キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

冬キャンプの寒さ対策はこれでOK!寒さを凌ぐ必需品おすすめ24選!

pixta

冬キャンプの寒さ対策、どうしていますか?冬もキャンプを楽しみたいけど、寒さが不安…。今回は、そんな冬キャンプをあったかキャンプに変えてくれる裏ワザや、服装やストーブなどの必需品などを紹介します。体の中からあたためるノウハウも!

冬キャンプの魅力

雪の上に設営されたテント
冬は寒くてキャンプはできないと思っている方も多いと思います。確かに冬キャンプは寒いですがそれ以上に魅力がたくさんあります。ここではそんな冬キャンプの魅力をまとめました!

空気が澄んでいて気持ちいい

冬はとにかく空気が澄んでいて気持ちいい!冬場は乾燥しているので夏場より大気中の水蒸気が少ないです。そのため空気が歪みにくく遠くの景色が見えやすかったり、星空がきれいに見えます。夏よりもきれいな景色を楽しめるのが冬キャンプの魅力です!

虫が少ない

夏のキャンプはハチや蚊など虫がたくさん出てくるので虫対策をしなければなりません。その点冬は虫がほとんどいないのでテント内に虫が出てこず快適に過ごせます!虫が苦手な方ほど冬キャンプに行ってみてください!

焚き火が楽しい

冬キャンプ一番の魅力といえば焚き火!寒い中みんなで火を囲む焚き火は格別です。暖をとりながら身を寄せて食事を取るなど夏以上に行く方と仲を深められること間違いなし!

冬の防寒対策は念入りに!

雪山の中での食事

出典:Bondariev / ゲッティイメージズ

冬キャンプで最も大切なことは、防寒対策です。服装はもちろんのこと、夏キャンプと全く同じキャンプギアでは寒すぎることも。今回は冬用にギアを買い替えることなく、今あるキャンプグッズにプラスして持っていけるキャンプグッズや裏ワザも紹介します!工夫を凝らして冬キャンプを楽しみましょう!

冬キャンプ持ち物リスト:キャンプギア編

冬キャンプ(12月〜3月)の気温は平均で-5℃〜5℃と低いため、夏よりも装備を充実させる必要があります。特に冬は地面からの冷気がテント内に伝わりやすいのでグランドシートやマットを使用し冷気を遮断しましょう。また暖房器具を有効に使うことによって暖かく快適に過ごせます。
  • テント
  • マット
  • シュラフ
  • 焚き火台&ストーブ(暖房器具)
  • グランドシート

冬キャンプ持ち物リスト:防寒着編

冬キャンプをする際は防寒着を着用して寒さ対策を心がけましょう!特に冬キャンプではレイヤリング(重ね着)を意識すると温度調整がしやすく快適に過ごせます。基本的にはベースレイヤー、ミドルレイヤー、アウターの3種類を重ね着します。 ベースレイヤーにはユニクロのヒートテックなど保温性に優れたものがおすすめ!ミドルレイヤーは温かい空気を溜める役割があるのでフリースを着用しましょう!アウターはゴアテックス素材などの防水、防風性に優れた生地のものを選びましょう!
  • ダウンウェア
  • インナー
  • ニット帽子
  • 耳当て
  • ブーツ
  • 手袋
  • ネックウォーマー
▼こちらの記事もおすすめ

冬キャンプ持ち物リスト:防寒グッズ編

冬キャンプではキャンプギアや防寒着以外にも、プラスαで持っていった方がいい防寒グッズがたくさんあります。これがあるだけでも、ずいぶん過ごしやすくなりますので、しっかり確認しておきましょう!
  • ホッカイロ
  • ブランケット
  • ホットカーペット

冬キャンプの防寒対策テクニック4選

ここまで冬キャンプでの必需品をキャンプギアや防寒着、防寒グッズに分けて紹介してきました。次はそのアイテムを活用して、防寒対策テクニックを紹介します!他の季節とは異なった冬キャンプ特有の注意点ですので覚えておくと、より冬キャンプを効率的に楽しめること間違いなしです。

耳・首元・足元をしっかり守る服装を!

おすすめキャンプファッション
  1. ダウンジャケット…焚き火の際は火の粉があたらないよう注意!
  2. ニット帽…外気に晒される頭部は冷えやすいのでニット帽で防寒を。寝る時もそのままでOK!
  3. ネックウォーマー…首元からの冷気を防いで防寒効率UP!
  4. 靴下…毛糸の厚手靴下を重ね履きすると暖かいです。レッグウォーマーもおすすめ!
  5. スキーウェア…防寒っぷりは他を圧倒します。動きやすいので活動時間帯には重宝します。
これは、私の経験談ですが「寝る時は寒いので、スキーウェアやカッパを着たまま寝ると良いでしょう」と書いてある記事を目にしますが、汗が外に逃げず逆に寝冷えしてしまいました。 寒がりさんには効果的ですが、汗っかきさんの過剰な防寒はおすすめしません。水蒸気は通すが雨は通さない!最強カッパ「ゴアテックス」なんて物も最近人気ですが、結構お高めなのでなかなか手が出ませんよねぇ。 基本は普段利用している服を。そこに上記のおすすめ服を組み合わせると暖かさを実感しますよ。

重ねて層を作り、テント内の底冷え防止に!

テント内の底冷えを軽減させるために、シートやマットを重ねて層を作り、暖かさを逃がさないようにしましょう。特に順番が大切です。ホットカーペットやブランケットを一緒に敷くだけでも、保温性がUPすること間違いなし。敷く順番を下から紹介します。
  1. ブルーシート・グランドシート
  2. テント
  3. マット・ダンボール
  4. ホットカーペット
  5. ブランケット・毛布

暗くなる前に焚き火&ストーブの準備

燃える焚き火

出典:Pixabay

キャンプの夜のお楽しみは、何と言っても「焚き火」。冬キャンプでは大事な暖房器具の一つでもありますので、必ず用意したいところ。温かい炎と柔らかな灯りがキャンプの夜を一層盛り上げてくれること間違いなしです!! 薪や石油を節約しようと昼間はあまり使用しない方もいますが、冬があっという間に暗くなります。作業しにくくなる前に準備は早めにしておきましょう!

出発前にキャンプ場の気温・天気を確認

冬の木々

出典:photo-ac.com

多くのキャンプ場が山間部にあると思います。キャンプ場を予約するときに、朝と昼間の気温を聞いておきましょう。同じ地域でも山間部の気温差は尋常ではありません。 真夏のキャンプでさえ朝方は底冷えする寒さになりますので、冬場は特に注意が必要です。逆に昼間は太陽が近く暑いこともあります。気温変化が大きいので、荷物はかさばりますが調整できるよう多めの服を用意するのが秋冬キャンプのコツです。

冬キャンプにおすすめ!身体を芯まで温める飲み物4選

キャンプの醍醐味といえば暖かいご飯に飲み物!寒い冬のキャンプには煮込みながら暖もとれる鍋料理がおすすめです。身体の芯から温める最高の冬キャンプごはんを楽しみましょう! 今回は、身体を芯まで温める飲み物を紹介します。英語では寝酒のことを「ナイト・キャップ」、寝酒に適したカクテルを「ナイト・キャップ・カクテル」と呼んでいます。アルコールを飲むと寝つきがよくなることは科学的に証明されているそうなので、キャンプの寒い夜には外から焚き火をしながら飲んでみましょう。

子どもと一緒に作れる「ホットココア」

pixabay
ホットココアは甘くて、子どもから大人まで幅広い人気を誇るホットドリンクです。実は、身体にもいい飲み物でもあります。食物繊維が豊富に含まれており、便秘解消にも繋がります。 また、ココアに含まれているカカオポリフェノールが生活習慣病やがん予防にも繋がるので、健康的です。簡単に作れるので、子どもと一緒に楽しく作ってみましょう!

カスタード風ホットドリンク「エッグノッグ」

エッグノッグ
こちらは洋風卵酒のようなもの。北米ではクリスマスに飲む伝統的なカクテルだそうで大変人気です。カスタードの風味が強く、子どもや女性に人気のある味わい!おしゃれにキャンプを楽しみたい方にぴったりのホットドリンクです。キャンプで作るには多少準備が必要ですが夜のアクティビティのひとつとして作ってみましょう。

女性も飲みやすいカクテル「アイリッシュコーヒー」

アイリッシュコーヒー

出典:invizbk / ゲッティイメージズ

アイルランド発祥のこのカクテルは、甘口でコーヒーの風味と生クリームが一体化したホットカクテルです。簡単に作れるのも魅力。見た目もインパクトがあり可愛らしく、インスタ映えすること間違いなし!

風邪気味にもおすすめ「ヴァンショー(ホットワイン)」

ヴァンショーはフランス発祥の飲み物。身体がすぐに温まり、寒い冬におすすめのホットワインです。ヴァンショー(Vin chaud)とはフランス語で、英語ではホットワインのことを指しています。 飾りでシナモンスティックを添えることが多く、見た目も可愛らしいです。フランスでは風邪をひいた時によく飲まれるものなので、風邪気味にもピッタリ!

冬キャンプの必需品:キャンプギア編

冬キャンプに持っていった方がいいキャンプギアを紹介します。保温性に優れたアイテムやテント内でも安全に使用できるストーブをメインに集めましたので、気になるアイテムをチェックしてみましょう!

テント

キャンプの必需品であるテントは、保温性が高いコットン素材のものがおすすめ!また、スカートが付属したテントで足元の冷気をシャットアウトすることが可能です。 テントが結露すると余計にひえてしまうので、寒くてもベンチレーション部は開けておきましょう。
▼冬用テントを詳しく知りたい方はこちらもチェック!

マット

テント内の冷えは、地面からの冷気による影響が大きいので、テント下のグランドシートやテント内に敷くインナーマットは必ず用意してください。くわえて、テント内にブランケットやラグを敷いて、底冷えを防ぎましょう。

グランドシート

グランドシートとは、テントの下に敷く保護シートのようなものです。耐久性や防水性に優れており、十分な厚みもあります。冬場のテントに敷くだけでも、地面からの冷気を遮断してくれるのでより快適に過ごせるキャンプ用品です。冬キャンプでも暖かくして快適に過ごせるように、厚手のグランドシートを紹介します。
▼もっと詳しくグランドシートを知りたい方はこちらもチェック!

シュラフ・インナーシュラフ

シュラフは保温力の高いものが望ましいです。しかし持っていない場合は、マミー型と封筒型を同時に使用したり、いつものシュラフに毛布やブランケットを入れることでカバーすることもできますが、真冬の雪山などに行く場合は万全の体制でいきましょう。 また、インナーシュラフも使用することで、保温性がUP!シュラフだけでもまだ寒いという方は、インナーシュラフも購入しておきましょう!一枚被せるだけでより暖かくなるので、快適に寝られること間違いなし!
▼冬キャンプ用のシュラフを詳しく知りたい方はこちらをチェック!

ストーブ

ストーブには薪や石油、電気といったさまざまな種類があります。キャンプで使用する際は、点火・消火作業が簡単で暖房効果も高い石油ストーブがおすすめです!一酸化炭素中毒の危険もありますので、しっかり換気しながら楽しみましょう。また、火傷の危険性も忘れずに!キャンプ場に電源サイトがある場合は、電気ストーブもおすすめです!
▼アウトドア・キャンプで使えるストーブを詳しく知りたい方はこちらをチェック!

冬キャンプの必需品:防寒着編

服装選びは慎重に!冬の寒空から一番に身を守ってくれる防寒着。ダウンコートやフリースの上着など、暖かい服装でキャンプに向かいますが、他にも、手袋やニット帽、マフラーなどの防寒小物もあるとより快適に過ごせます。昼と夜とでは気温の変化があるので、重ね着できるグッズも用意しておきましょう。

インナー

肌に直接触れるインナーは肌触りもいいものを選びましょう!特にユニクロのヒートテックは、多くのキャンパーや登山家が愛用しているインナーです。一枚中に着ているだけでも、保温性が上がります。見た目は薄手ですが、どれも機能性に優れたものが多いので購入しておきましょう。
▼メリノウールの防寒インナーを詳しく知りたい方はこちらをチェック!

パーカー・ジャケット

冬に着用するアウトドアウェアには、パーカーやジャケットも欠かせません。特に中綿が充実したダウンジャケットがおすすめです。保温性&通気性に優れており、アウトドアでも使い勝手抜群!また、ゴアテックス素材も人気があります。タウンユースとしても使えるため、実用的です。

ダウンポンチョ

アウトドアウェアの中でも、独特なデザインで目を惹かれるダウンポンチョ。頭から羽織るだけなので、着脱のしやすさが魅力です。ダウンポンチョの中には、シュラフにもなるものがあります。着たまますぐに寝られるので、寒さであまり動きたくない方におすすめです。

ズボン

アウトドアウェアではズボンにも注目しましょう。防寒着を購入する際はアウターに注目してしまい、ズボンが疎かになりがちです。特にダウンズボンがアウトドアにピッタリ!中綿に80%以上もダウンが入っているものが人気です。見た目と違って動きやすい!

シューズ(靴)

冬キャンプでは中綿が詰まったダウンシューズや厚手の登山用シューズがおすすめです。足先は特に冷えがちなので、保温性に優れたシューズの方が、より暖かくなること間違いなし!中にホッカイロを入れている方が多いです。

冬キャンプの必需品:防寒グッズ編

上記のものを用意しても寒い、また用意しきれなかった方にはプラスαでカイロなどの防寒グッズが有効です。 カイロや湯たんぽをシュラフに忍ばせることで、寒くて眠れないなどを防ぐことができますが、低温やけどに気をつけて肌に密着させないように気をつけてください!

冬キャンプを満喫しよう!

冬場のキャンプは寒ささえ攻略してしまえば、周りの目を気にせず悠々自適な生活が送れる最高の環境です。カップルできれいな星空を眺めたり、仲間と童心に帰ったり、色んな「楽しい」で身も心も暖かい冬キャンプを楽しんでください。 ▼その他冬キャンプについての記事はこちら!

今回紹介したアイテム

商品画像ノルディスク アスガルドスノーピーク ランドロックテンマクデザイン 炎幕TC DXサーマレスト Zライトロゴス セルフインフレートマットコールマン キャンパーインフレーターマットモンベル U.L. アルパインパッド25 180オレゴニアンキャンパー グランドシートMハーフスノーピーク アメニティドームM マットシートセットナンガ オーロラライト 600 DXモンベル  バロウバッグ#1トヨトミ レインボーストーブアネヴェイ Frontier Stoveイワタニ カセットガスヒーターミズノ ブレスサーモアンダーウェアプラスノースフェイス ビレイヤーパーカパタゴニア ダウンジャケットプロモンテ ダウンポンチョサーマレスト ホンチョポンチョNaturehike ダウンパンツKEEN  ハウザースライドウールコロンビア ユースワイルドクエストコロンビア カラプヤカイロ湯たんぽペンドルトン ブランケットモフア ホットカーペット
商品名ノルディスク アスガルドスノーピーク ランドロックテンマクデザイン 炎幕TC DXサーマレスト Zライトロゴス セルフインフレートマットコールマン キャンパーインフレーターマットモンベル U.L. アルパインパッド25 180オレゴニアンキャンパー グランドシートMハーフスノーピーク アメニティドームM マットシートセットナンガ オーロラライト 600 DXモンベル バロウバッグ#1トヨトミ レインボーストーブアネヴェイ Frontier Stoveイワタニ カセットガスヒーターミズノ ブレスサーモアンダーウェアプラスノースフェイス ビレイヤーパーカパタゴニア ダウンジャケットプロモンテ ダウンポンチョサーマレスト ホンチョポンチョNaturehike ダウンパンツKEEN ハウザースライドウールコロンビア ユースワイルドクエストコロンビア カラプヤカイロ湯たんぽペンドルトン ブランケットモフア ホットカーペット
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事