キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜もっとそとが好きになる〜
ワンタッチテント

出典:PIXTA

大型ワンタッチテント徹底比較!カラー・安さ・スペックでチョイス!

※本記事には一部プロモーションが含まれます

大型テントは設営が大変。そんな悩みを解決してくれるのがワンタッチテントです。初心者でも簡単に設営可能で時間もかからず、到着してすぐにくつろげます。今回はファミリーやグループで使うのにぴったりな人気の大型ワンタッチテントを収容人数別に紹介。また、選び方や修理方法なども合わせて解説しているので、ぜひチェックしてみてください!

ワンタッチテントとは?

ワンタッチテントとは、生地と骨組みが一緒になっているテントのこと。フレームを広げるだけでテントが完成する仕組みになっており、時間をかけずに設営できます。海水浴や公園などでも手軽に使えて、もちろんキャンプにも使用可能。大型のワンタッチテントでも一人で設営できるものが多く、コールマンやDOD、ロゴスなど有名アウトドアメーカーからも多く販売されています。

設営が簡単!初心者にも優しい

ワンタッチテントは、設営しやすいのが最大のメリット。雨天時や夜間でも設営しやすく、設営に時間がかからないことでキャンプでのストレスも軽減。キャンプでの時間を有効活用できます。 またフレームとテントが一体化しているため細々した部品がなく、紛失する心配もありません。組み立てや撤去がしやすいと家でもすぐに広げて洗ったり乾かしたりでき、メンテナンスがしやすい点もメリットです。

大型でも価格が安い

キャンプをはじめるときにはなるべく費用を抑えたいもの。特に大型のテントは、価格が高くなります。ワンタッチテントは、一般的なテントよりも価格が安いのが特徴。手軽にキャンプをはじめたい方にもぴったりです。

耐久性に不安な面も

ワンタッチテントは、簡単に設営できる反面、強度が弱く心配な一面もあります。ライトなシーンで手軽に使いたい方や、初めてのテントとして使用したい方にはおすすめですが、長く使用したい方は不向きです。 もし壊れてしまった場合の対処法は記事の後半で紹介しているのでチェックしてみてください。長期間使いたい方は、設営時間は長くなりますが組み立て式を検討してみてもいいでしょう。

大型ワンタッチテントの選び方

大型のワンタッチテントを選ぶときに、注意しなくてはいけないポイントが3つあります。購入してから「失敗した」とならないように、事前に確認しておきましょう!

収容人数よりもゆとりを持って選択

ワンタッチテントの中の子ども

出典:PIXTA

販売しているテントには収容人数が記載されています。収容人数は、サイズ選びの参考になりますが記載されている人数よりも+1人を目安に選ぶのがポイントです。 例えば、5人で使用したいなら6人用を選択しましょう。ちょうどの人数を選んでしまうと狭く感じたり、荷物の置き場所にも困ることもあります。少し大きなテントを選ぶことで空間に余裕が生まれるため、1人分大きなものがベストです。

機能面をチェック

テントのメッシュ窓

出典:PIXTA

ワンタッチテントには、さまざまな機能が搭載されています。どんな機能が自分に合うのかチェックしてから購入しましょう。
  • 防水・耐水 雨の侵入を防ぐのにあると助かる機能です。ワンタッチテントには「耐水圧」が記載されているので、事前にチェックしましょう。通常の場合、耐水圧1500mm程度なら安心。キャンプで使いたい場合は急に雨が降る可能性もあるので、防水性や耐水性のあるものを選ぶのがポイントです。
  • 遮光性・UVカット 日差しや紫外線をカットしてくれる機能です。特に暑い季節にはテントに入るだけで日除けができるのでおすすめです。海岸や日陰のない場所でキャンプする場合はチェックしておきましょう。
  • メッシュ加工 テントの一部がメッシュになっていることで、風通しがよくなる効果があります。また、虫がゴミなどがテント内に入りにくく、冬には結露防止にも。テント内で快適に過ごしたいなら見逃せない機能です。
  • 前室付き 前室があると荷物や靴を置いておくのに便利。大きなモデルなら前室にテーブルやチェアを置くこともでき、タープ代わりに使えます。ただし、前室なしのものよりも重たくなる傾向があるので注意しておきましょう。

重さとサイズを確認

ワンタッチテントは通常のテントよりも重いタイプが多め。さらにサイズが大きい大型テントなら、20kg以上になることもあります。またワンタッチテントはフレームと一体化しているため、収納時も大きくなってしまいがちです。 選ぶときには、最低限持ち運びできる重さのもので、肩にかけたり背負えるものがおすすめ。機能面や大きさだけでなく、持ち運びできるかどうかも必ずチェックしておきましょう。

黒系が人気!ダークカラーの大型ワンタッチテント

安い!1万円前後の大型ワンタッチテント

悪天候にも対応!フロア耐水圧5,000mm以上の大型ワンタッチテント

背が高い人も過ごしやすい!高さ190cm以上の大型ワンタッチテント

大型の中でも大型!10人用のワンタッチテント

大型ワンタッチテントの修理

出典: DragonImages / ゲッティイメージズ

大型ワンタッチテントが自分で修繕できるのは、テントの生地が破れてしまった場合です。通常のテントと同じように補修テープで修復可能で、破れてしまったカ所にシールタイプや溶接タイプの補修を行えば通常通りに使用できます。 一方パーツ部分はほぼ全て一体型になっているため、壊れたり欠けたりしてしまっても自分で修理できない場合が多め。壊れてしまった場合に修理することを考えているのなら、修理受付を明示している販売店で購入すると安心です。ただし、もともと安いテントになるため、修理よりも買い替えた方がいい場合もあるのでよく検討しましょう。

大型ワンタッチテントで快適なキャンプに!

大型のテントを購入するときに負担になる価格や設営の問題を解決してくれるワンタッチテントは、ファミリーやグループで使うのにぴったりです。手軽にテントを使いたい方や、初めてのテントに悩んでいる方にはおすすめのテントなので是非検討してみてください。大型のワンタッチテントで余裕のあるキャンプを楽しみましょう。

今回紹介したアイテム

商品画像DOD ライダーズタンデムテントFIELDOOR ワンタッチテント 5人用FIELDOOR ワンタッチテント300Coleman 8人用 インスタントテントYACONE ワンタッチテント 3〜4人用モダンデコ ワンタッチテント フルクローズ コールマン インスタントアップ IGシェードDOD わがやのテントLクイックキャンプ 4~5人用前室付きキャビンテントBears Rock ワンタッチテント 6人用オザクトレイル 8人用 インスタント キャビンコアエクイップメント 10人用大型インスタントキャビンテント Outbound インスタントポップアップテント10人用
商品名DOD ライダーズタンデムテントFIELDOOR ワンタッチテント 5人用FIELDOOR ワンタッチテント300Coleman 8人用 インスタントテントYACONE ワンタッチテント 3〜4人用モダンデコ ワンタッチテント フルクローズ コールマン インスタントアップ IGシェードDOD わがやのテントLクイックキャンプ 4~5人用前室付きキャビンテントBears Rock ワンタッチテント 6人用オザクトレイル 8人用 インスタント キャビンコアエクイップメント 10人用大型インスタントキャビンテント Outbound インスタントポップアップテント10人用
商品リンク

特集・連載


あわせて読みたい記事