【人数別】簡易のワンタッチテント・ポップアップテント人気24選!選び方も解説

キャンプ用品

ポップアップテントで過ごす様子

出典:Amazon

「ワンタッチテント」「ポップアップテント」は、1人でも簡単に設営できるテント。今回はそんな「ワンタッチテント」「ポップアップテント」の魅力や選び方、使い方、おすすめアイテムを紹介します。キャンプだけでなく、フェスや海などのレジャー、公園でのピクニックやイベントでも大活躍です。


 目次


ワンタッチテント・ポップアップテントとは

ワンタッチテントでのピクニックの様子

出典:Amazon

「ワンタッチテント」「ポップアップテント」は、1人でも簡単に設営できる手軽なテント。名前が異なる通り、「ワンタッチテント」「ポップアップテント」には違いがあります。販売元によって区別せずに言葉が使われていることもありますが、違いを知っておくとテント選びの際に便利です。まずはそれぞれの特徴を見ていきましょう。

ワンタッチテントとは

ワンタッチテントの設営シーン

出典:Amazon

ワンタッチテントは、その名前の通りワンタッチで設営できるテントです。通常のテントはポールを組み立ててテント本体のスリーブに通して…と、設営に時間や手間がかかります。しかしワンタッチテントは、ポールとテント本体が一体型になっているので、収納ケースから出して折りたたみ傘のように骨組みを広げるだけで基本的な組み立てが完了。設営時間を大幅に短縮できます。

ポップアップテントとは

ポップアップシェルターの組み立て方

出典:Amazon

ポップアップテントは、ワンタッチテントとは組み立て方が少し異なります。フレームがポールではなくワイヤでできていて、ポンっと投げるだけで設営が完了してしまう手軽さ。ワンタッチテントよりもより簡単に設営ができて便利な反面、構造の関係上、単体でのハードなシーン(本格なキャンプや登山など)での使用には向かないものが多いです。

それぞれのテントの特性

LOGOS

出典:Amazon

ワンタッチテントとポップアップテントの最も大きな違いは、先述の通り、組み立て方です。さらに、組み立て方以外にも収納時の形状も異なります。ワンタッチテントは、骨組みがあるため収納の形状は縦長。それに対してポップアップテントの収納の形状は円状です。インターネットでの購入の際には、収納や持ち運びのことも考えてアイテムを選ぶと失敗が少ないでしょう。

▼ワンタッチテントとポップアップテントの大まかな違いを表にまとめました。

種類ワンタッチテント ポップアップテント
フレームポールワイヤ
組み方骨組みを広げるポンっと投げる
収納時の形状縦長の形円状の形

▼運動会やBBQ、イベントなどに使えるワンタッチテント(タープ)を探している方は、こちらをチェック!

簡易ワンタッチテント・ポップアップテントのメリット・デメリット

メリット①初心者・子ども連れでも安心の簡単設営

森の中を探検する男女

出典:Deagreez / ゲッティイメージズ

初心者は特にテントの設営が大変だと感じることが多く、説明書を読んでもどの部品をどう使うのかがわからいということも。さらに、子ども連れのキャンプでも「早く設営しないと子どもたちが飽きちゃって…」と、到着後の準備はなかなか慌ただしくなりがちです。

そんな時、ワンタッチテントならポールがテントと一体化しているので設営に迷うことも少なく、女性1人でも簡単手軽に組み立てが可能。サッと設営できるので、子どもを待たせることもなく、家族連れにも好評です。浮いた時間でアクティビティやアウトドアクッキングを楽しんだりのんびりした時間を過ごしたりと、キャンプでやることの幅が広がります。また、すぐ出してすぐしまえる手軽さから、キャンプ以外にもピクニックや海水浴など、さまざまなレジャーシーンでも活躍してくれること間違いありません。

▼hinata編集部でワンタッチテントの設営時間を測ってみました!
カンガルースタイル

出典:Amazon

また、ワンタッチテント・ポップアップテントは、秋冬キャンプに人気のカンガルースタイルのインナーテントとしても人気。カンガルースタイルではシェルターの設営にも時間がかかるので、インナーテントは簡単に!というキャンパーが多いです。

▼カンガルースタイルについて詳しく知りたい方は、こちらをチェック!

メリット②忘れ物しづらい

一般的なポールと本体で組み立てるテントの場合は、ポールを入れ忘れてしまって設営できない!というアクシデントが起こる可能性が。しかしワンタッチテントなら、ポールがテントと一体化しているのでそういった心配がありません。

メリット③比較的安い値段で購入できる

もちろんモノにもよりますが、ワンタッチテント ・ポップアップテントは、他のテントと比べて全体的に安価な物が多く出回っています。その理由としては、フライシートがないシングルウォール構造だったり、機能や構造的に一般的なテントと比べると単体での本格的な使用には向かなかったり、といった作りになっていること。サブテントや予備テントとして、もしくは快適に使える気候でしか使わない用に持っておく、という考え方で接するのが良いでしょう。

デメリット①破損したらパーツの替えがきかない

クロスした指

出典:photo AC

簡単に設置できるワンタッチテントですが、デメリットも。パーツが分かれているテントなら、例えば本体は正常でポールだけが壊れてしまった場合でも、ポールを交換してテント自体はそのまま使うことができます。しかしワンタッチテントは、本体とパーツが一体化しているので、もしポールが壊れてしまったらテント本体に影響がなくても使えなくなってしまいます。修理が可能なものもありますが、残念ながらそうでないものも。そのため、なるべく丁寧に扱って壊れないように気をつける必要があります。購入時に修理が可能かについても確認しておくと良いでしょう。

デメリット②利用可能なシーンが限られる

雨キャンプ

出典:olegbreslavtsev / ゲッティイメージズ

ワンタッチテント・ポップアップテントは、設営が簡単なだけあり、過酷な環境に耐えられる作りになっていません。そのため、本格的なキャンプやアウトドアには向かないことが多いです。例えば、骨組みがテントと一体化していることで、横風の影響を受けてポールの接合部が壊れてしまったり、ということも。あまりに風が強かったり大雨だったりする場合には使用しない方が良い場合もありあますので、ご注意ください。

デメリット③慣れるまでは撤収に苦労することも

ワンタッチテントやポップアップテントは確かに設営は楽ですが、実はたたむ方が大変なんです。テントを出したはいいけど、収納できずに焦ってしまう人が多いです。全てのメーカーに共通するわけではありませんが、ポップアップテントのたたみ方にはコツがあります。コツさえ覚えてしまえばあとは応用なので、基本的なたたみ方はしっかりおさえておきましょう。

▼たたみ方に関する記事はこちらです!

ワンタッチテント・ポップアップテントを選ぶ時のポイント

ワンタッチテントやポップアップテントを選ぶ時のポイントは、利用シーンや使用人数によって変わってきます。どのような場所や規模でアウトドアをするのかを考えて商品選定をしましょう。

①利用シーン

ワンタッチテントでのピクニック

出典:Amazon

ワンタッチテントやポップアップテントを選ぶ時にまず考えたいのは、利用シーン。運動会や公園でのピクニックで使いたいのか、それともビーチで使いたいのか、宿泊キャンプで使いたいのか。シーンによって欲しい機能が異なります。

運動会や公園でのピクニックで使うなら、UVカット加工が施されているテントがおすすめ。ワンタッチテントやポップアップテントは生地が薄いものが多いので、UVカットできると日焼け対策に便利です。ビーチで使って着替えなどもしたいという場合は、外から見えないようにフルクローズになるタイプが良いでしょう。宿泊キャンプで使う場合は、急な天候の変化で雨が降っても大丈夫なように、フライシートが付いたダブルウォール構造で耐水圧が高いものがベストです。
浸水しないテント

出典:Aleksey Sverbeev / ゲッティイメージズ

利用シーンによってはワンタッチテントやポップアップテントが適さない場合もあります。例えば風が強い日のキャンプでは、ワンタッチテントやポップアップテントは飛ばされたり骨組みが折れてしまったりする可能性が高いです。そういったシーンでの利用が想定される場合は、簡易的なテントではなくより本格的なテントを選ぶ方が良いでしょう。また、移動手段によって選ぶという手もあります。その構造上、ワンタッチテントよりもポップアップテントの方がより軽量なものが多いため、徒歩や公共交通機関を利用して移動する場合にはポップアップテントの方が軽くておすすめです。

▼テントの耐水圧について詳しく知りたい方は、こちらをチェック!

②使用人数

ワンタッチテントでくつろぐ家族

出典:Amazon

利用シーンの次は、使用人数を考えましょう。大きな車で行く場合はあまり荷物のサイズは気にならないかもしれません。しかし、積載量が限られている場合は使用人数に合わせたサイズのテントを選び、アイテムのコンパクト化を図る必要があります。例えば2人で使うのに5人用テントだと、使う分には広くて良いですが、収納サイズもひとまわり大きく重量は倍ほどに。そのため、電車やバイク・小型車での移動の場合には、使用人数に適したサイズのテントを選ぶと持ち運びが便利です。もちろん、収納時にもコンパクトな方が保管しやすいです。

③オープンタイプかフルクローズタイプか

ポップアップテントとワンタッチテントにはオープンタイプとフルクローズタイプがあります。フルクローズタイプはテントの中で着替えやプライベート空間を確保したい時に活躍しますが、オープンタイプに比べて値段が高くなる傾向にあります。日よけさえできればいいという人はオープンタイプで十分かなと思いますし、アウトドアスタイルによってどちらのタイプにするか選んでみましょう。

次は安心の人気ブランドを中心に、おすすめのテントを紹介します。

【ソロ向け】おすすめのワンタッチテント・ポップアップテント5選

ソロでアウトドアをする時にちょっと休憩したいなーと思うことはよくあります。テントを設営するまではいかないけど、ちょっと日差しが防げて休める場所があればなーと思った時にワンタッチ・ポップアップテントが役に立ちます!

商品名DOD
ワンタッチテント
DOD
ライダーズバイクインテント
コールマン
クイックアップIGシェード
コールマン
クイックアップIGシェード
ナチュラルカモ
チャムス
ポップアップ サンシェード
画像
収納サイズW70×D19×H19cmW61.5×D23×H23cm直径59×8cm直径59×8cm直径50cm
重量3 kg5.5 kg2.5 kg2.5 kg2 kg

▼hinata編集部が、コールマンのストンプシリーズの各種アイテムを使っておしゃれサイトの作り方を検証してみました。ストンプシリーズのアイテムが気になる方、おしゃれサイトの作り方が気になる方は、こちらをチェック!

【2〜3人】ワンタッチテント・ポップアップテントおすすめ7選

友達と少しアウトドアをしたい時に便利なサイズで、2人で広々としたスペースを使いたい人におすすめ!少人数でデイキャンプをする時にも、日差し対策で1張りあると便利です!

商品名DOD
ザ・ワンタッチテント
クイックキャンプ
ワンタッチテント
ケシュア
2 SECONDS EASY 3 FRESH&BLACK
アルパインデザイン
ポップアップシェルターテント
キャンパーズコレクション
パッとサッとテント
ロゴス
チェッカー ポップフルシェルター
ロゴス
UV ポップフルシェルター
画像
重量8.9 kg2.8 kg4 kg2.6 kg2 kg2.3 kg1.9 kg
おすすめポイントダブルウォールなので結露しにくいわずか15秒で設営できる遮光率が99%90%以上のUVカット率軽量で持ち運びしやすい投げるだけで設営できるUVカット率、遮光性どちらも90%以上

▼ケシュアの魅力をもっと知りたい方はこちらをクリック!
▼激安ワンタッチテントが欲しい方は、こちらをチェック!

【4〜5人】ワンタッチ・ポップアップテントおすすめ7選

ファミリーでデイキャンプをする時は大きめのポップアップテントを選びましょう。人数が多くなると必然的に荷物も多くなるので、大きめのサイズ感にしておくと安心です!

商品名キャプテンスタッグ
クイックドーム250
フィールドア
ワンタッチテント
クイックキャンプ
ダブルウォール ドームテント
コールマン
6人用 インスタントテント
キィード・クイックヴィラ
究極ワンタッチテント
DOD
キノコテント
Hilander フィンガル
画像キャプテンスタッグ クイックドームFIELDOOR ワンタッチテントクイックアップテントコールマン インスタントテントキィード ワンタッチテントDOD キノコテント
サイズW250xD250xH150cmW305cm×D260cm×H145cm220cm×220cm×130cm305cmx274cm×183cm320cmx320cm×215cm328×328×168cm500×400×240cm
重量6.4kg4.9kg4.3kg10.7kg12.2kg11.2kg4.8kg

▼DOD(ドッペルギャンガー)のテントが気になる方は、こちらをチェック!

シンチ ポップアップテント

イギリス生まれのシンチは、「簡単・高品質・ハイテク」を備えた世界最大級のポップアップテントです。底面のシートは厚めの二重構造で結露を防いでくれ、地面の状態にかかわわらず快適。また、テントの表面にも底面シートが縫い付けてあり、虫や水の侵入を防いでくれるのも魅力的です。シンチは、世界のクラウドファンディングにおいて、総額約1億5千万円の資金調達に成功して有名になりました。日本でも、2019年春ごろにクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」や「makuake」で目標金額を達成。現在は新品のアイテムが入手できないので、欲しい方は中古サイトなどを随時チェックしましょう。

公式はこちら:シンチ

【6人以上】おすすめの大型ワンタッチテント2選

友達同士など、大人数でのアウトドアを想定している場合には大型のワンタッチテントもあります。大人数でも窮屈にならないような大型ワンタッチテントがあれば急に人数が増えても対応できますので安心です。

商品名Bears Rock
ワンタッチテント
ロゴス
スペースベース・デカゴン
画像
収容人数6人8人
重量14kg30 kg

設営簡単なワンタッチテント・ポップアップテントならアウトドアも簡易に!

ワンタッチテント

出典:Amazon

お気に入りのワンタッチテントは見つかりましたか?簡単、ラクちん、安くてカワイイワンタッチテントは初心者キャンパーの味方です。キャンプにフェスにピクニックに、お気に入りのテントを持って出かけましょう。

楽天でワンタッチテントのランキングを見てみる:楽天 ワンタッチテントランキング
Amazonでワンタッチテントのランキングを見てみる:Amazon ワンタッチテントランキング

▼こちらの記事も読まれています。

今回紹介したアイテム

商品画像 DOD(ディーオーディー) ワンタッチテント ゆったり使える 2人用 紐を引くだけ 簡単設営 T2-629-BK T2-629-BK DOD(ディーオーディー) ライダーズバイクインテント 【ツーリング仕様】 ワンタッチ 大きな前室 1-2人用 T2-466 ブラック コールマン(Coleman) シェード クイックアップIGシェード ネイビー/グレー 2000033132 コールマン Coleman クイックアップIGシェード ナチュラルカモ 2000035350 チャムス (CHUMS) ポップアップサンシェード 2人用 レッド CH62-1631-R001-00 DOD(ディーオーディー) ザ・ワンタッチテントM 初心者向け 広い前室付き【3人用】 T3-673-KH [クイックキャンプ] ワンタッチテント3人用 サンド QC-OT210n Quechua(ケシュア) 2 SECONDS EASY 3 FRESH&BLACK ポップアップテント 3人用 2030818 山善 キャンパーズコレクション パッとサッとテント(フルクローズタイプ) ホワイト TW-MF15UV(ICN) ロゴス チェッカー ポップフルシェルター 71809010 【内祝】【粗品】【御祝】【記念品】【景品】【パーティ】【コンペ景品】【抽選】【イベント】 ロゴス(LOGOS) Black UV ポップフルシェルター-AI 71809022 captain stag キャプテンスタッグ cs クイックドーム250uv キャリーバッグ付  m-3135 FIELDOOR ワンタッチテント 5人用ヘキサゴンタイプ 幅305cm×奥行240cm×高さ145cm ダークブラウン (紐を引くだけの簡単設営!) [クイックキャンプ] ダブルウォール ドームテント 3人用 グレー QC-DT220 インナーテント付き アウトドア キャンプ ワンタッチテント Coleman(コールマン) 6人用 インスタントテント ワンタッチ 簡単組み立て 1分で設置可能 ブラウン ブラック [並行輸入品] ドイツの本格派アウトドア・ブランドQEEDO<キィード>クイックヴィラ5 <QUICK VILLA5> 究極ワンタッチテント クイックアップシステム秒速展張 5人用 4シーズン対応 女性でも簡単組立 大型広々キャビン 布地耐水圧4000ミリ グランドシート一体型 地震災害等の緊急シェルターとしても活躍 色:グレイ 寝室用テント DOD キノコテント T4-610-KH ライトカーキ Hilander(ハイランダー) ポップワンポールテント フィンガル 単品 ベージュ ポップアップテント Bears Rock ベアーズロック ワンタッチテント 6人用 ビッグベアーテント AXL-601 フライシート 防水 ロゴス(LOGOS) スペースベース・デカゴン-BJ 71459306
商品名 DOD ワンタッチテント DOD ライダーズバイクインテント コールマン クイックアップIGシェード コールマン クイックアップIGシェード ナチュラルカモ チャムス ポップアップサンシェード DOD ザ・ワンタッチテントM クイックキャンプ ワンタッチテント ケシュア 2 SECONDS EASY 2 FRESH&BLACK アルパインデザイン ポップアップシェルターテント キャンパーズコレクション パッとサッとテント ロゴス チェッカーポップフルシェルター ロゴス Black UV ポップフルシェルター キャプテンスタッグ クイックドーム250UV FIELDOOR ワンタッチテント ヘキサゴンタイプ クイックキャンプ ダブルウォールドームテント コールマン インスタントテント キィード クイックヴィラ5 DOD キノコテント Hilander フィンガル Bears Rock ワンタッチテント ロゴス スペースベース・デカゴン
商品リンク Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪