hinata

>

キャンプ用品

>

焚き火台

>

ファイヤースターターの魅力と使い方をご紹介!これであなたも火おこし名人

ファイヤースターターの魅力と使い方をご紹介!これであなたも火おこし名人

キャンプ用品

Auroraのファイヤースターター

出典:楽天

ファイヤースターターはアウトドアや防災グッズとして欠かせない火おこしアイテムです。欲しいと思っていても正しい使い方が良く分からない人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、ファイヤースターターの魅力と使い方をご紹介!これであなたも火おこし名人です。

目 次

ファイヤースターターとは

WWBのマグネシウムファイヤースターター

出典:楽天

ファイヤースターターは発火器具の一種で要するに火打石です。とても小さく携帯しやすいので、キャンプや登山など、アウトドアにはもってこいのアイテムです!ここではファイヤースターターの仕組みやライター、マッチなどの一般的な発火器具とどう違うのかを解説します。

ファイヤースターターの仕組み

Auroraのファイヤースターターと枯れ葉

出典:楽天

ファイヤースターターは金属棒(以下ロッド)と専用の金具(以下ストライカー)を組み合わせたもので、シンプルな作りです。ファイヤースターターで火を起こす仕組みは、ストライカーでロッドを削り、火種となる紙や木クズにその金属の粉末をふりかけ、ストライカーで火花を発生させて引火させるというものです。

ファイヤースターターはマッチやライターとどう違う?

ファイヤースターター

出典:楽天

ファイヤースターターの強みは水に強いことです。マッチやライターは湿気があると火がつきにくくなりますが、ファイヤースターターは水に濡れても拭けば使えます。また、燃料切れなどの恐れもないので、1つ持っていれば長く重宝します!

ファイヤースターターの使い方

ファイヤースターターは誰でも簡単に使えるものではありません。ある程度コツがいるため、ここではファイヤースターターの使い方を解説します。

1.ロッドを削る

まずは火種を用意します。火種はティッシュペーパーや新聞紙など、紙であればなんでも大丈夫です。その火種の上にストライカーでロッドを削ります。ロッドをたくさん削ることで火がつきやすくなります。慣れてきたら削る量を減らしても大丈夫ですが、慣れないうちはしっかり削りましょう。

2.火をつける

ロッドをストライカーでこすって火花を散らします。先ほど削った金属粉にうまく火花を散らすことができれば火がつきます。ここでのポイントはロッドを動かすのではなく、ストライカーを固定してロッドを手前に引くことです。

3.火を大きくする

火がつき始めたら新聞紙や木材を足して火を大きくしていきます。一度にたくさん足すのではなく、徐々に足していくことで次第に火は大きくなっていきます。

ファイヤースターターの選び方

ファイヤースターターは100円ショップでも購入できますが、それ以外にもアウトドアブランドから2,000円以上するものまでさまざまです。値段の幅が広いため、ここではファイヤースターターを選ぶ際のポイントを解説します。

ロッドの素材で選ぶ

ファイヤースターターの使用シーン

出典:Amazon

ファイヤースターターのロッド部分の素材ですが、フェロセリウムとマグネシウムの2種類があります。フェロセリウムは発火温度がおよそ150℃〜180℃と低いため、火が付けやすく初心者に方におすすめの素材です。

一方マグネシウムは発火温度が約473℃とフェロセリウムと比べると300℃近く高いため、発火させるのに少しコツが必要です。価格面についてはマグネシウムの方が安価で、100円ショップで見かける安いファイヤースターターはマグネシウムのロッドです。そのため、ある程度慣れている方はマグネシウムをおすすめします!

【素材の違いまとめ】
  • フェロセリウム・・・火がつけやすく初心者向けだが高価
  • マグネシウム・・・火をつけるのにコツがいるが、安価

ロッドの形状で選ぶ

ブッシュクラフトのファイヤースターター

出典:Amazon

ロッドの素材以外に形状にも注目しましょう!まず、ロッド部分の理想の長さは6cmです。これは6cm以上の長さがあれば、一回で削れる金属粉が多くなり、火をつけやすいからです。次に太さですが、ここは直径が8mm以上のものを選びましょう。ロッド部分は消耗品で、着火するたびに削れていきます。そのため、ロッドが太い方が長く使えてコスパがいいです。また、ロッド部分が8mm以上あれば持ちやすく、火もつけやすくなります!

【理想のロッド形状まとめ】
  • 長さは6cm以上
  • 太さは直径8mm以上

ロッドの柄の材質・形状で選ぶ

ファイヤースターターの柄

出典:Amazon

使用中しっかりと握りしめておかなければならないロッドの柄の部分は、滑りにくい木材のものがおすすめ。プラスチック製や金属製のものも滑りにくい加工はされていますが、木材は手によく馴染むためもっとも握りやすいと評判です。中でも円筒形で握り込むのに十分な太さがあるものを選びましょう!

【おすすめのロッドの柄まとめ】
  • 木材のもの
  • 円筒形で握りやすい太さ

ストライカーとロッドがまとまっているかで選ぶ

ブッシュクラフトのファイヤースターター

出典:Amazon

ファイヤースターターは、ストライカーとロッドがセットで成り立つアイテムです。言い換えればそれは、ストライカーとロッドのどちらかでも紛失してしまうと、使えなくなってしまうということ。そういった事態を防ぐために、あらかじめひもなどでストライカーとロッドをまとめておけるものを選びましょう!

おすすめのファイヤースターターをご紹介!

ここではおすすめのファイヤースターターを紹介します。商品によっては火をつける以外の役割を持たせたものも。また、デザインもメーカーごとに違うため、ここでぜひお気に入りのファイヤースターターを見つけてみましょう。

まとめ

ファイヤースターターはアウトドアで火おこしする際にもってこいのアイテムです!マッチ派やライター派の方もいるかもしれませんが、値段も安いものが多いですし、1つ持っているだけでとても便利ですよ!ぜひ、アウトドアや防災のお供に!

この他の火おこしアイテムや方法を知りたい方はこちら▽

今回紹介したアイテム

商品画像 The Friendly Swede フェロセリウム ファイアースターター+ボトルオープナー 木目 (ブラック) Bush Craft(ブッシュクラフト) オリジナル ファイヤースチール2.0 (メタルマッチ) 06-01-meta-0001 [メロウストア] ファイヤースターター フェロセリウムロッド 火打ち石 ストライカー 火打ち金 新潟三条発 ワンサイズ,フェロセリウムロッドのみ Chileeany 大きいサイズ 火打ち石 100 x 10mm ファイヤースターター マグネシウム 着火器 サバイバ ルツール 紐通し穴あり 收纳袋付 (緑) キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ファイヤースターター 火打ち石 マグネシウム ハンディ ファイヤー スターター UG-3271 キャンプ アウトドア マグネシウムファイヤースターター 火打石 火打ち石 ファイヤースターター マグネシウム メタルマッチ 着火器 緊急災害・アウトドア・キャンプ・サバイバルツール AURORA ファイヤースターター 440C シルバー
商品名 The Friendly Swede フェロセリウム ファイアースターター ブッシュクラフト オリジナル ファイヤースチール2.0 メロウストア ファイヤースターター フェロセリウムロッド Chileeany ファイヤースターター キャプテンスタッグ ハンディファイヤースターター UG-3271 WWB マグネシウムファイヤースターター SURVIVE ファイヤースターター Aurora ファイヤースターター
商品リンク 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る Amazon で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る Amazon で見る
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


関連するキーワード

焚き火台 燃料

おすすめのキーワード