hinata

>

キャンプ

>

アウトドアブランド

>

ロゴス

>

ロゴスの人気テント9種を建ててみた!初心者におすすめ理由がわかりました

ロゴスの人気テント9種を建ててみた!初心者におすすめ理由がわかりました

 キャンプ

ロゴスのテント

ロゴスのテントはキャンプ初心者におすすめ?今回はhinata編集部がロゴスの中でも人気の9種類のテントを設営して、ロゴスのテントの魅力を探りました!ロゴス定番のナバホ柄からティピー型まで、それぞれのテントが何故初心者におすすめなのか、わかっちゃいました。


 目次


ロゴスとは?

ロゴスは「Enjoy Outing」を合言葉に様々な商品を開発しているブランドです。「屋外と人を繋ぐ第一ブランド」となることを目標に、創業80年を超える老舗アウトドアブランドになりました。広くいろんな人々に気軽にアウトドアを楽しめるように、「水辺5メートルから標高800メートルまで」において広く愛用されるような商品を開発してきました。気軽にふらっとアウトドアを楽しめるような、高機能なのにお手軽感のある商品が多いのが特長です。

ロゴスのテントを持ってお外に出かけよう!大きな魅力4つ

親しみやすいデザイン☆

   

Instagram (@insta_akanen)

キャンプ用品と聞くと、焦げ茶色やグリーンなどの暗めの色を思い浮かべる人が多いのでは??でもロゴスのアイテムは、オレンジの明るめの色や「ナバホシリーズ」のようなおしゃれなデザインのものも展開しています!キャンプだけでなく、フェスに持っていけるようなおしゃれなデザインで、アウトドアしたことない人にもオススメです!

楽しい時間を過ごすために計算された、合理的な機能性

ロゴスのテントは、他のアウトドアブランドと比較して飛び抜けて機能性が高いわけではありませんが、アウトドアを気軽に楽しむことのできる機能性は必要最低限備えているので、全く問題ありません!屋外で楽しい時間を過ごす。そのために、合理的な機能性にし、いろんな人に使えるようにとリーズナブルな価格にしたりという工夫ゆえなのです。

使いやすさ抜群!女性でも一人で立てられるテントも

   

テントの設営と聞くと、力がいるし複雑そうと思って大人の男性が立てるイメージがあると思います。でも、ロゴスのテントには、女性が一人でも立てられるほど簡単に設営できるモデルが多数あります!もちろん、全てではありませんが、筆者がこれからオススメするテントは簡単に設営できるものばかり!テントの設営にかかる時間って意外とかかるもの。でも設営の時間が半分であったり、簡単に設営できるものだと、気軽にキャンプへ行ってみようかなって気持ちになりませんか??

初心者に優しいリーズナブルな価格設定☆

ロゴス商品はとてもリーズナブルな価格設定で、初めてアウトドアする人にとても優しいブランドになっています。ロゴスのアイテムを揃えて、「屋外で過ごす楽しい時間」を体験してみませんか??

ロゴスのオススメテント9選!

ここからは、ロゴスのオススメのテントを紹介していきます!これから段々暖かくなってきてアウトドアのシーズンが始まります!キャンプに、フェスに、デイキャンプに、アウトドアにも様々なシーンがあります。最適なシーンも載せつつ紹介していきます。

ロゴスのティピー型テント!

1.LOGOS ナバホ Tepee 400

ロゴスのナバホTepee400    

このテントは、見た目に可愛い「ナバホ」柄のデザインとなっています☆また、最近流行しているティピー型のテントです。ティピー型のテントは、中央にポールを1本立てるだけのシンプルな設計なのが、大きな魅力でしょう!簡単に設営できるので、初心者におすすめのタイプです。3〜4人で使っても割りとゆったりめに使うことができます。

商品詳細情報
参考価格:28,800円
定員:3〜4人

ロゴスのナバホ柄のタープとテント    

さらに、同じナバホ柄のタープと連結させることも可能です!ナバホ Tepee ブリッジヘキサ-AEのポールの片方の部分を、ティピーテントの頂上部分と連結させることができる仕様となっているんです!

ロゴスの定番となっている「ナバホ」シリーズに関しては、こちらをチェックくださいませ。

こちらのロゴスの看板商品となっている「ナバホ」のティピテント。こちらを可愛くセットするコツは、こちらを要チェック!

2.LOGOS ナバホ PANEL ダブルTepee 500-AE

   

こちらのモデルは、ティピーテントを二つくっつけた特殊な形をしていますね!こちらもナバホ柄なので、とても目立ちます☆居住性はあまり優れているとはいえませんが、おしゃれにキャンプしたい人にオススメです!様々なカスタマイズの方法があり、インナーテントを外して、雨や強い日差しを防ぐシェルターとしても使用できます。

ガーランドで装飾したロゴスのテント    

また、ガーランドなどの装飾を施すことで、とても可愛らしいテントになります!

商品詳細情報
参考価格:45,900円
定員:3〜4人

3.LOGOS the Tepee 300

ロゴスのtheTepee300    

こちらはテントには珍しい明るめのオレンジカラーとなっています。気分を盛り上げるには持ってこいのカラーです!さらに、小さめのサイズとなっているので、女性一人でも簡単に立てられるのがウリです♫

   

また、上のフライシートを外せば、全面メッシュのインナーテントだけでも使用できるので、暑い日に使うと、風通しが良くてとても快適に過ごせます!

商品詳細情報
参考価格:14,800円
定員:2〜3人

4.チェッカーTepee マジックキャノピー 220

ロゴスのチェッカーTepeeマジックキャノピー 220    

お友達とのキャンプに是非持っていきたいのがこのモデル!チェック柄がとても可愛く、女性キャンパーさんからも人気を集めているモデルです。ワンポール型のテントで、「220」と小さめのサイズなので、簡単に設営できるのが魅力です。また、コンパクトに収納できるので、持ち運びもラックラク!

重さも3.8kgなので、他のロゴスのテントと比較して軽い作りとなっており、手で運ぶこともできます。フェスで、車を使わずにバスでの移動でも安心のモデルです。

商品詳細情報
参考価格:20,000円
定員:1〜2人

ロゴスのドーム型テント!

5.LOGOS ナバホ Tent Type-A

   

簡単に設営できるテントは、ティピー型だけじゃありませんよ!ロゴスから出しているLOGOS ナバホTent Type-Aは、吊り下げ式という珍しいスタイルで設営するテントなんです!最初にポールだけを組み立ててから、テントを吊り下げるという、一般的なテントとは設営手順が逆のモデルです。吊り下げるだけなので、簡単に立てられるというのがこの商品のウリです。

   

ちょうど2人で使って、ゆったりめなサイズ感なので、カップルで使用するのに適しています。

商品詳細情報
参考価格:21,380円
定員:2〜3人

6.LOGOS ナバホ the Pao

ロゴスのテント    

半球型のテントのLOGOS ナバホ the Paoは、広く感じる居住空間が特長です!実際のサイズのわりに中の空間は広く感じるので、子供ものびのびと過ごすことができる、お子様連れのファミリーにオススメのテントです。青空に映えるナバホテントもなかなかいいですよね♫

このテントも吊り下げ式なので、簡単に設営できますよ☆

商品詳細情報
参考価格:32,000円

ロゴスのワンタッチテント!

7.Q-TOP ドーム L

   

まるで傘を開くかのように設営できるテントが、Q-TOP ドーム Lです。シンプルな作りのフレームを開いて枠組みを作ると、あとはテントを吊り下げるだけです!お子様連れの3人家族にぴったりのモデルです☆

商品詳細情報
参考価格:27,800円
定員:3〜4人

ロゴスのツーリングテント!

8.neos ツーリングドーム

ロゴスのツーリングテント    

一人用テントで、バイクでのツーリングがオススメのモデルです。ツーリング用なので、わずか2.3kgという驚きの軽さです!リュックに入れても持ち運ぶこともできます。

商品詳細情報
参考価格:12,300円
定員:1人

ロゴスのneos PANELシリーズ!

9.neos PANELコテージ L-AE

ロゴスのneosPANELシリーズのテント    

便利な機能がたくさんあるneos PANELシリーズ。防水性・防風性に優れ、細かい工夫がなされているのでとても快適にキャンプできるモデルとなっています。これ一つあれば、大人数でも対応できます☆大人数のアウトドアでのパーティで使えるモデルです♫しかし、若干複雑な設計となっており、大人3人がかりでの設営になるので、気軽にキャンプとはいかないですが、人数が多い時にはぜひ使ってみたいですよね!

商品詳細情報
参考価格:65,000円

ロゴスのテントはこれだけじゃない!!今年の春の新シリーズ「グランベーシック」も見逃せません☆こちらももちろん実際に設営して、その魅力を探りました。詳しくはこちら▼

グランベーシック以外にも新作が続々!カモフラ柄のおしゃれなテントも登場!展示会の様子をレポートしました☆

「ナバホ」や「プレミアム」シリーズなど、シリーズごとにまとめたので、気になることをご覧になってください。

いかがでしたでしょうか?簡単に設営できて、初心者でも扱うことのできるモデルを中心に紹介しました。ナバホ柄のおしゃれテントから始まり、フェスに持って行きたくなるものばかりでしたね♫これから暖かくなってくる季節、ロゴスのテントを持ってキャンプしてみては?


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪