hinata

>

ファッション

>

スタイル

>

冬キャンプ

>

寒さ対策完璧!冬キャンプでの服装の選び方

寒さ対策完璧!冬キャンプでの服装の選び方

 ファッション

コーヒーカップを持ち遠くを見つめる女性

出典:wanderer2 / ゲッティイメージズ

冬キャンプをしてみたいけど、どんな服を着ていけばいいかわからない、、、今回は、そんな方に冬キャンプにおける服装やその選び方、重ね着の方法など紹介します。寒さが厳しい冬キャンプは寒さ対策すれば、あまり寒さを感じずにもっと楽しめるかも!


 目次


冬キャンプの服で気を付けることって?

冬のキャンプの様子    

出典:kongxinzhu / ゲッティイメージズ

ずばり、お気に入りの洋服は着ていかないこと!キャンプでは汚れる機会が多いです。せっかくのキャンプで服を汚してしまって、テンションが下がるのは嫌ですよね?また、冬キャンプで暖をとるために焚き火をすることが多くなります。その時、火の粉が飛んできて穴があいてしまうことがあるので注意しましょう!

冬キャンプでは動かずにじっとしていることが多いです。そのため、動いている想定の服装にしてしまっては。 また、キャンプ場は山間部にあることが多いので、天気が変わりやすいです。突然、雨が降ることがあるので、雨具やレインウェアを持っていくと安心ですね☆

とりあえず重ね着(レイヤリング)が基本!

気をつけることでも言いましたが、動かないので暖かい空気を溜め込むように「重ね着(レイヤリング)」しましょう!それぞれの選び方とおすすめを見ていきましょう。

①ベースレイヤー(下着)

蒸れや汗冷えを防ぐために必要で、主に吸湿速乾性に優れたものを着ましょう。アウトドアブランドから出ている高機能な肌着が一番おすすめ!金銭的に余裕がない...という方は、ヒートテックなどのアウトドア用ではないインナーを重ね着するので十分かもしれません。

②ミドルレイヤー(中間着)

ミドルレイヤーとは、アウターと下着の間に着るウェアのことです。保温が目的なので、蒸れを防げて温かさを保てるものを選びましょう。おすすめなのがフリース!アウトドア用のフリースには保温、吸湿速乾、軽量性やストレッチ性を備えた、他のフリースよりも高機能な素材を使っています。値段は高くなってしまいますがとても快適です♪

暑いときはアウトレイヤーを脱ぐこともありますし、秋にはミドルレイヤーで十分に温かいので、おしゃれなものをがいいですね♪

③アウトレイヤー(上着)

一番外に着るジャケットのことで、風や雨、雪から身を守り、中間着の暖かさを保持するために必要です。最近の防寒ウェアは防水で透湿性のある素材など、機能性が高く、さらにファッション性も高いことが魅力的☆防寒対策をしながら、冬のアウトドアファッションも楽しんでみてはいかがですか?

④その他

コスパ最高!ユニクロで寒さ対策

冬キャンプにおすすめの服装はアウトドアブランドだけでなく、とってもコスパのいいユニクロで購入するのもおすすめです!ユニクロはコスパだけでなく、実用性も十分にいいのでまずユニクロのアイテムから買ってみてはいかがでしょうか。

ウルトラライトダウン

ウルトラライトダウンを着ている男性    

出典:ユニクロ公式通販サイト

ユニクロのウルトラライトダウンは、驚くほど薄くて軽いのに保温性が優れているのが特徴です。コンパクトに収納することもできるためキャンプの荷物も減るため、手軽に持っていきやすいです♪アウターなのに価格も5、6千円代のため、手が出しやすいですね。

【基本情報】
サイズ展開:XS、S、M、L、XL、XXL、3L、4L
カラー展開:グレー、ネイビー、ブラック、レッド、オレンジ、ブラウン、グリーン、オリーブ、ブルー、
購入は公式HPから:ユニクロ公式通販サイト

ヒートテック

ヒートテックの写真    

出典:ユニクロ公式通販サイト

いまやほとんどの人が持っているであろうユニクロのヒートテックは冬キャンプのインナーとしても十分使えるんです。ヒートテックシリーズの中にも特に超極暖は最も暖かいので特におすすめです!また、ヒートテックはとっても薄いのでインナーの下にさらに重ねて着てもよさそうですね。

【基本情報】
サイズ展開:XS、S、M、L、XL、XXL、3L
カラー展開:オフホワイト、ダークグレー、ブラック、ワイン、ネイビー、
購入は公式HPから:ユニクロ公式通販サイト

ボアスエットスカート

ボアスエットスカートの写真    

出典:ユニクロ公式通販サイト

ユニクロのボアスエットスカートは裏地がボア素材でできているため、ふわふわでとっても暖かいです。スカートだけでは冬キャンプには寒いかもしれないので、ズボンの上から重ね履きするのがおすすめです!ズボンだけより暖かくかつおしゃれにもなりますよ。

【基本情報】
サイズ展開:XS、S、M、L、XL、XXL
カラー展開:グレー、ダークグレー、ブラック、ワイン、ネイビー
購入は公式HPから:ユニクロ公式通販サイト

子供の服装で気を付けること

子供は冬でも汗をかきやすい!

子供は冬でも動き回って大人の考えている以上に汗をかくものです。なので着替えを多めに持って行ったり、子供が動き回る昼間は薄手の長袖などで過ごさせ、夜にアウターをしっかり着るなどの重ね着を利用したりして、適切な服装を保つことが大切です。

首、手首、足首を温める!

動きやすい服装を!

首、手首、足首を温めることが大切なので、子供が寒そうだったらまずネックウォーマーや手袋などで首、手首、足首から温めてみてください。子供は大人より体温変化が激しいため、ネックウォーマーなど付け外ししやすいもので体温調節をするのがおすすめです!

重ね着は冬キャンプの服装の大切なポイントですが、あまり重ね着しすぎると動きにくくなってしまいます。子供は活発に動くため、ダウンのベストやヒートテックなどの薄いインナーなどを使い、動きやすく、暖かい服装を心がけるのがいいでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、冬キャンプの服装の気を付けることを紹介しました。重ね着をすれば、寒さ対策できそうですね!この冬はぜひ冬キャンプにでかけてみてくださいね!


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

3

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

4

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

5
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪