hinata

>

キャンプ

>

キャンプ初心者

>

デイキャンプとは?!初めてのキャンプは気軽なデイキャンプから!

デイキャンプとは?!初めてのキャンプは気軽なデイキャンプから!

 キャンプ

テントの前で楽器を叩いて歌を歌う子供

出典:LuckyBusiness/ゲッティイメージズ

キャンプをしてみたいけど、何から始めていいかかわからない。そんなあなたにぴったりなのがデイキャンプ!日帰りキャンプは、普段のキャンプと違い寝泊まりすることはありません。自然の中で遊んで、食べて、寝転んで。キャンプの醍醐味を感じつつ、本格的なキャンプを始める前の第一歩を踏み出せます!


 目次


そもそもデイキャンプとは?

デイキャンプ=日帰りキャンプ

   

Instagram (@k.c.n_0511)

デイキャンプとは、「DAY=日帰り」と「キャンプ=自然の中で一時的に生活をする」を掛け合わせた意味であり、宿泊せずに、日帰りで行うキャンプです。宿泊をしないので、テントは必須ではないという気軽さがあります。また、初心者が特に不安に感じるキャンプ場での睡眠もないので、気軽に行えるというのが最大のメリット!

必須のアイテムはタープとBBQグッズだけ!

宿泊せずに帰るというだけで、必要なキャンプグッズは劇的に少なくなります。宿泊に必要なテント、寝袋、マット類、着替えが必要なくなります。荷物が減ることにともなって、テントの設営・撤収の時間がなくなり、より長い時間キャンプを楽しむことができること、積載量の少ない車や電車でも気軽に移動できること、などがメリットになります、

ただし、タープとBBQグッズは必須で持参、またはレンタルしましょう!BBQグッズさえあれば、十分にキャンプの雰囲気を感じることができます。また、日中ずっと屋外にいることを考えると、タープ(日差し)は必須で用意しましょう!

デイキャンプの魅力は?

キャンプで鍋をするときに使用されるコンロ    

出典:Toshimasa Ishibashi / flckr

キャンプ初心者のあなた!キャンプ用品を揃えて、荷物運びに苦戦して、料理の下準備をして…。「そんなのわからないよ!難しすぎる!」と、嘆いている方もいるのではないでしょうか。それでも大丈夫です。デイキャンプは、キャンプ用品が少なくて済み、思う存分自然を楽しめるのが魅力☆朝早くから日が暮れる前まで、BBQやアクティビティを満喫できます。

「食」をメインに!

キャンプでリンゴ飴    

デイキャンプの一番の醍醐味は、自然の中でBBQをすることです。炭火用グリル、ガスコン、鉄板、網などを使って調理をしていきます。お肉や野菜を焼いたり、やきそばを作ったりと料理の幅はひとそれぞれ。シャラカップやスモーカーなどキャンプ用品ならではの調理器具を使うのもいいかもしれませんね。普段おうちで食べている料理とは、また違った美味しさを楽しむことができます。

「動」きまくる!

キャンプ場では、川の近くで水遊びができたり、アスレッチクがあったりと、アクティビティスポットがたくさんあります。思いっきり遊ぶためにも、動きやすい服装でいくことがおすすめです。もちろん、ラケットやボールを持参し、大きな広場でのびのびと遊ぶことだってできます。小さなお子様がファミリーも、安心して過ごせますよ!

デイキャンプで「休」みながら、ベテランキャンパーに!

   

Instagram (@yonayona.ale)

BBQやピクニック→デイキャンプ→(寝泊まり)キャンプが王道!キャンプをしたいけど、外で寝泊まりするには不安。どんな持ち物を揃えたらいいかわからない。そんな初心者キャンパーさんは、まずデイキャンプに挑戦してみてください。お子様は外で遊ぶ楽しさを覚えてくれ、パパママも外での調理や道具の準備がスムーズになっていくはずです。テントの中で寝転ぶことで、大自然を感じながら、日頃疲れた身体を癒してくれます。

デイキャンプの持ち物

   

Instagram (@sotosukisentai2)

お子様をだっこして、荷物を持って、となるとパパママの負担が重くなってしまいますよね。デイキャンプでは、シュラフ(寝袋)を持って行ったり、大型テントやタープを立てたりする必要はありません。車にたくさんの荷物を積むことなく、電車やバスで気軽に行くことができます。少量の持ち物で済むのが大きな魅力。その中でも、最低限持って行って欲しい道具をご紹介します。

BBQセット

   

Instagram (@baronscapetown)

調理道具や食品、椅子やテーブルをもっていく必要があります。キャンプ場によっては、それらを用意してくれたり、購入できたりします。椅子や机が備え付けているところもあるので、キャンプ場に行く時は必ずHPやパンフレットでチェックしてください。もしかしたら手ぶらでデイキャンプができちゃうかもしれません♪

タープ

ロゴスのタープを使用したキャンプサイト    

出典:@chp37

タープとは、日除けとして使う幕のことです。デイキャンプは日中屋外にいるので、熱中症対策は必須!中でも、タープを一枚張って日陰スペースを作っておけば、十分厚さ対策はできます。

加えて、日陰スペースは作りつつも、テントとは違い、視界を遮ることもありません!暑いと自然を楽しむ余裕もなかなか作れませんが、涼しい日陰からなら、周りの自然を存分に楽しむことができるのでおすすめです!

テント

コールマンのブルーのテント    

デイキャンプでは、ワンタッチテント、スクリーンテントなど簡単に設営できるテントをおすすめしています。もちろん、タープやシェードもありますが、後々キャンプを始めるならテントを持っていくのがいいでしょう。小さなお子様がお昼寝したり、疲れた時に少し休憩したりと、くつろげる場になります。突然雨が降ってきた時の避難場所にもなるので、安心してデイキャンプを楽しめます。

おすすめのキャンプ場

キャンプ場にテントが並ぶ様子    

出典:photo-ac.com

今回紹介しているキャンプ場は、hinat trunk!と提携しているので、荷物が少し多くなっても安心。直接キャンプ場にキャンプ用品を運んでくれたり、手入れをしてくれたりするのでとても便利です。このデイキャンプを機に、hinat trunk!に入会しちゃいましょう!

北軽井沢スウィートグラス【群馬】

「北軽井沢スウィートグラス」は、初心者からベテランキャンパーまで人気のキャンプ場です。浅間高原の自然の中で、アスレチックで体を動かしたり、川で水遊びをしたりと、遊びたがりのお子様がいる家族にはぴったりです。

道志の森【山梨県】

「道志の森」は、川辺、平坦な池面、見晴らしのいい景色など過ごしやすいキャンプ場になっています。広々とした敷地で、ゆったりとした時間を過ごしていただけます。デイキャンプを対象としている場所なので、同じような初心者キャンパーさんが楽しんでいます。

神之川キャンプ場【神奈川県】

神之川キャンプ場は、ニジマスやイワナ釣りができるとして有名なキャンプ場になっています。釣った魚を焼いて食べることができるので、一層BBQの料理を豪華にしてくれます。また、お風呂を完備しているので、汗でベタベタした身体を洗い流し、清々しい気分で帰ることができます。

最後に

いかがでしたか?デイキャンプには、大自然で楽しむキャンプの魅力がぎっしり詰まっています。慣れていくことで、本格的なキャンプにも挑戦していきましょう!キャンプ場には、ベテランキャンパーさんもたくさんいるので、アイデアや技をまねしてもいいかもしれませんね。あなたも、ベテランキャンパーの仲間入りに!



あわせて読みたい記事



新着記事


  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪