キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

ワンタッチテントのおすすめ、失敗しない商品比較と選び方を紹介!

ポップアップテントで過ごす様子

出典:Amazon

ワンタッチテントは、シンプルな構造で初心者でも組み立て簡単。この記事では、DOD、クイックキャンプ、フィールドアなどのソロキャンパー用のコンパクトなものから大人数向けのものまで幅広いサイズのテントを紹介します!ポップアップテントとの違いや選び方、たたみ方も解説。

ワンタッチテントは骨組みを広げるもの

ワンタッチテントの設営シーン

出典:Amazon

骨組みを広げるだけ

ワンタッチテントは、ポールとテント本体が一体になっていて、収納ケースから出して折りたたみ傘のように骨組みを広げるだけで設営できるテントです。 組み立てが簡単で軽量の製品が多いので、公園や砂浜といった日帰りでアウトドアを楽しみたい場所に向いています。宿泊用途に適しているものは、テントを2重構造にして雨風を防ぐようになっています。

デメリットも

簡単に組み立てできるワンタッチテントですが、仕組み上、乱暴に扱うと壊れやすいなどのデメリットも。以下の記事で説明しているので興味がある方はチェックしてみてください。
▼こちらの記事もおすすめ

ポップアップテントは勝手に広がるもの

ポップアップテント

出典:Amazon

ワンタッチテント 収納袋から本体を取り出したらポールを持ち上げるなど、何かしら組み立て作業を行います。 ポップアップテント 収納袋から出したら勝手に広がるテントです。持ち運び安さ、設営・撤収の手軽さから、ピクニックや公園で利用されるのはこちらのタイプが多いです。 ▼ポップアップテントは以下の記事で紹介しています

ワンタッチテントの選び方

ワンタッチテントを選ぶ際は、使用人数、前室の有無、撥水加工・UVカットの有無に注目します!

使用人数

ワンタッチテント

出典:Amazon

ソロ〜ファミリー向けまで幅広いサイズのワンタッチテントがあります。テントに記載される人数は、スペースを全て人で埋めた場合の数。そのため、荷物を入れるなどゆとりを持って利用するには、1人分大きいテントを選ぶと良いです。

前室の有無

前室

出典:楽天

前室とは、インナーテントとフライシートの間にあるスペースのことです。前室があれば、居住空間が広くなるだけでなく、荷物置き場として活用できます。日除けや雨除けにもなり、夏の暑い時期でも快適!タープがいらないので、荷物を極力減らしたい方にもおすすめ。

撥水加工・UVカットの有無

耐水圧の説明

出典:Pixabay

テントには耐水圧が記載してあります。目安とし小雨で500mm、中雨で1000mm、強雨で1500mm程度の耐水圧が必要です。天候が変わりやすい高原や海沿いでキャンプをする方は耐水圧1500mm以上がおすすめ! またUVカット機能を備えているものが多いです。特にUVカット90%以上と表示されているワンタッチテントは日焼けを気にせずに使えます。

通気性のよい構造

特に夏場だとテント内に熱がこもりやすく、不快に感じることも。ベンチレーターと呼ばれるテントの換気窓があれば通気性が良くなります。宿泊キャンプの場合は、快適に眠れます。

おすすめワンタッチテント【1〜2人】

1〜2人用で紹介したいテントはこちら!
  • DOD ライダーズバイクインテント
  • フィールドア ワンタッチテント100
商品名商品タイプ収納サイズインナー幅高さ重量耐水圧公式サイト
DOD ライダーズバイクインテント 宿泊向き61.5×25×25cm260×215cm 広い前室200×125cm110cm5.5kg3,000mmDOD
フィールドア ワンタッチテント100宿泊向き64×14×14cm210×165cm200×100cm100cm2.9kg 軽量1,500mmフィールドア
どちらも組み立ては簡単。テント本体は2重構造になるので雨風に強く、就寝を伴うキャンプの使用も可能です。インナーテントの幅が最小限のため、1人利用におすすめ。どちらも高さは低いので少し圧迫感があります。
収納サイズ

出典:Amazon

DODライダーズバイクインテントの収納時サイズ(61.5×25×25cm)はバイクの荷台に載る程度の大きさ。フィールドアワンタッチテントは64×14×14cmなので幅は変わらずサイズは小さく感じるでしょう!

おすすめワンタッチテント【2〜3人】

2〜3人用で紹介したいテントはこちらです。
  • DOD ザ・ワンタッチテント
  • クイックキャンプ ダブルウォールドームテント
  • クイックキャンプ ワンタッチテント
  • モダンデコ ワンタッチテント 4人用
商品名商品タイプ収納サイズインナー幅高さ重量耐水圧
DOD ザ・ワンタッチテント宿泊向き65×22×22cm コンパクト450×220cm215×215cm165cm 広い空間8.4kg2,000mm
クイックキャンプ ダブルウォールドームテント宿泊向き78×17×17cm220×220cm220×220cm130cm4.3kg2,000mm
クイックキャンプ ワンタッチテント日帰り向き102×17×17cm210×190cm210×190cm110cm2.8kg1,500mm
モダンデコ ワンタッチテント 4人用日帰り向き80×22×22cm(独自採寸)210×210cm210×210cm130cm3.5kg2,000mm
1人70cmの幅があると快適に寝転べます。どのテントも幅が210cm程度なので3人利用で少しきつい、2人利用ならゆとりを持てるサイズ感です。
前室の広いテント

出典:楽天

宿泊向きのワンタッチテントは本体が2重構造のため、設営の手間は少し増えますが雨風に強く安心して眠ることができます。DODザ・ワンタッチテントは他と比べて重い分、全室が広く、高さもあるため過ごしやすいです。 クイックキャンプワンタッチテントやモダンデコワンタッチテントは、デイキャンプやピクニックに最適。軽量なので持ち運びもしやすいです。

おすすめワンタッチテント【3〜4人】

3〜4人用で紹介したいのは以下のテントです!
  • フィールド ワンタッチテント300
  • フィールド ワンタッチテント ヘキサゴン
  • モダンデコ ワンタッチテント 5人用
  • コールマン インスタントテント
商品名商品タイプ収納サイズインナー幅高さ重量耐水圧
フィールド ワンタッチテント300宿泊向き103×20×20cm300×500cm300×300cm180cm10.5kg1,500mm
フィールド ワンタッチテント ヘキサゴン日帰り向き95×25×25cm305×260cm305×260cm145cm4.9kg1,500mm
モダンデコ ワンタッチテント 5人用日帰り向き80×19×19cm300×260cm300×260cm160cm5.5kg1,400mm
コールマン インスタントテント日帰り向き120×22×22cm305×274cm305×274cm183cm10.7kg1,500mm
3〜4人サイズではさすがに天井が高いテントが多く、圧迫感なくくつろげるものが多いです。 フィールドワンタッチテント300は前室があるためタープがなくても問題なし。2重構造なので宿泊でも利用しやすいです。
モダンデコのテント

出典:楽天

フィールドアヘキサゴンタイプやモダンデコワンタッチテントは軽量にも関わらずテント内が広く、1日中外にいるデイキャンプで活躍します。多少の雨なら問題ない耐水圧です。

おすすめワンタッチテント【5〜6人】

5〜6人用のおすすめワンタッチテントを紹介します。グループキャンプにピッタリ!大型サイズですが、最低大人2人で組み立てられます。

ワンタッチテントの魅力

初心者でも簡単に設営できるテントとして紹介されることが多いワンタッチテントの魅力を解説します!ワンタッチテントを使えば、初心者でもアウトドアを快適に過ごせること間違いなし。

組み立て方は傘のように広げるだけ!

ワンタッチテント

出典:Amazon

ワンタッチテントは本体とフレームを広げて、紐を引っ張り、ロックすれば完成です!まるで傘のように広げて組み立てるので、テント設営が初めてという人でも簡単です。4人用のファミリー向けテントであれば一人でも組み立てられます!

骨組みのおかげで風に煽られても倒れにくい

ポップアップテントのようにフレームがないテントだと、多少の雨風で飛ばされてしまいます。ワンタッチテントであれば、そんな心配無用!丈夫な骨組みのおかげで、風に煽られても倒れにくいです。突然の雨でも、テント内で快適に過ごせます。

ワンタッチテントのたたみ方

アウトドアをこれから始める方は、テントの折りたたみ方を解説した動画や記事を確認しながら作業しましょう。ワンタッチテントは傘のように畳むだけですが、説明書を見ないで折りたたむと、壊れてしまう可能性がありますので、気をつましょう! ▼ワンタッチテントのたたみ方を知りたい方はこちらをチェック!

ワンタッチテントのお手入れ方法

ワンタッチテントはお手入れが必要です。お手入れをしないと汚れが溜まりカビが生え、劣化に繋がってしまいます。そんな自体を防ぐためにも使用後はお手入れをしましょう!ここではワンタッチテントのお手入れ方法を解説します!

乾かす

使用後はカビの発生を防ぐためにもしっかりと乾かしましょう!雨が降っていなくても結露や地面からの湿気でテントが濡れます。そのため晴れていても湿っている箇所は完全に乾かしましょう!ポイントとしてはチェックアウトの2時間前にはテントを撤収し、キャンプ場で乾かしてしまうこと。そうすれば湿らずに収納できるのでカビの発生を防げます。

汚れを落とす

テントの下部には泥や落ち葉が付きます。使用後はテントを乾かしてからこれらの汚れを落としましょう!テントが乾けば叩いたり、軽く拭き取るだけで汚れが落ちます。どうしても落ちない汚れは雑巾に洗剤を染み込ませ汚れを拭き取りましょう

ペグやポールの汚れを取る

ペグやポールは泥が溜まりやすく、汚れを放置するとカビが発生します。カビの発生を防ぐためにも濡れ雑巾で汚れを拭き取りしっかりと乾かしましょう!ペグの汚れを落とす際はたわしでこすれば大体の汚れが落ちます。またポールのジョイント部分には泥が溜まりや水のでブラシを使用すれば汚れが落としやすいです!

ワンタッチテントは入門テントとして最適!

今回は、ソロキャンパーが使いやすいコンパクトものから6人も入る大人数向けのものまで幅広いサイズのワンタッチテントを紹介しました。簡単で楽なワンタッチテントは初心者キャンパーの味方です。キャンプにフェスにピクニックに、お気に入りのテントを持って出かけましょう。 ▼もっとワンタッチテントを知りたい方はこちらをチェック!

今回紹介したアイテム

商品画像DOD ライダーズバイクインテント フィールドア ワンタッチテント100DOD ザ・ワンタッチテント Mクイックキャンプ ダブルウォールドームテントクイックキャンプ ワンタッチテントモダンデコ ワンタッチテントフィールドア ワンタッチテント300フィールドア ワンタッチテント ヘキサゴンタイプモダンデコ ワンタッチテントコールマン インスタントテントBears Rock ビッグベアーテント
商品名DOD ライダーズバイクインテント フィールドア ワンタッチテント100DOD ザ・ワンタッチテント Mクイックキャンプ ダブルウォールドームテントクイックキャンプ ワンタッチテントモダンデコ ワンタッチテントフィールドア ワンタッチテント300フィールドア ワンタッチテント ヘキサゴンタイプモダンデコ ワンタッチテントコールマン インスタントテントBears Rock ビッグベアーテント
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事