キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

1人でも簡単に設営できる!おすすめテントを紹介

キャンプサイトに張られたシェルター

ポップアップテントやワンタッチテントと呼ばれる簡易テントは一瞬で簡単に設営ができるので、テントの設営に慣れていない初心者の方でも安心。今回は設営が簡単にできちゃうおすすめのテントを紹介します!設営時間を短縮してもっとキャンプを楽しみましょう。

傘を開くように設営できる!ワンタッチテント

ワンタッチテントの設営状態

出典:Amazon

ワンタッチテントは、テント上部にあるロープを引っ張れば傘をさすときのように膨らみ、わずか1分でテントが完成。通常のテントで設営に1時間かかることもあるので、その差は一目瞭然です。

ワンタッチテントの設営方法

テントを設営している男性

出典:Amazon

  1. 本体を袋から取り出す
  2. テントのフレーム4本を外側に広げる
  3. 伸ばしたフレーム4本の関節部分を押し込み、ロックする
  4. テント上部のジョイント部分にあるロープ2本を、上に引っ張りながらテントを立ち上げる(ジョイント部分に隙間がなくなるまで、ロープ2本を左右反対方向に引っ張る)
  5. ペグを打ち込み、トップシートを取り付けたら完成

ワンタッチテントの撤収方法

  1. トップシートやペグ、ロープを外しキャリーバッグに収納する
  2. テント内部の空気を抜きやすくするために、入り口を少し開ける
  3. テント上部のジョイント部分の上段ポールと下段ポールを引き離す(引き離すとテントは潰れるのでそのまま空気を抜く)
  4. 4本全てのフレームの関節を引っ張りロックを外し、折りたたむ
  5. テントの生地を整え、丸めたらバンドでまとめて収納する

人気のワンタッチテントを紹介

有名ブランドの人気ワンタッチテントを収容人数別で紹介します。キャンプのスタイルと照らし合わせながら、お気に入りの商品を見つけてください。

DOD ワンタッチテント3人用

DOD ワンタッチテント4~5人用

モンベル ワンタッチテント2人用 クロノスドーム2

モンベルの2人用のワンタッチテント

出典:モンベル

テントの4本のポールがテントの中心で直角に交わるように設計され、テントの居住空間は最大限確保されています。雨風にも強い生地やジッパーを使用しているため、登山での使用にもおすすめ。前後2か所に換気口があるので通気性にも優れています。 【hinataのおすすめポイント】
  • 独自開発したポール設計により、最大限の居住空間を確保
  • 軽量で雨風に強いので登山にもおすすめ
【基本情報】
  • サイズ:230×130×105cm
  • 収納サイズ:35×16cm
  • 重量:2.24kg
  • 最大収容人数:2人
詳しくはこちら:モンベル クロノスドーム2

モンベル ワンタッチテント2人用 ムーンライトテント2

モンベルのロングセラーテント

出典:モンベル

月明かりのもとでも簡単に設営できる、というコンセプトが名前の由来。ロングセラーのモデルが軽量化され、居住空間もより広く設計し直されました。使用されている生地は、雨でも吸水しにくいことにくわえ、通気性にも優れており、雨の多い日本にぴったりなテントです。 【hinataのおすすめポイント】
  • 薄暗くても簡単に設営できる、がコンセプトのワンタッチテント
  • 雨が多い日本にぴったりの、水に強い生地を使用
【基本情報】
  • サイズ:220×150×117cm
  • 収納サイズ:35×17cm
  • 重量:2.21kg
  • 最大収容人数:2人
詳しくはこちら:モンベル ムーンライトテント2

2秒で完成!?ポップアップテント

ポップアップテント設営状態

出典:Amazon

ポップアップテントは、名前の通り「開くだけ」。収納袋から取り出してすぐに完成するので、設営方法としては最も簡単と言えます。

ポップアップテントの設営方法

ポップアップテントは、設営が圧倒的に早いテントです。かかる時間はおよそ2秒!設営方法はコンパクトに収納されたテントを、パッと広げるだけ。一瞬でテントが完成します。詳しくは、下のコールマンのポップアップテント設営動画をご覧ください。
1つ注意が必要なのは、ペグを忘れないこと。ポップアップテントはそれ自体には安定性がないので、ペグでしっかりと安定させることが重要です。

ポップアップテントの撤収方法

ポップアップテントは、設営はポンっと投げるだけで簡単ですが、意外と多い悩みが「しまうのが難しい」「たたみ方がわからない」というもの。初めてだと難しく感じてしまうたたみ方ですが、慣れてしまえば簡単にできます。動画を見ながら練習しておきましょう。

メリット・デメリットを考慮して選ぼう!

設営が圧倒的に簡単な一方でデメリットもあります。まず、テントが全て一体化していることから、一部でも破損してしまうと丸ごと修理に出さなければいけません。 また、生地が一枚でできているシングルウォールテントが多いため雨や日差しに弱いことも挙げられます。その意味では本格的なキャンプよりも気軽行けるピクニックの方が向いているかもしれません。メリット、デメリットを加味しながら、テント選びをしてみてください。

人気のポップアップテントを紹介

広げるだけで設営できるポップアップテント。キャンプにも使えるおすすめ商品を紹介します。
ケシュアのテントのより詳しい情報はこちらをチェック▼

1人でも簡単に設営できるワンポールテント

とんがり帽子のシルエットがおしゃれなワンポールテント。上級者のテントと感じて手が出ないと思っている方は必見!1人でも設営できるワンポールテントを紹介します。

テントの設営は1人でも可能!

キャンプで見かけるかっこいいテントも、実は1人で簡単に設営できる設計。さまざまな設営方法があるので、最も扱いやすいテントを探すのに参考にしてみてください。テントの設営に苦手意識をお持ちの方も、今回紹介したテントを導入して、簡単に設営してみましょう。

今回紹介したアイテム

商品画像DOD ザ・ワンタッチテントMDOD ライダーズタンデムテントDOD わがやのテントケシュア 2SECONDS AIRDOD ワンポールテントLワンポールテントSコールマン ワンポールテント エクスカーションティピー325
商品名DOD ザ・ワンタッチテントMDOD ライダーズタンデムテントDOD わがやのテントケシュア 2SECONDS AIRDOD ワンポールテントLワンポールテントSコールマン ワンポールテント エクスカーションティピー325
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事