キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜もっとそとが好きになる〜
ドームテント

ドームテントおすすめ39選!グランピング風大型ドームやソロ用も紹介

※本記事には一部プロモーションが含まれます

「ドームテント」は設営の簡単さや使い勝手の良さから、キャンプをはじめたばかりの人、ソロ・ファミリーと幅広い層に支持されるテントの定番。コールマン・スノーピーク・ロゴス・DOD・キャプテンスタッグなど、有名アウトドアメーカーから人気アイテムがラインナップ。この記事ではドームテントの選び方、おすすめ製品を紹介します。

ドームテントがおすすめな3つの理由

ドーム型テント
「ドームテント」とはその名の通りドーム(半球)状のテントのこと。2本のポールをクロスさせて組み立てるのが基本で、多くのアウトドアメーカーが販売する定番の形です。
ドームテントがおすすめな理由は組み立てが簡単・風に強い・空間が広い
ドームテントは
  • 組み立ての簡単さ
  • 耐風性
  • 空間の広さ
のバランスが取れているところが特徴で、テントを初めて購入する人にもおすすめ。この3つのポイントについて、詳しく説明します。

1.組み立てが簡単

多くのドームテントはインナーテントに2本のポールをクロスさせて通し、テンションをかけることで立ち上げる構造です。そこに雨風の侵入を防ぐフライシートをかぶせるだけなので迷うことなく設営可能。大型でなければ一人でも簡単に組み立てることができます。
スノーピーク アメニティードムS
簡単に設営できるよう、部品が色分けされている製品も多く、直感的に組み立てることが可能。たとえばスノーピークの「アメニティドーム」ではポール・スリーブ・ポール差し込み口の3カ所がグリーンとイエローに分かれており、ひと目でどこに何を差し込むべきかがわかるようになっています。

2.風に強い

「半球状」という構造そのものにも、風を受け流しやすいというメリットがあります。また、複数のポールを交差させることにより、1本のポールでテント全体を支えるワンポールテントなどに比べて強度や安定感に優れているのも特徴。

3.テント内の空間が広い

組み立てが簡単にもかかわらず、室内に余計なポールが立つことがないため、広い空間を存分に使うことができます。天井が高い製品も多く、圧迫感がなく快適に過ごせるところもうれしいポイント。

ドームテントの選び方6つのチェックポイント

ひとくちにドームテントと言ってもサイズや形状はさまざま。自分にあったテントを選ぶためにチェックしておきたい5つのポイントを紹介します。

サイズ:使用する人数+1人

使用するサイズは使う人数+1
販売されているテントには、一般的に「使用可能人数」が記載されています。テントを選ぶ際には、商品情報にある「00人用」という表記をまず確認。 たとえば「4人用」と記載されているものは「大人4人がちょうどぴったり横になれるサイズ」という意味合いが強かったりするため、実際に4人で使う場合には「荷物を置くスペースが全然ない」という問題が起きることも。ゆとりをもってテント内でのびのび過ごしたいなら、実際に使用するより1人分多いサイズを選ぶのがおすすめです。
【POINT】1人分の幅が70cmあるとゆったりできる」「荷物置き場として1人分の面積を確保する」と覚えておくとテントを選ぶ際の参考になります。

天井高:グループ=180cm、ソロ=110cmが目安

天井高は複数人利用なら180cm・ソロなら110cm前後を選ぶ
テントの中で窮屈さを感じないためには「天井の高さ」も大切なポイント。天井が高いほど圧迫感が少なく、快適に過ごせます。 高さが180cm程度のテントであれば、大人が立って着替えることもでき、グループでも息苦しさを感じにくくなります。 ソロキャンプで「テントでは寝るだけ」という場合は、110cm程度のテントがおすすめ。これぐらいなら収納時の大きさ・重さともにそこまで気にならないので荷物の軽量化がはかれるうえ、座れば十分着替えができるので窮屈さも感じにくいはずです。
【POINT】 ファミリーテントの定番、コールマン「タフワイドドームⅣ/300」の高さは185cm、ソロテントの定番、コールマン「ツーリングドームST」は高さ100cmで軽量・コンパクトさを優先した仕様になっています。

前室の広さ:キャノピー(ひさし)をタープ代わりにできるかどうか

タープを持っていないなら広い前室・キャノピー(ひさし)付きがおすすめ
「前室」とはインナーテントとフライシートの間の靴やちょっとした荷物を置くスペースのこと。前室が広いと靴の脱ぎ履きがしやすく、日中出していたチェアを就寝時にテント内に収納できるため便利です。 「キャノピー」テント出入り口のひさし部分の名称。ポールで立ち上げることで調理スペースやリビングスペースとして活用が可能です。 日差し・雨除けとしてタープの役割を果たすことができるため、前室部分が広いテントがあれば、タープを別で購入しなくても十分キャンプが楽しめます。

耐水圧:1,500mm以上が安心

耐水圧1,500mm以上を選ぶ
「耐水圧」とは、生地に水が染み込むのを抑える力を数値化したもの。つまり耐水圧が高いテントほど、強い雨にも耐えられるということです。耐水圧の目安は一般的に以下のとおり。
500mm:小雨程度なら耐えられる 1,000〜1,200mm:通常の雨に対応 1,500mm以上:大雨に対応
アウトドアでは突然の大雨にさらされることもしばしば。キャンプで一晩過ごすには1,500mm以上あると安心です。 直接雨が当たるフライシートと、地面に染みた水に触れるフロアシートの耐水圧を両方確認しておくといいでしょう。耐水圧については下の記事で詳しく紹介しているので、こちらもチェック!

通気・防風性:夏は換気ができるか、冬は冷気が侵入してこないか

【夏:ベンチレーター・メッシュパネルで換気】
夏はベンチレーター・メッシュ付きで換気しやすい
「ベンチレーター」は、テントに付いている換気口のことで、ほとんどのドームテントに装備されています。テント内部の空気が常に循環するので、就寝時に入り口を閉め切っているうちに熱がこもってしまったり、外気との温度差で結露ができてしまったりするのを軽減できます。テント内を快適な状態に保つことができます。 また、インナーテントやフライシートが一部メッシュになっているテントもあり、通気性を重視する場合はチェックしておきましょう。
【冬:スカートで冷気の侵入を防ぐ】
冬はスカートで冷気の侵入を防げる
「スカート」はテントの裾に付いた、まさに洋服のスカートのような部分のこと。フライシートの隙間から冷気がテント内に侵入するのを防ぎ、保温性を高めてくれます。 スカートの他にもテントの屋根に「煙突穴」が付いればテント内で薪ストーブを使うことができます。冬キャンプにも行きたい人にはあると快適な装備です。

積載のしやすさ:車に問題なく積めるか

キャンプ場までの交通手段を考慮して、積載のしやすさもチェックしておきましょう。具体的には
  • 収納サイズ
  • 重さ
  • 形状
など。「車でキャンプに行くからどんなサイズでも大丈夫!と思ったら、幅が合わなくて積み込めなかった」「電車でキャンプに行くつもりが、荷物が重すぎて途方に暮れた…。」など、積載の時点で困ることがないように、運搬可能かどうかよく考えて選ぶのが大切です。

【5〜6人】おすすめドームテント6選

ここからは、使用人数別におすすめドームテントを紹介します。まずはファミリーやグループでのキャンプにおすすめな5〜6人サイズから。前室やキャノピーも広めの空間を確保してゆったり過ごせるモデルが多数。 荷物が多く動きたい盛りのお子さんがいても窮屈に感じにくいので、設営の人数さえ確保できれば子連れキャンプにもおすすめの大型モデルです。

【3〜4人】おすすめドームテント10選

扱いやすく、一人でも設営しやすい汎用性のあるサイズ。各ブランドから多くのテントが展開されています。 キャンプスタイルがまだ定まらないときや、初めてのテントでどのサイズを購入しようか迷った場合は、この3〜4人サイズから選びはじめるのもおすすめ。自分にとって必要なポイント・余分なポイントが見つかりやすく、ニーズに合うテントが探しやすくなりますよ。

【2〜3人】おすすめドームテント8選

3〜4人用に比べてぐっと軽量化されたモデルが多いのがこの2〜3人用テント。収納サイズも非常にコンパクトなものが多く、電車など公共交通機関を利用してのキャンプにおすすめです。 デュオで広めに使うのにちょうどいいのもこのサイズ。

【ソロ】おすすめドームテント8選

1キロ台の超軽量テントもラインナップ。とにかく軽くて収納サイズもコンパクトなソロ用のドームテントです。基本的には寝転ぶだけの天井高しかありませんが、前室などを上手に使えば思った以上に快適。 小さい中にも機能や形状などアイテムごとの個性を楽しむことができ、自分専用だからこそこだわって選びたいアイテムです。

ワークマン BASICドームテント 1人用

軽量で組立も簡単。コスパ最強ドームテントです。インナーの入り口と背面上部がメッシュで、ベンチレーション付き。110cmのキャノピー用ポールも2本付属して5,000円を切る価格には驚きです。
【基本情報】
  • メーカー推奨人数:1人
  • 使用サイズ(約):幅215×奥行き104×高さ98cm
  • 収納サイズ(約):直径13×幅55cm
  • 重さ(約):2.6kg
  • 耐水圧:フライ=2,000mm/フロア=3,000mm

グランピング風!おしゃれなドームテント7選

おしゃれなビジュアルが魅力的なドームテントを紹介。まるでグランピングのテントのようで、人と違う個性的なドームテントはキャンプ場で注目の的になるかも? そして見た目だけでなくこだわりの機能にも注目。煙突穴やメッシュ窓など、さまざまなシーズンを快適に過ごせる装備も充実していますよ。

ドームテントで快適なキャンプを

キャンパーにとって設営や撤収が簡単にできることはテント選びの重要なポイント。その点ドームテントは設営しやすく使い勝手もいいので、幅広い層のキャンパーにおすすめです。 自分のスタイルにぴったりなドームテントを見つけて、キャンプに出かけましょう!

今回紹介したアイテム

商品画像コールマン タフワイドドームIV 300コールマン ツーリングドーム/STコールマン タフワイドドームIV 300ロゴス グランベーシック スペースベース・デカゴン-BJスノーピーク ドックドーム Pro.6フィールドア フィールドキャンプドーム300ムラコ グスタフ 6PMSR ハビチュード6コールマン BCクロスドーム/270コールマン タフドーム/3025スノーピーク アメニティドームLホールアースアースドーム 240SCクイックキャンプ ダブルウォール キャビンテントogawa ピスタ5 DOD ザ・テント Lロゴス シビックドーム チャレンジセットムラコ グスタフ 4Pミニマルワークス シェルターGコールマン ツーリングドーム LXスノーピーク アメニティドームSogawa ステイシー ST-IIジャックウルフスキン エクリプス IIニーモ オーロラストーム 3Pニーモ チョゴリ3Pムラコ NORM 3PDOD ザ・ワンタッチテント Mコールマン ツーリングドーム/STテンマクデザイン テンゲルコンパクトオガワ ホズSTニーモ アトム 2PMSR ハバハバシールド 2バンドック ソロドーム1コールマン インスタントアップドーム/Sウィーオ ヤクドーム550ベンネヴィス オブザーバーシェルターノルテント ギャム8 アークテックフェールラーベン アビスコ ドーム 3ヘルスポート バランゲル ドーム 4-6グラファイトブルー サーモシェルターザ・ノース・フェイス ジオドーム4
商品名コールマン タフワイドドームIV 300コールマン ツーリングドーム/STコールマン タフワイドドームIV 300ロゴス グランベーシック スペースベース・デカゴン-BJスノーピーク ドックドーム Pro.6フィールドア フィールドキャンプドーム300ムラコ グスタフ 6PMSR ハビチュード6コールマン BCクロスドーム/270コールマン タフドーム/3025スノーピーク アメニティドームLホールアースアースドーム 240SCクイックキャンプ ダブルウォール キャビンテントogawa ピスタ5 DOD ザ・テント Lロゴス シビックドーム チャレンジセットムラコ グスタフ 4Pミニマルワークス シェルターGコールマン ツーリングドーム LXスノーピーク アメニティドームSogawa ステイシー ST-IIジャックウルフスキン エクリプス IIニーモ オーロラストーム 3Pニーモ チョゴリ3Pムラコ NORM 3PDOD ザ・ワンタッチテント Mコールマン ツーリングドーム/STテンマクデザイン テンゲルコンパクトオガワ ホズSTニーモ アトム 2PMSR ハバハバシールド 2バンドック ソロドーム1コールマン インスタントアップドーム/Sウィーオ ヤクドーム550ベンネヴィス オブザーバーシェルターノルテント ギャム8 アークテックフェールラーベン アビスコ ドーム 3ヘルスポート バランゲル ドーム 4-6グラファイトブルー サーモシェルターザ・ノース・フェイス ジオドーム4
商品リンク


あわせて読みたい記事