火吹き棒人気おすすめ10選!使い方や選び方を紹介

キャンプ用品

ファイヤーサイドのファイヤーブラスターの画像

出典:楽天

アウトドアで焚き火をする際、火を起こすのに手こずったり、火力が中々強くならないという経験をしたことがある方は多いと思います。そんな時、火吹き棒を使えば火元にピンポイントで空気を送ることが可能です。この記事では火吹き棒の選び方や使い方について詳しく紹介します。


 目次


火加減の調節に便利な火吹き棒!

ファイヤーサイドのロングタイプファイヤーブラスターの画像

出典:Amazon

アウトドアシーンで焚き火をする際に大活躍する火吹き棒。火元にピンポイントで空気を送ることでき火種を付けたり、火力をあげたり簡単にできるアイテムです。

軽量でコンパクトに収納でき、持ち運びに優れたアイテムもありますし、ナチュラルでデザイン性に優れたアイテムなどさまざまな種類が展開されています。使われている素材や火吹き棒の長さも色々あるため、火吹き棒の選び方や使い方、おすすめのアイテムを紹介していきます。

火吹き棒の選び方を紹介

火吹き棒を選ぶ際のポイントは何を確認すればいいか、と気になっている方もいると思います。ここでは火吹き棒を選ぶ際のポイントを3つ紹介します。

素材

ファイヤーサイドのファイヤーブラスターの画像

出典:Amazon

火吹き棒に使われている素材は大きく分けてステンレス、アルミ、竹の3つに分けられます。それぞれ素材によって特徴が異なるため、火吹き棒を選ぶ際には重要なポイント。素材の特徴を踏まえて火吹き棒を選びましょう。

・ステンレス
ステンレス素材はさびにくいという特徴があります。アウトドアシーンで水に濡れてしまっても安心です。

・アルミ
アルミ素材は軽量で耐久性の高いという点が特徴です。軽量なため、持ち運びにも便利に使えます。しかし、ステンレス素材と違い、さびには弱いため、水に濡れてしまったらしっかり手入れをしましょう。

・竹
竹素材は自然に馴染み、経年変化を楽しめるという点が特徴です。自然の素材なため、アウトドアシーンでナチュラルに使えますし、長く使っていくことで味が出てきます。

長さ

ファイヤーサイドのファイヤーブラスターの画像

出典:Amazon

火吹き棒を選ぶ際には長さも重要なポイント。火吹き棒の一般的なサイズは60cm、短いサイズのアイテムだと45cm、長めのサイズだと80cmです。長さによっても特徴が異なるため、自分の好み、使いやすさを考えて長さを選ぶようにしましょう。

・短めのサイズ
短めな火吹き棒は長さが短いため、軽量でコンパクトに収納できることが多いです。コンパクトで荷物にならず、携帯性に優れているという特徴もあります。

・長めのサイズ
長めサイズの火吹き棒は火元から十分な距離を取って、空気を送れます。火傷の心配も短めの火吹き棒と比べると少ないですし、椅子に座りながら空気を送ることも可能です。

伸縮タイプか分割タイプ

ブッシュクラフトのファイヤーブラスターの画像

出典:Amazon

火吹き棒には伸縮タイプと分割タイプ、どちらもできないタイプの3種類があります。

・伸縮タイプ
伸縮タイプは手にひらサイズのコンパクトな収納が可能です。使い方も簡単ですし、初心者の方でも便利に使えるアイテムとなっています。初めて火吹き棒を購入する方はこちらのタイプがおすすめです。

・分割タイプ
分割タイプは真ん中で2つに分割して収納するタイプの火吹き棒です。伸縮性と比べると収納サイズが大きくなってしまいますが、おしゃれなデザインの火吹き棒が多くあります。

・どちらでもないタイプ
どちらでもないタイプの火吹き棒は使用時と同じまま、伸縮や分割ができない火吹き棒。竹素材を採用した火吹き棒はこのタイプが多いです。

火吹き棒の使い方を解説

ファイヤーサイドのファイヤーブラスターの画像

出典:Amazon

火吹き棒はただ闇雲に空気を送り込んで使うのではなく、効率良く燃焼させることが可能な使い方があります。細くなっている先端側を火元の方向に向けて使い、火元からは約15cmほど距離を取って使用。また、燃えやすいものに火を付けてから、太いものへ火を移す。そして、火吹き棒で空気を送り、火力を調節していけば効率良く火吹き棒を使えます。

火吹き棒はセリアなど100均にも売っている!自作も可能

安く購入したい方は100均で購入しよう

100円ショップの店内の画像

出典:PIXTA

100均にはさまざまなアウトドグッズが販売されており、火吹き棒を取り扱っている店舗もあります。100均に販売されている火吹き棒は伸縮タイプのもので、ポケットに収納できるくらいまでコンパクトにすることが可能です。最大の特徴はなんといっても価格。超低価格で火吹き棒をゲットできます。特にこだわりがなく、試しに火吹き棒を買ってみようと思っている方は100均で火吹き棒を購入してみてはいかがでしょうか。

自作方法を解説

火吹き棒は自作でオリジナルアイテムを作ることも可能です。自撮り棒など伸縮できる細長いものを使って自作します。自撮り棒は100均などに売っている安いもので大丈夫です。スマフォを固定する部分を取り外し、根元の角度を調節できる部分も取り外します。

全部外したら、長さ調節できるステンレスの棒だけになり、中は空洞になっているため火吹き棒として使うこと可能です。とても簡単に作れますし、低価格で火吹き棒をゲットできるため、自分で作ってみたいという方がぜひチャレンジしてみてください。

【自作方法】
①スマフォを固定する部分を外す
②根元に付いている角度調節をする部分を外す
③樹脂の残りくずをきれいに拭き取る
④口に触れる側の先端にスポンジやシリコンキャップを装着して完成

火吹き棒人気おすすめ10選

火吹き棒を使ってアウトドアでの火起こしを快適に!

火力調節を簡単にできる火吹き棒。狙ったところピンポイントで空気を送ることができ、火が付きづらいシーンや弱くなってしまった時でも簡単に火加減を調節可能です。軽量で手のひらサイズに収納できるコンパクトな火吹き棒もありますし、サビに強く耐久性のある火吹き棒などさまざまな種類があります。ぜひ、この記事を参考にして火吹き棒をゲットしてみてください。
▼焚き火台についての記事はこちら!

今回紹介したアイテム

商品画像 ファイヤーサイド ファイヤーブラスター FB1 [REDECKER/レデッカー]ファイヤーブロアー(火吹き筒)/ (ナチュラル/シルバー, 85cm) 【正規品】PETROMAX ペトロマックス ファイヤーブロウパイプ アウトドア キャンプ BBQ グランピング 登山 トレッキング 火吹き棒 焚き火 13317 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ふいご 火吹き棒 火起こし 送風機 伸縮式 長さ110~480mm コンパクト クリップ付き 収納袋付き UG-3258 VASTLAND(ヴァストランド) ふいご 火吹き棒 火起こし カラビナ収納ケース付き 伸縮6段式 グリーン Bush Craft(ブッシュクラフト) ブッシュクラフト ファイヤーブラスター 29151 ビジョンピークス 伸縮式火吹き棒 ファイヤーブロアー VP160509I03 Maxboost(マックスブースト) ポケットふいご (専用収納ケース付き) [無期限保証] TMX11-SP21JR012 VARGO/バーゴ ULTIMATE FIRE STARTER/アルティメットファイヤースターター tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)ジェットストロー
商品名 ファイヤーサイド ファイヤーブラスター FB1 レデッカー ファイヤーブロアー ペトロマックス ファイヤーブロウパイプ キャプテンスタッグ スライド火吹き棒 ヴァストランド 火吹き棒 ブッシュクラフト ファイヤーブラスター ビジョンピークス ファイヤーブロアー マックスブースト ポケットふいご バーゴ アルティメットファイヤースターター テンマクデザイン ジェットストロー
商品リンク Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る 楽天市場 で見る
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪