初心者でも楽しいデイキャンプ!持ち物&おすすめキャンプ場まとめ

 ノウハウ

ファミリーキャンプ

出典:paylessimages / ゲッティイメージズ

デイキャンプは、日帰りで気軽に楽しめるキャンプです。デイキャンプならではの、バーベキューやアウトドアご飯の楽しみ方から、持ち物、おすすめキャンプ場まで、デイキャンプの魅力を紹介します。


 目次


デイキャンプとは?

デイキャンプとは「DAY=日中」と「キャンプ」を掛け合わせた言葉であり、日帰りで行うキャンプのことを指します。デイキャンプは、初心者が特に不安に感じるキャンプ場での宿泊がないので、気軽にできるという点が最大のメリット!

デイキャンプに行ったら何をする?楽しみ方を紹介

キャンプで鍋をするときに使用されるコンロ

出典:Toshimasa Ishibashi / flickr

キャンプ初心者は、キャンプ用品を揃えて、荷物運びに苦戦して、料理の下準備をして。「そんなのわからない!難しすぎる!」と、嘆いている方もいるのではないでしょうか。それでも大丈夫です。デイキャンプは、用意すべきキャンプ用品が少なく済むため、思う存分自然を楽しめるのが魅力。朝早くから日が暮れる前まで、BBQやアクティビティを満喫できます。

料理を楽しむ

キャンプでリンゴ飴

デイキャンプの一番の醍醐味は、自然の中でBBQをすることです。炭火用グリル、ガスコン、鉄板、網などを使って調理をしていきます。お肉や野菜を焼いたり、やきそばを作ったりと料理の幅はひとそれぞれ。シェラカップやスモーカーなどキャンプ用品ならではの調理器具を使うと楽しみの幅が広がるでしょう!普段おうちで食べている料理とは、また違った美味しさを楽しめます。

アクティビティを楽しむ

アスレチックで遊ぶ子ども

出典:PIXTA

キャンプ場では、川の近くで水遊びができたり、アスレチックがあったりと、アクティビティスポットがたくさんあります。思いっきり遊ぶためにも、動きやすい服装でいくことがおすすめです。もちろん、ラケットやボールを持参し、大きな広場でのびのびと遊ぶことだってできます。小さな子どもがいるファミリーも、安心して過ごせます!

本格的なキャンプはデイキャンプに慣れてから!

コールマンのウインズライトティピー/325とウインズライトヘキサタープ/M Ⅱ

BBQやピクニック→デイキャンプ→キャンプ(寝泊まり)が王道!キャンプをしたいけど、外で寝泊まりするのはいささか不安。どんな持ち物を揃えたらいいのか、わからない。そんな初心者キャンパーさんは、まずデイキャンプでテントの設営に挑戦してみてください。子どもは外で遊ぶ楽しさを覚えてくれます。また、数をこなせば、調理や道具の準備がスムーズになっていくはずです。テントの中で寝転ぶことで、大自然を感じながら、日頃疲れた身体を癒してくれます。

デイキャンプの持ち物は?おすすめのグッズも紹介

キャンピングカー

出典:Pixabay

子どもをだっこして、荷物を持って、となると負担が大きくなってしまいます。デイキャンプでは、シュラフ(寝袋)を持って行ったり、大型テントやタープを立てたりする必要はありません。車にたくさんの荷物を積む必要もなく、気軽に行けます。少量の持ち物で済むのが大きな魅力。その中で、特に持って行って欲しい道具を紹介します。

ソロキャンプにはコンパクトギアを持っていこう

一人でデイキャンプを楽しみたい!という方も多いはず。そんなあなたにはコンパクトで持ち運びに便利、かつソロキャンプに十分な機能性を持ったコンパクトギアがおすすめです!

▼ソロのデイキャンプにおすすめのキャンプグッズを知りたい方はこちらをチェック

デイキャンプにテントは必要なの?

デイキャンプにあるとうれしいテント

コールマンのブルーのテント

デイキャンプにテントは必要でしょうか?前に紹介したキャンプグッズと比べると、揃えるべきアイテムとしての優先順位は低く、必須のアイテムではないでしょう。しかし、後々キャンプをはじめるならテントを持っていく方がおすすめです。小さな子どもがお昼寝したり、疲れた時に少し休憩したりと、くつろげる場になります。突然雨が降ってきた時の避難場所にもなるので、テントがあると安心してデイキャンプを楽しめます。

DOD(ディーオーディー) ワンタッチテント 5人用

DOD(ディーオーディー) ワンタッチテント 5人用

出典:Amazon

時間の限られるデイキャンプにおいて、設営の時間はなるべく短縮したいです。デイキャンプにはワンタッチ式のテントなど、すぐに建てられるタイプのものがおすすめ。DODのテントは、簡単設営かつ、5人も入れるテントなので、グループでの利用に最適です。

【基本情報】
サイズ:W3065×D2380×H1760mm
重量:9.1kg

▼デイキャンプで揃えるべきアイテムをもっと知りたい!という方はこちらをチェック!持ち物リストも用意してます!

【関東圏】デイキャンプに手ぶらで行けるキャンプ場おすすめ5選

神之川キャンプ場【神奈川】

神之川キャンプ場の川

出典:神之川キャンプ場

神之川キャンプ場は、ニジマスやイワナ釣りができるとして有名なキャンプ場になっています。釣った魚を焼いて食べれます。一層BBQの料理を豪華にしてくれます。また、お風呂を完備しているので、汗でベタベタした身体を洗い流し、清々しい気分で宿泊できます。

【基本情報】
住所:神奈川県相模原市 緑区青根3685
電話:042-787-2116
公式はこちら:神之川キャンプ場

▼神之川キャンプ場を詳しく知りたい方はこちら

舎人公園【東京】

舎人公園の景観

出典:motoshi ohmori / flickr

舎人公園駅から徒歩1分。アクセス抜群なデイキャンプにぴったりのスポット、「舎人公園」。広大なバーベキュー場を完備しているので、大人数のバーベキューにもってこいです。車でのアクセスも問題なし。駐車場からバーベキュー場までの距離が近いので、荷物を運ぶのに苦労しません。女性だけのバーベキューも楽しめます。

【基本情報】
住所:東京都足立区舎人公園1丁目
電話:03-3857-2308
公式はこちら:舎人公園

▼舎人公園を詳しく知りたい方はこちら

昭和の森フォレストビレッジ【千葉】

昭和の森フォレストビレッジのフリーサイト

出典:昭和の森フォレストビレッジ

昭和の森フォレストビレッジは、屋外で自然を楽しみながらバーベキューできるスポットです。魅力は手ぶらでできるデイキャンプが可能なこと。バーベキューコンロのレンタル、食材の持ち込み不要はもちろん、タープのレンタルも可能です。コンロは電気のタイプから炭で火をおこすタイプまでさまざまな用意があるので、自分にあったバーベキュースタイルを選べます。本格的なバーベキューを楽しみたいなら炭で、簡単にバーベキューをしたい人は電気タイプのものを選びましょう!

【基本情報】
住所:千葉県富津市東田倉940-3
電話:043-294-1850
公式はこちら:昭和の森フォレストビレッジ

▼昭和の森フォレストビレッジを詳しく知りたい方はこちら

長瀞オートキャンプ場【埼玉】

長瀞オートキャンプ場

出典:長瀞オートキャンプ場

河原の近くでデイキャンプを楽しめるキャンプ場。川で遊ぶ子どもを見守りながら楽しくバーベキューできるので、子ども連れでも安心です。また河原の近くということもあって、自然との距離が近いのも見所。夏は涼しく、秋は紅葉を見ながらデイキャンプを楽しめます。

【基本情報】
住所:埼玉県秩父郡長瀞町大字井戸559-1
電話:0494-66-0640
公式はこちら:長瀞オートキャンプ場

▼長瀞オートキャンプ場を詳しく知りたい方はこちら

北軽井沢スウィートグラス【群馬】

北軽井沢スウィートグラスのテントサイト

出典:北軽井沢スウィートグラス

「北軽井沢スウィートグラス」は、初心者からベテランキャンパーまで人気のキャンプ場。浅間高原の自然の中で、アスレチックで体を動かしたり、川で水遊びをしたりと、遊びたがりの子どもがいる家族にはぴったりです。

【基本情報】
住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990−579
電話:0279-84-2512
公式はこちら:北軽井沢スウィートグラス

▼北軽井沢スウィートグラスを詳しく知りたい方はこちら

【関西圏】デイキャンプに手ぶらで行けるキャンプ場おすすめ3選

舞洲オーチャードグラス【大阪】

舞洲オーチャードグラス

出典:舞洲オーチャードグラス

バーベキュー初心者でも安心なバーベキューのプロが見守ってくれるバーベキュー場。困ったことがあってもプロに聞けばすぐ解決です。例えば、バーベキューでなかなか火がつかない、そんな時にはプロに相談できる!火起こしの仕方をレクチャーしてくれます。また、面倒なバーベキューの準備・片付けもプロが行ってくれるので、気軽にスムーズに楽しくバーベキューを体験できるキャンプ場です。

【基本情報】
住所:大阪市此花区北港緑地2-1-107
電話:06-6460-1646
公式はこちら:舞洲オーチャードグラス

▼舞洲オートキャンプ場を詳しく知りたい方はこちら

マイアミ浜オートキャンプ場【滋賀】

マイアミ浜オートキャンプ場の外観

出典:マイアミ浜オートキャンプ場

徒歩1分で琵琶湖に出られるオートキャンプ場。まるでマイアミのような風景を楽しめます。ペットたちと一緒にデイキャンプを楽しめるのも魅力の一つ。ペットを連れて行けば普段のバーベキューがもっと楽しくなります。

【基本情報】
住所:滋賀県野洲市吉川3326-1
電話:077-589-5725
公式はこちら:マイアミ浜オートキャンプ場

▼マイアミ浜オートキャンプ場を詳しく知りたい方はこちら

心と身体の癒しの森るり渓温泉【京都】

心と身体の癒しの森るり渓温泉でのバーベキューの様子

出典:京都るり渓流温泉

高原でバーベキューを楽しめるスポット。無料のシャトルバスが駅から出ているので、荷物の持ち運びも楽です。バーベキューを楽しんだ後に隣接している温泉に入れば、至福のひとときをすごせます。

【基本情報】
住所:京都府南丹市園部町大河内広谷1−14
電話:0771-65-5001
公式はこちら:心と身体の癒しの森るり渓温泉

その他の地域でデイキャンプにおすすめのキャンプ場3選

海の中道海浜公園【福岡】

海の中道海浜公園の夕方の海

出典:海の中道海浜公園

国営の海の中道海浜公園にはデイキャンプ専用のキャンプサイトがあり、博多湾の景色を一望できます。バーベキュー機材のレンタルや、食材のコースの用意もあり、手ぶらバーベキューを楽しめるスポットとしても人気です。

【基本情報】
住所:福岡県福岡市東区西戸崎18₋25
電話:092-603-1111
公式はこちら:海の中道海浜公園

天白公園デイキャンプ場【名古屋】

天白公園の案内図

出典:名古屋市

名古屋市天白区のほぼ中央に位置する天白公園デイキャンプ場は、市街地にいながらも豊かな自然の中でアウトドアを楽しめ、公園内には遊具もあるので、家族連れにおすすめです。デイキャンプ場内には屋外炉と、備え付けのテーブル、イスが用意されているため、焼き網や食材を持参すれば、大人数でバーベキューも楽しめます。

【基本情報】
住所:愛知県名古屋市天白区天白町大字島田字黒石
電話: 052-803-6644
公式はこちら:天白公園デイキャンプ場

オートリゾート滝野【札幌】

オートリゾート滝野

出典:オートリゾート滝野 / Facebook

3タイプのキャビンとキャンピングカーサイト、フリーテントサイトと用途に合わせたキャンプサイトを利用できます。テントやタープをはじめとするキャンプギアからバーベキューセットまでレンタル品が充実しており、キャンプギアを持っていない初心者の方でも手ぶらでデイキャンプやバーベキューを楽しめます。

【基本情報】
住所:北海道札幌市南区滝野247
電話:011-594-2121
公式はこちら:オートリゾート滝野

▼オートリゾート滝野を詳しく知りたい方はこちら

初心者がデイキャンプをもっと楽しむには?ブログでチェックしよう!

デイキャンプに必要なアイテムやおすすめのキャンプ場を紹介してきました。とはいえ、初心者キャンパーさんが気になるのは、デイキャンプにおける実際の魅力が何なのか?という点なのでは。そこで、先輩キャンパーさんの様子をブログでチェックして、デイキャンプをもっと楽しむためのコツを学びましょう!

「デイキャンの良さ」を皆さんにも御紹介したいと思います。例えば・・・・①「荷物が少なくて済む。」テントとかシュラフ、夕食の準備、ランタンなんかも持っていかなくて済みますから準備、後片付けが楽です。

ゆう・ひろパパのキャンプ日記

キャンプ用品をたくさん車に積むとそれだけで大仕事ですし、キャンプ場で設置するのも片付けるのも大変です。デイキャンプなら持っていく荷物も制限でき、キャンプデビューする方も挑戦しやすいです!

ほぼ毎週キャンプに行っている我が家ですが、たまに週末用事が入ります。そんな時は、デイキャンプに行くんですね。

Kutikomi

毎週キャンプに行きたいほどアウトドア好きだけど、土日をまるまる趣味だけの時間に割くことは難しいところ。デイキャンプなら、朝から出発して10時にキャンプ場に着き、夕暮れの17時~18時ほどまで居れば7、8時間は滞在できます。他に用事が入っていても、デイキャンプなら時間の調整がしやすいです。

まとめ

デイキャンプには、大自然で楽しむキャンプの魅力がぎっしり詰まっています。慣れていきながら、本格的なキャンプにも挑戦していきましょう!キャンプ場には、ベテランキャンパーさんもたくさんいるので、アイデアや技を真似してみてもいいかもしれません。

▼こちらの記事も読まれています。

お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

キャンプ初心者

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪