hinata

>

キャンプ

>

初心者におすすめのテントを紹介!ブランド・種類・大きさから選び方をお教えします!

初心者におすすめのテントを紹介!ブランド・種類・大きさから選び方をお教えします!

 キャンプ

キャンプ場に設置された様々なテント

テントの正しい選び方は知っていますか?キャンプ初心者の方にとって、テント選びはかなり重要。一口にテントと言ってもドーム型やティピー型などの種類に、コールマンやロゴス、スノーピークなどのブランド、テントを使う人数によってもたくさんの種類があります。今回はキャンプ初心者のためにテント選びに役立つ情報をまとめました!

まずはテントの種類を知る!

一口にテントと言っても、その形は様々。テントと聞いて誰もが思い浮かべるであろう「ドーム型テント」から三角錐型で初心者の方でも簡単に設営可能な「ティピー型テント」、リビングスペースと寝室がくっついた「ツールーム型テント」まで、ここでは形状別にテントをまとめましたので、テント選びの参考にしてみてください。

ドーム型テント

最も一般的なドーム型テントは、種類も多く各ブランドからビギナー用として売られています。ポールを組み立て、テントの幕と組み合わせて設営します。コツもほとんど入らずに設営できるので、初心者におすすめのタイプです。

ティピー型テント

ティピー型テントは三角錐型のテントで設営に必要なポールが1本のみというのが最大の特徴。設営手順が単純なので、初心者でも簡単に設営ができます。ドーム型テントよりも設営は簡単でしょう。デザインがオシャレと女性からも人気のタイプのテントです。

トンネル型テント

カマボコテントとも呼ばれるトンネル型テントはアーチ状になっているのが特徴のテントです。アーチ状になっている理由は風の抵抗を最初限に抑えるためで、風の強い山頂など登山用によく使われます。最近では大きなトンネル型のテントも増え、ツールーム型のようにテントとリビングをつなげてオートキャンプ場で使う方も多いです。

ツールームテント

寝室とリビングスペースが一体型となったのがツールームテント。キャンプでは日よけとなるタープが必要不可欠ですが、ツールームテントならいりません。蚊帳のように締め切れば、虫が入ってくることもありません。設営がちょっと大変ではありますが、一度立ててしまえば中でのんびり過ごせるテントです。

ベル型テント

グランピングブームが起きて、一気に注目を浴びたのがベル型テント。文字通りベル型の形状をしており、ティピー型のテントによく似ています。ティピー型との違いはテントの下の部分が垂直に立ち上がっていること。これによって泥の跳ね返りなどを防ぎます。

ワンタッチテント

ワンタッチテントの最大の特徴は一瞬で設営が可能なこと。慣れていない方の場合、テントの設営には通常で30分から1時間かかりますが、ワンタッチテントならそれが一瞬。設営の時間がなくなるだけで、キャンプでのんびりできる時間はかなり違ってきます。

テントのブランドについて

テントの形状について理解できたら、次はテントを製造しているブランドについても知りましょう。ブランドが違えば、デザインはもちろん、テントの性能まで違ってきます。ブランドによって大きく変わるのはデザインなので、自分の好みのブランドを見つけてみましょう。ここではそんなテントを製造しているブランドについて紹介します。

コールマン(Coleman)

アメリカで生まれたコールマンのテントはどこのキャンプ場へ行っても見かける程、多くのキャンパーさんに使われています。初心者でも使いやすいようデザインされており、テントの種類、初心者から上級者向けのテントなど豊富で幅広く取り扱われていることが魅力です。

ロゴス(LOGOS)

ロゴスのテントはナバホ柄を代表としチェッカー柄や新作のカモ柄など、可愛いデザインのものが多く女性キャンパーさんに人気です。価格も他のブランドと比べて安価なものが多く、初心者の方に多く使われています。

スノーピーク(snow peak)

スノーピークのテントは品質をとても重視されており、初心者よりもちょっとキャンプに慣れてきた方がよく使っています。価格は高めなものが多いですが、長く使える品質を考えると値段相応に感じるでしょう。自分のアイテムに愛着を持ってできるだけ長く使いたい人におすすめのブランドです。

キャンパルジャパン(小川キャンパル)

キャンパルジャパンのテントも、初心者よりもキャンプ上級者に愛されるブランド。価格帯はテントブランドの中でもかなり高く、1張り数十万円するものも。その分、品質はテントブランドの中でもトップクラス。一度買ったら買い替えはほぼ必要ないでしょう。一度使ったら離れられないブランドです。

MSR

MSRはクライマーである創業者が設立したアウトドアブランドで、MSRのテントは登山する方なら誰もが知っているテントです。高いデザイン性と登山テント特有のコンパクト性能が高く評価され、多くのキャンパーさんに愛されるブランドとなっています。

テントを使用人数別で見ると?

テントを選ぶときの重要なポイントの1つが使用人数です。小さなものにすると全員がテント内で寝れない、なんてことになりますし、欲張って大きなものを買ってしまうと使用人数に対してテント設営が大変すぎる、なんてことにもなってしまいます。誰とキャンプに行くかをよく考えてテントを選ぶと良いでしょう。

ソロキャンプ(ひとりキャンプ)用テント

最近流行にもなった「ひとり〇〇」、キャンプだってひとりで楽しむ人はたくさんいます。ただし、ひとりで準備や片付けをすべてこなさなければいけないソロキャンプはテント選びがかなり重要。キャンプ場でのキャンプか、登山か、ツーリングかで必要なテントは全く違います。自分にぴったりのテントを選べるようにしておきましょう。

2人用テント

あまり大人数でキャンプをしない方やソロキャンプでも荷物が多く、ちょっと広めのテントが欲しい方には2人用テントがおすすめです。2人用のテントは種類も多くなく、見つけるのが大変かもしれません。2人用のテントの選び方からおすすめのテントはこちらをご覧ください!

3〜4人用のファミリーテント

キャンプをするの人の多くが3, 4人でするそうです。3〜4人でキャンプに出かけるファミリー向けのテントは広さが大事。全員がテント内で窮屈な思いをせずに眠れるだけでなく、荷物を入れることを想定して、少しゆとりのあるテントを買いましょう。

さいごに

テントはキャンプに絶対必要なアイテムなだけに、よく種類や特徴を知った上で購入することが必要です。テントを選ぶ際には自分はどんなスタイルでキャンプをしたいのか、どこで・誰と・どのくらいの期間したいのか具体的に想像できるかどうかが、後悔しないテント選びのポイント。自分にぴったりのテントを買って華麗にキャンプデビューを決めちゃいましょう♪

キャンプ場に設置された様々なテント    

あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

テント キャンプ初心者
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪