ロゴスのテントおすすめ29選!評判・口コミもチェック!

 キャンプ用品

ロゴスのテント

ロゴスには、設営が簡単なワンタッチテントや、ツールームテント、ティピー型テント、定番のナバホ柄までおすすめなテントがたくさん!今回は、rosy、プレミアムなどの人気シリーズを中心にロゴステントの魅力と、おすすめのテントを紹介します。併せて、設営方法やたたみ方も解説します。


 目次


ロゴスとは?

ロゴスは「Enjoy Outing」を合言葉に様々な商品を開発しているブランドです。「屋外と人を繋ぐ第一ブランド」となることを目標に、創業80年を超える老舗アウトドアブランドになりました。広くいろんな人々に気軽にアウトドアを楽しめるように、「水辺5メートルから標高800メートルまで」において広く愛用されるような商品を開発してきました。気軽にふらっとアウトドアを楽しめるような、高機能なのにお手軽感のある商品が多いのが特長です。

ロゴスのテントを持ってお外に出かけよう!大きな魅力4つ

親しみやすいデザイン☆

キャンプ用品と聞くと、焦げ茶色やグリーンなどの暗めの色を思い浮かべる人が多いのでは??でもロゴスのアイテムは、オレンジの明るめの色や「ナバホシリーズ」のようなおしゃれなデザインのものも展開しています!キャンプだけでなく、フェスに持っていけるようなおしゃれなデザインで、アウトドアしたことない人にもオススメです!

楽しい時間を過ごすために計算された、合理的な機能性

ロゴスのテントは、他のアウトドアブランドと比較して飛び抜けて機能性が高いわけではありませんが、アウトドアを気軽に楽しむことのできる機能性は必要最低限備えているので、全く問題ありません!屋外で楽しい時間を過ごす。そのために、合理的な機能性にし、いろんな人に使えるようにとリーズナブルな価格にしたりという工夫ゆえなのです。

使いやすさ抜群!女性が1人で設営できるテントも

一人でテントを設営する女性    

テントの設営と聞くと、力がいるし複雑そうと思って大人の男性が立てるイメージがあると思います。でも、ロゴスのテントには、女性が一人でも立てられるほど簡単に設営できるモデルが多数あります!もちろん、全てではありませんが、筆者がこれからオススメするテントは簡単に設営できるものばかり!テントの設営にかかる時間って意外とかかるもの。でも設営の時間が半分であったり、簡単に設営できるものだと、気軽にキャンプへ行ってみようかなって気持ちになりませんか??

初心者に優しいリーズナブルな価格設定☆

ロゴス商品はとてもリーズナブルな価格設定で、初めてアウトドアする人にとても優しいブランドになっています。ロゴスのアイテムを揃えて、「屋外で過ごす楽しい時間」を体験してみませんか??

ロゴスの定番!「ナバホ」シリーズ4選

ロゴスの定番テントといえばやっぱり「ナバホ」シリーズ!!他にはない、独特のデザインとデザイン性の高さに対する機能性の高さから、多くのキャンパーに愛されています。

三角のテントは目立ちます。柄も他の物に比べオシャレで良い感じです。まず、被らないので、子供たちも迷いません。中も広く天上も当然高く、身長180㎝の私が手を伸ばしても届きません。

amazon
ロゴスのナバホ柄のタープとテント    

さらに、同じナバホ柄のタープと連結させることも可能です!ナバホ Tepee ブリッジヘキサ-AEのポールの片方の部分を、ティピーテントの頂上部分と連結させることができる仕様となっているんです!

ロゴスの定番となっている「ナバホ」シリーズに関しては、こちらをチェック!

こちらのロゴスの看板商品となっている「ナバホ」のティピテント。可愛くセットするコツは、こちらの記事を要チェック!

ナバホ PANEL ダブルTepee 500-AE

   

出典:Amazon

こちらのモデルは、ティピーテントを二つくっつけた特殊な形をしています。居住性がとても優れているわけではありませんが、、おしゃれにキャンプしたい人におすすめ!様々なカスタマイズの方法があり、インナーテントを外して、雨や強い日差しを防ぐシェルターとしても使用できます。

使用サイズ:500×300×180(h)cm
収納サイズ:62×23×23(h)cm
重さ:10.1kg

普段は、インナーを外してシェルター、タープとして活用しています。持ち運びも軽く、設営も簡単なので、デイキャンプでフル活用です。デザインも可愛く、女子会ではテンションがあがり、評価も上々です!

amazon
ガーランドで装飾したロゴスのテント    

夜はガーランドなどの装飾を施すことで、とても可愛らしいテントに♪おしゃれにキャンプを楽しみたいという方にはうってつけです!

設営途中のテント    

設営途中の様子がこれ。インナーテントがポールからぶら下がった形になっています。ちょうど2人で使って、ゆったりめなサイズ感なので、カップル・夫婦でのキャンプにはぴったりです♪

ナバホ the Pao

   

出典:Amazon

半球型のテントナバホ the Paoは、広く感じる居住空間が特長です!実際のサイズのわりに中の空間は広く感じることができ、子供ものびのびと過ごせます。お子様連れのファミリーにおすすめのテントです。青空に映えるナバホテントもなかなかいいですよね♫このテントも吊り下げ式なので、簡単に設営できますよ☆

使用サイズ:305×265×170(h)cm
収納サイズ:60×24×24(h)cm
重量:8.5kg

3本のポールの設置に慣れが要りそうですが、慣れれば10分もかからず設営可能と思います。
外観内観ともにワンポールっぽいですが、ポールがないので中は広々。やっぱりドーム型はいいです。小学生低学年くらいまでなら親子3人でゆったり寝れます。

amazon

おすすめの新作テント4選!

2019年発売の最新テント!

その他、2019年の新作アイテムが気になる方はこちらをチェック!

2018年発売のおすすめテント!

さて、今回の初張りでしたがとっても設営簡単でした。
ワンポールはやっぱりいいね。
そして、中も広いので過ごしやすく
寝相が悪い子供が転がっても大人はストレスなく過ごせました。

(デイ)キャンプ日和

その他、2018年発売アイテムが気になる方は、こちらの記事をチェック!

ロゴスのティピー型テント2選!

the Tepee 300

   

出典:Amazon

the tepee 300は組み立て簡単なワンポールテント。組み立てが簡単な上に、さらに軽量なので、フェスやツーリングに向いています。テントには珍しい明るめのオレンジカラーも特徴的。気分を盛り上げるには持ってこいのカラーです!小さめのサイズとなっているので、女性一人でも簡単に立てられるのもポイントです♫

使用サイズ:300×250×180(h)cm
収納サイズ:50×18×18(h)cm
重さ:3.6kg

お盆休みとシルバーウィークに使用しました。買ったままの状態で、台風の大雨でも一晩過ごしましたが全く問題無かったです。防水スプレーもしていませんでした。組み立てもペグを打ちポールを1本立てるだけの簡単さで、初心者の女1人で10分もかからず、簡単です。私は子供と2人で広々と使っていますが大人なら2人ぐらいがベストサイズかなと思います。

amazon
フライシートを外した全面メッシュのインナーテント    

また、上のフライシートを外せば、全面メッシュのインナーテントだけでも使用できるので、暑い日に使うと、風通しが良くてとても快適に過ごせます!

また、最初は狭いかな?と思いましたが、夫婦2人(夫175cm、妻158cm)にチワワ2匹で普通に楽しく眠れました。

amazon

ロゴスのドーム型テント5選!

neos リビングプラス・PLR XL

   

出典:Amazon

入り口部分が大きく開く、開放感のあるテント。こちらもオプションの「neos Link Panel」を取り付けることで、強度の高いパネルシステムをもつテントになります。ドームテントで広々としたリビングが欲しい!という方にはうってつけです♪

使用サイズ:520×270×180(h)cm
収納サイズ:26×26×68(h)cm
重さ:9.1kg

何しろ安いです。その割にはしっかりしているので、たくさんの装備を買わなくてはいけない入門者には適しています。
空調も充実していますし、少々の雨にも耐えられる感じです。家族で過ごすのに、さしあたっての不自由は見当たらないテントです。

amazon

ソロ用ですので、大きさは大人一人と荷物が少し入るかくらいのスペースしかありませんが、特に問題ないです。
背丈は178cmほどですが、お行儀よく横になれば快適でした。テント内部に縫い付けてある小物入れが2箇所あるので、寝ているときには邪魔なスマートフォンやポケットに入れている鍵などを入れておくことができます。

amazon

ロゴスのワンタッチテント2選!

Q-TOP ドーム L

   

出典:Amazon

ロゴスQ-TOP ドーム Lは、非常に使い勝手の良いテントになっています。その最大の魅力は、設営・撤収を簡単にさせる「Q-TOPシステム」です。女性でもテント設営に手間をかけることなく、まるで傘を開くかのように設営することができます。

使用サイズ:270×400×170(h)cm
重さ:7.5kg

ロゴスのツーリングテント2選!

neos ツーリングドーム

   

出典:Amazon

neos ツーリングドームはその名の通り、バイクでのツーリング用に開発された一人用のテントです。ツーリングキャンプでポイントとなるのは、コンパクトに荷物をまとめられるかどうか。そこで、荷物の中で一番かさばるテントには、収納性が求められていますが、まさにその部分に特化したのがこのテント。2.3kgという軽量性と、リュックに入れられるほどお収納性を備えています。

使用サイズ:210×100×120(h)cm
重さ:2.3kg

お手頃の価格で総重量(ポール、ペグ込)も2.3kgと悪くない軽さ、収納の大きさも18cm*31cmとそれなり、大きめのドアが二つと天井がメッシュになっているので通気性はかなりいい(フライシートももちろんあり)、夏でも風さえあれば快適に寝られるのがお気に入り。

Z250君と走る

ロゴスのツールームテント7選!

グランベーシックについてもっと詳しく知りたい!という方はこちらの記事をチェック!

neos プレーリー2ルーム・PLR L-AG

ロゴス テント    

出典:Amazon

大型のリビング付きで居住性が高いにもかかわらず、フレームに軽量のアルミを使うことで持ち運びやすさも持っている優れたテント。なんと車に連結したり、吊り下げ型のインナーテントを取り外すことでスクリーンタープとしても使えるような作りになっています。

使用サイズ:485×290×205(h)cm
収納サイズ:60×28×28(h)cm
重さ:11.9kg

キャンプ用にツールームテントが欲しくて購入しました。大人2名での使用なので大き過ぎず、程よい広さのものを探していました。インナーテントは大人2名で寝るのに丁度といったサイズです。前室はテーブル、チェア、ラックなどを設置しても十分スペースがありゆったりくつろげました。

楽天

大人二人・子供二人・乳幼児一人でのテント泊に向け購入。インナーは広々でゆったりできました。ベンチレーションも多いのも良いと思います。

楽天

テントの設営ってかなり大変そうなイメージがありましたが、思っていた以上に簡単に設営できました。時間にして1時間弱といったところでしょうか。広さについても、家族4人(大人2人、小学生2人)でも全然狭くなかったです。

amazon

ファミリーキャンプ(大人2小学生2)用に購入し5回程使用。そこそこな雨に打たれた事もありましたが雨漏り等はありません(使用後は陰干し&防水スプレーでメンテ)でした。

amazon

実際使っているでめさんの感想は。アリ!です。今のところ致命的な問題点は感じません。この前室がちょっと大きいアメニティドーム的な作り。ツールームテントというには厳しい程度に、リビングルームとして小さいのですが、荷物置き場、小上がりとしての使い勝手、このサイズ感の前室はとっても便利なんです。

amazon

一式揃えよう!マットがセットになったテントセット3選

ロゴステントの修理について

1年間保証!

ロゴスのテントには購入から1年の保証が付いてきます!保証適用期間内であれば無償で修理に対応してくれますよ♪また、どこか調子が悪いが、何を直したらいいかわからない...。という人向けに「安心修理コース」もご用意♪修理箇所がわからなくても請け負ってくれるほか、他のパーツも点検してくれます♪

詳細はこちら:ロゴスHP

修理前にお見積もり!

さらに、ロゴスでは製品と修理箇所、購入したいパーツにチェックを入れることで修理費用を見積もってくれるサービスまで行なっています!他のブランドではなかなか見られない嬉しいサービスです♪ 修理したいけど、費用がかさばるならこのタイミングで新しいテントに買え変えてもいいかも...。とけんとしたい方にはうってつけのサービスですね!

詳細はこちら:ロゴスHP

ロゴステントの設営方法からたたみ方まで

動画でチェック!

ロゴスはyoutubeの公式チャンネルで、わかりやすい設営・撤収の動画を後悔してくれています。説明書だけだと不安という方は、動画でチェックするのが手っ取り早いですよ♪

テントに付いてはもちろんのこと、そのほかのアイテムも実際に使われている様子、使い方がわかりやすい動画で紹介されています!気になる方はチェックしてみてください♪
ロゴスyoutube公式チャンネル

取扱説明書が見れる!

動画で見てもわかりにくかった...。自分の使っているテントの設営・撤収動画がない!という方もご安心を。ロゴスは、自分のペースで見ることができて、様々なアイテムのものが取り揃えられた取扱説明書を公開しています。これでどんなアイテムを使っていても一安心です。チェックしておきましょう♪

詳しくはこちら:取扱説明書

まとめ

いかがでしたでしょうか?簡単に設営できて、初心者でも扱うことのできるモデルを中心に紹介しました。ナバホ柄のおしゃれテントから始まり、フェスに持って行きたくなるものばかりでしたね♫これから暖かくなってくる季節、ロゴスのテントを持ってキャンプしてみては?

▼テント以外にも、人気アイテムや直営アウトドア施設など、ロゴスについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪