支笏湖の2大キャンプ場のモラップキャンプ場と美笛キャンプ場をご紹介

 キャンプ場

出典:Hiroyuki Tkeda / flickr

透明度日本一の支笏湖。支笏湖には大きな森と支笏湖に囲まれた「美笛キャンプ場」、初心者でも気軽にキャンプが楽しめる「モラップキャンプ場」の2つがあり、どちらも釣りやキャンプに最適で魅力満載のキャンプ場です。あなたはどちらのキャンプ場を選びますか?


 目次


支笏湖でキャンプがしたい!

日本屈指の透明度!美しい支笏湖を堪能しよう

   

出典:ogal / ゲッティイメージズ

日本屈指の透明度を誇り、その美しさは折り紙つきの支笏湖。澄み切った湖面からは泳ぐ魚や湖底を見通すことができる程です。また、湖水は淡水でサラッとした肌触り。夏でもひんやりと冷たく、水遊びをするととても気持ちがいいですよ。(ちなみに、支笏湖は「遊泳禁止」となっていますのでご注意ください。)

視線を上げれば支笏湖を取り囲むように支笏洞爺国立公園の山々が連なり、日の出と夕暮れどきの眺めは言葉を忘れるほどの美しさ。早起きして日の出の景色を眺めるのもいいですね。

好みにあわせてキャンプ場を選ぼう

   

出典:休暇村支笏湖

支笏湖の周りには、湖を挟んで向かい合うようにして2つのキャンプ場があります。どちらも支笏湖を満喫できて、北海道のキャンプ場人気上位のキャンプ場です!

【モラップキャンプ場】
モラップキャンプ場は休暇村支笏湖が運営しており、車で10分の所には支笏湖温泉もあります。初心者でも気軽にキャンプを楽しめるキャンプ嬢です。

【美笛(びふえ)キャンプ場】
美笛キャンプ場は北海道屈指の人気のオートキャンプ場で、大自然を求めて多くのキャンパーが全国から訪れます。巨木の森に囲まれた自然豊かなキャンプ場です。

夏でも涼しい支笏湖!天気や気温はチェックしておこう

   

出典:美笛キャンプ場

支笏湖周辺は比較的涼しく、7~8月でも気温は25度前後の日が多くなります。涼しい日では20度前後になることも。東京では同時期の最高気温は約30度ほどもあるため、かなり涼しく過ごすことができますね。

朝晩は20度を下回る日が多いので必ず長袖の上着を持つようにしましょう。春秋シーズンは20度を超える日がほとんどなく、朝晩には寒さを感じることが多いので防寒対策が必要になります。

また、美笛キャンプ場、モラップキャンプ場ともに、湖そばにテントを設置する場合、風を遮るものがないので強風の日には注意が必要です。

『休暇村支笏湖モラップキャンプ場』はこんなキャンプ場

魅力①手ぶらでキャンプが楽しめる!

   

出典:休暇村支笏湖

モラップキャンプ場では、手ぶらでキャンプができるんです!プランは数種類あるので、予算や状況に合わせて選ぶことができます。「手ぶらでキャンプ・プレミアム」プランを利用すると、手ぶらでキャンプを楽しむことができます。キャンプ道具を持っていないキャンプ初心者や、小さなお子さんがいるファミリーには手軽で嬉しいですね。

5人用の常設テントを利用するので、場所取りや設置・撤収の手間がかかりません。ということは、その分思いっきり遊べますね♪調理器具や食材、毛布など一式レンタルなので自分たちの着替えさえ用意すればオッケーです!さらに、翌朝の朝食は「休暇村本館」ホテルで優雅にバイキングとなっています!

プラン詳細はこちら:「手ぶらでキャンプ・プレミアム」プラン

魅力②支笏湖の天然温泉付き

   

出典:支笏湖温泉休暇村

デイキャンプ帰りは温泉に寄るのが楽しみ!という人も多いのではないでしょうか?モラップキャンプ場から車で10分程の所に、支笏湖温泉があります♪「美肌の湯」と名高い支笏湖温泉は、とろみのあるお湯で、お風呂上りにはお肌がしっとり。キャンプの疲れを温泉で癒しましょう。

先にご紹介した「手ぶらでキャンプ・プレミアム」プランの場合は温泉入浴券がセットになっているので、とってもお得ですよ。

魅力③北海道の雄大な自然の景色を楽しめる

   

出典:休暇村支笏湖

湖畔にテントを設営すれば、目の前に広がる支笏湖と、対岸には名峰『恵庭岳』を眺めることができます。透明度の高い湖と、湖面に映る山、ゆったりとした時間の中でずっと眺めていたくなるような景色を堪能できること間違いなしです!

要チェック!事前に確認しておきたい注意ポイント

注意ポイント①車のテント横付けはできない

   

出典:休暇村支笏湖

モラップキャンプ場では、オートサイトがなく、フリーサイトへの車の乗り入れもできませんが、テント1サイトにつき1台分駐車場が無料で利用できます。駐車場とサイトはすぐそば!ただし、サイトの奥の方にテントを設置すると駐車場から少し距離ができてしまいます。そんな時は、荷物運搬用のリヤカーを貸りましょう!みんなで運ぶのもまたキャンプの醍醐味として思い出に残りますよ♪

注意ポイント②直火は禁止

   

出典: hoge asdf / flickr

モラップキャンプ場では、サイト内での直火が禁止となっています。焚き火をしたい人は、焚き火台を忘れずに持っていきましょう。直火禁止の恩恵なのか、モラップキャンプ場は燃えカスなどのゴミが少なく、とてもきれいに管理されています。

モラップキャンプ場の口コミと基本情報をチェック!

口コミはこちら!

施設も整っていて、売店もあって、とても環境が良かったです。

アメブロ こぶた親子の札幌お出かけ日記

キャンプ場で気になることの一つがトイレですよね。モラップキャンプ場は3ヶ所のトイレが水洗・洋式なので小さな子どもでも利用しやすくなっています。

カヌーしている人いっぱいいました!きっと透き通った支笏湖をより堪能出来るんでしょうね!楽しそう\(^o^)/

Have Fun

カヌーの聖地とも呼ばれる支笏湖でカヌー体験!ぜひ一度は体験してみたいですね。また、遊泳は禁止ですが、浅瀬では水遊びする楽しそうな子どもの姿も多く見られます。

休暇村支笏湖 モラップキャンプ場の基本情報

住所:北海道千歳市支笏湖温泉
電話:0123-25-2201
営業期間:4月末〜10月初旬
料金:1,000円 / 大人
チェックイン/チェックアウト:13:00/11:00
アクセス:道央自動車道 千歳ICから車で45分
駐車場:あり 150台無料
予約はこちら:キャンプ場 支笏湖休暇村

『支笏湖美笛キャンプ場』はこんなキャンプ場

魅力①手付かずの自然が残されている

   

出典:美笛キャンプ場

美笛キャンプ場最大の魅力は、手つかずの自然!透き通った支笏湖の神秘的な姿、天然林からは小鳥の賑やかなさえずり。クワガタなどの昆虫もいるので、子どもと一緒に大人も童心に返って自然を楽しむことができます。テントを設置する場所によって楽しみ方も変わるので、何度訪れても飽きずに楽しめるというリピーターが多くいるのも納得です。

魅力②湖でカヌーや釣りのアクティビティを楽しめる

   

出典:支笏湖温泉旅館組合

美笛キャンプ場ではカヌー持参のキャンパーが沢山います。透き通った水面から湖底まで見下ろせる支笏湖はカヌーの聖地と呼ばれることも。また、支笏湖へと流れ込む美笛川河口付近や支笏湖は人気の釣りスポットでもあります。水中を泳ぐ魚の姿が見えるので、普段は釣りに興味がない人でも挑戦してみたくなりますよ!

魅力③発電機など禁止のため静か

   

出典:美笛キャンプ場

美笛キャンプ場では発電機や打ち上げ花火が禁止されています。なので、夜はとても静かです。キャンプ場も「夜10時以降は静かに過ごしましょう」というスタンスで、あまりにもうるさい場合には強制退場させられる場合も…。意識の高いキャンパーやファミリー層が多いこともあって、夜9時を過ぎるととても静かな時間を過ごすことができます。

魅力④時間によって景色と雰囲気が変わる

   

出典:daita saru / flickr

美笛キャンプ場は森と支笏湖に囲まれたキャンプ場です。なので、時間と共に変化する雄大な景色はまさに絶景です。この絶景こそが美笛キャンプ場で一番の醍醐味と言っても過言ではありません。また、晴れた日の夜には満天の星空が広がります。あまりの星の多さに星座を探すのが難しいほどです。

そして、ぜひ早起きして朝日が昇るのも見てください!夕暮れとは違った素晴らしい風景が広がります。写真を撮ることさえ忘れてしまうので、シャッターチャンスを逃さないようにしましょう♪

要チェック!事前に確認しておきたい注意ポイント

注意ポイント①シーズン中は混雑し、入場制限がかかることも

   

出典:美笛キャンプ場

美笛キャンプ場は事前予約をすることができません。人気のあるキャンプ場のため、7~8月の夏休み期間や週末には大変混み合います。朝7:00の開門時には門の前に車の列が。支笏湖の波打ち際にテントを設置したい!という人は早朝に出発しましょう!

注意ポイント②入り口がわかりにくい

   

出典:美笛キャンプ場

美笛キャンプ場の入り口へと続く道道78号線への分岐点は分かりにくいので注意が必要です。国道276号線から道道78号線に入る分岐点には「美笛野営場入口」の小さな立て看板が右側にあり、その20m手前には青看板も出ていますので近くまできたら見落とさないように気をつけてくださいね。

美笛キャンプ場ホームページのアクセス欄には分岐点の写真が数枚載っているので、事前の確認をおすすめします。

支笏湖美笛キャンプ場の口コミと基本情報をチェック!

口コミはこちら!

今シーズン初の美笛キャンプ🏕
土曜日7:30に到着。
管理人さんから現時点で車20台との事。
皆さん早いな〜
湖畔もかなり空いていたのですが、
今回は奥の方に。

アメブロ のんち☆日記

この方は5月の最終土曜日に行ったようですが、この時期でも開門早々30分ですでに20台の車が!となると、7~8月のキャンプ時期はだいぶ混みそうなので、時間に余裕を持って出かけた方がよさそうです。加えて、入場制限がかかり入れなかった場合のために、近場のキャンプ場をリサーチしておくと安心です。

でも午後出発だったので狙っていたエリアは埋まっていて湖畔から離れた所に設置
これはこれで静かでイイーー✨

トイレも炊事場も近いーー✨子供たちの遊ぶ声と小鳥のさえずりってすーーごく心地よくてこの景色観ながらゴロゴロしながらのほほ~んと安らいで気づけば、うとうと~これが最高に気持ちイイ💓

アメブロ Body,Mental,Balance.

湖そばのサイトは競争率が高いのですが、森の中のサイトも木漏れ日が気持ち良いと好評です。テントを設置する場所によって違った楽しみ方ができることも美笛キャンプ場の魅力です。

支笏湖キャンプ場の基本情報

住所:北海道千歳市美笛
電話:090-5987-1284
営業期間:5月上旬〜10月中旬
料金:1,000円 / 大人
チェックイン/チェックアウト:7:00/11:00
アクセス:札幌市内から車で90分
駐車場:全てオートサイト
公式はこちら:美笛キャンプ場

まとめ

日本屈指の透明度を誇る支笏湖。水遊びやカヌー、釣りなどさまざまアクティビティが楽しめる人気のアウトドアスポットでもある支笏湖にある2つのキャンプ場、あなたはどちらのキャンプ場に行きたいですか?どちらにも共通するのは、支笏湖と周りの山々が生み出す雄大な景色!ぜひ足を運んでみてくださいね。

▼北海道のコテージについて知りたい方は、こちらもチェック!


あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪