったことから、ロッジテントに少しずつ注目が集まりつつあります。ロッジに宿泊するような大きいテントが好みの方におすすめです。

1〜2人用のおすすめテント5選

1~2人用のおすすめテントを5つ紹介!ソロキャンプにはもちろんのこと、カップルキャンプやツーリングキャンプ向けなど性能面で解説を交えながら、その魅力を伝えます。

3人用にピッタリのおすすめテント4選

3人用にピッタリのおすすめテントを4つ紹介!ちょっと特殊に思える3人用ですが、2人で使い、ゆったりスペースを共有する場合などに最適です。

4〜5人用で使うのにちょうど良いおすすめテント6選

4~5人用で使うのにちょうど良い大きさのおすすめテントを6つ紹介!家族や仲間内でのキャンプに最適なテントから本格的な登山向けテントまで詳しく解説します。

6〜8人用の大人数キャンプにおすすめのテント6選

6~8人用の大人数キャンプにおすすめのテントを6つ紹介!ただ大きいだけでなく、間仕切りがしっかりと作れるモデルや6人がゆったりと過ごせる広さに余裕のあるタイプまで、その特徴や魅力を解説します。

自分にぴったりのテントでキャンプを充実させよう!

ひと言にテントと言ってもとてもたくさんの種類のテントが存在します。自分が求める性能や使う場所、シーンに合わせてテントを選ぶと良いでしょう。高性能なテントはそれ相応の価格もするので、機能面での妥協点も考えておくと良いかもしれません。リーズナブルなテントもたくさん販売されているので、自分にがっちりとマッチしたテントをぜひ見つけてください。 ▼テントについてもっと詳しく知りたい方はこちら

今回紹介したアイテム

商品画像モンベル クロノスドーム2型バンドック ツーリングテント BDK-18DOD ライダーズバイクインテント コールマン サンドームテントテンマクデザイン サーカスTCコールマン コーストライン3 プラススノーピーク アメニティドーム 3人用MSR バックパッキングテント 3人用NatureHike Hiby 2-3人用キャプテンスタッグ エクスギア ツールームドーム270ロゴス ROSY ドゥーブルテントファクトリー フォーシーズントンネル 2ルームテント LAND・DECO ワンタッチドームテントlxt06オガワ オーナーロッジタイプ52Rクイックキャンプ ワンポールテント QC-TCT440ロゴス テントチャレンジセットneos 3ルームドゥーブルノルディスク アウトドアテント レイサ6人用スノーピーク アメニティドーム エルフィールドコールマン インスタントテント  ワンタッチノルディスク アルヘイムロゴス ナバホ Tepee
商品名モンベル クロノスドーム2型バンドック ツーリングテント BDK-18DOD ライダーズバイクインテント コールマン サンドームテントテンマクデザイン サーカスTCコールマン コーストライン3 プラススノーピーク アメニティドーム 3人用MSR バックパッキングテント 3人用NatureHike Hiby 2-3人用キャプテンスタッグ エクスギア ツールームドーム270ロゴス ROSY ドゥーブルテントファクトリー フォーシーズントンネル 2ルームテント LAND・DECO ワンタッチドームテントlxt06オガワ オーナーロッジタイプ52Rクイックキャンプ ワンポールテント QC-TCT440ロゴス テントチャレンジセットneos 3ルームドゥーブルノルディスク アウトドアテント レイサ6人用スノーピーク アメニティドーム エルフィールドコールマン インスタントテント ワンタッチノルディスク アルヘイムロゴス ナバホ Tepee
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事