工夫次第で寒くない!冬キャンプの服装、選び方からおすすめまで一挙ご紹介♪

hinata

>

キャンプ

>

冬キャンプ

>

工夫次第で寒くない!冬キャンプの服装、選び方からおすすめまで一挙ご紹介♪

工夫次第で寒くない!冬キャンプの服装、選び方からおすすめまで一挙ご紹介♪

 キャンプ

出典:wanderer2 / ゲッティイメージズ

冬キャンプをしてみたいけど、どんな服を着ていけばいいかわからない、、、今回は、そんな方に冬キャンプにおける服装やその選び方、重ね着の方法など紹介します。寒さが厳しい冬キャンプは寒さ対策すれば、あまり寒さを感じないかも?


 目次


冬キャンプの服で気を付けることって?

   

出典:kongxinzhu / ゲッティイメージズ

ずばり、お気に入りの洋服は着ていかないこと!キャンプでは汚れる機会が多いです。せっかくのキャンプで服を汚してしまって、テンションが下がるのは嫌ですよね?また、冬キャンプで暖をとるために焚き火をすることが多くなります。その時、火の粉が飛んできて穴があいてしまうことがあるので注意しましょう!

冬キャンプでは動かずにじっとしていることが多いです。そのため、動いている想定の服装にしてしまっては。 また、キャンプ場は山間部にあることが多いので、天気が変わりやすいです。突然、雨が降ることがあるので、雨具やレインウェアを持っていくと安心ですね☆

何をどのように着ればいいの?

気をつけることでも言いましたが、動かないので暖かい空気を溜め込むように「重ね着(レイヤリング)」しましょう!それぞれの選び方とおすすめを見ていきましょう。

①ベースレイヤー(下着)

   

出典:amazon.co.jp

蒸れや汗冷えを防ぐために必要で、主に吸湿速乾性に優れたものを着ましょう。アウトドアブランドから出ている高機能な肌着が一番おすすめ!金銭的に余裕がない...という方は、ヒートテックなどのアウトドア用ではないインナーを重ね着するので十分かもしれません。

②ミドルレイヤー(中間着)

   

出典:amazon.co.jp

ミドルレイヤーとは、アウターと下着の間に着るウェアのことです。保温が目的なので、蒸れを防げて温かさを保てるものを選びましょう。おすすめなのがフリース!アウトドア用のフリースには保温、吸湿速乾、軽量性やストレッチ性を備えた、他のフリースよりも高機能な素材を使っています。値段は高くなってしまいますがとても快適です♪

暑いときはアウトレイヤーを脱ぐこともありますし、秋にはミドルレイヤーで十分に温かいので、おしゃれなものをがいいですね♪

③アウトレイヤー(上着)

   

出典:amazon.co.jp

一番外に着るジャケットのことで、風や雨、雪から身を守り、中間着の暖かさを保持するために必要です。最近の防寒ウェアは防水で透湿性のある素材など、機能性が高く、さらにファッション性も高いことが魅力的☆防寒対策をしながら、冬のアウトドアファッションも楽しんでみてはいかがですか?

④その他

冬キャンプに適した服装

   

Instagram (@2525arpeggio)

朝・晩
朝・晩の冷え込みがシーズン中で一番きついのが冬キャンプ。上で書いたような重ね着で基本的には大丈夫です。ジャケットを着ても、まだ寒さを感じることがあるかもしれないので、その時のために薄手のカーディガンを用意しておくといいでしょう。
昼~夕方
ジャケット以外のインナーとミドルレイヤーを着れば、大丈夫です。ネックウォーマーや帽子があると、さらに寒さ対策できるのでおすすめです☆また、使い捨てカイロはいつでも活躍するので、持って行くと便利ですよ!

最後に

いかがでしたか?今回は、冬キャンプの服装の気を付けることを紹介しました。重ね着をすれば、寒さ対策できそうですね!この冬はぜひ冬キャンプにでかけてみてくださいね!


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

冬キャンプ ファッション
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪