定山渓自然の村の魅力を解説!家族で、独りで、キャンプを楽しむ。

 キャンプ場

札幌市定山渓自然の村のテントサイト(特別)

出典:札幌市定山渓自然の村

北海道札幌市にある「定山渓自然の村」は、便利なコテージやユニークなテントハウスなど、宿泊施設の充実したキャンプ場。通年営業で冬場でもキャンプを楽しめ、季節ごとの自然を満喫できます。今回はそんな「定山渓自然の村」の魅力を解説していきます。


 目次


何度も訪れたくなるキャンプ場!定山渓自然の村

札幌市定山渓自然の村のテントサイト

出典:札幌市定山渓自然の村

札幌市中心部から車で約1時間の場所にある「定山渓自然の村」。格安のテントサイトと便利なコテージ、魅力的なテントハウスなど様々な宿泊施設を利用でき、ワイルドなキャンプから便利でスマートなキャンプまで好みのスタイルを楽しめます。野生動物も生息する豊かな自然が広がり、そんな自然をさらに楽しめる体験プログラムも多数。

レンタル品や販売品も充実しているのでテントやタープをレンタルするお気軽キャンプもOK。足りないものがあっても現地で慌てることはありません。屋根付きの炊事場や、冬場には更にうれしい温便座のトイレなど場内設備も充実。自然の素晴らしさを味わいながら利便性も優良な人気の高いキャンプ場です。

ブログで口コミをチェック!

もうね、当たり前ですが、山に囲まれた大自然の中、キャンプを満喫できるんですが、白老のキャンプ場のような、大自然の静けさとは異なり、定山渓自然の村は、大自然の中でありながら、子供も大人も楽しめるイベントがあったり施設がかなり充実していたりと、キャンプ初心者や子供連れでも楽しめる施設になっています!

CAMP KING

大自然を満喫できるキャンプ場は多数ありますが、女性や子どもでも楽しめるキャンプ場となると難易度が高いかもしれません。「定山渓自然の村」はその点強くおすすめできます。充実した設備と体験プログラムで気持ち良く楽しく過ごせます。

真ん中にテーブルがあり、左右が部屋になっています。今日は込み合っているらしく、向かいにも予約が入っているとのこと。真ん中のテーブルは仲良く使わなくてはいけません。定山渓自然の村は数少ない通年営業のキャンプ場で、コテージ内は暖房や冷蔵庫、トイレ、流し台もついています。(中略)売店やレンタル品も充実しており、初心者キャンパーでも安心だと思います。

キャンプ場主催の体験プログラムを開催しており、この日は森の動物たちのお話。主にクマの話でした。クマとの共生について注意点などを物語風に話してくれました。毛皮などにも触れることができました。

3人男児 パパブログ

コテージを利用したファミリーキャンパーのリポート。無料で参加できる体験プログラムも多数あり、このブロガーさんの家族はクマの毛皮に触れるなど、子どもにもうれしいイベントを楽しんだようです。リピートしたくなるのもうなづけます。

定山渓自然の村の施設と設備

ダイニングもリビングも自然!コテージ(野鳥の家サイト)

札幌市定山渓自然の村のコテージ(野鳥の家サイト)

出典:札幌市定山渓自然の村

真ん中の食事スペースは共同なので、お友達や親戚を誘って2棟借りると、楽しそうです 玄関から入ってすぐに流しとトイレ。中はログハウスでとってもいい雰囲気です 「ここが今日のおうち⁉」「ここで寝るの?」と、子供たちもテンション上がりまくり 夜のトイレが外だと子供達も大変なので、バンガロー内にあると助かりますよね。あとは2段ベッドにロフト!息子さんたち、上ったり下りたり、これだけでとても楽しそう。

明日はどこに行こうかな@北海道

10棟あるコテージは5名1室の部屋をデッキを挟んで屋根で連結した作りで、ウッドテーブルとイスを設置したデッキスペースは2室の共有スペースです。ブロガーさんもおっしゃっていますが、グループや仲の良い2家族で借りると楽しそう。トイレや暖房設備、シンクや冷蔵庫も完備で便利でスマートなキャンプを楽しめます。子どもが大好きなロフトも完備。そこここに木の温もりを感じる魅力的な宿泊施設です。

モンゴルのゲルのよう!テントハウス(星の家サイト)

札幌市定山渓自然の村のテントハウス(星の家サイト)

出典:札幌市定山渓自然の村

モンゴルのゲルをイメージした構造。厚めのテント生地で内部にはストーブが設置されています。結構広いですよ。定員は7名です。今回はこちらを利用しました。すごく温かい!4月下旬でしたが、快適に過ごすことができました。座布団や簡易マットがついていますし、受付で希望すれば毛布も無料で貸してくれます。

PaPaMode Camp

モンゴルのゲルをイメージした個性的なテントハウスが10棟あります。真ん中に煙突付きストーブが設置され、テントでありながらバンガローのような快適な寝泊まりを体感できます。テント生地が厚めなので北海道の4月でも快適だったそう。簡易マットや座布団も有難いですし、無料の毛布貸し出しも便利ですね。インスタ映えする室内と外観はシャッターを押す手が止まらなくなりそうです。

自然との一体感を愉しめる!テントサイト

札幌市定山渓自然の村のテントサイト

出典:札幌市定山渓自然の村

管理棟から荷物はソリで運搬します。大した距離ではなく、苦になりません。強者は、このソリを連結!?させるようです。
機会があれば、強者に連結状況のヒアリングをしたいと思います。(中略)結構いい感じに除雪されています。しかし、我がテンティピジルコン9CPには少し幅が狭いです。なお、普通テントサイトで除雪済みブースはここのみでした。つまりは、普通テントサイトの利用者は我々のみでした。冬期間除雪等の管理が大変なのでしょうが、1サイト500円。これは破格です。

【AT(^_^)/~】athokkaidoの北海道キャンプ

「定山渓自然の村」のテントサイトは1泊500円。日帰りなら170円という嬉しい価格設定です。ブロガーさんも書いている通り、冬にはスタッフが雪かきをしてくれ、通年でテントキャンプを楽しめます。雪深い中でワイルドなキャンプを楽しみたいというキャンパーにはまさにおすすめ。雪の無い時期は樹々に囲まれたゆったりとした自然を満喫できます。ゆとりのあるスペースでキャンプを楽しみたいキャンパーには1,000円のウッドデッキ付き連結サイトがおすすめです。

キャンプに集中できる!ログキャビン併設テントサイト

テントサイト(特別)

出典:札幌市定山渓自然の村

ログキャビンを使える特別なテントサイトが2棟あります。寝泊まりにキャビンを使用して広いスペースでバーベキューを楽しむのも良いですし、テントを設置して好きな方でゆったり休むのもいいですね。しっかりとした作りの屋根付き設備は突然の雨風にも慌てなくてすみます。収容人数は10名なので仲の良いグループで楽しいひと時を過ごすのに宿泊するのもおすすめです。

定山渓自然の村で楽しめる体験プログラム

森の工作会

森の工作会

出典:札幌市定山渓自然の村

場内施設「ふれあいハウス」内で実施される、1年中楽しめる体験プログラム。用意された自然の小枝や木の実を使って置物やアクセサリーを作れます。1作品500円で誰でも参加可能。柔軟な発想でオリジナルな一品を創作する楽しさ。親子や友達と素敵な思い出を作れます。

森の観察会

森の観察会

出典:札幌市定山渓自然の村

日曜日や夏休みには毎日開催されている体験プログラム。周辺の散策コースを巡り、野生動物や自然の植物などを観察します。1日定員10組程度で無料で誰でも参加可能。時間は9:00~10:00でチェックアウトにも余裕で間に合う時間帯です。清々しい空気の中でありのままに生活する動物や都会では見かけない植物をじっくりと観察してください。

銀河の会

銀河の会

出典:札幌市定山渓自然の村

宿泊者専用のプログラムで参加は無料。毎月いずれかの土曜日、天候状況に応じて設定され、専門のガイド付きで星の解説をしてもらえます。「定山渓自然の村」は山に囲まれているため街明かりも遠く、降るような星空を観察できます。19:00から1時間程度、天体望遠鏡や双眼鏡で星空を眺めながら星々にまつわる素敵なお話を聞きましょう。

石窯料理体験

石窯料理体験

出典:札幌市定山渓自然の村

場内施設「野外炊事場」にある石窯を使ってできる料理体験プログラム。作りたい料理の食材を持ち込み、石窯を使ったアウトドアクッキングを楽しめます。パエリアパンや皿、フライ返しなどの貸し出しもあり。石窯を使うには予約が必要で、利用料は扉付きの石窯で1,000円、扉無しの石窯で500円です。普段なかなか使わない石窯での料理体験をこの機会に味わってみましょう。

スノーシュー

スノーシュー

出典:札幌市定山渓自然の村

スノーシューという短いスキー板のようなものを履いて雪上を歩く体験プログラム。雪のある1月~4月、11月~12月(積雪状況によって変動あり)の間に毎日体験でき、9:00から日没までいつでも行えます。料金はスノーシューのレンタル代200円。雪の上を歩きながら冬ならではの自然を思う存分満喫してください。

遊歩道チャレンジクイズ

遊歩道チャレンジクイズ

出典:札幌市定山渓自然の村

雪の無い5月~10月に体験できる常設のプログラム。「定山渓自然の村」は駐車場に車を停め、そこから荷物をリヤカーに載せて宿泊場所まで運ぶのですが、道中管理センターまでの間の遊歩道の脇にクイズを掲げた看板が設置してあります。これから始まるキャンプ生活が楽しくなるような設問ばかり。退屈しがちな子どもも楽しみながら目的地に着けます。

料金や天気など、予約前のチェック項目!

レンタル品・販売品について

レンタル品

出典:札幌市定山渓自然の村

「定山渓自然の村」はレンタル品も販売品も充実しています。テントやテーブルやタープがセットになった、手ぶらキャンプにうってつけのセットアイテムも。さらに、食材さえ持ち込めばバーベキューが可能なバーベキューセットなど様々な状況に応じたレンタルセットが用意されています。もちろん個別なレンタル品も豊富。余裕があれば当日でも使えますが、確実に使いたい場合は予約がおすすめです。

販売品も充実。薪や炭、ホワイトガソリンなどの燃料品から、飯盒、調理道具のセットまでかゆい所に手が届く品揃えです。ゴミ袋や歯ブラシセット、ティッシュや乾電池などの日用品も取り揃えているので現地で慌てなくても大丈夫。足りないものがあっても即買い足せるのは安心ポイントです。

定山渓自然の村の予約状況

予約状況

出典:札幌市定山渓自然の村

「定山渓自然の村」の施設は利用したい同日の2ヶ月前から予約可能です。ネット予約はなく電話のみの対応で、受付時間は9:00~17:00。予約受付けは電話のみですが、予約状況はネットで確認できます。

公式はこちら:定山渓自然の村予約状況

キャンセルする場合、利用日の6日前の17:00を過ぎると利用料の全額のキャンセル料金が発生するのでご注意。逆に言えばそれまでに連絡を入れればキャンセル料は発生しません。やむを得ない理由でキャンセルする場合でもなるべく早く連絡を入れるのがマナーです。

定山渓自然の村周辺の天気や気温をチェック!

天気や気温

出典:札幌市定山渓自然の村

「定山渓自然の村」がある場所は、札幌市内より2度ほど気温が低いです。夏季以外は体温調整が可能な脱ぎ着のしやすい上着を用意する必要があります。更に通年営業なので冬場の雪の対策は必須。これらを基本に考えて、雨などの対策も万全にするためにも天気のチェックは怠らないようにしましょう。万全の事前準備は楽しいキャンプを約束してくれます。

詳しい天気はこちら:定山渓自然の村の天気

定山渓自然の村の基本情報

基本情報

出典:札幌市定山渓自然の村

住所:北海道札幌市南区定山渓
電話:011-598-3100
営業期間:通年
料金:
[テントサイト] 500円 / 泊
[テントサイト(特別)] 1,000円 / 泊
[コテージ] 4,700円 / 泊
[テントハウス] 3,900円 / 泊
チェックイン / チェックアウト: 13:00 / 12:00
公式はこちら:札幌市定山渓自然の村

定山渓自然の村で春夏秋冬の自然を満喫

自然を満喫

出典:札幌市定山渓自然の村

楽しくキャンプしながら自然の醍醐味を味わえる「定山渓自然の村」。北海道でキャンプをするならぜひとも訪れたいキャンプ場です。気の合う仲間や家族と一緒に「定山渓自然の村」で素敵な思い出を作ってください。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

コテージ キャンプ場 区画サイト

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪