キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

火おこしの方法!これを知れば絶対火はおこせる!

池で釣りをする人と焚き火

出典:Pixabay

キャンプではたき火も楽しみのひとつです。調理はもちろん、冷える夜には身も心も温めてくれます。でもこの火をおこすのに苦労をしたことはありませんか?今回はキャンプでの火おこし術の基礎と、濡れても火をおこせる究極の技を紹介します。

火起こしは準備8割道具2割

焚き火に使う木々
キャンプで火起こしに苦労している方の多くは、薪に直接火を着けようとしている場合がほとんどです。着火剤やガスバーナーなどの道具を駆使することもありますが、それらの道具を持っていなかったり、忘れてきたら途方に暮れてしまいます。でも焚き火の原理が分かり、何らかの火の基があれば、必ず火は起こせます。 そのためには燃やす材料の準備が最も重要になります。火を点ける前にこの準備がしっかりできていれば、火起こしの8割は完了してしまうのです。

火起こしのやり方4ステージ

効率的に火を起こすことで、その後の料理や焚き火などんの時間をたっぷり取れます!そこで、効率的に火を起こす方法を紹介します!

【第1ステージ】燃えやすいものをそろえる

火は乾燥した細い物ほど点きやすい性質があります。そこで最初に火種を作るための材料を用意します。
火炎草

出典:Pixabay

素材は枯草、乾いた樹皮や麻紐をほぐしたもの、細かい綿繊維束などが良いでしょう。変わったものではスチールウールも電気が通ると着火します。これらを少なくとも両手でつかめるほどの量以上を用意しておく必要があります。少なすぎると次のステージに進めず炎が消えてしまいます。寒かったり湿度が高い時にはさらに量を増やしましょう。
Bush Craft フェザースティックお試しセットの商品画像

出典:Amazon

乾燥した条件の良い時であれば、フェザースティック(シェービングウッドとも言います)をこの第1ステージに利用することもできます。 この準備ができていれば、着火はマッチ1本で点きます。ライターでもファイヤースチールの火花でも十分着火します。

【第2ステージ】火を持続させる

細かい物に火が着いたら、その火を絶やさないようにするのが第2ステージです。ここで必要になるのは小枝や割り箸程度の細さの材料で、杉やヒノキのような針葉樹がおすすめです。
割り箸程度の細さの小枝
この材料は燃えた後、熾き(おき)という炭の基になりますので、できるだけ多く用意した方がこの後の工程が楽になります。最低でも両手で1つかみほどは必要でしょう。できれば両手で2つかみ用意できれば安心です。 このステージでの燃料は、第1ステージで作った火種への乗せ方にポイントがあります。片手で1つかみ程を平らに乗せたら、そこからは山形か井桁に組むようにくべていきます。これは燃焼に必要な酸素と燃料の下の炎を確保するためで、空間をわずかに作ることで、炎は持続的に燃焼して安定してきます。

【第3ステージ】火力をあげる

第2ステージである程度炎が安定してきたら、次にその炎を強いものにしていく必要があります。第2ステージまでは少し気を抜くと、せっかく安定した炎が弱くなり消えてしまうことがあるからです。
薪の中でも細めの木
ここでは親指ぐらいの太さの木か、薪の中でも細めの物でナラや樫のような広葉樹がおすすめです。杉やヒノキの場合は少し太めでも良いでしょう。ここでも材料は山形か井桁にくべます。この材料がしっかり燃焼し始めれば、たき火はほぼ完成です。

【第4ステージ】薪で火力を安定させる

親指程の木は乾燥していればおよそ5分ほどで炎が落ちてきます。この炎を安定して長く保つためには、さらに太い薪が必要になります。腕の太さ以上の薪があればこの時点で投入します。木炭もこの時点から使うと性能がより発揮されます
薪
この時の薪は投入の仕方で火力や燃焼時間をコントロールする事ができます。強い炎が欲しい場合は中央に、炎は小さめでも長く持たせたい場合はたき火の中心からずらして置くと良いでしょう。ただし針葉樹のように、薪の種類によっては置き場所に関わらず炎が大きくなるものもあります。
燃える薪
火が十分成長して落ち着くと熾き(おき)ができます。この熾きの層が厚ければ厚いほど長時間たき火が楽しめます。また、この熾きは直火よりも調理をするのに適していて、食材をおいしく仕上げてくれます。熾きがある間は炎が無くても、また薪を置くことで炎が蘇りますので、調理のためにいったん炎を落し、食事が済んだらまた薪をくべて炎を楽しむということもできますね。 火起こしの基礎について、詳しくは動画をご覧ください▽

火起こしで重要な燃料のレイアウト

以上のようにステージをクリアするためには、準備した物のレイアウトが重要になります。材料をそれぞれ準備したら、たき火の炉に近い所から手の届く範囲に順番にまとめて置いていきます。このレイアウトをするだけで、たき火はとてもスムーズに完成するのです。
地面に薪を並べた様子
【焚き火をする場所に注意】 たき火を地面や雪上でする場合、わずかな熱で地面から水分が蒸発し、そのためになかなか炎が成長しないということがよくあります。この場合は腕の太さほどの薪を数本地面に並べ、その上で着火をすると良いでしょう。ただし、近くに立木の根があったり、地面が落ち葉で厚く覆われている場合は直火は避けるべきです。この場合はたき火台を使うか、石でたき火の舞台を作るようにしてください。 また、樹木の枝の下や周りに燃えやすいものが多い場所では、台があってもたき火はできないと思ってください。こうした場所ではコンパクトたき火ストーブ(ファイヤーボックス)程度の火以上は危険で起こせません。

【番外編①】サバイバルで火起こし!

着火剤を使用すれば簡単に火を付けられますが、 火起こしツールを使わずにあえて火起こしを楽しむこともできます!ここでは着火剤や、火付けの道具を使用しないで火を起こす方法と、バーベキューに役立つ着火剤を使用した火の起こし方を紹介します!
フェザースティックを作っている様子

出典:Pixabay

ナイフと木があればできる!きりもみ式火起こし

火起こしにはさまざまな方法がありますが、時には昔ながらの方法「きりもみ式」で火起こしにチャレンジしてみてはいかがでしょうか??ナイフさえ準備していけば、あとは自然にあるものを活用してきりもみ式火起こしを行うことができます!ただし一人で火を起こすのは至難の技。一緒にキャンプを楽しむ仲間とチャレンジしてみてください。 【手順】 1. 「火きりぎね」と「火きりうす」を作る まずは火を起こすメインアイテム、杵(棒)と臼(板)を作ります。火きりぎねはヨモギの仲間やアジサイの仲間などの、長さが約1m、直径が1cmほどのまっすぐな枝を使います。ナイフで小枝を落とします。火きりうすは針葉樹が最適。太めの枝を切り出し、厚さ1cmほどの板を作ります。共に乾いたものを選ぶようにしましょう。 2. 「火きりうす」に切り欠きを作る 火きりうすの橋から1.5cm~2cm程度の箇所に皿状のくぼみを作ります。そしてそのくぼみに向けて三角の切り欠きを作ります。 3. 火種を作る 厚手の葉っぱを敷き、その上で火きりうすと火きりぎねで摩擦をはじめます。両手を前後させて火きりぎねを回転させます。続けると切り欠きから煙の出ている茶色の削り粉が出てきて火種の完成です。 4. 火口に火種を入れる 細い枯葉を集めて鳥の巣のような火口を作ります。先ほどの火種をくぼみに投入して軽くもみ、温かくなったら息を吹き込み発火させましょう! この4ステップできりもみ式の火起こし完了です!あとは小枝に火を移し、焚き火に移行して行きます。なかなか大変な作業ですが、大変さを乗り越えて火が起きた時はいつも以上に楽しい焚き火ができますよ。

【番外編②】炭の火起こし!

ここまでは基本的に薪、焚き火の火起こしについて紹介してきましたが、火起こしとはいっても、薪だけではありません。キャンプ料理やバーベキューで使う炭でも火起こしを行います。炭での火起こしは、着火剤を使用し徐々に炭に火がつく方法が基本です。
着火剤をバーベキューコンロの中心に置きその周りにピラミッド型に炭を組んでいきます。なるべく高く積むことで着火剤の火にあたりやすくスムーズに炭に火を移せます。また燃焼効率をあげるために炭と炭の間に空気が入る空間を確保しながら組んでいきましょう。ある程度炭に火が移ったら組んだ炭を崩して平にすれば炭の火起こし終了です。 着火剤についてはこちらの記事をチェック!
また先に紹介した火起こし器やトーチバーナーを使えば、初心者でも簡単に炭の火起こしができますよ。そのほか炭の火起こしについてはこちらの記事を参考にしてください!!

火起こしに役立つ道具!

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!
ナイフについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!
トーチバーナーについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!

火起こしをする際の注意点

焚き火の様子

出典:Pixabay

焚き火をする際はその土地の状況や周囲への影響を考える必要があります。ここでは焚き火をする上で抑えておきたい注意点を解説します!
【焚き火をするときに注意をすること】 たき火は正しく火を扱うわけですから、ちょっとした不注意で火傷を負ったり、山火事などの大惨事を引き起こす危険性があることを良くご理解ください。火を起こす場所と風向きや強さなどの気象条件にも十分配慮してください。 また、火が点いている間は必ず火の番人を立てるようにして、火から目を離さないようにすることも大変重要です。同時に意図しないような燃え方をしたり、炉以外に延焼した際にすぐ消せるよう、水や土がそばにあることも確認してください。
【雨の降った日にする焚き火で注意をすること】 雨が降った時の焚き火にも要注意。小雨程度の雨であればある程度火の勢いが出ているたき火は簡単には消えませんが、降雨時にはタープの下などで火を起こさなければならない可能性があります。この場合、たき火は最小限の規模にし、タープは可能な限り高く張り直しましょう。立ち上がる炎の3倍から4倍以上の距離が理想的です。 また、針葉樹の薪は爆ぜて火の粉が上がり、タープに穴をあける可能性もありますので、火からは絶対に目を離さないでください。

火起こしでサバイバルなキャンプを楽しもう!

燃える焚き火

出典:Pixabay

便利な道具を使って苦も無く火を起こすのも良いですが、少しでも自然の法則に従って創りあげるたき火も格別な味わいがあります。また、たき火の原理を理解して確実に火を起こせる技術があれば、着火剤や便利グッズが無くても、また降雨時などの非常時でも安心です。次のキャンプでは手間暇をかけた火起こしを楽しんでみてはいかがでしょうか。

今回紹介したアイテム

商品画像Ribitek メタルマッチ ファイヤースターターJialefu ファイヤースターター 天然素材のファットウッド!火起こし器スノーピーク チャコールスターター火起師コールマン チャコールスターターマスターハンター サンマイIIIトーチバーナー火起こしセットで簡単チャレンジ!
商品名Ribitek メタルマッチ ファイヤースターターJialefu ファイヤースターター 天然素材のファットウッド!火起こし器スノーピーク チャコールスターター火起師コールマン チャコールスターターマスターハンター サンマイIIIトーチバーナー火起こしセットで簡単チャレンジ!
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事