hinata

>

キャンプ用品

>

ワンタッチテント

>

【ワンタッチテントは壊れやすい?】デメリットを解消するコツ&テントを紹介

【ワンタッチテントは壊れやすい?】デメリットを解消するコツ&テントを紹介

キャンプ用品

オレンジワンタッチテントのデメリット

出典:photo AC

激安のワンタッチテントは気軽に購入できる一方で、壊れやすいなどのデメリットがあります。今回はテントのデメリットを紹介した上で、問題を解決するおすすめのテントを6つセレクトしました。機能別に解説しているので、使用したいシーンや季節に合わせてご活用してください。

目 次

ワンタッチテントとは?

デメリットを解消するワンタッチテント

出典:photo AC

ワンタッチテントとは名前のとおりワンタッチで素早くセッティングができるテントのことです。パーツとテントの生地が一体型になっており、組み立ての手間がありません。簡単に組み立てられるので、初心者キャンパーにおすすめ。コストパフォーマンスに優れた商品がたくさん販売されています。安すぎる商品は故障しやすいので、宿泊をするなら強度のあるワンタッチテントを選びましょう。

ワンタッチテントのメリットは?

ワンタッチテントの優れたメリット

出典:photo AC

初心者でもひとりでテントが立てられる

ワンタッチテントは初心者でもひとりでテントの設営が可能です。ポップアップテントなら、袋から出した瞬間にパッと設営が完了します。スピーディーにテントが設営できれば、じっくりキャンプに時間をかけられるでしょう。大きなテントもひとりで設営できるので、初心者キャンパーによく選ばれています。

安い値段で手に入る

ワンタッチテントは、一般的なテントよりも安い価格設定で販売されています。キャンプをはじめたばかりの初心者は、さまざまなアイテムをそろえたいので、できる限り低価格でテントを手に入れたいところです。チープな素材で作られているものもありますが、安い値段で機能性が高い商品はたくさん販売されています。なるべく多くの商品を比較し、自分にぴったりのテントを探しましょう。

設置と片付けが簡単

ワンタッチテントはスピーディーに設置ができるように、少ないパーツで組まれています。設置も簡単ですが、片付けもスピーディーに完了します。手数が少ないので、雨の日の設置に向いているテントです。

ポールをなくさない

ポールはテントを支える重要なアイテムです。一本でもなくしてしまうと、予備がなければ設置することができません。ワンタッチテントは、ポールの内側がゴムで繋がり1本のワイヤ状になっています。たたむときは、ポールをコンパクトに折りたたんでテントの袋にすっぽりおさまります。

設置の道具がいらない

テントの設置にはペグやロープハンマーなどたくさんの道具が必要です。しかしワンタッチテントは必要なパーツが一体化になっているので、設置の道具はいりません。細々とした道具を購入しなくても済むので、別のアイテムに予算をかけられます。

ワンタッチテントのデメリットは?

ワンタッチテントのデメリットを語る

出典:photo AC

雨に弱いので防水機能が必要

防水機能がついていないワンタッチテントは、雨に弱い性質があります。特にポップアップテントは防水機能がないものが多く、雨が降ると中に水が侵入してくるので大変です。ピクニックなど短時間の使用なら十分ですが、宿泊用のテントは防水機能が必要です。宿泊用としてワンタッチテントを使用するなら、耐水圧の高い生地を使っている防水テントを選びましょう。

結露しやすいのでダブルウォール仕様のテントを選ぶ

目が覚めると、テントの内側に水滴がびっしり…。「結露」はテントの内側と外側の気温差で発生し、テントの内側に水滴がついてしまう現象です。濡れたまま放置しておくと、カビの原因になることも。さらに結露が起きるとテント内の気温が低下するため、特に冬は辛い思いをすることになります。宿泊用のテントを購入するならダブルウォール仕様の商品を購入しましょう。

直射日光に弱いためUV機能が必要

最近のワンタッチテントはUV機能がデフォルトで搭載されている商品が多め。しかし、激安テントには低いUVカット機能しかついていません。強い日差しの下でレジャーを楽しみたいのなら、SPF(紫外線防御効果)の高いテントを選びましょう。テントは強い直射日光に晒されると生地やパーツが痛んでしまいます。お気に入りのテントを長く使いたいなら、若干値段が高くてもUV機能が高い商品がおすすめ。紫外線対策に特化したワンタッチテントも販売されています。

強度が弱く壊れやすい

ワンタッチテントは限られたパーツで構成されています。そのため値段も安価で初心者がチャレンジしやすいテントとして人気です。しかしシンプルな構造だからこそ、強度が弱く壊れやすいデメリットがあります。パーツが交換できる商品もありますが、基本的にパーツが壊れたら買い替えが基本。特にポップアップテントは、ちょっと力を入れるだけでワイヤが歪んでしまいます。

オールシーズンには適していない

ワンタッチテントは通気性抜群。夏は涼しく快適に過ごせますが、冬は隙間から冷たい風が入ってきます。宿泊用のワンタッチテントを探すなら、防寒機能はマスト。オールシーズン使えるダブルウォールタイプのワンタッチテントがおすすめです。冬場は雨や湿気からテントを守ってくれるフライシートを一緒に使用するのも良いでしょう。

デメリットを解消【機能別】おすすめワンタッチテント6選

【防水機能つき】ワンタッチテント

【UV機能つき】ワンタッチテント

【オールシーズン対応】ワンタッチテント

機能性に優れたワンタッチテントを選ぼう

ワンタッチテントデメリットと湖

出典:photo AC

ワンタッチテントはシンプルな構造であれば安い値段で購入できます。しかし、壊れやすく最低限の機能しか搭載していません。お気に入りのテントを快適に使いたいのなら、機能性に優れたワンタッチテントを選びましょう。機能性に優れたコストパフォーマンスの高いテントがたくさん販売されているので、お気に入りのアイテムを探してください。
▼こちらの記事も読まれています。

今回紹介したアイテム

商品画像 Moon Lence テント 4-5人用 ワンタッチテント 五角 アウトドア用 コンパクト キャンプ 防災 組立簡単 通気 … KAZOOキャンプ用自動屋外ポップアップテント防水用クイックオープニングテントキャリングバッグ付き4人用キャノピー コールマン(Coleman) テント クイックアップドーム W+ ダークルームテクノロジー採用 約3.9kg 2人用 2000033136 ロゴス(LOGOS) ソーラーブロック ポップフルシェルター 71809033 DOD(ディーオーディー) カンガルーテントS コットン100%生地 ワンタッチ構造 グランドシート付き T2-616-TN テント 2人用 アウトドア 前室 タープスペース付き二層構造 コンパクト アウトドア 組立簡単 自立式 超軽量 4シーズン プロフェッショナルテント 防風防水 PU3000/4000 (グレー)
商品名 Moon Lence ワンタッチテント KAZOO ポップアップテント コールマン クイックアップドーム ロゴス ポップフルシェルター DOD カンガルーテント MOBIGARDEN プロフェッショナルテント
商品リンク Amazon で見る Amazon で見る Amazon で見る Amazon で見る Amazon で見る Amazon で見る
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事