キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

ネイチャーハイクのテントは、リーズナブルな上に機能性も充実!

出典:Amazon

雨に強い・軽量・安価、と三拍子そろったネイチャーハイクのテント。ツーリングやソロキャンプでの使い勝手が良く、注目を集めています。ここでは、ネイチャーハイクのテントの魅力や気になるポイントを紹介していきます!

ネイチャーハイクのテントはここが魅力

出典:Amazon

ネイチャーハイクの魅力はリーズナブルな価格。しかし「中国製の安価なテントは品質が心配」と思う方も多いのではないでしょうか?確かにハイスペックなテントと比較すると劣る部分もありますが、低価格帯では機能性・品質ともに充分なスペックと言えます。

雨に強い

出典:Amazon

ネイチャーハイクのテントは耐水圧が高いです。一般的にテントに必要な耐水圧は1,500mmから2,000mmと言われています。ネイチャーハイクテントはさらに上をゆく耐水圧2,000から4,000mm!このため、大雨が降っても雨漏りする心配がありません。 ただ心配なのが通気性。防水性が高い分、通気性が悪くなるというデメリットがあります。その対策としては、インナーテントのメッシュ面積を大きく設け、ベンチレーションを増やすなどの工夫が施されています。 テントの耐水圧について詳しく知りたい方はこちらウィチェック▼

軽量

出典:Amazon

ネイチャーハイクテントはとにかく軽量!一般的なキャンプ用(2〜3人用)テントの重量は3〜6kgです。一方でネイチャーハイクの2〜3人用テントは2kg台のものが多いです。軽量なテントは持ち運びに便利なだけではなく、使用後の乾燥や手入れがしやすいこともうれしいポイント!

コスパが良い

ネイチャーハイク プロフェッショナルテント CloudUp2の商品画像

出典:Amazon

ネイチャーハイクのテントはコスパが良いです。ただ安いだけではなく、あらゆるシーンに十分に対応するクオリティーと機能性を保っていることが、幅広い層から人気の理由。また、アップデートバージョンで改良されているモデルが多いことや、問合せに対する対応の早さなど、テント作りに対するメーカーの姿勢に対してユーザーの評価が高いことも感じられます。

出典:Amazon

ネイチャーハイクのテントはグランドシートが標準装備なのもうれしいポイント。グランドシート込みの価格と考えると、さらにコスパの良さに驚きます。

ネイチャーハイクのテントの選び方

出典:Amazon

ネイチャーハイクのテントを選ぶ上で重要なポイントは2つ。「耐水圧」と「使用人数」です。この2つを理解しておけば、自分の使用シーンにあったテントを選べます!

耐水圧で選ぶ

一般的なテントの耐水圧は1,500mm〜2,000mm。ネイチャーハイクのテントは3,000mmや4,000mmのものまであります。3,000mm以上のテントは山岳地域など突風が吹きやすく、雨が強く打ちつけるテント場での使用におすすめ!通常のキャンプでも天候の変化が激しい地域のキャンプ場などでの使用にもおすすめです!

人数で選ぶ

使用人数も確認しておきましょう!テントには使用人数が決められていますが、実際の使用人数+1人のスペース確保できるサイズを選ぶのがポイント。使用人数ピッタリのサイズは案外荷物を置くスペースがなかったり、動きにくい場合があります。そんな事態を避けるためにも余裕を持ったサイズのテントを選びましょう! テントの選び方を詳しく知りたい方はこちらをチェック▼

ネイチャーハイクのソロ用テント

ネイチャーハイクのソロ用テントを紹介!ここでは耐水圧別にネイチャーハイクのソロテントを紹介していきます!

耐水圧【〜4000mm】のテント

耐水圧【4000mm〜】のテント

ネイチャーハイクの2〜4人用テント

グループにおおすすめ!ネイチャーハイクの2〜4人用テントを紹介します!

耐水圧【〜4000mm】のテント

耐水圧【4000mm〜】のテント

ネイチャーハイクのテントでキャンプへGO

出典:Amazon

「中国製の安いテントはクオリティーが低い。」そんなイメージを払拭するのがネイチャーハイクのテント。軽くてコンパクト、設営も簡単なネイチャーハイクのテントを持ってキャンプに行ってみませんか?今よりもっと、気軽にキャンプに行きたくなります。
 最終更新日:

あわせて読みたい記事