リバーサイドグランピングヒルを解説!場内に温泉あり!

キャンプ場

リバーサイドグランピングヒル

出典:リバーサイドグランピングヒル

千葉県の養老渓谷にあるグランピング・キャンプ施設「リバーサイドグランピングヒル」を解説します。施設内に温泉を完備。また、夜に場内がライトアップされたり、野外シネマが体験できたりと、魅力満載のスポットです。


 目次


リバーサイドグランピングヒルとは

リバーサイドグランピングヒル

出典:リバーサイドグランピングヒル

「リバーサイドグランピングヒル」は、千葉県の養老渓谷にあるグランピング&キャンプ施設です。最大の特徴は、男性のみのグループは利用不可であること(※男性は、女性同伴時のみ滞在可)。女性のためにデザインされた空間になっていて、女性だけのグループでも安心してアウトドアを楽しめるのがうれしいポイントです。

施設を囲うようにして養老川が流れ、周辺には美しい滝がいくつもあります。マイナスイオンあふれる滝を散策しつつ、川のせせらぎに耳を傾ければ自然パワーで癒やされること間違いなし。11月からは紅葉狩りも楽しめます。

【基本情報】
住所:千葉県夷隅郡大多喜町粟又183-1
電話:なし (問い合わせはメールから)
メール:rewild-river@shinko-jv.co.jp
営業期間:3月〜12月中旬
料金:45,000円~/泊
チェックイン / チェックアウト:14:30 / 10:30
予約はこちら:リバーサイドグランピングヒル

リバーサイドグランピングヒルの口コミ評判をチェック

千葉県安房郡にあるため、東京からアクセスが良いです。場所によっては1時間程度で到着する距離なので、午前中に予定があっても十分間に合います。帰りも時間をかけずに帰れるので、東京の人には有難いです。

関東在住キャンプブログ「週末はキャンプ・アウトドアに行こう!」
都心からのアクセスが良好。東京からなら1泊2日でも余裕を持って行き来できるため、短い期間で非日常を満喫できます。

リバーサイドグランピングヒルの魅力

「リバーサイドグランピングヒル」は、女性のためにデザインされているということで、女性にうれしいサービスや設備が満載。ここでは、そんな「リバーサイドグランピングヒル」の魅力的なポイントを紹介します。

魅力①敷居内に温泉がある

リバーサイドグランピングヒル

出典:リバーサイドグランピングヒル

キャンプのお風呂事情。特に女性は気になるポイントでしょう。お風呂のないグランピング施設もありますが、「リバーサイドグランピングヒル」では同じ敷地内に、「ごりやくの湯」という温泉を完備しています。「ごりやくの湯」は日帰り温泉で、多い日には1,000人が訪れるほど人気。1,050円/人で、滞在期間中は入浴し放題というのもうれしいポイントです。

魅力②フォトジェニックな空間

リバーサイドグランピングヒル

出典:リバーサイドグランピングヒル

「リバーサイドグランピングヒル」では、夜になると施設のさまざま場所に光が灯されます。大自然がライトで照らされて幻想的に輝く空間。インスタでも映える写真が撮れること間違いなしです。非日常的な夜を過ごせますよ。

魅力③ナイトシアター開催

リバーサイドグランピングヒル

出典:リバーサイドグランピングヒル

「リバーサイドグランピングヒル」では野外に設置された大型スクリーンで映画を楽しめます。星空の下、お酒を片手に自然の中で見る映画。まるで映画フェスに訪れているような気分を味わえます。毎日夜21:00頃から開催されているので、ぜひ参加してみてください。

リバーサイドグランピングヒルのグランピングサイト

リバーサイドグランピングヒル

出典:リバーサイドグランピングヒル

「リバーサイドグランピングヒル」には大きく分けて2種類のグランピングサイトがあります。

・OVER VIEW(2名〜8名宿泊可能・96,000円/泊)
・DECK SITE(2名〜4名宿泊可能・45,000円/泊)

「OVER VIEW」は、眺めの良い高台に位置し、「リバーサイドグランピングヒル」で最もロケーションのよいラグジュアリーなグランピングサイト。1組限定で利用できます。「DECK SITE」は、全部で3サイトあり、内装がそれぞれ異なるイメージに仕上げられています。

ベッドをはじめ、電源、LEDランタン、テーブル、チェア、ハンモック、BBQグリル、簡易調理器具(包丁・まな板・フライパン)などを完備。冬にはヒーター、夏にはサーキュレーターも利用でき、季節を問わず快適に過ごせます。
リバーサイドグランピングヒル

出典:リバーサイドグランピングヒル

「OVER VIEW」の外観

リバーサイドグランピングヒル

出典:リバーサイドグランピングヒル

「DECK SITE 1」の外観

リバーサイドグランピングヒルでの食事

リバーサイドグランピングヒル

出典:リバーサイドグランピングヒル

「リバーサイドグランピングヒル」のグランピングプランには、基本的に朝食・夕食ともに付いていません。食材を持ち込むか、オプションサービスを申し込むかを選択できます。自分たちで食材を調達してバーベキューを楽しむなら、施設を訪れる道すがら、スーパーで買い出しをしておきましょう。

「リバーサイドグランピングヒル」から車で10分ほどの場所に、「太田商店」というスーパーがあります。こちらはこぢんまりとした商店。ショッピングセンターのような施設であれば、車で30分ほどの場所に「オリブ」があります。
リバーサイドグランピングヒル

出典:リバーサイドグランピングヒル

ひのきコース/2人前

もしくは、オプションでバーベキュープランを追加するのもおすすめ。バーベキュープランは「もみじコース」と「ひのきコース」の2種類があります。リーズナブルに楽しみたい場合いは「もみじコース」、アワビ付きで豪華にいきたい場合には「ひのきコース」が良いでしょう。

もみじコース(3,900円):牛ハラミ、上カルビ、骨つきソーセージ、季節の野菜盛り合わせ、焼きおにぎり、鮎の塩焼き
ひのきコース(5,900円):[もみじコースの食材メニュー]+骨つきカルビ、アワビ(80g)、季節の味覚ホイル焼き
リバーサイドグランピングヒル

出典:リバーサイドグランピングヒル

天気のいい日には芝生の上でワイワイバーベキュー。雨天時には敷地内の「ごりやく亭」(先に紹介した温泉「ごりやくの湯」を内包する施設)でバーベキューを満喫できます。川を眺めながらの囲炉裏バーベキューも乙なものですよ。

リバーサイドグランピングヒルをチェック!

「リバーサイドグランピングヒル」を紹介しました。施設内に温泉があり、入り放題。また、夜に場内がライトアップされたり、野外シネマが体験できたりと、魅力満載のスポットです。グランピングを計画中のあなた。行き先の候補にぜひ「リバーサイドグランピングヒル」をくわえてみてください。

この記事で紹介したスポット

キャンプ場画像 REWILD RIVERSIDE GLAMPING HILL
キャンプ場名 REWILD RIVERSIDE GLAMPING HILL
リンク キャンプ場の情報を見る
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

グランピング キャンプ場

おすすめのキーワード

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪