hinata

>

キャンプ場

>

オートキャンプ

>

北海道のキャンプ場おすすめ18選! 大自然を満喫しよう!

北海道のキャンプ場おすすめ18選! 大自然を満喫しよう!

 キャンプ場

森の中で家族でキャンプをする様子

出典:pixabay

北海道には、準備を整えなくても気軽にキャンプを楽しむことができるキャンプ場がたくさんあります!コテージやバンガローに泊まれるキャンプ場や温泉が近くにあるキャンプ場、それぞれの魅力を知り、思い出に残るキャンプを楽しみましょう。


 目次


キャンプデビューにおすすめの高規格キャンプ場

1. オートリゾート滝野

国営滝野すずらん丘陵公園のキャンプサイト    

出典:国営滝野すずらん丘陵公園

キャンプ初心者には嬉しい、4人分のキャンプ道具が揃っている「レンタルセット付きお泊りプラン」があります!売店やコインランドリー、無料シャワーなどの設備も充実しているので、キャンプ初心者も安心して楽しむことができます。札幌市内から車で30分ほどの距離にあり、国営公園で初めてオートキャンプ場として開業したオートリゾート滝野。人気のため予約がとりにくい状況になっているので、週末に行く際には早めの予約がおすすめです。

【基本情報】
住所:北海道札幌市南区滝野247
電話:011-592-3333
料金
・テントサイト 1,550円〜 / 区画
・キャビン 8,250円〜 / 泊
チェックイン / チェックアウト:13:00 / 11:00
予約はこちら国営滝野すずらん丘陵公園

2. オートリゾート八雲

オートリゾート八雲のキャンプサイト    

出典:オートリゾート八雲

手ぶらキャンプのレンタルセットが用意されているオートリゾート八雲。広いキャンプ場内には、炊事棟や展望台、ロッジ、センターハウス、ウッドデッキ、五右衛門風呂などがあります。とんぼ池にはさまざまな動植物が生息していて自然の魅力がいっぱい詰まっているため、子どもから楽しむことができます。また、子どもが夢中になって遊べる室内遊び場もあるため、雨の日のアクティビティにもぴったりです。

【基本情報】
住所:北海道二海郡八雲町浜松368-1
電話:0120-415-992
料金
・フリーサイト 500円〜 / 区画
・ロッジ 10,300円 / 泊
チェックイン / チェックアウト:13:00 / 11:00
予約はこちらオートリゾート八雲

3. 水辺の里財田キャンプ場

洞爺水辺の里財田キャンプ場のキャンプサイト    

出典:洞爺湖観光

テントは100張り可能である広大なフリーサイトが大きな魅力です。また、シャワー室や朝食レストラン、コインランドリー、売店も充実しています。多目的スポーツ広場やスポーツ交流館、イベント広場もあるので、天気が悪いときでも十分楽しむことができ、長期滞在をするのもおすすめ。

【基本情報】
住所:北海道洞爺湖町財田6
電話:0142-82-5777
料金
・テントサイト 1,000円〜 / 区画
・コテージ 18,000円 / 泊
チェックイン / チェックアウト:13:00 / 11:00
予約はこちら洞爺湖観光

子どもも楽しめるおすすめキャンプ場

4. 道立オホーツク公園てんとらんどキャンプ場

道立オホーツク公園てんとらんどキャンプ場のキャンプサイト    

出典:TENT LAND

区画が決められていて、他のグループとの一定の距離も取れるプライベートサイトは、子連れキャンパーさんにおすすめ!さらにペットも一緒に利用することができるので、家族みんなと過ごすことができます。また、国内最大級の高さ15mの大型ネット遊具、長さ50mのローラースライダー(すべり台)などの遊具がてんこ盛りのぼうけんの森もあり、1日中楽しめますよ!

【基本情報】
住所:北海道網走市字八坂1
電話:0152-45-2277
料金
・テントサイト 1,800円〜 / 区画
・コテージ 8,600円〜 / 泊
チェックイン / チェックアウト:13:00 / 11:00
予約はこちらTENT LAND

5. カムイの杜公園キャンプ場

カムイの杜公園キャンプ場のキャンプサイト    

出典:旭川市公園緑地協会

芝生のフリーサイトを無料で利用できるうえに、炊事場やトイレまでしっかり完備。園内では、森のふしぎ館で自然について学べ、夏休みの自由研究や思い出として絵日記に残すことができるような貴重な体験ができます。また雨の日でも遊ぶことができる室内遊戯施設もあることから天気の心配要らずです♪

【基本情報】
住所:北海道旭川市神居町富沢
電話:0166-63-4045
料金:無料
利用受付時間:9:00〜17:00
チェックイン / チェックアウト:フリー
公式はこちら旭川市公園緑地協会
※予約不要

6. 北海道子どもの国キャンプ場

管理棟があり、そこではテントや毛布をレンタルすることができます。小さい子どもでも遊ぶことができるヤッホーの森やふわふわドーム、遊水路があり、施設内にはアスレチックや4階まである長い滑り台を楽しむことができます。公園で思いっきり遊んだあとはキャンプを楽しむ。子どもが思いっきり楽しむことができるキャンプ場です。

【基本情報】
住所:北海道砂川市北光401-1
電話:0125-53-3319
料金:テントサイト 1,000円 / 区画
チェックイン / チェックアウト:13:00 / 11:00
予約はこちら北海道こどもの国

コテージ・バンガローに泊まれるおすすめキャンプ場

7. 月形町皆楽公園キャンプ場

   

出典:月形町皆楽公園キャンプ場

日本海の絶景を見渡すことができる月形町皆楽公園キャンプ場。メインのキャンプ地には湖があり、貸しボートもありますよ。キノコ型のバンガローやログハウス型のバンガローもありますので、テントを張らずに利用することもできます。また、近くには海があり、夏は海水浴をしてからキャンプインすることもできます。

【基本情報】
住所:北海道樺戸郡月形町北農場1
電話:0126-53-2577
料金:バンガロー 4,000円 / 泊
チェックイン / チェックアウト:13:00 / 10:00
予約はこちら月形町皆楽公園キャンプ場
※フリーサイト利用は予約不要

8. 道民の森

道民の森キャンプ場のキャンプサイト    

出典:道民の森キャンプ場

大きな樹木に囲まれた、川のせせらぎが気持ちよく聞こえるキャンプ場、道民の森。昆虫採集や川遊びを楽しむことができます。また、空中回廊やモグラトンネルなどで遊ぶこともできますよ。キャンプ場の他に、コテージ・バンガローに宿泊することができますのでテントを持っていない人でも楽しめます。

【基本情報】
住所:北海道石狩郡当別町栄町192-7
電話:0133-22-3911
料金
・テントサイト 1,500円〜 / 区画
・バンガロー 5,000円 / 泊
チェックイン / チェックアウト:14:00 / 12:30
予約はこちら道民の森キャンプ場

9. 自転車の貸し出しが無料の「沙流川キャンプ場」

北海道日高町、日高山脈のふもとにある大きなキャンプ場です。春から秋まで利用可能で、夏は魚のつかみどり体験、秋には犬の運動会などのイベントもあります。アスレチックなどの遊具や自転車のレンタル、ピザ窯の利用などが無料でできます。出来立てピザを自然の中で食べられるなんて贅沢!

【基本情報】
住所:北海道沙流郡日高町字富岡
電話:01457-6-2922
料金
・テントサイト 1,100円〜 / 区画
・バンガロー 3,800円〜 / 泊
チェックイン / チェックアウト:13:00 / 11:00
予約はこちら日高沙流川オートキャンプ場

絶景を目に焼き付けたい!おすすめキャンプ場

10. 星に手のとどく丘キャンプ場

   

出典:星に手のとどく丘キャンプ場

日本で星が一番綺麗に見えるのが、富良野だそうです。山と丘に囲まれた場所にあるので、街の明かりも遮断されたキャンプ場は、まるでプラネタリウムのよう。キャンプ場の名前の通り、手が届きそうなほどに近い星空を観ることができますよ。星空観測目的に、ここを訪れるのもおすすめですよ。

【基本情報】
住所:北海道空知郡中富良野町字中富良野ベベルイ
電話:090-1302-1422
料金
・テントサイト 1,000円〜 / 区画
・バンガロー 5,000円〜 / 泊
チェックイン / チェックアウト:13:00 / 11:00
予約はこちら星に手のとどく丘キャンプ場

11. 支笏湖モラップキャンプ場

湖の前のキャンプサイト    

出典:休暇村支笏湖

北海道の支笏湖(しこつこ)にあるキャンプ場で、湖畔にテントが張れることから人気があります。常設テントもあり、食材もそろっていることから手ぶらでキャンプを楽しむことができます!このキャンプ場の見どころは、なんといっても、支笏湖の水面に映る夕日です。テントからのんびり眺める夕日に魅了されること間違いなし。また、カヌーに乗ることができるので、湖上からの景色を眺めるのもおすすめです。

【基本情報】
住所:北海道千歳市支笏湖温泉
電話:0123-25-2201
料金:常設テント 4,500円 / 区画
チェックイン / チェックアウト:13:00 / 11:00
予約はこちら休暇村支笏湖

温泉も楽しめるおすすめキャンプ場

12. ながぬまマオイオートランド

札幌市内より車で1時間の場所にある長沼町に位置している小規模なキャンプ場。利用者には、ながぬま温泉の入浴券付きであることも魅力です!炊事場ではお湯も使え、トイレはウォシュレット付き。センターハウスのシャワー室もきれいに整備されています。さらにオートキャンプ場内は、遊具や水遊び場も完備されているため子どもも楽しむことができます。

小規模なキャンプ場ですので、大きなキャンプ場で大人数で楽しむよりも、ゆっくりした雰囲気を味わいたい人向けです。早めの予約をおすすめします。

【基本情報】
住所:北海道夕張郡長沼町東7-4
電話:0123-88-0700
料金
・テントサイト 2,050円〜 / 区画
・コテージ 10,200円 / 泊
チェックイン / チェックアウト:13:00 / 11:00
予約はこちらながぬまマオイオートランド

13. 花火大会のある「グリーンステイ洞爺湖」

グリーンステイ洞爺湖のキャンプサイト    

出典:洞爺湖観光

洞爺湖町にあるグリーンステイ洞爺湖は広い敷地であるものの、人気が高く混雑しています。人気の理由は、ロングラン花火大会が開催されていること。4月から10月まで花火が毎日あがることから、キャンプのみならず、花火だけ見ていく観光客も多くいます。高規格キャンプ場で、飲料水や食品、キャンプグッズのショップ、コインランドリー、コインシャワーなどを備えています。キャンプをしながら、ゆったり花火を見られるなんて最高ですね。

【基本情報】
住所:北海道虻田郡洞爺湖町月浦56
電話:0142-75-3377
料金
・テントサイト 4,000円〜 / 区画
・バンガロー 8,000円 / 泊
チェックイン / チェックアウト:13:00 / 12:00
予約はこちらグリーンステイ洞爺湖

釣りもOK!海・川のそばにあるおすすめキャンプ場

14. 川エビ取りができる「支笏湖美笛キャンプ場」

支笏湖美笛キャンプ場のキャンプサイト    

出典:支笏湖美笛キャンプ場

札幌市内から約90分、千歳空港から約60分の位置にある美笛キャンプ場。北海道のキャンプ場は8月いっぱいで営業が終了することが多いのですが、10月までキャンプができるこのキャンプ場は貴重です。

支笏湖につながる川では川エビがとれますので、川エビ採りを楽しんだ後は焼いたり、素揚げなどで食べることができることも魅力です。時間によって変わる景色が美しく、売店やシャワー、コインランドリー、炊事場、トイレも充実していて、北海道では人気ナンバー1といわれています。

【基本情報】
住所:北海道千歳市東雲町2-34
電話:0123-24-0366
料金:テントサイト 1,000円 / 人
チェックイン / チェックアウト:7:00 / 11:00
予約はこちら支笏湖美笛キャンプ場

15. 大岸シーサイドキャンプ場

砂浜と岩場のどちらも楽しむことができるキャンプ場。目の前に広がる海は、眺めも良くとても気持ち良いですよ。炊事場やトイレ、駐車場も完備。夏ならではの海キャンプを楽しみましょう!アウトドア派の穴場としても好評なキャンプ場です。

【基本情報】
住所:虻田郡豊浦町字大岸
電話:0142-84-1981
料金:テントサイト 500円〜 / 区画
チェックイン / チェックアウト:フリー
公式はこちら大岸シーサイドキャンプ場
※予約不要

16. かなやま湖オートキャンプ場

   

出典:かなやま湖オートキャンプ場

金山湖の湖畔に広がる広大なキャンプ場です。野外ステージ、炊事場が完備されています。芝生の手入れなども行き届いているため、気持ちよく過ごすことができる自然豊かなスペースです。ドッグランもあるので愛犬家からも人気です。湖で水遊びしたり、釣り、カヌーができることから子どもからでも楽しむことができますよ。雄大な自然が広がり、湖や満点の星空の下でのキャンプは一生の思い出になります。

【基本情報】
住所:北海道空知郡南富良野町字幾寅
電話:0167-52-2002
料金:テントサイト 1,000円 / 人
チェックイン / チェックアウト:7:00 / 11:00
公式HPはこちらかなやま湖オートキャンプ場
※予約不要

無料なのに、このクオリティ?!おすすめキャンプ場

17. 旭川市21世紀の森

ふれあい広場内にあるテントサイトとドッグランは無料で利用できるという、お財布にとっても優しいキャンプ場です。その他にも、ファミリーゾーンやバンガローやタルハウスといった宿泊施設もあるので、行くメンバーに応じて選ぶのもいいかもしれません!

【基本情報】
住所:旭川市東旭川町瑞穂937
電話:0166-76-2454
料金:バンガロー 520円〜 / 泊
チェックイン / チェックアウト
バンガロー利用の場合 16:00 / 10:00
予約はこちら旭川市21世紀の森

18. 岩尾内湖白樺キャンプ場

   

出典:岩尾内湖白樺キャンプ場

芝生のサイトに自由に車を乗り入れ、白樺に囲まれた自然の中で湖を眺めながらゆったりとした時間の流れを楽しめます。湖にカヌーを浮かべたり、1日中釣りをしているのも良いかもしれません。湖の対岸の森からクマゲラが飛来したり、蛍が群舞していたり、野ウサギがひょっこり顔を出すこともありますよ。

【基本情報】
住所:北海道士別市朝日町岩尾内
電話:0165-28-2880
料金:無料
チェックイン / チェックアウト:フリー
公式はこちら岩尾内湖白樺キャンプ場
※予約不要

バイクの乗り入れOK!バイカーにおすすめキャンプ場

   

出典:ES3N / ゲッティイメージズ

実はバイクの乗り入れがOKであるキャンプ場が多いのも、北海道にあるキャンプ場の特徴のひとつです。ツーリングした後のキャンプは、普通のキャンプとはまた違う気持ちよさがありますよね。

乗り入れ可能なキャンプ場をまとめているので、ぜひチェックしてみてください!

楽しいキャンプ場をみつけよう

多くのキャンプ場で、川や水遊びなどアウトドアを体験することができる魅力のある場所ばかり。道具をレンタルできる場所も多くあるため、キャンプ初心者にもおすすめです。近くに日帰り温泉があるキャンプ場も多いため、日ごろの疲れを心からすっきり癒しながら、キャンプを楽しむこともできますね。沈む夕日や夜空に広がる満点の星を眺め、自然を思いっきり楽しみながら、思い出に残るキャンプにしましょう。



あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪