【人数別】ワンタッチテント・ポップアップテント人気23選!選び方も解説

 キャンプ用品

ポップアップテントで過ごす様子

出典:Amazon

「ワンタッチテント」「ポップアップテント」は、1人でも簡単に設営できるテント。今回はそんな「ワンタッチテント」「ポップアップテント」の魅力、選び方、使い方、おすすめアイテムを紹介します。キャンプだけでなく、フェスや海などのレジャー、公園でのピクニックやイベントでも大活躍です。


 目次


ワンタッチテント・ポップアップテントとは

ワンタッチテントでのピクニックの様子

出典:Amazon

「ワンタッチテント」「ポップアップテント」は、1人でも簡単に設営できる手軽なテント。名前が異なる通り、「ワンタッチテント」「ポップアップテント」には違いがあります。販売元によって区別せずに言葉が使われていることもありますが、違いを知っておくとテント選びの際に便利。まずはそれぞれの特徴見ていきましょう。

ワンタッチテントとは

ワンタッチテントの設営シーン

出典:Amazon

ワンタッチテントは、その名前の通りワンタッチで設営できるテントです。通常のテントはポールを組み立ててテント本体のスリーブに通して…と、設営に時間や手間がかかります。しかしワンタッチテントは、ポールとテント本体が一体型になっているので、収納ケースから出して折りたたみ傘のように骨組みを広げるだけで基本的な組み立てが完了。設営時間を大幅に短縮できます。

ポップアップテントとは

ポップアップシェルターの組み立て方

出典:Amazon

ポップアップテントは、ワンタッチテントとは組み立て方が少し異なります。フレームがポールではなくワイヤでできていて、ポンっと投げるだけで設営が完了してしまう手軽さ。ワンタッチテントよりもより簡単に設営ができて便利な反面、構造の関係上、単体でのハードなシーン(本格キャンプや登山など)での使用には向かないものが多いです。

ワンタッチテントとポップアップテントの違いは

LOGOS

出典:Amazon

ワンタッチテントとポップアップテントの最も大きな違いは、先述の通り、組み立て方です。さらに、組み立て方以外に収納時の形状も異なります。ワンタッチテントは、骨組みがあるため収納の形状は縦長。それに対してポップアップテントの収納の形状は円状です。インターネットでの購入の際には、収納や持ち運びのことも考えてアイテムを選ぶと失敗が少ないでしょう。

▼運動会やBBQ、イベントなどに使えるワンタッチテント(タープ)を探している方は、こちらをチェック!

ワンタッチテント・ポップアップテントのメリット・デメリット

メリット①初心者・子ども連れでも安心の簡単設営

森の中を探検する男女

出典:Deagreez / ゲッティイメージズ

初心者は特にテントの設営が大変だと感じることが多いです。説明書を読んでもどの部品をどう使うのかがわからい、といった想定外の出来事も。また、子ども連れのキャンプでも「早く設営しないと子ども達が飽きちゃって…」と、到着後の準備はなかなか慌ただしいです。

そんな時、ワンタッチテントならポールがテントと一体化しているので設営に迷うことも少なく、女性1人でも簡単手軽に組み立てが可能。サッと設営できるので、子どもを待たせることもなく、家族連れにも好評です。浮いた時間でアクティビティやアウトドアクッキングを楽しんだりのんびりした時間を過ごしたりと、キャンプでやることの幅が広がりますよ。また、すぐ出してすぐしまえる手軽さから、キャンプ以外にもピクニックや海水浴など、さまざまなレジャーシーンでも活躍してくれます。

▼hinata編集部でワンタッチテントの設営時間を測ってみました!

カンガルースタイル

出典:Amazon

また、ワンタッチテント・ポップアップテントは、秋冬キャンプに人気のカンガルースタイルのインナーテントとしても人気。カンガルースタイルではシェルターの設営にも時間がかかるので、インナーテントは簡単に!というキャンパーが多いです。

▼カンガルースタイルについて詳しく知りたい方は、こちらをチェック!

メリット②忘れ物しづらい

一般的なポールと本体で組み立てるテントの場合は、ポールを入れ忘れてしまって設営できない!というアクシデントが起こる可能性が。しかしワンタッチテントなら、ポールがテントと一体化しているのでそういった心配がありません。

メリット③テントの中でも比較的安い

もちろんモノにもよりますが、ワンタッチテント ・ポップアップテントは、他のテントと比べて全体的に安価な物が多く出回っています。その理由としては、フライシートがないシングルウォール構造だったり、機能や構造的に一般的なテントと比べると単体での本格的な使用には向かなかったり、といった作りになっていること。サブテントや予備テントとして、もしくは快適に使える気候でしか使わない用に持っておく、という考え方で接するのが良いでしょう。

デメリット①破損したら替えがきかない

クロスした指

出典:photo AC

簡単に設置できるワンタッチテントですが、デメリットも。パーツが別れているテントなら、例えば本体は正常でポールだけが壊れてしまった場合でも、ポールを交換してテント自体はそのまま使うことができます。しかしワンタッチテントは、本体とパーツが一体化しているので、もしポールが壊れてしまったらテント本体に影響がなくても使えなくなってしまいます。

修理が可能なものもありますが、残念ながらそうでないものも。そのため、なるべく丁寧に扱って壊れないように気をつける必要があります。購入時に修理が可能かについても確認しておくと良いでしょう。

デメリット②利用シーンが限られる

雨キャンプ

出典:olegbreslavtsev / ゲッティイメージズ

ワンタッチテント・ポップアップテントは、設営が簡単なだけあり、過酷な環境に耐えられる作りになっていません。そのため、本格的なキャンプやアウトドアには向かないことが多いです。例えば、骨組みがテントと一体化していることで、横風の影響を受けてポールの接合部が壊れてしまったり、ということも。あまりに風が強かったり大雨だったりする場合には使用しない方が良い場合もありあますので、ご注意ください。

ワンタッチテント・ポップアップテントを選ぶ時のポイント

①利用シーン

ワンタッチテントでのピクニック

出典:Amazon

ワンタッチテントやポップアップテントを選ぶ時にまず考えたいのは、利用シーン。運動会や公園でのピクニックで使いたいのか、それともビーチで使いたいのか、宿泊キャンプで使いたいのか。シーンによって欲しい機能が異なります。

運動会や公園でのピクニックで使うなら、UVカット加工が施されているテントがおすすめ。ワンタッチテントやポップアップテントは生地が薄いものが多いので、UVカットできると日焼け対策に便利です。ビーチで使って着替えなどもしたいという場合は、外から見えないようにフルクローズになるタイプが良いでしょう。宿泊キャンプで使う場合は、急な天候の変化で雨が降っても大丈夫なように、フライシートが付いたダブルウォール構造で耐水圧が高いものがベストです。

浸水しないテント

出典:Aleksey Sverbeev / ゲッティイメージズ

利用シーンによってはワンタッチテントやポップアップテントが適さない場合もあります。例えば風が強い日のキャンプでは、ワンタッチテントやポップアップテントは飛ばされたり骨組みが折れてしまったりする可能性が高いです。そういったシーンでの利用が想定される場合は、簡易的なテントではなくより本格的なテントを選ぶ方が良いでしょう。

また、移動手段によって選ぶという手もあります。その構造上、ワンタッチテントよりもポップアップテントよりも軽量なものが多いため、徒歩で移動する場合にはポップアップテントの方が軽くておすすめです。

▼テントの耐水圧について詳しく知りたい方は、こちらをチェック!

②使用人数

ワンタッチテントでくつろぐ家族

出典:Amazon

利用シーンの次は、使用人数を考えましょう。大きな車で行く場合はあまり荷物のサイズは気にならないかもしれません。しかし、積載量が限られている場合は使用人数に合わせたサイズのテントを選び、アイテムのコンパクト化を図る必要があります。

例えば2人で使うのに5人用テントだと、使う分には広くて良いですが、収納サイズもひとまわり大きく重量は倍ほどに。そのため、電車やバイク・小型車での移動の場合には、使用人数に適したサイズのテントを選ぶと持ち運びが便利です。もちろん、収納時にもコンパクトな方が保管しやすいです。

ワンタッチテント・ポップアップテントのおすすめブランド3選

ワンタッチテント・ポップアップテントは、リーズナブルなものが多いです。それゆえ、おすすめブランドも、すべてのアウトドアブランドの中でも比較的チーズナブルな価格で製品を展開しているブランドからのラインナップが豊富。ここでは、リーズナブルながら品質もよく人気のブランドを3つ紹介します。

コールマン

コールマンのテント

出典:Amazon

コールマンは、日本で3本の指に入るほど人気のアウトドアブランド。品質が安定していて価格も手ごろなため「まずはコールマンでキャンプを始める」という人も多いです。製品ラインナップも豊富なので、キャンプで必要なもののほとんどはコールマンでそろいます。

DOD

DODは日本発のアウトドアブランド。ウサギのロゴが印象的です。DODのテントの魅力は、比較的リーズナブルで使い勝手も良いこと。キャンプギアは高価なものが多いなかで、初心者でも手を出しやすい価格なのがうれしいポイントです。独特なデザイン性やネーミングも話題を呼んでいます。

ロゴス

ロゴスも日本のアウトドアブランド。 シンプルな無地のアイテムからナバホ柄といった特徴的なパターンまで、幅広いデザインのアイテムを展開しています。ロゴスのアイテムの魅力はコスパのよさ。デザインと、使いやすさや安全性を両立させています。DOD同様に初心者やライトユーザーも接しやすいです。

【ソロで使える】おすすめのワンタッチテント2選

DOD ワンタッチテント

DODのワンタッチテント

出典:Amazon

個性的なアイテムを生み出し続けるDODのワンタッチテント。2人用ダブルサイズのエアマットがちょうど入るくらいのサイズ感です。袋から出して脚を伸ばしてロープを引くだけで設営が完了。また片付けも、テントを折り畳み傘のように畳んで丸めるだけ!初心者でも簡単に扱えます。

ドアと背面窓はフルメッシュに切り替え可能。天井にも大型ベンチレーションメッシュがあり、夏でも涼しいです。ただし、多少であれば大丈夫ですが、シングルウォールのため本格的な雨には耐えられないので、雨の日の単体での利用は控えた方が良いでしょう。

DOD ライダーズバイクインテント

DODノライダーズバイクインテント

出典:Amazon

ライダーのためのワンタッチテント。付属のポールでたてたキャノピー部分にバイクを停めれば、リビングスペースでバイクと一緒にゆったりくつろげる、前室の広いテントです。バイクを愛する人にとってうれしいアイテム。ツーリングキャンプで「色々と寄り道していたらキャンプ場につくのが遅くなり、あたりが暗くなってしまった…」という場合でも、ワンタッチで設営できるので安心です。

インナーテントは本体から吊り下がっているような構造。取り付けたままで設営・収納できます。また、バックルを外してインナーテントを取り外し、アウターテントのみでシェルターとしても使えます。

【ソロで使える】おすすめのポップアップテント3選

コールマン クイックアップIGシェード

コールマンのワンタッチテント

出典:Amazon

設営も撤収も簡単なポップアップシェードです。防虫技術のテクノロジーブランドOlytec(R)メッシュを採用して作られているので、夏の防虫対策も万全。虫が苦手な方に特におすすめです。

天井にはバイザートップベンチレーションが備わっており、広げると、涼しくなると同時にヘッドスペースが広くなります。短時間の小雨なら大丈夫ですが、雨にはあまり強くないので、雨が降りそうなシーンでの利用の際はご注意ください。

コールマン クイックアップIGシェード ナチュラルカモ

コールマンのワンタッチテント

出典:Amazon

こちらは、コールマン クイックアップIGシェードのナチュラルカモ柄。2019年7月に新登場したストンプシリーズのアイテムです。つくりは先ほどご紹介したクイックアップIGシェードと同じ。防虫機能やベンチレーションシステムが搭載しています。ナチュラルなカラーリングがおしゃれで女性に人気。同じデザインのタープやチェアなどもあるので、シリーズで揃えて使うのもおすすめです。

▼hinata編集部が、コールマンのストンプシリーズの各種アイテムを使っておしゃれサイトの作り方を検証してみました。ストンプシリーズのアイテムが気になる方、おしゃれサイトの作り方が気になる方は、こちらをチェック!

チャムス ポップアップサンシェード2

チャムスのワンタッチテント

出典:Amazon

ポップでカラフルなアウトドア用品を多数展開しているチャムスの、ビビットなカラーがキュートなサンシェード。収納時の直径が50cmで、本記事で紹介する中ではもっともコンパクトなサイズ感です。テントを固定するためのペグが付属しますが、こちらはスタッフサックに砂を入れて錘(おもり)として使うことも可能。ビーチなどで使う際にはぺぐが刺さりにくいので、スタッフサックが便利です。

チャムスのイメージキャラクターのブービーバードが大きくデザインされていて、一目でチャムスと分かるアイテム。ピクニックや家の庭で気軽に使えますよ。

【定員2人〜3人】おすすめのワンタッチテント2選

DOD ザ・ワンタッチテントM

DODのワンタッチテント

出典:Amazon

先ほどご紹介したワンタッチテントとの大きな違いは、フライシートが付属している点。フライシートがあることによってダブルウォールになり、結露しにくく前室も使えることで雨が降っても快適に過ごせます。フロアシートの耐水圧もしっかりしているので、ある程度の雨なら地面からの浸水の心配もありません。

キャノピーを広げれば晴れの日の日除けにも。一般的なテントと同じように単体で快適に使えるワンタッチテントが欲しい方におすすめです。

クイックキャンプ ワンタッチテント

素早く簡単に設営できるキャンプギアを作り出す「クイックキャンプ」の代表的なワンタッチテント。テントを広げてロープを引っ張るだけ、わずか15秒で設営が完了します。2.8kgで女性でもラクに持ち運べる重さ。出入り口はダブルジッパー仕様で、内側からも外側からも開閉できます。南京錠などを使えば、簡単な戸締りも可能。SPF50+のUVカット効果もあり、デイキャンプの日除けにもおすすめです。

【定員2人〜3人】おすすめのポップアップテント6選

villimetsa ポップアップサンシェード

ポップアップサンシェード

出典:Amazon

カラーバリエーションが豊富なポップアップサンシェード。このサンシェードの特徴は、テント内部にはUVカットのシルバーコート加工が施されていて、コーティングなしのシェードよりもテント内の温度上昇をかなり防いでくれること。出入り口2箇所のメッシュスクリーンと合わせて、日差しの暑い日でも快適にアウトドアを楽しめます。

扉と分離したフロントシートが付いているのもうれしいポイント。他のアイテムは、扉=フロントシートのものが多いですが、このサンシェードなら扉を閉めてもフロントシートが使えて便利です。

ケシュア 2 SECONDS EASY 2 FRESH&BLACK

ケシュアのポップアップテント

出典:Amazon

ケシュアは、フランスのアウトドアブランド「デカトロン」のオリジナルブランド。ポップアップテントはケシュアの主力商品です。2 SECONDS EASY 2 FRESH&BLACKは、その名前にもある通り「Fresh&Black」という特許取得済みの生地を使って作られていて、日中でもなんと99%の遮光性。日の光の眩しさをシャットアウトしたい方におすすめです。

ガイロープを使ってテントを適切に設営すれば、地表レベル50km/hの風(風力6)にも耐えられる耐風設計もうれしいポイント。風の強い海岸でのキャンプにも使えます。

▼ケシュアの魅力をもっと知りたい方はこちらをクリック!

アルパインデザイン ポップアップシェルターテント

アルパインデザインは、スポーツオーソリティのプライベートブランド。そんなアルパインデザインのポップアップシェルターテントは、一見するとパップテントのような装いの珍しいテントです。フライのサイズを見ると広く見えますが、インナーサイズが意外とコンパクトなので、寝転ぶなら1人、座敷スタイルでも2人程度の収容人数。ソロキャンプにはベストなサイズ感です。

設営は、ローコットの上にポップアップシェルターを乗せて固定するスタイル。ゆえに、フロアシートの耐水圧を気にしなくて良いため、ある程度の雨であれば快適に使えます。

キャンパーズコレクション パッとサッとテント

キャンパーズコレクションのワンタッチテント

出典:Amazon

キャンパーズコレクションは、株式会社山善が運勢するアウトドアブランド。コスパに優れたアイテムが豊富で、安くて良いモノが欲しい!という初心者キャンパーに人気です。パッとサッとテントは、ちょっと変わった形状のテント。設営方法も、一般的なポップアップテントとは異なり、広げたテントの中に入って内側から押し出すとパッと広がる仕組みです。

収納の形状も一般的なポップアップテントの丸ではなく、ワンタッチテントのような縦長の形。性能面では、SPF50+と日焼け対策はバッチリです。側面に窓がないため真夏の使用は少し暑いですが、春秋に運動会やフェスなどで活躍してくれますよ。

ロゴス チェッカーポップフルシェルター

ロゴスのポップアップテント

出典:Amazon

ポンっと投げるだけで一瞬で組立てられるポップアップタイプのシェルター。チェック模様がかわいく、ピクニックなどに持って行けば、場が華やかになること間違いなしです。プライバシーに配慮したフルクローズタイプで、日よけとしても着替え場所としてもバッチリ。両サイドにメッシュ窓がありますが、小さめなので真夏の利用には少し暑いかも。春や秋の利用がおすすめです。

ロゴス Black UV ポップフルシェルター

ロゴスのポップアップテント

出典:Amazon

UVカットと遮光性に特化したポップアップシェルター。形は先ほど紹介したチェック柄と同じです。UVカット率96.5%、遮光性99.2%とUV対策は万全。見た目も珍しいブラックなので、人と被りたくない人にもおすすめです。電車で持ち運ぶ場合にも悪目立ちせずに運搬できるでしょう。

▼激安ワンタッチテントが欲しい方は、こちらをチェック!

【定員4人〜5人】おすすめのワンタッチテント6選

キャプテンスタッグ クイックドーム250UV

ワンタッチテント

出典:Amazon

コスパに優れたキャンプ用品を取り扱っているブランド「キャプテンスタッグ」のワンタッチテント 。インナーテントの天井にメッシュが配置された通気性のよいテントです。ダブルウォール仕様なので、宿泊を伴うキャンプにも使えます。UV-PROTECTIONコーティングで、紫外線を95%カットしてくれるのもうれしいポイント。4〜5人用だけでなく、2〜3人用や3〜4人用サイズのワインナップもあるので、人数に合わせて選べます。

FIELDOOR ワンタッチテント ヘキサゴンタイプ

フィールドアのワンタッチテント

出典:Amazon

「FIELDOOR」もキャプテスタッグ同様に、コスパに優れたアイテムを扱うブランド。このヘキサゴンタイプのワンタッチテントは、珍しい五角形型で広々とした室内空間が魅力です。五角形の各面にメッシュが入っていますが、上部のみのため真夏には少し暑いかもしれません。

グラスファイバー製のポールを使用していて、5人用でありながら4.9kgという軽量さも魅力的です。5人用という大きめサイズですが、女性1人でも簡単に設営できるので、女性メンバーだけでキャンプをするのにも使えますよ。

クイックキャンプ ダブルウォールドームテント

クイックキャンプのワンタッチテント

出典:Amazon

eSPORTSのプライベートブランドで、リーズナブルな価格のアイテムが豊富な「クイックキャンプ」のワンタッチテント。通気性ポリエステルインナーとフルフライシートが分離したダブルウォールの本格タイプで、結露の多い秋冬シーズンにも対応できます。

通常、インナーテントとフライシートは別々に設営する必要がありますが、このテントはワンタッチフレームで一気に設営が可能なのが特徴的。ただ、逆に考えるとインナーテントとフライシートがくっついているので、取り外して使いたいシーンには不向きです。

コールマン インスタントテント

コールマンのワンタッチテント

出典:Amazon

コールマンのインスタントテントは、日本国内での取り扱いがない、欧米での販売がメインの並行輸入アイテムです。こちらももちろん設営簡単。ただし、テントのてっぺんに接合部を隠すシートが付いていないので、雨の日の使用は難しいです。

別売りでレインフライフライが販売しているため、必要な方は一緒に購入しておくと良いでしょう。ですが、雨の降らないシーズンのキャンプや、カンガルースタイルのインナーテントを探している方なら買って後悔のないアイテムです。

キィード クイックヴィラ5

ドイツの本格アウトドアブランド「キィード」の人気ワンタッチテント。先述のコールマンのテントのような少し角ばった形状が特徴的です。本記事で紹介しているテントの中でも特に雨に耐水圧が高く雨に強いモデル。耐雨テストも行われており、土砂降りの雨でも水が侵入しないことが確認されています。

【2019年発売】DOD キノコテント

DODのワンタッチテント

出典:Amazon

「DOD(ドッペルギャンガー)」から、2019年に新登場したキノコテント。組み立ても片付けも簡単に行える、寝室用のワンタッチテントです。壁が垂直に立ち上がっており、同じ床面積のドーム型テントと比較して広々と快適に就寝することが可能。また、インナーテントは上部にも下部にもメッシュ窓が付いているため通気性も良好です。

グランピングテントのようでかわいいにもかかわらずワンタッチで設営可能。女子必見のアイテムです。

▼DOD(ドッペルギャンガー)のテントが気になる方は、こちらをチェック!

【定員6人以上】おすすめの大型ワンタッチテント2選

Bears Rock ワンタッチテント

Bears Rockは、広島発のアウトドアブランド。使う人に寄りそった製品づくりをコンセプトに、アウトドア製品を製造・販売しています。そんなBears Rockの、6人も容可能できる大型ワンタッチテントは、開放感が抜群なのが特徴。出入り口が大きく開くよう設計されているため風通しもよく、広々と使えます。高さが195cmあり、男性でも窮屈感をかんじにくいのもうれしいポイントです。

ロゴス スペースベース・デカゴン-BJ

幅がおよそ6mもある、約40人が収容できる大型ドームです。それでいて、折りたたまれたフレームを伸ばしてロックするだけで設営でき、組立て時間は約5分。組み立てだけでなく撤収もスピーディーに行えます。PANEL SYSTEMを搭載しているため、車と連結したり、付属の連結用タープを使ってデカゴン同士をつなぐことも可能。イベントや災害現場でも活躍します。

【定員4人〜5人】おすすめの大型ポップアップテント2選

Hewolf 大型ポップアップテント

Hewolfの大型ポップアップテント

出典:Amazon

大型タイプのポップアップテント。ポップアップタイプでは大型のタイプは珍しいので、貴重なアイテムです。フロアサイズが約2.5畳あり、家族4人でも広々。天井高も140cmあるので、小さな子どもならしゃがむことなく移動できます。出入り口の左右の壁にはメッシュ窓が付いていて通気性良好。大型タイプにもかかわらず、重量が3.5kgととても軽量で、持ち運びやすいのもうれしいポイントです。

シンチ ポップアップテント

イギリス生まれのシンチは、「簡単・高品質・ハイテク」を備えた世界最大級のポップアップテントです。底面のシートは厚めの二重構造で結露を防いでくれ、地面の状態にかかわわらず快適。また、テントの表面にも底面シートが縫い付けてあり、虫や水の侵入を防いでくれるのも魅力的です。

シンチは、世界のクラウドファンディングにおいて、総額約1億5千万円の資金調達に成功して有名になりました。日本でも、2019年春頃にクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」や「makuake」で目標金額を達成。現在は新品のアイテムが入手できないので、欲しい方は中古サイトなどを随時チェックしましょう。

公式はこちら:シンチ

ワンタッチテント・ポップアップテントのたて方&たたみ方

すべて同じ設営方法というわけではありませんが、基本の仕組みは同じです。現地についてスムーズに設置できるように、事前に動画で設営方法・撤収方法について確認しておきましょう。

ワンタッチテントの設営・撤収

ポップアップテントの撤収

ポップアップテントは、設営はポンっと投げるだけで簡単ですが、意外と多い悩みが「しまうのが難しい」「たたみ方がわからない」というもの。でも安心してください。初めてだと難しく感じてしまうこのたたみ方ですが、慣れてしまえば簡単にできますよ。動画を見ながら練習しておきましょう。

設営簡単なワンタッチテント・ポップアップテント

ワンタッチテント

出典:Amazon

お気に入りのワンタッチテントは見つかりましたか?簡単、ラクちん、安くてカワイイワンタッチテントは初心者キャンパーの味方です。キャンプにフェスにピクニックに、お気に入りのテントを持って出かけましょう。

楽天でワンタッチテントのランキングを見てみる:楽天 ワンタッチテントランキング
Amazonでワンタッチテントのランキングを見てみる:Amazon ワンタッチテントランキング

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪