これぞ冬キャンプの醍醐味!寒さ対策万全なら初心者だって楽しめる♪

hinata

>

キャンプ

>

冬キャンプ

>

これぞ冬キャンプの醍醐味!寒さ対策万全なら初心者だって楽しめる♪

これぞ冬キャンプの醍醐味!寒さ対策万全なら初心者だって楽しめる♪

 キャンプ

出典:flickr

キャンプの季節といえば、トップシーズンとも呼ばれてキャンプ場が多くの人でにぎわう夏を想像する方も多いのではないでしょうか?ですが、キャンパーさんの中には人の多い夏よりも冬のキャンプが好きという方も多いはず。今回はそんな冬キャンプの魅力と初心者でも気軽に冬キャンプを楽しむための工夫を筆者の体験を交えて紹介していきます♪


 目次


冬キャンプはハードルが高いのでは??

キャンプと行ったら夏!他の春・秋と比べても、冬キャンプは寒くてちょっと…という人は多いのではないでしょうか?筆者も「寒くてキャンプには行けない!」と思っていましたが、蚊やハチなどの虫がいないのは筆者にとってとても魅力的◎澄んだ空気や人が少なくゆったりしたキャンプ場でキャンプのできる冬キャンプは、他のシーズンとは違ったキャンプを楽しめることが癖になり、冬キャンプがオンシーズンとなってしまいました。

こんなにたくさんある冬キャンプの醍醐味!

空気がきれい!

冬は寒さが厳しいですが、その分空気がとっても澄んでいてきれいですよね。夏だと台風や急な豪雨が多くてキャンプが中止!ということも多々ありますが、冬の場合は比較的天候が読みやすくキャンプに行きやすいとも言えます。

   

富士山も雪景色の冬キャンプは天気が良いと突き抜けるようなきれいな青空が見えます♡

   

日没が早く日の入りも早め。いつもより早く起床して、澄んだ冬の空気の中、日の出と富士山を眺めると日頃の疲れがどこかに吹っ飛んでしまいます。他のシーズンよりも周りが静かに感じるのは冬キャンプならではの魅力ではないでしょうか♪

キャンプ場が空いてる♡

   

冬場はクローズしてしまうキャンプ場もありますが、通年営業しているキャンプ場だって多くあります。夏のトップシーズンはテントがぎっしりで、キャンプサイトの設営や車の乗り入れまで大変ですが、冬キャンプでは人もまばらなので、キャンプサイトの設営をゆったりとすることができキャンプを楽しめます。

   

人気のキャンプ場や、高規格キャンプ場は夏はどうしても予約が取れなかったりしてしまいますが、冬場なら富士山がどーんと見えるような人気のキャンプ場でもタイミング次第で貸し切り状態の場合だってあります♡料金も冬は夏と比べてかなり安いので行ってみたいキャンプ場は冬用にリサーチしておくことも◎

冬キャンプ、楽しみながら寒さ対策しましょう♪

体があたたまるような料理を中心に♡

冬キャンプは寒さとの対決ですから体温める料理をするのも冬キャンプの楽しみ♡ストーブやたき火の前にいることが多くなるので、じっくり作りたい料理を作りながらキャンプ仲間との会話を楽しむのもいいですね◎

   

冬といえばやっぱり鍋物♡キャンプ場の近くにはその土地ごとに直売所など季節の野菜がたくさん販売していますので、キャンプ場に行く道中に買っておき、たっぷり使ってわいわい囲みながら食べるのもいいですね◎

   

エアコンのないアウトドア。石油ストーブなどの暖房器具は必須アイテムです。寒いのでストーブは常につけている人も多いはず♪

   

テントの設営を終え、ストーブもつけてゆっくりできる状態になったらストーブの上に鍋を置いちゃいましょう!温まりながらも調理できるのがストーブの魅力です。寒い時期に食べたくなるおでんはテントの準備が終わったらさっと準備しておけば、夕ご飯時にはちょうど良く煮込まれていて、芯まで冷えた体をぽかぽかにしてくれます。

   

家庭でつくると時間がかかるのでなかなかできないもつ煮込みも冬キャンプならストーブで温まっている間にトロトロに♡鍋や煮込み料理は冬キャンプの醍醐味です!

   

普段の生活では嫌になってしまう雪も冬キャンプでは醍醐味の1つ!食材がダメになる心配もなく、お酒も雪の上においておけばキンキンに冷やすことができます◎

充実した暖房器具!

   

日中は動き回ったりして寒さも感じませんが、夕方からよく明け方までが冬の寒さも本番なので、焚き火などの暖房はガンガン使いましょう!

   

この時のキャンプでは、キャンプ仲間が持ってきた薪ストーブの初火入れとなりました。火の粉が飛ばないのでより近くで暖を取ることができ、お湯を沸かしたり料理を煮込んだりと調理を薪ストーブですませることができるので、ガスなどの燃料の消費を抑えてくれます♪

   

やっぱりパチパチ音や火を楽しむなら焚き火は冬キャンプと感じる瞬間!寒さを感じないくらいどんどん薪を投入しちゃいましょう♪焚き火の後片付けが面倒という人もいるかも知れませんが、筆者は『ロゴス BBQお掃除楽ちんシート(極厚)』を焚き火台に覆うように敷いています。

   

薪ストーブよりも多くの人が普段でも使っている石油ストーブは使いやすいですが、きちんとした管理をして安全に使うのが◎。あまりテントに近づけすぎず、普段よりも換気を十分にとったり一酸化炭素センサーなどを使用したりしてくださいね。石油ストーブがあるなしでは冬キャンプの快適さはかなり違います。

   

大きいテントやスカートのないテントなどでは石油ストーブ1台だけではパワー不足になります。サブ暖房としてガスストーブをつけると上着を着なくていいくらいまで温度まで上昇します!

   

薪ストーブも石油ストーブもやっぱりハードルが高いな…という人もいると思いますが、キャンプ場では電源サイトを設けているところもありますのでカーボンヒーターやホットカーペットなどの臭いも音も出ない暖房器具を持っていっちゃいましょう♪キャンプ場でも貸し出してもらえますので安心できますね◎

インナーテントは必ず暖かく!

インナーテント内は睡眠をとる場所なので、一番温かくしたいところ。特に明け方は寒さのピークになるので過剰なくらい暖かくしちゃいましょう♪

   

手軽に取り入れられるのが銀マットです。厚みがある分暖かいですが、かなりかさばるので、コットを使っている場合はコットの下は薄いもの、エアーベットや人が座ったり歩いたりするところは厚いものと使い分けると◎インナーテントにはあまり入らないというのであれば、スリッパを履いてしまうという手も♡

   

コットもエアーベッドも冬は地面からの冷気でかなり寒くなります。EVAフォームマットを敷いてホッカイロや電気あんかなどをシュラフの中に入れています。

寒さを感じ方には個人差がありますが、寒さも荷物も少なくするためにはシュラフを冬対応に変えるのが一番です♡冬対応のシュラフはほかのシーズンに比べて高価ですが、長い目で見ると寒さを感じなくなるのでほしいキャンプ道具の一つですね♪

炊事場での冷たさは少しの手間で回避しましょう♡

炊事場の水道はお湯が出るキャンプ場もありますが、水だけしか出ないというところも多くありますよね。そういう場合は洗い物などが苦痛に感じてしまいますが、ゴム手袋をはめてしまえば冷たさはそこまで感じません。油物などはあらかじめストーブなどで温めておいたお湯を保温性の高い水筒やバケツなどに入れて炊事場に持っていくようにしておけば汚れも落ちますし、朝夕の歯磨きや洗顔なども冷たくありませんよ◎

冬は特に手荒れしやすいので、ゴム手袋と一緒にハンドクリームも忍ばせておくと炊事が終わった後に手のケアもできます。

まとめ

   

いかがでしたか?これまで紹介した内容はあくまでも筆者がこれまで体験した冬キャンプですが、これ以上にもシュラフを冬対応の物にしたり、テント内に薪ストーブを導入したりと冬キャンプをメインのシーズンで楽しんでいるベテランの人はたくさんいます♪秋から徐々に準備を始めて他のシーズンと違った雰囲気の冬キャンプを楽しんでみませんか♡


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner