キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

簡単に火起こしができる?ファイヤースターターの使い方を解説!

ファイヤースターターで着火している様子

出典:PIXTA

ファイヤースターターは本格的な火起こしを0から簡単にできる優れもの。燃料がいらないので災害時などにも役立ちます。そんなファイヤースターターですが火が付かないと悩んだ方も多いのではないでしょうか?実は4つコツを押さえれば簡単に着火が可能。今回は使い方から簡単に火を起こせるコツを紹介します!

ファイヤースターターの仕組み

ファイヤースターターを手に持ってる様子

出典:PIXTA

ファイヤースターターはマグネシウムでできた棒「ロッド」と、ロッドを削る棒「ストライカー」の2つをまとめた総称。マグネシウムは塊では燃えにくいですが粉状にすると摩擦の熱で簡単に着火でき、その原理を使用したのがファイヤースターターです。 さらにマグネシウムは一度火を付けられれば燃えやすく着火しやすいのが特徴です。火の起こし方は火打ちと一緒でストライカーでロッドを勢いよく削ることで火花を散らして、木くずや紙に着火します。 ▼おすすめのファイヤースターターはこちら!

失敗しない!ファイヤースターターの使い方(火起こし方法)

ファイヤースターターを使った火の付け方は以下になります!
  1. 火種を用意する
  2. ロッドを削る
  3. ストライカーでロッドを擦る
  4. 空気を送り火を大きくする
動画で確認したい方は上の動画を参考にしてみてください!

1.火種を用意する

薪を細かく割いた様子

出典:PIXTA

ティッシュ、新聞紙→小枝→枝→薪と火を移していくので最初の火種を用意します。まずは紙や木くずを用意しましょう。小枝を使用する場合はなるべく乾ききったもので細かくちぎるのがコツ。初心者はティッシュペーパーや新聞紙などすぐに燃えるものを用意しておくのがおすすめです!

2.ロッドを削る

ロッドを削っている様子

出典:PIXTA

火を起こす前にロッドを削って、準備した火種の下にマグネシウムをふりかけます。コツは削ったマグネシウムが着火剤となるため、必ず火種の下にマグネシウムをふりかけること。火は上に燃えていくので基本的に燃やしたいものが火の上にくるように配置します。

3.ストライカーでロッドを擦る

ストライカーでロッドを削っている様子

出典:PIXTA

ストライカーでロッドを強く擦って火花を散らしていきましょう。事前に削ったマグネシウムに火が付いたら紙や枝をかぶせていき火を大きくしていきます。この時に小枝などを大量に足したら火が消えてしまうので注意しましょう!

4.空気を送り火を大きくする

火吹き棒で酸素を送っている様子

出典:PIXTA

火は酸素を送れば大きくなるので、うちわや火吹き棒で酸素を送りましょう!勢いよく空気を送ると火が消えてしまうので火の大きさに合わせて酸素を送るのがポイントです。

ファイヤースターターを使う際のコツ

ファイヤースターターで着火している様子

出典:PIXTA

ロッドを削っても上手く火花が飛び散らない経験をされた方も多いと思います。そんな時は以下の4点を試してみてください。
  1. 黒皮を削る
  2. ロッドを固定する
  3. マグネシウムを増やす
  4. ストロークを長くする
それぞれ詳しく解説していきます!

黒皮(ロッドのコーティング部分)を削る

テーブルの上にファイヤースターターが置かれている様子

出典:PIXTA

初心者にありがちなのがファイヤースターターに黒革が付いた状態で使用してしまうこと。購入したばかりのファイヤースターターには黒革が付いているので擦っても火花が飛びにくくなっています。そのため黒革が付いている場合はしっかりと削ってあげましょう

ロッドを固定する

ロッドをしっかり強く握りしめて固定して、ストライカーで削ってみましょう!ロッドがブレるとストライカーとの摩擦が弱くなり上手く火花が飛びません。それを防ぐためもロッドをしっかり固定しましょう!

マグネシウムを増やす

ロッドを削っている様子

出典:PIXTA

中々火が付かないときは、追加で火種付近にロッドを削ってマグネシウムの量を増やしましょう!マグネシウムの量が増えることで少し火花が散っただけでも大きな火を作れます。

ストロークを長くする

ストライカーでロッドを削る時、1ストロークが短いと摩擦が起きる面積が小さくなり上手く火を付けられません。なのでストロークが短いと感じた方はなるべく1ストロークを長くして削ってみてください!削る際は上で説明したロッドを固定することも意識してくださいね。

ナイフを使ったかっこいい着火方法

ロッドとナイフが並んでいる様子

出典:PIXTA

ブッシュクラフトの雰囲気を楽しみたい方はナイフの背面をストライカーの代わりにしてロッドを削ってみてください。コツはナイフの背面に軽くやすりをかけること。背面に凹凸がないと摩擦が起きにくく火花が飛び散りづらいです。凹凸を付けるために背面をやすりで削っておきましょう!

ファイヤースターターの寿命

切り株の上にファイヤースターターが置かれている様子

出典:PIXTA

ファイヤースターターはロッドのマグネシウムが無くなれば火花を散らせなくなるので寿命になります。なので太くて長いロッドのものが寿命が長いです。ただしストローク数を減らして火を付けられれば、マグネシウムの消費を抑えられ長く使えます!そのためにもファイヤースターターの使い方をマスターするのがおすすめです!

ファイヤースターターを使って火起こしを楽しもう!

今回はファイヤースターターの使い方と、火を付ける際のコツを解説しました。ファイヤースターターはコツさえつかめば誰でも簡単に火を起こせます。またチャッカマンやバーナーに比べ火を付ける楽しみが増えるのもうれしいポイントです。アウトドアをより楽しむためにも是非使ってみてください!
 最終更新日:

あわせて読みたい記事