斬新な発想に脱帽!隠れファンも多いユニフレームの「REVOシリーズ」の魅力とは!?

hinata

>

キャンプ

>

斬新な発想に脱帽!隠れファンも多いユニフレームの「REVOシリーズ」の魅力とは!?

斬新な発想に脱帽!隠れファンも多いユニフレームの「REVOシリーズ」の魅力とは!?

 キャンプ

出典:ユニフレーム

国内の有名アウトドア用品ブランドの一つ、ユニフレーム。テントやシュラフ、バーベキューグリル、テーブルなど一通りのアウトドア用品が揃います。中でも、グリルやバーナーは、その使い勝手の良さからファンも多数。反対に、テントやタープはあまり知られていないものの、実はテント・タープの「REVOシリーズ」(レボシリーズ)にも隠れファンが多くいるんです!そこで今回は、「REVOシリーズ」の魅力と特長についてご紹介します!

ユニフレームは金物アイテムの評判が◎

   

出典:ユニフレーム

ユニフレームと言えば、さまざまなアウトドアシーンで活躍する「ファイヤグリル」があまりにも有名。ほかにもハードケースのようなスタイリッシュなデザインのツーバーナー、黒皮鉄板製のダッチオーブンなど、金属加工製品で全国に名を知られている新潟県燕市に本社を置くユニフレームだからこそ、金物分野で質の高いアウトドアアイテムを生み出しています。

ユニフレームの「REVOシリーズ」とは?

   

出典:ユニフレーム

ユニフレームの「REVOシリーズ」は、2008年に発表された「REVOタープ」が始まり。「今までにないものを創ろう」という革新的な思いから生み出されたこのタープは、非対称の形が大きな特徴です。

発売以来、その個性的な形と実用性にファンも多く、ユニフレームは「REVOタープ」のオプションパーツとして、メッシュ素材の「メッシュウォール」や「ラック」などを発表。
テントの最新作としては「REVOルーム4プラス」が発表され、それまでユニフレームが出してきたドーム型の「SORA TOUR」や、2~3人用の「ユニツアー」などは廃番になるなど、「REVOシリーズ」はユニフレームのテント・タープを代表するシリーズとなっています。

REVOタープ

   

出典:ユニフレーム

まるでクモの巣のようなシルエットの「REVOタープ」は、珍しい左右非対称デザイン。メインポール、サイドポールがそれぞれ2本ずつ付属していて、それらを組み合わせて開放的なリビングスペースを創りだすことができます。この変形デザインは出入り口が広く取れ、プライバシーを確保することが可能なので、ユーザーの使いたいスタイルによって、自在に形を変えることができます。

   

出典:ユニフレーム

張り方のバリエーションは全部で4つ。サイトの広さや、人数、プライバシーなどを考え、臨機応変に張り方を変えることができます。

(1)メインポールのみを使用したベーシックなスタイルは、張り方も簡単。サイトスペースに余裕がある場合におすすめです。
(2) メインポール+サイドポールで、高さを出した張り方は、開放感たっぷりのリビングとして使えます。
(3) メインポール+サイドポールに加え、メッシュ部分は直張りに。開放感とプライバシーを両立させたスタイルです。
(4)サイドポールを利用せず、メッシュ部分とサイドポール部分は直張りにして、プライバシーをより重視。日陰を作りたい時にも便利です。

メインポールとサイドポールに引っ張られない部分には、ユニフレームのロゴと、メッシュを採用。このメッシュは、設営時のしわを解消するとともに、生地にかかる負担も軽減しています。
また、タープにはUVカットコーティングやはっ水加工をしているため、日差しの強い日や雨の日も使用OK。内面のグレーコーティングは、ランタンの明かりを反射して明るくなるため、夜でもリビングスペースとして活躍します。

サイズはMサイズとLサイズの2種類。Mサイズは2~4人で使いやすいサイズ、Lサイズは5人で荷物を置くスペースがあるゆったりサイズとなっています。ほかに、6~10人の大人数で使える「REVOタープ600」もあります。

REVO メッシュウォール(L)

   

出典:amazon.co.jp

「REVOタープL」のオプション商品として、2016年に発表された新製品「REVO メッシュウォール(L)」。天井や壁面などすべてメッシュ仕様で、虫の侵入を防ぐので夏場のキャンプに大活躍です。出入口は横幅200cmのワイド設計。2か所に設けられたこの出入り口は、「REVO ルーム4プラス」とも組み合わせて使えるようになっています。内部には電池式の小型ランタン(200g以下)を取り付けられるフックもあり、便利です。

   

出典:ユニフレーム

「REVOタープL」との設営方法はとっても簡単!先にタープを張り、タープのポールに、「REVO メッシュウォール(L)」の接続バンドを引掛けます。次にメッシュウォールを張って、ガイロープをペグダウン。最後に下部のスカート部分をペグダウンして完了です。

REVOルーム4プラス

   

出典:ユニフレーム

ユニフレームが現在販売している唯一のテント「REVO ルーム4プラス」。台形部分のインナーテントと、三角の前室からなる、とても斬新なデザインは、キャンプ場でも人目をひくこと間違いなし。同じ「REVOシリーズ」の、「REVOタープ」や「REVO メッシュウォール(L)」と組み合わせれば、広々としたリビングと寝室が一体になったアウトドア空間ができあがります。

設営はフライシートを「REVOタープ」のメインポールに引掛け、インナーテントをフックやバックルで取り付けたあとに、下部をペグダウンすればOK。付属のグランドシートもフライシートのフックにかけることができます。タープがない場合は、張縄とメインポールを使えば単体での設営も可能。背面のアルミフレーム採用で、強度面も考慮しています。

REVOフラップ

   

出典:ユニフレーム

「REVOタープ」のオプション品として生み出された、タープの下部に荷物置きや調理台を置くスペースをつくる、三角の幕。「REVOタープ」のメインポールを利用するので、設置の手間もかかりません。

全面がメッシュ生地になっていて、開けると風通しもよく、フルクローズすると日よけにも。三角のフォルムは、タープの張縄の内側に収まるようになっているので、スペースを有効に使えます。

REVOラック

   

出典:ユニフレーム

テーブルウェアやキャンプで使う小物をすっきりと整理できる、スタイリッシュなラック。ラックというよりも、まるで家具のようなたたずまいは、「REVOシリーズ」ならではの、さすがの一品です。「REVOフラップ」の内側に取り付けることができ、4段あるうち、上2段のフチには立ち上がりをつけて小物が落ちないように工夫。カラビナなどで小物を引掛けることができるハンギングチェーンは、赤色でラックのアクセントにもなっています。メッシュ素材なので、洗った食器もふせておくだけで水切りが可能なのもうれしいですね!

まとめ

他のブランドにはない斬新な発想と形の「REVOシリーズ」はいかがでしたか?個性的なサイトを演出したい!と思っている人にはぜひチェックしてほしいシリーズです。今後も革新的なラインナップでファンを増やしていくであろう、ユニフレームの「REVOシリーズ」から、目を離さないでくださいね!


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner