hinata

>

ノウハウ

>

スタイル

>

おしゃれキャンプ

>

憧れのおしゃれキャンプ☆つくりかたから必須アイテムまで一挙公開!

憧れのおしゃれキャンプ☆つくりかたから必須アイテムまで一挙公開!

 ノウハウ

晴れた青空の下でピクニックを楽しむ親子

キャンパーさんの中には、おしゃれキャンプに憧れたことのある人は多いのではないでしょうか♪インスタグラムやSNSで検索してみても、とっても素敵なサイトをつくっているキャンパー方がたくさんいますよね!でも実際に自分でサイトを作るとなると、「どうやったらおしゃれになるの?」「何が必要なの?」そんな疑問を解決するべく、手作りおしゃれキャンプに必要な基本手順を必須アイテムと一緒に紹介していきます♪この機会におしゃれサイトを作れるようになっちゃいましょう!!


 目次


お手本おしゃれキャンプ

るみぞうさん(@rumika99)がシェアした投稿 -

1. テント設置場所

まずはおしゃれキャンプの決め手とも言える、テントの設置場所から見ていきましょう♪

テント設置ポイントまとめ

おしゃれキャンプの際に気を付けたいのは特にこの2つです!

広さ→
最重要ポイントといえます。おしゃれキャンプではゆったりと過ごしたいキャンパーさんが多いので、大きいテント・タープを広げても狭さが気にならないサイトがおすすめ!

木陰→
夏場は特におさえたい場所です!近くに木があれば、ハンモックを吊るすことができます。でもあまりに木に近すぎると、落ち葉の音やテントの汚れも気になってしまうので注意しましょう。

川端 孝哉さん(@takaya0421)がシェアした投稿 -

まとめると、筆者おすすめは木陰かつ人通りの少ない場所が確保できるサイトです!さて、場所を決めたら実際にテントを張りましょう!

設置の際に気を付けたいポイントまとめ

プライベートを確保できるか

中庭エリアを作れるようにする→テント・タープ・車の配置をL字型にすれば、中庭のようなスペースがうまれ、そこでたき火をしたりすることもできます!ポイントをおさえたら、テントを張りましょう!

*Junko*さん(@jujusuzu)がシェアした投稿 -

ちなみに、おしゃれキャンプにおすすめなのはワンポールタイプのテントです。なんといってもオシャレ!高さ・幅共に十分なので、大人ものびのびできます♪

2. タープ設置位置

上記を参考にタープを設置しましょう!おすすめ設置場所は、車から見てテントを挟んで斜めに位置するところです。もしオートサイトでない場合は、そのままテントの入り口前に設置するのがいいでしょう♪タープは、大きければ大きいほど、行動しやすいので大きいものがおすすめです。しかし、サイトが狭いとスペースをとるのに苦労するので、広いサイトを選びましょう!

Akiさん(@aki.ymmt25)がシェアした投稿 -

ちなみに、もしドーム型のテントを使用する場合は、既にリビングスペースがあるので、特に必要ないかもしれません♪

3. テント内のギアレイアウト

さて、次はテント内のレイアウトをしましょう♪おすすめのワンポールテントから覗くレイアウトはおしゃれキャンプに欠かせないポイント☆

まずは、テントインナーまたはレジャーシート・ラグを敷きましょう!暑さや見た目など選ぶポイントは好みによりいくつかありますが、おすすめは厚さが4mm以上の厚手のもの。厚手であればあるほど、地面を気にしなくてよく、快適に過ごせるでしょう♪

最近のインナーは、エキゾチック柄やふかふかに毛羽立ったものなどおしゃれなものが豊富なので、お気に入りを探してみるのも楽しいですよ♪

さあ、インナーやラグをひいたら、ベッドを設置しましょう!おしゃれキャンパーさんに人気なのは、エアマットとコット。

エアマット・コットのポイントまとめ

Noriyukiさん(@8ball_coffee)がシェアした投稿 -

エアマット→
全体にひけるので、寝る場所が自由。どこに座っても快適。ただし、大きいものはエアを入れるのが大変です。

エアマットをひいたら、その上にラグや薄いシートなどをひくことを忘れないように☆おしゃれなクッションがあれば、さらにお家のような快適さになります♪

Roost Outdoorsさん(@roostoutdoors)がシェアした投稿 -

コット→
簡単に設置・移動・持ち運びができます。また寝返りをうっても落ちる心配はないです。寝る時以外は外においておけば、ベンチ代わりにもなります。

コットを設置したら、上に小さめのブランケットやラグを被せれば、さらに快適に寝れて、見た目もGOOD!

4. テーブル・イス配置

テント内はばっちり!さて、次はタープ下のスペースの作り方をみていきます♪まず、設置したいのがテーブルとイス。スタイルとしては主に2つ、ロースタイルとハイスタイルです。

ロースタイルとハイスタイルのポイントまとめ

inajunさん(@inajun5656)がシェアした投稿 -

ロースタイル→
机・イスが低いので、子供・大人関係なく対応。目線が下がるので、より自然を感じることができます。ロースタイル用のイスはリクライニングタイプが多め。釣りにもぴったり!ただし、立ち座りが少しおっくうです。

にしちゃん😻👍さん(@ni.out)がシェアした投稿 -

ハイスタイル→
机・イスが高いので、よりおしゃれ感がでます。机が高いので、調理・作業がしやすく、立ち座りが楽。

おしゃれキャンパーさんにおすすめなのは、やはりハイスタイル!最近は、ロースタイルが注目されていますがハイスタイルのほうが見た目も映え、おしゃれな雰囲気を演出しやすいでしょう☆

素材感は木製がオススメ!木製とは言っても、防水加工されているものが多いので、雨や泥を気にする必要もなく、見た目もおしゃれ!座り心地が気になる時は、マットを敷けばさらに快適+おしゃれになりますよ!テーブルにも1枚テーブルクロスを敷きましょう♪こぼしてもクロスを洗うだけでOK、さらに見た目も良くなるのでおすすめです!

アイテム紹介:テーブル・イス・イス用マット・クロス

5. 物置棚(かざり棚)

テーブル・イスを設置したらキャンプ道具を置く棚を置きましょう♪

MIYAKOさん(@mi_0102)がシェアした投稿 -

おしゃれキャンプに欠かせないのが、物置・兼かざり棚!キャンプに必要なものもおしゃれな棚におくだけで、インテリアに♪また、棚を置く位置によって人目を遮ることもできるので、よりプライベートを確保できます。

おしゃれキャンパーを目指すなら、手作り棚を持っておきたいもの♪でも、女性の方など手作りはおっくうという方におすすめなのが、「コーナンラック」!ホームセンターでおなじみのコーナンで販売されている、ラックがおしゃれかつ機能的と今かなり人気のアイテムです!シンプルなデザインなので、アレンジをすればオリジナルになるのも嬉しい♪

CAMPUNKSさん(@campunks)がシェアした投稿 -

アレンジとしては
・棚ごとにマットをひく→前側が三角▼に垂れるようにするのがおすすめ!

makikoさん(@mamahug)がシェアした投稿 -

・収納用バンドをつける→持ち運びに便利かつおしゃれ!

hirokuni takahashiさん(@anji.222)がシェアした投稿 -

・ペイントをする→お気に入りの色に全体をペイントするも良し、サイドだけなどの一部ペイントもおすすめ!

6. ガーランド(+ライト)

Naomi Akahoriさん(@16nao70)がシェアした投稿 -

棚まで用意できたら、あとは飾り付け!必須アイテムはガーランドです♪ライト付きなら、夜でも明るくかつおしゃれな雰囲気に☆おしゃれキャンパーさんの多くは、手作りガーランド・ランプを使っていることが多いみたいです。手作りガーランドは簡単かつ手軽に作成できるので、自分の好きな柄・色を合わせてオリジナル作成にトライしてみることをおすすめします!作り方はシンプル!好きな布を三角に縫い合わせ好きな長さに切ったひもにとりつけるだけ☆さらに、夜でもおしゃれ感を目指したいキャンパーさんはランプだって手作りに挑戦!

ⓨⓤⓚⓐさん(@yukaaa1027)がシェアした投稿 -

材料は100円ショップ「セリア」に売っている「電球型瓶」!こちら見た目は電球ですが、実際は瓶なので、中に小さいLEDランプを入れてランプとして活用しましょう。電球型瓶にLEDライトをいれたら、ガーランドのひもに吊るしたり、木と木の間・テントと木の間などに吊るしてもおしゃれ☆

7. おしゃれ小物紹介

さらに、サイトをおしゃれに見せてくれる小物アイテムを紹介します♪

ランタン

charlie komutaさん(@charliekomuta)がシェアした投稿 -

ランタンは机の上に置いたりテントの中で使ったり、暗い道を歩くときに懐中電灯替わりで持ち歩いたり、など持ち運びが簡単なので超必須アイテム!最近は、可愛いものがたくさん販売されているのでチェックしてみてくだいね♪

こちらも合わせて参考にしてみてください!

ハンモック

おしゃれかつ快適さがアップするアイテムがハンモック。ゆったりお昼寝をしたいときや、読書をしたいときなどにぴったりで、なおかつ自然の中のハンモックは見た目も抜群!

Z◀︎RIVERさん(@llm.ll)がシェアした投稿 -

設置方法

難しそうに見えるハンモックの設置ですが、意外と簡単!

1. まずは、設置場所を決めます。ポイントが2つ。

1つ目、木陰になる、かつ上から降ってくるものが気にならない場所を選びましょう。もし毛虫なんて落ちてきたら大変ですからね!次のポイントが、木の太さ。直径30cm程度であればOK。太い分には構いません!木と木の間に付ける場合は3~4mくらいの感覚で。ハンモックの大きさによって調整しましょう。丁度よい感覚が見つからないときは、便利なハンモックスタンドを使いましょう!こちらのスタンドは、設置用ロープ、地面固定パーツまでセットになっているのでハンモックファンは絶対買うべき!さらに、説明書がついているので初心者も安心して使えます!

2. 場所を決めたら、片方を木に縛り付けます。

このとき注意したいのが、木を傷つけないこと。自然を楽しめても、自然を犯してしまったら元も子もありません。このとき使いたいのが、スラックライン用のカバー。マジックテープになっているので、木の太さにも対応しやすいです。その上に、ロープを縛り付けましょう。高さは1.5~2mくらいがいいでしょう。

3. 片方を縛り付けたら、もう片方も。

丁度よい感覚がみつければばっちり。そうでなければ、スタンドで対応。作業はこれだけ!やはり2つの木に設置するほうが楽なので、ハンモックを簡単に設置したい人はサイト選びの条件にしてください!

【おまけ】

おまけとして、あると便利かつおしゃれになる小物アイテムを紹介します♪

たき火台

Yasutomo Sasakiさん(@yasukenryou)がシェアした投稿 -

こちらのたき火台にはトングなどがかけられるんです!トングなどは意外と置き場所に困るものなので、かけられる場所があると助かります。おしゃれかつ機能的でおすすめ☆

メッシュテーブル

KENさん(@mkwks55)がシェアした投稿 -

テント内でちょっとした小物を置いたり、たき火やBBQのときのサイドテーブルとして役立つミニテーブル。メッシュ素材がおしゃれですよね♪持ち運び、設置も超簡単!

まとめ

いかがでしたか?おしゃれキャンプを一から作りたい人のために、設置方法・おすすめアイテムを紹介しました♪早速、自分だけのオリジナルサイトを作ってみませんか?秋本番のこれから、キャンプにぴったりの季節がやってきます!おしゃれにできたら、インスタグラムなどでアピールしちゃいましょう♡


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

3

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

4

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

5
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪