京都のおすすめデイキャンプ場6選!”京”アウトドアで川遊びも!

キャンプ場

出典:京都府傘置町

「みかの原わきて流るる泉川 いつみきとてか恋しかるらむ」という古今和歌集の和歌で歌われているように、京都には歴史ある川がたくさんあります。京都でのデイキャンプは、そんな川で遊んだり、京野菜を食材を使った料理を食したり、京都の土地を一層楽しめますよ!


 目次


京都の風土と食を10倍楽しむ!デイキャンプの魅力

京都の街並み

出典:Sean Pavone / ゲッティイメージズ

京都府は日本列島のほぼ中央に位置し、南北に細長い地形で、北は日本海に面しています。京都の中でも地域で異なる自然と風土で、その土地ならではの特徴を活かした文化や産業が発展。デイキャンプで、そんな京都の自然や風土を楽しみましょう!
かぼちゃや唐辛子などの野菜

出典:photoAC

京都でのデイキャンプで是非とも取り入れて欲しいのが「京野菜」。バーベキューの野菜を京野菜に変えるだけで、デイキャンプが一気に京都な雰囲気になります!

また、京都といえばおばんざい!ということで、バーベキューだけでなく小鉢料理を作ってみるのもいいかも。「万願寺とうがらし」とじゃこを油と醤油で炒めた「甘辛炒め」や、「加茂茄子」を蒸し焼きにして、味噌と砂糖とみりんをかけた「味噌田楽」などなど!水菜や壬生菜(ミブナ)を野菜炒めに加えるだけでも、彩りが良くなります。ピザに乗せて、シャキシャキした食感を楽しむのもいいですね。

宇治茶の産地!京都南部エリアのデイキャンプスポット3選

茶畑

出典:photoAC

京都南部は、東は信楽山地、西は西山や京阪奈丘陵に挟まれ、宇治川・桂川・木津川の合流点を中心に山城盆地が広がっています。また、河川沿いの地域を中心に市街地が発達し、背後にある丘陵地や山地には、茶畑や竹林がたくさんあります。高級茶の代表である宇治茶の産地として有名なので、デイキャンプには、宇治抹茶や茶菓子を持っていくのも趣があります。

小川で遊ぶならここ!山城町森林公園

山城町森林公園

出典:山城町森林公園/Twitter

木津川の支流である鳴子川上流と三上山のふもとにある公園です。園内を流れる渓流で魚取りや水遊びができ、森林内ではかぶと虫などの虫取りもできるため、いつも子連れのファミリーで賑わっています。川の水深が浅いため、幼児でも安心して遊ばせることができます。河原では日帰りバーベキューも楽しめます!

ハイキングコースも整備されているので、三上山まで山歩きをしてみるのもおすすめ!和束町まで足を延ばすと、お茶摘み体験やお茶会を行っている農家もあるので、興味がある方は行ってみてはいかがでしょうか。

【基本情報】
住所:木津川市山城町神童子三上山1
電話:0774-86-4507
営業期間:通年
定休日:なし
料金:大人200円(中学生以上)、子供100円(小学生)、小学生未満は無料
駐車料金:500円(200台まで)
その他:予約不要
アクセス:京奈和自動車道木津ICから車で約40分、奈良線棚倉駅から車で約15分
公式はこちら:山城町森林公園

大きな河原で遊ぶならここ!笠置キャンプ場

笠置キャンプ場

出典:笠置町商工会

冒頭で紹介した、古今和歌集で詠まれた「みかの原」は、木津川周辺を指します。その木津川にかかる笠置大橋横の河川敷にあるのが笠置キャンプ場。京都と奈良との境にあり、京都市内からも大阪や奈良からもアクセスしやすいため、人気のキャンプ場の一つになっています。こちらでは、自分の好きな場所で自由にテントを張ることができます。炊事場やトイレなどの施設も整っているので、ビギナーの方も安心して利用できます。

花見の季節には、たくさんの家族連れや若者たちで大にぎわい!随所でバーベキューや川遊び、釣りなどを楽しんでいる様子が見られます。夏だけでなく楽しめるスポットです。

【基本情報】
住所:相楽郡笠置町木津川河川敷
電話:0743-95-2011(一般社団法人観光笠置)
営業期間:通年
定休日:なし
料金:大人500円、小学生300円
駐車料金:無料、サイト内へ乗り入れOK(最大300台)
その他:予約不要。簡易トイレ(和式)2か所、流し台1か所。直火OK
アクセス:京奈和自動道木津ICから車で約20分、笠置駅から徒歩で約5分
公式はこちら:一般社団法人観光笠置

手打ちうどんに水鉄砲づくり!アクトパル宇治

出典:アクトパル宇治 / Facebook

アクトパル宇治は、「自然とのふれあい、自然のなかでの交流」をテーマに、約9ヘクタールの広大な敷地に宿泊施設やキャンプ場、天体観測室、グラウンド・ゴルフ場などが揃っている施設。体験教室も充実していて、手打ちうどんが作れるふるさと体験や、水鉄砲などの工作、昔ながらの農業体験などがあります。

キャンプ場ではテントやキャンプ用品のレンタルも!調理器具などありますので、気軽にアウトドアが楽しめます。特に、子連れファミリーにおすすめなのが「川の広場」。そばを流れている笠取川で水遊びや魚取りができます。川の流れが緩やかなので、小さい子どもでも安心して遊ばせられます。山の斜面にあるアスレチック施設「冒険とりで」もあわせておすすめ。長いローラースライダーがあり、子どもが夢中になること間違いなしです!

京磁バイパスを車で20分ほど行けば、宇治のシンボル・宇治橋や平等院にもアクセスでき、観光も欲張りたい方にもおすすめのスポットです。

【基本情報】
住所:宇治市西笠取辻出川西1 宇治市総合野外活動センター
電話:075-575-3535
営業期間:通年
定休日:月曜日、年末年始休み
料金:日帰り使用料(天体観測、工作棟、野外炊事棟、フリーテントサイト)大人200円、高校生(180円)、小中学生(120円)、幼児60円 ※要予約
アクセス:京滋バイパス笠取ICから車で約3分
公式はこちら:アクトパル宇治

お寺巡り×川遊びも!京都市内のスポット3選

鞍馬山

出典: photoAC

京都市は東山・北山・西山などの山々に囲まれ、東に鴨川、西に桂川、南に宇治川や木津川が流れていて、緑あふれる自然を間近に感じることができます。四季折々の風情は、実に多くの人々やキャンパーを魅了してやみません!

北南西ぜんぶ川!宇津峡公園キャンプ場

ラフティング

出典: photoAC

宇津峡公園キャンプ場のデイキャンプ場は、川原近くのフリーサイトにあります。場内は上桂川に囲まれ、至る所で水遊びや魚つりができます。夏にはホタルが見られる清流ですが、流れが急な所もあるため、子どもにはライフジャケットを着用させた方が安心ですね。

下流では、その流れを利用したラフティング教室が行われていますので、気になる方は是非チャレンジしてみてください。オートキャンプやデイキャンプの利用者は、有料のコイン式シャワーが使えるので、川遊びをした後に使用できます。

川原では、バーベキューも!ただし、屋根はありませんので、テントやタープなどを持参するとより快適に楽しめそうです。予約をすれば、駐車場横にあるバーベキューハウスを有料で使えます!5人用と10人用がありますので、大人数で行く場合にも便利です。調理器具のレンタルもできるので、一緒に予約をしておくと手間いらず!

【基本情報】
住所:京都市右京区京北下宇津町向ヒ山1
電話:075-855-1950
営業期間:通年
定休日:水曜日
料金:中学生以上300円、小学生200円
駐車料金:小型車(乗用車)510円
その他:炭・薪の販売あり。トイレや水道水は完備。デイキャンプ場には、調理棟と調理設備はなし。直火禁止
アクセス:京都縦貫自動車道園部ICから車で約40分
公式はこちら:宇津峡公園キャンプ場

場内に川のせせらぎある「大森リゾートキャンプ場」

京都市内から1時間で行けるキャンプ場です。場内にある北山杉の木立や清滝川を眺めながらのんびり過ごすも良し、わいわいバーベキューするも良し!ちなみに、バーベキューメニューには焼肉やすき焼きや水炊きなどもあり、さらに冬にはぼたん鍋も食べられるなど、バラエティーに富んでいます。

こちらに来たらやってみたいのが、アドベンチャースクール。4名以上の申込みが必要になりますが、ソーセージ作りやそば打ち体験、沢登りなどができます。引き馬体験やマス釣りは、人数に関係なくできます!

【基本情報】
住所:京都市北区大森東町340-2
電話:075-406-2850
営業期間:通年
定休日:無休
チェックイン / アウト:9:00/ 18:00
場所代:大人(18歳以上)1,000円、子供(3歳~高校生)500円
駐車料金:600円(乗用車50台まで)
アクセス:名神高速自動車道京都南ICから車で約60分
公式はこちら:大森リゾートキャンプ場

無料で使える!静原キャンプ場

静原キャンプ場は、京都市北部の鞍馬と大原の間にあるキャンプ場で、アクセスルートには、鞍馬寺、三千院、寂光院などがあります。都会とは思えないほどの手つかずの自然があふれていて、野生の鹿の姿も頻繁に目撃されています!

こちらの施設は無料で利用できますが、事前にボーイスカウト京都連盟に許可申請が必要です。ご利用の際はお忘れなく!場内には、トイレや水道、炊事場、かまどが設置されていますが、レンタル品など便利なサービスはありません。また、周囲にはお店がありませんので、買い物などは事前にしっかり準備をしてから行きましょう!

【基本情報】
住所:京都市左京区静市静原町1172
電話:075-662-8801
営業期間:通年
定休日:なし
料金:無料
駐車料金:無料(台数若干)
チェックイン / アウト:フリー
その他:予約必要(利用申請書兼許可証を提出)。汲み取り式トイレ。直火禁止
アクセス:名神高速道路京都東ICから車で約55分
公式はこちら:京都ボーイスカウト連盟

まとめ

秋の京都

出典:photoAC

今回紹介した施設は、京都でも指折りの自然が豊かな場所にあります。そして、ほとんどの施設が500円以下で利用ができてリーズナブル!観光も楽しめて、自然もたっぷり、そんないいとこ取りな京都で、京都っぽいデイキャンプを楽しんでみてください。

この記事で紹介したスポット

キャンプ場画像 山城町森林公園 笠置キャンプ場 アクトパル宇治 宇津峡公園キャンプ場 大森リゾートキャンプ場 静原キャンプ場
キャンプ場名 山城町森林公園 笠置キャンプ場 アクトパル宇治 宇津峡公園キャンプ場 大森リゾートキャンプ場 静原キャンプ場
リンク キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪