hinata

>

キャンプ用品

>

テント

>

ネイチャーハイクのテントは、リーズナブルな上に機能性も充実!

ネイチャーハイクのテントは、リーズナブルな上に機能性も充実!

キャンプ用品

出典:Amazon

安い・軽い・設営簡単、と三拍子そろったネイチャーハイクのテント。ツーリングやソロキャンプでの使い勝手が良く、注目を集めています。ここでは、ネイチャーハイクのテントの魅力や気になるポイントを、紹介していきます!

目 次

ネイチャーハイクのテントの魅力

出典:Amazon

ネイチャーハイクのテントの魅力はリーズナブルな価格。しかし「中国製の安価なテントは品質が心配」という方も多いのではないでしょうか?確かに、ハイプライス・ハイスペックなテントと比較すると、設営時のシワや縫製のズレ、などが気になるという声もチラホラあります。しかしその一方で、「値段の割には、機能性・品質ともに充分なスペック」との声も多いのです。

ネイチャーハイクのテントの魅力①コスパが良い

ネイチャーハイクテント最大の魅力はコスパが良いということ。ただ安いだけではなく、普通に使えるクオリティーと機能性を保っていることが、ベテランキャンパーや登山者、初心者キャンパーなど幅広い層から人気の理由といえます。また、アップデバージョンで改良されているモデルが多いことや、問合せに対する対応の早さなど、テント作りに対するメーカーの姿勢に対してユーザーの評価が高いことも感じられます。

出典:Amazon

ネイチャーハイクのテントはグランドシートが標準装備なのも嬉しいポイント。テントの形に合わせたオリジナルのグランドシートが装備されているので、自分で別購入やサイズ調節する必要がありません。グランドシート込みの価格と考えると、さらにコスパの良さに驚きます。

ネイチャーハイクのテントの魅力②軽量

出典:Amazon

ネイチャーハイクテントはとにかく軽いことも魅力です。たとえば3人用テントHiby3の総重量は2.628g。これをogawaのステイシー2~3人用と比べると、ネイチャーハイクの方が総重量は1.2kg程度ほど軽くなっています。ogawaテントの方がテントの生地が厚くサイズも若干大きいのですが、テントに軽量性を求める場合はネイチャーハイクテントの軽さは大きな魅力といえます。

軽量なテントは持ち運びに便利なだけではなく、使用後の乾燥や手入れがしやすいことも嬉しいポイントです。

ネイチャーハイクのテントの魅力②耐水圧が高く、雨に強い

出典:Amazon

ネイチャーハイクテントは全体的耐水圧が高いことも特徴です。ハイスペック・ハイクォリティーなMSRのカーボンリフレックス1は耐水圧1.200mm。素材や縫製の差はありますが、ネイチャーハイクテントはさらに上をゆく耐水圧2.000~4.000mmとなっています。このため、大雨が降っても雨漏りする心配がありません。

ただ心配なのが通気性。防水性が高い分、通気性が悪くなるというデメリットがあります。その対策としては、インナーテントのメッシュ面積を大きく設け、ベンチレーションを増やすなどの工夫が施されています。

ネイチャーハイクのテントの選び方

出典:Amazon

テントを選ぶ際には、まず、テントを使用するシーンを考えてみましょう。人数・季節・場所・移動手段などテント泊のシーンはそれぞれ異なりますよね。たとえば、自転車でのソロキャンプであれば、軽くてコンパクト、設営が簡単な自立式テントが最適。自立式テントであればペグダウンなしで設営でき、ペグが刺さらない固い地面の上にも設営することができます。

一方、車で出かけるソロキャンプであれば多少重たくなっても、居住性が高く快適に過ごせるテントがおすすめ。フロアレスやカンガルースタイルを考えている場合には、高さがあるワンポールやツーポールがいいでしょう。

ネイチャーハイクのソロ用テント

ネイチャーハイクの2〜4人用テント

ネイチャーハイクのテントでキャンプへGO

出典:Amazon

「中国製の安いテントはクオリティーが低い。」そんなイメージを払拭するのがネイチャーハイクのテント。軽くてコンパクト、設営も簡単なネイチャーハイクのテントを持ってキャンプに行ってみませんか?今よりもっと、気軽にキャンプに行きたくなります。

今回紹介したアイテム

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事