hinata

>

キャンプ場

>

グランピング

>

【関東】おすすめグランピングスポット29選!都心から約1時間のアクセス!

【関東】おすすめグランピングスポット29選!都心から約1時間のアクセス!

キャンプ場

BUB RESORT

アウトドアの解放感と高級ホテルのようなサービスを同時に味わえるグランピング。グランピングは、カップルから子供連れまで年代問わず楽しめます。今回は、電車でアクセス可能で日帰りでも宿泊でも楽しめる、関東近郊の人気おすすめグランピングスポット29施設を紹介します。

目 次

グランピングとは?

おしゃれなグランピングテント

出典:Ranch Seeker / flickr

グランピングとは、「グラマラス」と「キャンピング」を掛け合わせた造語です。グラマラスには「魅力的」という意味があるため、直訳すると「魅力的なキャンプ」。つまり、グランピングとは、出かける前の準備などの煩わしさや寝具、トイレなど設備の不便さを取り除き、自然に囲まれたロケーションと施設が提供する快適な設備の中で豪華なキャンプができる、というものなのです。
夜のGRAX るり渓のサイトの外観
グランピングは、ヨーロッパを中心に人気があるアクティビティでしたが、ここ数年日本でも広がってきました。自然の中で過ごしながら贅沢な雰囲気を味わえるので、キャンプは苦手という人たちの間でも人気が高まっています。しかも、ペットと一緒に宿泊できる施設もあり、ワンちゃんを連れてのキャンプも可能です。
近年、都心からでも行きやすいグランピングスポットが増え、それぞれに趣向をこらした宿泊施設やオリジナルの豪華なバーベキューを楽しめるようになっています。女子キャンプ、カップル、ファミリーとメンバーや目的にあったグランピングをぜひ体験してみてください!

東京都のグランピングスポットおすすめ7選

ここでは都内のグランピングスポット7選を紹介します。

CIRCUS OUTDOOR(奥多摩)

出典:Nature Tokyo Experience

こちらは、全国各地でグランピングイベントを開催してきた「CIRCUS OUTDOOR」初の常設グランピング施設!奥多摩の豊かな自然に囲まれながら、ぜいたくな時間が過ごせます。

出典:CIRCUS OUTDOOR TOKYO

客室となるテントは全部で5種類。それぞれ、「サーカス」をテーマにした個性的な設備になっています。hinata編集部のおすすめは、「Blueberry Unicorn」。サーカス上級クルーの控え室がテーマのテントで、グランピングらしい白を貴重としたアイテムがたくさん!

出典:CIRCUS OUTDOOR TOKYO

すべての宿泊プランに、ディナー・ブレックファースト付き。腕利きのシェフが、世界中から集めた食材で豪華なコース料理を提供します。貴重な食材を日々仕入れているため、具体的なメニューは当日まで非公開。食べるだけでなく、眺めても楽しい食事の数々は、大満足間違いなし!
国立自然公園の中にあるため、宿泊前や帰り道に奥多摩湖畔でのドライブも楽しめます。直近では中々予約が取れないほど、大人気の施設なので、早めのご予約をおすすめします!

【基本情報】

住所東京都 西多摩郡 奥多摩町川野290-1
マップコード348 675 740*33
電話なし(info@noxintervillage.com)
営業期間通年営業
公式サイトCIRCUS OUTDOOR TOKYO

ワイルドマジック(豊洲)

ヴィレッジエリアの様子

出典:ワイルドマジック

東京都江東区豊洲にあるアメリカンディティールにこだわった都市型アウトドアパーク・WILD MAGICにあるキャンプサイトTHE THIRD PARK TOYOSU。日帰りでも宿泊でも利用できる施設です。東京メトロ有楽町線豊洲駅から徒歩13分、ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線新豊洲駅から徒歩2分というアクセスの良さが魅力。食材がセットになったプランでは、アメリカンスタイルにこだわった本格的なバーベキューが味わえます。飲み放題プランやビールサーバもレンタル、売店もあるので電車で気軽に手ぶらで出かけられます。
広大な敷地の中にいくつものテントサイトがあり、デイキャンプでおすすめなのは、1日にランチとディナーそれぞれ3組限定のグランピングキャビン!オリジナルキャビンの中にはテーブルとソファがセットされており、個室のレストランのような居心地の良さです。キャビンを出れば、テント付きのウッドデッキがあり、広々とした空間の中でバーベキューが楽しめます。
宿泊でおすすめなのは、エクスキャンプサイト。テントの中とは思えないようなエレガントな空間に北欧ブランドの食器がセットされています。夜景を眺めながら、ナイフとフォークで食べるバーベキュー。アウトドアとは思えない優雅なディナータイムを楽しめます。ラグジュアリーなキャンプを満喫したい女子やカップルにもぴったりです。但し、季節によっては宿泊施設が利用できない期間があるので、施設に問い合わせてください。

【基本情報】

住所東京都江東区豊洲6丁目1-23
マップコード530 542*12
電話03-6204-2167
営業期間3月初旬〜11月末まで営業
公式サイトワイルドマジック

KEIKOKU GLAMPING TENT(あきる野市)

「KEIKOKU GLAMPING TENT」はあきる野市の山々に囲まれており、普段味わえないゆったりとした時間を大自然の中で体験できます。テントのすぐ横に流れている川やテント周辺の森にいる鳥、虫の音を聞くのも醍醐味の一つ!静かな空間でキャンプやバーベキューをするには、最適なグランピング施設です。

プライベートガーデンには、BBQスペースやジャグジーなどが設置されており、設備もきれいで充実しています。また全2棟のグランピングテントは、完全に独立されたプライベート空間を意識して作られており、子ども連れの家族に人気です!

【基本情報】

住所​東京都あきる野市乙津789
マップコード23 486 411*18
電話042-550-0147
営業期間通年営業
公式サイトKEIKOKU GLAMPING TENT

ウッドランド ボシー(あきる野市)

ウッドランド ボシーの寝室全体

出典:ウッドランド ボシー

2017年にオープンしたあきる野市のグランピングスポット。眼前の大自然を見渡しながらテラス席で食事をしたり、テントの側面を大きく広げてベッドから大自然を堪能したりと、東京でありながら自然と生活との距離が近いことが魅力です。貸し切りパーティーも可能!周りの目を気にせず、大人数でワイワイとグランピングのぜいたくな時間を過ごせます

【基本情報】

住所東京都あきる野市養沢684
マップコード23 606 767*18
電話042-596-6645
営業期間通年営業
公式サイトウッドランド ボシー

ワイルドビーチ 新宿(新宿区)

ワイルドビーチ 新宿の外観

出典:ワイルドビーチ

都心でフォトジェニックな写真が撮れるとあって、大人気のワイルドビーチ新宿。2019年3月20日(水)にリニューアルオープンしました。ルーフトップでおしゃれなバーベキューを楽しめるのはもちろん、羽が描かれた壁など、インスタ映えしそうな仕掛けがたくさん!若い女性を中心に、絶大な人気を誇っています。

【基本情報】

住所東京都新宿区新宿3丁目38番1号 ルミネエスト
マップコード669 524*17
電話070-3884-7290
営業期間通年営業
公式サイトワイルドビーチ 新宿

シモキタテラス(下北沢)

京王・小田急線下北沢駅から歩いて3分のビルの屋上に、手ぶらでグランピングを楽しめるスポットが登場!貸し切りのバーベキュープランが用意されており、最大40名まで対応可能です。準備や片付けは一切不要なので、お仕事帰りにアウトドアを楽しみに来てはいかがですか?

【基本情報】

住所東京都世田谷区北沢2丁目34−3

クリスタルベスルビル
マップコード575 167*81
電話03-6427-5800
営業期間通年営業
公式サイトシモキタテラス

ふれあい広場

ふれあい広場の外観

出典:ふれあい広場

都会の喧騒を離れた西多摩に位置するふれあい広場には、1日1組限定の渓谷プライベートサイトや高級感あふれるジェットバスなど、おしゃれな空間が満載!大切な人と2人きりで特別な時間を過ごしに来てはいかがでしょうか?大人数向けのバーベキュープランもあるので、友人やご家族とでも楽しめます。

【基本情報】

住所東京都西多摩郡檜原村三都郷3186
マップコード23 541 660*52
電話042-598-0860
営業期間通年(定休日・年末年始休業あり)
公式サイトふれあい広場

千葉県のグランピングスポットおすすめ7選

ここでは千葉のおすすめグランピングスポットを紹介します。

BUB RESORT Chosei Village(旧BUB CAMP GROUND)(長生村)

BUB RESORT Chosei Villageは2019年7月1日にグランドオープンしたアクティビティ満載のグランピング施設です。小学校の跡地を活用した東京ドーム1個分の広大な敷地で、朝から夜まで子供から大人だけでなく、愛犬も楽しめます。
滞在中に体験できるすべてのアクティビティは、宿泊プランの中に含まれているため存分に楽しめます。通年で楽しめる定番メニューだけでなく、季節限定メニューも豊富のため子供も大人も満足すること間違いなし!ボルダリングや星空シアター、季節限定メニューは春のいちご狩りや夏の虫取りなどがあります。
BUB RESORT Chosei Villageが位置する長生村は冬の平均気温が10℃を切り、夜は氷点下以下になることも...。しかしそんな冬の寒さにも快適に過ごせるよう、すべてのテント内にエアコン、ストーブ、加湿器が完備されています。
さらに、電車でも東京駅から80分。最寄り駅から15分でアクセスも抜群!電車で気軽にグランピングが体験できるのもBUB RESORT Chosei Villageの魅力です!

【基本情報】

住所千葉県長生郡長生村金田2811
マップコード130 536 031*57
電話0475-36-3219
営業期間通年
公式サイトBUB RESORT Chosei Village

リワイルドリバーサイドグランピングヒル(大多喜町)

リワイルドリバーサイドグランピングヒルの看板と親子の様子

出典:リワイルドリバーサイドグランピングヒル

リワイルドリバーサイドグランピングヒルは、2019年4月28日にリニューアルオープンした、グランピング&キャンプ施設。コンセプトは「女性のためのアウトドア空間」ということで、女性にうれしいポイントがたくさん!キャンプで女性が気になるのがお風呂。お風呂のないキャンプ場は多く、そこでキャンプをためらってしまう人も多いでしょう。

ですが、リワイルドリバーサイドグランピングヒルは、敷地内に「ごりやくの湯」という温泉を完備しているため、心配は無用。自然の景色も楽しめる人気の温泉です。
リバーサイドグランピングヒルのグランピングテントの中の様子

出典:リワイルドリバーサイドグランピングヒル

また、リワイルドリバーサイドグランピングヒルでは、女性のアウトドア初心者でも安心して楽しめるプランが用意されています。アウトドア初心者だけの女性グループでは、キャンプというと少し不安があると思いますが、ここではそんな心配も不要!設営不要なグランピングテントでの宿泊ができ、また、わからないことがあれば都度スタッフが教えてくれるので安心です。
リバーサイドグランピングヒルの夜の様子

出典:リワイルドリバーサイドグランピングヒル

さらに、夜のライトアップも美しく、女性にうれしいフォトジェニックな空間。野外スクリーンでのナイトシアターや、みんなで楽しむキャンプファイヤーなどのアクティビティもあり、心ときめく時間を過ごせること間違いなしです!

【基本情報】

住所千葉県夷隅郡大多喜町粟又183-1
マップコード309 772 236*60
電話03-3668-9411
営業期間通年
公式サイトリワイルドリバーサイドグランピングヒル

ワイルドビーチ(木更津)

ワイルドビーチのキャンプサイト

出典:ワイルドビーチ

アウトレットでも有名な千葉県木更津のビーチ沿いに広がる広大なアウトドアパーク、WILD BEACH。日帰りバーベキューはもちろん、宿泊施設も充実しています。車なら東京からアクアライン経由で30分程度、アウトレットパーク行きのバスに乗れば、東京から45分、バス停から徒歩5分で行けるアクセスの良さ。「手軽に」「優雅に」「スタイリッシュに」がコンセプトのこの施設なら、心底リラックスしてキャンプが楽しめます。
ワイルドビーチのグランピングカバナ

出典:ワイルドビーチ

この施設の特徴は、宿泊できるグランピング施設のパターンが豊富なこと。中でもオリジナルの大型テントで宿泊する「グランピングカバナ」はアウトドアの醍醐味とホテルの快適さを存分に味わえます。宿泊するテント内にはホテル仕様のベッドやソファが設えられ、落ち着いた空間が広がります。また、ダイニングとなるテントでは、たくさんの電飾が飾られロマンティックな雰囲気の中で、バーベキューが楽しめます。食事付のプランなら本格的なアメリカンバーベキューが提供されるので、手ぶらでラグジェアリーなキャンプが満喫できます!
コテージタイプのグランピングホテルの内装

出典:ワイルドビーチ

もうひとつのおすすめは、コテージタイプのグランピングホテル。内装の違う3つのタイプがあり、それぞれが2階建て、ジェットバス付きのスイートルームになっています。特にサファリキャンプをテーマにしたサファリブラウンのコテージは、ウッディな内装、ふんだんな植栽が特徴で、アウトドア気分を盛り上げてくれます。このほかにも、エアコン搭載のトレーラーハウスや2段ベッドがある大人数用の大型エアテントなどもあるので、人数や目的でいろいろな楽しみ方ができます。

【基本情報】

住所千葉県木更津市金田東2-10-1
マップコード49 667 252*75
電話070-3669-8480
営業期間通年営業
公式サイトワイルドビーチ

プライベートガーデン(大多喜町)

プライベートガーデンの森のフリーサイト

出典:プライベートガーデン

都心から1時間程度で行ける好アクセスなプライベートガーデン。家具などが備え付けれたグランピングテントをはじめ、5つの宿泊プランがあります。1日5組限定で、一つ一つのスペースが広いため、プライベートな時間を過ごすのにぴったりなグランピングスポットです。
プライベートガーデンのプール

出典:プライベートガーデン

他のグランピングスポットにない新しい試みも。なんとプールの横にあるグランピングテントに宿泊するプランがあるのです。木々に囲まれた空間で入るプール、とっても素敵なのでぜひ堪能してみては。

【基本情報】

住所千葉県夷隅郡大多喜町新丁223-22
マップコード130 075 885*27
電話070-3192-2371
営業期間通年営業
公式サイトプライベートガーデン

ザ・ファーム(香取市)

ザファームキャンプのテントサイト

出典:THE FARM

東関東自動車道で都心から約1時間半、千葉県香取市に広がる広大な農場の中にあるThe Farm キャンプ。施設内には、温泉やカフェの他、ミニ牧場やアスレチック、ジップスライダーなどがあり1日中遊べます。こちらの宿泊施設は、大型テントにベッドなどの設備があるグランピングキャンプと森と畑に囲まれたおしゃれなコテージがあります。

コテージはペットと一緒に泊まれるタイプがあるほか、施設内にはドッグランも完備されているため、ワンちゃんと一緒のキャンプもOK。もちろん、日帰りバーベキューも楽しめます。
ザ・ファームのグランピング

出典:THE FARM

グランピングを楽しむなら、やっぱりテントに泊まるのが醍醐味。テントにはセミダブルベッドが2つにチェアやテーブルも完備されています。広々としたウッドデッキには、ハンモックもあるので、のんびりと読書やお昼寝などはいかがでしょうか?
ザファームキャンプのジップスライダー

出典:THE FARM

貸農園、カフェ、温泉など、グランピング以外の施設が充実しているのも魅力です。特に、大自然の中を滑空する「ジップスライダー」は大きな目玉!全長180mもあり、爽快感バツグンです。
バーベキューの食材

出典:THE FARM

宿泊プランは、バーベキューの夕食と朝食がセットになっています。地元産のお肉はもちろん楽しみですが、なんといってもここは農場。野菜の鮮度の高さが魅力です。バーベキュにつくたっぷりの焼き野菜、そして施設内にあるカフェのシェフがつくるジャーサラダは夕食にも朝食にも登場。「野菜っておいしい!」とひしひし感じるような、ぜいたくな食事が味わえるでしょう。
【詳細情報】

住所千葉県香取市西田部1309-29
マップコード92 422 690*76
電話0478-79-0666
営業期間通年営業
公式サイトTHE FARM

ドッグフリーサイトグランピング(東金市)

ドッグフリーサイトグランピングにいる犬たち

出典:ドッグフリーサイトグランピング

飼い犬と一緒に宿泊可能なのがドッグフリーサイトの一番の特徴!ほとんどのグランピング施設は、ペットの入場ができなかったり、宿泊するテント内に入ることができなかったりと制限が多いのに対して、ドッグフリーサイトグランピングは、ペット連れでグランピングを楽しみたい人にぴったりです。

【基本情報】

住所千葉県東金市大沼田206
マップコード271 303 518*86
電話090-5811-9872
営業期間通年営業
公式サイトドッグフリーサイトグランピング

キャメルホテルリゾート(御宿町)

キャメルホテルリゾートの景観

出典:キャメルホテルリゾート

こちらは、ゴルフ場でグランピングができるという新しい発想のグランピングスポット。グランピングといえば、なかなか1人では行きづらいものですが、ゴルフ場グランピングということで、1人でも気軽にグランピングに挑戦できます。

ゴルフ場だからといって侮ってはいけません。テントからは、整えられた広大な芝生を見渡せ、お風呂や持ち込みのバーベキューも可能。宿泊前後に、ゴルフをプレーすることができるので、ゴルフついでにぜひグランピングも体験してみてください。

【基本情報】

住所千葉県夷隅郡御宿町上布施3360
マップコード287 428 275*38
電話0470-68-6061
営業期間通年営業
公式サイトキャメルホテルリゾート

▼他にも、千葉のグランピングスポットについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!愛犬と一緒に泊まれるスポットや、安くてお手ごろなスポット等、シーン別に紹介しています。

神奈川県のグランピングスポットおすすめ3選

ここでは神奈川のグランピングスポットを紹介します。

スノーピーク観音崎(三浦半島)

スノーピーク観音崎の景観

出典:スノーピーク観音崎

アウトドアメーカー「スノーピーク」が提供するグランピングスポット「スノーピーク観音崎」。2017年6月にオープンした施設で、スノーピークが提案する新しい住まい「住箱 (じゅうばこ)」で豪華な一時を過ごせます。
スノーピーク観音崎のバーベキューの食材

出典:スノーピーク観音崎

三浦半島のシーサイドに位置しており、オーシャンビューを楽しむことも!また、海のそばということもあり、食材を活かしたバーベキューは絶品!東京からのアクセスも抜群にいいのも魅力的です。

【基本情報】

住所神奈川県横須賀市走水2
マップコード8 029 870*88
電話046-841-2200
営業期間通年営業

ロックヒルズガーデン(川崎市)

ビルの屋上でアーバンアウトドアを楽しむことができるのがロックヒルズガーデン!川崎駅から徒歩6分の好アクセスで、気軽におしゃれなバーベキューを楽しめます。屋上で都会の街並みを一望しながら、グランピングテントでまったりしたり、ジェットバスで足を休めたり。ぜいたくな一時を過ごせます。

【基本情報】

住所神奈川県川崎市幸区中幸町3-8-1
マップコード98 739*78
電話044-589-4333
営業期間通年営業
公式サイトロックヒルズガーデン

ザ・グランドオリエンタル(横浜市)

ザ・グランドオリエンタルの外観

出典:ザ・グランドオリエンタル

日中に優雅なグランピングが楽しめる「ザ・グランドオリエンタル」。ダイニングラウンジでは、優雅な家具や緑に囲まれながら、フォトジェニックなサンドイッチやデザートが楽しめます。

【基本情報】

住所神奈川県横浜市中区新港2-3-2
マップコード8 737 184*77
電話045-227-1225
営業期間通年営業
公式サイトザ・グランドオリエンタル

▼他にも、駅近で行ける神奈川のグランピングスポットについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!宿泊/日帰りに分けて紹介しています。

埼玉県のグランピングスポットおすすめ4選

ここでは埼玉のおすすめグランピングスポットを紹介します。

長瀞オートキャンプ場(長瀞)

長瀞オートキャンプ場のグランピング施設内

出典:長瀞オートキャンプ場

長瀞オートキャンプ場は、オーナーの優しい人柄があふれる素敵なキャンプ場!女子キャンプのイベントを行っており、女子の視点で快適なキャンプができるように工夫されたキャンプ場でもあります。そんな長瀞オートキャンプ場のグランピングの宿泊は、豪華なラグやクッションで装飾された室内にキャンドルやランタンが置かれ、雰囲気バツグンです。

【基本情報】

住所埼玉県秩父郡長瀞町大字井戸559-1
マップコード150 674 182*13
電話0494-66-0640
営業期間3月16日~12月中旬
公式サイト長瀞オートキャンプ場

アウトドアスポーツパーク(吉川市)

アウトドア・スポーツ・パークの外観

出典:アウトドア・スポーツ・パーク

首都高速三郷東出口、外環道三郷西出口からそれぞれ15分。JR武蔵野線吉川駅からはクラブバスが運行しているので電車でのキャンプもOKです。デイキャンプのみの施設ですが、ゴルフ場やランニングステーションが併設されているので、いろいろな楽しみ方ができるはず。手ぶらプランを利用すれば、食材も機材もすべて用意された本格的なバーベキューが楽しめます。ビールサーバのレンタルの他、缶ビール、ワイン、シャンパンとドリンクメニューも豊富です!
この施設のグランピングなら、ラグジュアリーテントがおすすめ。大きなテントの中に、個室のような空間があり、ソファ席が用意されているので、ウッドデッキでバーベキューを楽しみながら、ゆったりとくつろげます。食材、機材が用意されているジャングリラバーベキューコースは、サーロインステーキやスペアリブのほか、めずらしいビアカンチキンが味わえます。

ビアカンチキンとは、ビールが残った缶に丸取りをかぶせて蒸し焼きにする料理。外はパリパリ、中はとってもジューシー。家ではなかなか出来ないまさにアウトドアならではの豪華メニューです。

【基本情報】

住所埼玉県吉川市吉屋525
マップコード18 181 567*83
電話048-916-2133
営業期間通年営業
公式サイトアウトドアスポーツパーク

▼他にも、駅近で行ける埼玉のグランピングスポットについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!エリア別で紹介しています。

ビオリゾート ホテル&スパ オーパークおごせ(越生)

オーパークおごせ
一般的な「グランピング」のイメージのグランピングテントのみならず、こちらの施設では「グランピングキャビン」に宿泊できます!トレーラーハウスのような、無骨な外見からは想像できないおしゃれな内装と、居心地の良いサイズ感がたまりません。

さらに、キャビンについているウッドテラスではバーベキューを楽しめるので、友人やパートナー、家族水いらずの素敵な時間を過ごすのにピッタリな場所です。

グランピングテントに宿泊する場合も、豪華な食事がつきます。ディナーはコース形式で、最後にはデザートまで!朝食も、写真映えするおしゃれなメニューです。連泊する場合は、メニュー内容を変更してくれるという粋な計らいもあります!

住所埼玉県入間郡越生町上野3083-1
マップコード91 410 202*71
電話049-292-7889
営業期間通年営業
公式サイトビオリゾート ホテル&スパ オーパークおごせ

▼hinata spotではオーパークおごせの予約ができます!

ときたまひみつきち COMORIVER(比企)

ときたまひみつきち COMORIVER
バーベキューやグランピングなどが楽しめる、里山のグランピングリゾート。「コモリバ」という名前がよく似合うほどおこもりにぴったり!宿泊は、テントとキャビンの2種類から選べ、どちらも非日常感に溢れて魅力的です。

グランピングテントでは、広々としたベッドにくわえ、ゆったりできるように大きなサイズのマットも敷かれているので川の音を聴きながらゴロゴロできます。可愛らしいのはサーカステントの見た目だけでなく、内装も統一感のあるインテリアもおしゃれ。また、まるでホテルのようなラグジュアリーなキャビンもおすすめです。客室は、洗練されたモダンテイストながら木の温もりを感じられます。冷暖房も完備されて快適に過ごせます

住所埼玉県比企郡 ときがわ町大字本郷930番地1
マップコード91 617 409*10
電話0493-81-5477
営業期間通年営業
公式サイトときたまひみつきち COMORIVER

▼hinata spotではCOMORIVERの予約ができます!

群馬県のグランピングスポットおすすめ2選

群馬にも素敵なグランピングスポットはあります。ここでは群馬のおすすめグランピングを紹介します。

北軽井沢スウィートグラス(吾妻)

北軽井沢スウィートグラスのツリーハウス

出典:北軽井沢スウィートグラス

高規格なキャンプ場として有名なスウィートグラスは、設備の整ったコテージタイプのグランピングスポット!一面ガラス張りの窓からは、場内の木々が一望でき、リラックスムードで過ごせます。また、薪ストーブが備え付けられており、冬も快適。ストーブの中でメラメラ燃える炎を眺めているだけでもロマンティックな気分になれるはず。
北軽井沢スウィートグラスに設置してあるテント

出典:北軽井沢スウィートグラス

さらに、スタッフが丁寧に対応してくれるので、薪のくべ方から、料理の作り方などがよく分からない、なんて方も安心!気さくに話しかけてくれるのも初心者にとってはうれしいポイントです。
冬の夜の北軽井沢スウィートグラス

出典:北軽井沢スウィートグラス

【基本情報】

住所群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
マップコード737 129 736*02
電話0279-84-2512
営業期間通年営業
公式サイト北軽井沢スウィートグラス

雪が降り積もる冬には雪中キャンプも楽しめます!満天の星が楽しめる星見広々サイトがおすすめ。

おんせんキャンプShima Blue(中之条町)

Shima Blueのグランピングテント内

出典:シマブルー

国立公園内にある温泉地のグランピングスポット「シマブルー」。四万温泉を存分に楽しめるほか、ドームテントの天井に透明な窓が付いていて、寝転びながら星空観察が可能です。

【基本情報】

住所群馬県吾妻郡中之条町四万4355-9
マップコード554 063 638*51
電話0279-64-2155
営業期間通年営業
公式サイトおんせんキャンプShima Blue

栃木県のおすすめグランピングスポット3選

ここでは那須のおすすめグランピングについて紹介します。

ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ(茂木町)

ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ

出典:ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ

モータースポーツで有名なツインリンクもてぎの広大な森の中にあるキャンプサイト、森と星空のキャンプヴィレッジ。常磐自動車道水戸ICか北関東自動車道真岡ICなどからが便利で、東京からドライブするにはちょうど良い距離感です。ディユースも可能ですが、モータースポーツ観戦のついでに宿泊してキャンプを楽しむのも一興。森での遊びをテーマにしたアウトドアプログラムや遊園地など多彩なアクティビティがあるので、ファミリーでのお泊まりにもぴったりです。
ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ。テントの内装

出典:ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ

ソファやベッドが完備されたテントの中は、キュートな装飾が施されており、テンションが上がること間違いなし!敷地内にあるホテルには温泉もあり、プランによっては無料で利用できます。また、名前の通り夜は満天の星がのぞめるので、昼はアクティビティ、夕方は温泉につかって癒されて、夜は星空の下でバーベキュー…という贅沢な1日が過ごせます。
BBQの食材

出典:ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ

もちろん、バーベキューの機材と食材はセットにできます。内容もとっても豪華!らくらくコースもあり。季節によってメニューが異なってくるため、訪れるたびに違った楽しみ方ができるでしょう。準備も後片づけもすべてスタッフにおまかせなので、ゆっくりと食事が味わえるのも魅力です。

【基本情報】

住所栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
マップコード188 732 285*56
電話0285-64-0489
営業期間通年営業
公式サイト森と星空のキャンプヴィレッジ

キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原(那須)

那須ICより7分ほどで着き、北関東の那須高原を満喫する絶好のロケーションでキャンプやバーベキューができるグランピング施設!家族やペット連れ、キャンプ初心者に安心のコテージも数多く準備されています。2家族で利用する方は、広めのオートキャンプサイトがおすすめです。

プレミアムテントサイトは、区画内にトイレと温水シンクが設置され、初心者の方も安心の設備が魅力!

【基本情報】

住所栃木県那須郡那須町高久甲5861-2
マップコード203 064 208*37
電話0287-64-4677
営業期間通年営業(1月~3月)
公式サイトキャンプ・アンド・キャビンズ那須高原

那須高原TOWAピュアコテージ(那須)

那須ハイランドパーク専用入園ゲートから徒歩3分と着く宿泊施設である「那須高原TOWAピュアコテージ」!栃木県の那須高原にあり、暖炉付きのコテージや別荘、グランピングに泊まれます。遊園地や森の空中アスレチックなど那須高原の観光地も充実しているため、一日中満喫できます。

ペットと泊まれるコテージタイプの部屋も用意されており、ペット連れの家族に人気!

【基本情報】

住所栃木県那須郡那須町高久乙3375
マップコード548 536 432*23
電話0287-78-1164
営業期間通年営業
公式サイト那須高原TOWAピュアコテージ

▼他にも、栃木のグランピングスピットについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

茨城県のおすすめグランピングスポット3選

ここでは茨城のおすすめグランピングスポットを紹介します。

FINE GLAMPING 茨城ひたちなか(ひたちなか市)

オリジナル
都心から90分、国営ひたち海浜公園まで車で5分と好立地で、2021年4月にオープンしたグランピング施設です。東海岸をテーマにした高級感のある家事を使用し、非日常的な体験ができます。空調も完備されていますので、季節を問わず快適です。夕食は地元の食材をふんだんに使用しており、美味しい鉄板焼きがおすすめ!

【基本情報】

住所茨城県ひたちなか市 阿字ケ浦町 442
マップコード47 209 121*50
営業期間通年営業
公式サイトFINE GLAMPING 茨城ひたちなか

この記事からキャンプ場の予約ができます!

FINE GLAMPING 茨城ひたちなか

なめがたファーマーズヴィレッジ (行方(なめがた)市)

出典:なめがたファーマーズヴィレッジ

畑が目の前にあるグランピング施設です。こちらのグランピング施設では、新鮮な野菜を収穫でき、そのまますぐ食べられるというぜいたくなサービスがあります。宿泊施設はコンテナ型のコテージとテントの2種類あります。土と戯れ、生き物と触れ合い、四季を感じられる自然に満ちあふれた施設なので、どんな人にもおすすめのスポット!

【基本情報】

住所茨城県行方市宇崎1561
マップコード162 380 298*42
電話0299-87-1130
営業期間通年営業
公式サイトなめがたファーマーズヴィレッジ

▼「なめがたファーマーズヴィレッジ」についてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ(行方市)

らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジは、茨城県にある体験型の農業テーマパークです。都会の喧騒から離れて、土とふれあう農業を身近に体験できます。食材を通して、さまざまな食文化を学べるので幅広い層から人気です。

やきいもミュージアムやさつまいも工場、農業体験、手づくり体験教室、レストラン、カフェなど、施設も充実しているため、子ども連れの家族からも人気です!

【基本情報】

住所行方市宇崎1561
マップコード162 380 298*42
電話0299-87-1130
営業期間10:00〜18:00(最終受付15:30)
公式サイトらぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ

▼日本から海外まで、グランピング施設についてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

関東の人気グランピングに行ってみよう!

近場で、手ぶらで、しかも快適で豪華なキャンプができる——。そんなグランピングは今、注目のアウトドアスタイル。車がなくても、機材がなくても大丈夫なこともうれしいポイントです。キャンプを避けていた方も、いつものキャンプを楽しんでいる方も、ワンランク上のキャンプを体験してみませんか?

この記事で紹介したスポット

キャンプ場画像 WILDMAGIC リバーサイド長瀞オートキャンプ場 オーパークおごせ BIO-RESORT HOTEL & SPA OPark OGOSE ときたまひみつきち COMORIVER(コモリバ) 北軽井沢スウィートグラス
キャンプ場名 WILDMAGIC リバーサイド長瀞オートキャンプ場 オーパークおごせ BIO-RESORT HOTEL & SPA OPark OGOSE ときたまひみつきち COMORIVER(コモリバ) 北軽井沢スウィートグラス
リンク キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事



おすすめのキーワード