hinata

>

キャンプ場

>

グランピング

>

北海道のグランピングスポット10選!安くて手ぶらでいける!雄大な大地で楽しもう!

北海道のグランピングスポット10選!安くて手ぶらでいける!雄大な大地で楽しもう!

キャンプ場

北海道のグランピングスポットの写真

出典:Konoplytska / ゲッティイメージズ

「グランピング」というキャンプスタイルがメディアでよく取り上げらています。贅沢なアウトドア体験ができるグランピング施設には、魅力がたくさん。北海道の雄大な大地で味わえるグランピングは格別です!ぜひ、お気に入りのグランピング施設を探してみてください!

目 次

北海道グランピングの特徴

山と綺麗な緑の広場の写真

出典:bee32 / ゲッティイメージズ

北海道は、雄大な大地を使ったグランピング施設が特徴的です。例えば、世界自然遺産である「知床」にある知床 VILLA HOTEL FREEZEであったり、ニセコ連峰を一望できるYoutei Outdoor・ニセココテージボンゴ広場など、大自然に囲まれたグランピング施設がたくさんあります。

また、夏にはカヌーやラフティング、冬にはスキーやスノーモービルなど意外にも、シーズンごとに楽しめるアクティビティーが満載なのも特徴の一つです!

北海道のグランピングスポット10選!

【ニセコ】ニセコ カマハレビレッジキャンプ場

ニセコ カマハレビレッジキャンプ場
札幌から車で2時間弱というロケーションで、1日3組限定のキャンプ場。プライベート空間を重視し、ゆったりとした時間が流れます。プランが豊富にあるので、キャンプ初心者や子ども連れの家族にもおすすめです。

【基本情報】

住所北海道 ニセコ町字近藤267-6
マップコード398 177 132*78
電話090-9319-7575
営業期間シーズン営業
公式サイトニセコ カマハレビレッジキャンプ場

この記事からキャンプ場の予約ができます!

ニセコ カマハレビレッジキャンプ場

【十勝】十勝グランピングリゾート ポラリスクラブ

十勝グランピングリゾートのグランピングスポットの写真

出典:十勝グランピングリゾート ポラリスクラブ

中札内農村休暇村フェーリエンドルフにあるポラリスクラブは、オールシーズン楽しめるグランピング施設になっています。特に冬は、世界一とも言われるパウダースノーを楽しめるウインタースポーツが充実していたり、ホットワインのサービスなど、冬でも贅沢グランピングを満喫することができます。

▼基本情報はこちら

住所北海道河西郡中札内村南常盤東4線
マップコード396 543 751*81
電話0155-68-3301
料金宿泊26,000円~
営業期間通年
アクセス中札内ICより車で3分
公式サイト十勝グランピングリゾート ポラリスクラブ

【知床】知床 VILLA HOTEL FREEZE

広場に置いてある二つの椅子の写真

出典:知床斜里町観光協会

知床ヴィラホテル フリーズは世界自然遺産「知床」の大自然を、大いに利用したグランピング施設となっています。たくさんの野生動物たちが暮らす、非常に静かな環境と漆黒の闇の頭上に輝く満天のスターダストは、日々の疲れを癒してくれること間違いなしです♪また、オホーツクの海産物と知床赤豚など、知床ヴィラホテル フリーズならではの食材も楽しめます。

▼基本情報はこちら

住所北海道斜里郡 斜里町豊里63-27
マップコード642 281 127*01
電話0152-23-5490
料金宿泊12,000円~
営業期間4/27〜10/13
アクセス釧路空港から車で約3時間30分
公式サイト知床 VILLA HOTEL FREEZE

【ニセコ】ニセココテージボンゴ広場

ニセココテージボンゴ広場のグランピングテントの内装の写真

出典:ニセココテージボンゴ広場

スキーリゾートとして有名なニセコですが、ニセココテージボンゴ広場というグランピング施設もあります。羊蹄山やニセコ連峰を一望でき、冬にはスキー、春・夏・秋にはゴルフやラフティングなどさまざまなアクティビティーも充実しています。テント内最大4人分のベットが入るため、家族やグループでゆったり過ごすことができますよ♪

▼基本情報はこちら

住所:北海道虻田郡ニセコ町字曽我863-12
マップコード398 291 643*56
電話0136-44-2098
料金宿泊20,000円~
営業期間通年
アクセス新千歳空港から車で約3時間
公式サイトニセココテージボンゴ広場

【ニセコ】Youtei Outdoor

湖と山の写真

出典:Youtei Outdoor

こちらもニセコにあるYoutei Outdoorは1日1組限定のグランピング施設となっています。スーパーや温泉も車で10分以内の好立地であり、「手ぶらパック」もあるため、グランピング初心者にはおすすめ♪湧水の池でできるラフティングやカヌーも体験もできます。

▼基本情報はこちら

住所北海道虻田郡倶知安町字富士見466-6
マップコード385 753 562*71
電話080-6075-9466
料金宿泊12,000円~
営業期間通年
アクセス千歳空港から車で約2時間半
公式サイトYoutei Outdoor

【石狩】しのつ公園キャンプ場

しのつ公園キャンプ場のグランピングスポットの写真

出典:しのつ公園キャンプ場

札幌から車で1時間の距離にある、しのつ公園キャンプ場は比較的安い価格でグランピング楽しめます。料理のBBQも焼くだけで食べれるようにセットしてくれ、後片付けまで全てお任せ!キャンプ場の隣には源泉かけ流し天然温泉もあり、疲れた体を癒してくれます。

▼基本情報はこちら

住所北海道石狩郡新篠津村第45線北2番地
マップコード139 767 204*27
電話 0126-58-3166
料金宿泊18,000円~
営業期間4/28~5/5、7/1~10/31
アクセス札幌駅から車で約50分
公式サイトしのつ公園キャンプ場

【札幌】UNWIND HOTEL&BAR

UNWIND HOTEL&BARのホテルの内装の写真

出典:UNWIND HOTEL&BAR

UNWIND HOTEL&BARは他には見られない、グランピングを感じられるホテルになっています。薪ストーブやレンガの壁などロッジのような造りで、都会で体験できる最先端グランピングモデルです。

ルーフトップテラスがあり、札幌の寒空の中、みんなで焚き火を囲んで、ゆったりお酒を飲むことも♪移動に時間をかけずに、グランピング感を味わいたいという方に特におすすめです!

▼基本情報はこちら

住所北海道札幌市中央区南8条西5-289-111
マップコード9 462 622*80
電話011-530-6050
料金(参考)10,875円~
営業期間通年
アクセス地下鉄南北線 中島公園駅下車、徒歩4分
公式サイトUNWIND HOTEL&BAR

【十勝】MEMU EARTH HOTEL

MEMU EARTH HOTELのグランピング施設の写真

出典:MEMU EARTH HOTEL

『十勝の自然をありのままに感じるアウトドアステイ』がコンセプトのMEMU EARTH HOTELは、朝霧に包まれる幻想的な風景や素足が気持ちいい牧草の大地などが魅力のグランピング施設となっています。2018年11月にリニューアルオープン!広大な敷地に1日1組限定、宿泊は一棟貸しという豪華なグランピング、一度は行ってみたいですね…!

▼基本情報はこちら

住所北海道広尾郡大樹町芽武158-1
マップコード968 450 861*31
電話 01558-7-7777
料金(参考)54,000円~
営業期間通年
アクセス新千歳空港から車で約2時間30分
公式サイトMEMU EARTH HOTEL

【美瑛】プライベートヒル。時遊が丘

プライベートヒル。時遊が丘の様子

出典:プライベートヒル。時遊が丘

雄大な大雪山連峰を望めるキャンプ場です。朝は大雪山連峰の朝焼けと小鳥のさえずりで起き、夜は大自然の中で満天の星空を楽しめます♪水洗トイレや流し台など、水回りの設備が充実しており、なおかつとても清潔なのも嬉しいポイント。小さな子供や女性でも安心して利用できますよ!

▼基本情報はこちら

住所北海道上川郡美瑛町字瑠辺蘂栄進1981-1
マップコード349 755 731*41
料金5,000円
営業期間6月14~9月末
アクセス[車]
旭川空港から25分
美瑛駅から15分
美馬牛駅から7分
公式サイトプライベートヒル。時遊が丘

【小樽】Wing Bay Camp Garden 海と空

Wing Bay Camp Garden 海と空のテント

出典:Wing Bay Camp Garden 海と空

日本海に面したキャンプ場です。その特徴を存分に活かし、テントからは日本海の大海原が一望できますよ♪ボルダリング、カヌー体験、ボーリングなど屋外でも屋内でも楽しめるアクティビティも充実しているため、天気に関係なく楽しめちゃう!

▼基本情報はこちら

住所小樽市築港11-2
マップコード493 633 643*73
電話0134-65-4129
料金一般テント:17,000円〜
エグゼクティブテント(6名まで):60,000円
営業期間10月下旬まで
アクセス札幌市内から車で40分、JRで30分
公式サイトWing Bay Camp Garden 海と空

北海道の雄大な自然でグランピングを堪能しよう!

出典:UNWIND HOTEL&BAR

今回は、北海道のグランピング10スポットを紹介しました。北海道という雄大な土地を存分に生かしたグランピングから、冬の気候を生かしたグランピングまで、さまざまな特徴がありましたね。冬の北海道では、キャンプに行きづらいという方も、グランピングなら安心です。お気に入りのグランピングスポットを見つけ、ぜひ足を運んでみてください!

▼日本から海外まで、心踊る豪華なグランピング施設についてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

この記事で紹介したスポット

キャンプ場画像 Youtei Outdoor しのつ公園キャンプ場 MEMU EARTH HOTEL(メムアースホテル)
キャンプ場名 Youtei Outdoor しのつ公園キャンプ場 MEMU EARTH HOTEL(メムアースホテル)
リンク キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事