hinata

>

ノウハウ

>

スタイル

>

ファミリーキャンプ

>

いいことだらけ!?ファミリーキャンプが子供に与える影響とは?

いいことだらけ!?ファミリーキャンプが子供に与える影響とは?

 ノウハウ

キャンプ場で子供が親に向かって走っている

出典:paylessimages / ゲッティイメージーズ

テレビや雑誌などで子供が外でのびのびと遊ぶ様子を見て、子供をキャンプに連れていきたいと考えている方はたくさんいらっしゃると思います。ファミリーキャンプは思い出に残るだけでなく、実は子供にとっていい影響がたくさんあるんですよ☆今回はその中でもキャンプが子供に与える6つの影響をご紹介します。


 目次


キャンプが子供に与える6つの影響

キャンプでは現在の時間に追われる忙しい生活を離れて、時計を見ずとも夜日が沈んだら寝て、朝日が昇ったら起きる。当たり前のことかもしれませんが、そんな時計に頼らない生活をすることで自然と体内時計、生活リズムが整います。それに森の木々や川のせせらぎなどから出るマイナスイオンには、リラックス効果があるので、ストレス解消にもなるんです。
しかし、これだけでなく実は、キャンプは子ども達にとって、もっと大きな影響を与えると色んな研究結果がでているんですよ。なかには将来にまで影響すると言われている事もあるほどです。今回ではその影響の中の6つを紹介していきます。

協調性が養われる

キャンプでは、自分で「食」・「住」を作らなければなりませんよね。食・住を作るときは、みんなで助け合うことが重要です。たとえばテントを張るにしても、パパ一人の力でもできることですが、子どもにも役割を分担してあげることで、自分も家族の為に手伝って役に立っているんだ!という自信に繋がります。その自信が協調性を育んでくれます。

テントのペグを打つ女の子    

出典:coleman

まだ小さい子どもには難しいと思われるかもしれませんが、我が家では3歳の息子も進んで私と一緒になってポールを支えたり、ペグを運んできてくれます。6歳の息子は、まだ形だけですがプラスチックのハンマーでペグを叩いたり、撤収時にはペグを抜く作業なんかも手伝ってくれます。些細なことかもしれませんが、それを盛大に褒めてあげると「協力している」という事を感じて自信になり、それがまた次の成長へとつながると私は考えています。

 周りで遊んでいてくれることの方がささっと設営できて楽な時もありますが、できるだけお手伝いさせてあげられるように心がけています。テント設営の前に遊びもかねて、石ころを拾うのもいいですね♪

子供が親と一緒にカレーを作っている    

出典:TAGSTOCK1 / ゲッティイメージーズ

食事の準備をするときもそうです。普段はお手伝いができない子もキャンプでは誘ってあげると喜んでお手伝いしてくれます。包丁で野菜を切ったりすることは、普段お家で忙しいときには危ないのでなかなかさせてあげられませんが、キャンプでは大人もゆったりとした気持ちで最後まで見守ってあげられるので、ぜひ挑戦させてあげてほしいです。包丁が難しくても食事の盛り付けを一緒にしたり、食べた後の食器なんかを一緒に洗うのもいいですね。我が家の息子たちは、お家ではしたいとも言わないお皿洗いも、キャンプ場では喜んで着いてきてくれますよ☆ 

また、パパとママが助け合いながらテントを立てている様子や、一緒に料理を作っている様子も子どもたちは見ていないようでよく見ています。普段お家でそういった場面がなかなかないなら尚更です。それを見れば、自分も手伝おう!という気持ちに自然になってくれるものです。

コミュニケーション能力が育つ

4人の子供が焚火でソーセージを焼いている    

出典:evgenyatamanenko / ゲッティイメージーズ

最近ではテレビゲームや携帯型ゲームが発展し、おうちでゲームばかりしている…そんなお子さんも多いですよね。残念ながら、うちもそうです笑 外で遊ばない子どもは「他人との関わりが苦手」、「相手を認めない」、「争いを起こしやすい」大人になりやすいという事がスウェーデンの大学教授の研究結果で判明したそうです。
お家にいると、やはり他人との関わりを勉強するのは難しいですし、お家でもゲームばかりしていては話ができず黙りがちになってコミュニケーションもとりにくいですよね。単なるお外遊びでもそうですが、キャンプへ行って、大人とゆっくりとお話をすることもコミュニケーション能力を高める一つの方法でしょう。
また、他のお友達家族と一緒にグループキャンプをすることで、一緒に遊んで、時には喧嘩もしながら他人との関わりを勉強することは大事な経験になること間違いなしです。キャンプ場で知り合った子たちとお友達になる、なんてこともありますよ。これも、キャンプならではのメリットだと思います。

トラブル回避能力を学べる

雨の中鍋を温めている    

出典:Nina HIlitukha / ゲッティイメージーズ

キャンプでは多くのことが雨や風などの自然に左右されるので、どれだけ準備していっても思い通りに行かず、トラブルに遭遇することはよくあります。急な雨に見舞われたり、何かを忘れることもあるかもしれない。それを解決していく大人の姿を見ることで、子どもの問題処理能力・回避能力が身につくのです。
このトラブル回避能力は勉強で身につくものでなく、経験を積むことこそが必要です。キャンプに行けばその経験を十分に得ることができ、先を予測しながら行動できる子供になるでしょう。わが子たちは、どんな場所へ出かける時も、忘れ物ない?と私や主人に聞いてくるようになりました。

家族の仲が深まる

家族でキャンプファイヤーを見ている    

出典:paylessimages / ゲッティイメージーズ

キャンプに行くとお家では仕事で忙しいお父さんも子供と一緒に遊んだり、子供と一緒に料理をしてくれたりするので、お家より子供と密に関わり家族の仲が深まること間違いなしです。思春期になって親と以前より話してくれなくなった子供も、一緒に料理を作る中で自然に会話が生まれるしょう。また、キャンプが終わった後も思い出や経験を共有していることでお家でも思い話に花を咲かせ、より家族の仲が深まるでしょう。

子供の脳が育つ機会になる!

興味津々に地面を覗き込む子供達    

出典:コールマン

いま現代社会で多く求められているのは「地頭がいいひと」だそうです。「地頭がいい」というのは知識だけでいう頭が良いということだけでなく、答えの無い問題も自分で考え、どんな状況も自分の力で解決できる人のこと。
あの有名な「尾木ママ」がおっしゃられていることなのですが、脳科学で「地頭がいい人」というのは「HQ」が高いひとのことをいうんだそうです。HQというのはヒューマニティ・クォーシェントの略語で日本語でいうと「人間力指数」のこと。人間がもっているさまざまな能力を状況に応じて引き出して使う、脳のコントロールセンター的な能力です。
では、どのようにして「HQ」を鍛えるのでしょうか?それは「原体験」にあるといいます。「原体験」というのは、自然のなかで火をおこしたり、土や木のぬくもりを感じたり、昆虫や動物の声を聞いたり間近に見たり触れるといった、五感をフルに使う体験のことです。
キャンプ場は自然がたくさんあり、この「原体験」の宝庫です。子どもはもともとお外で水で遊んだり土を触ったりすることが大好きです。川の水がとても冷たい事を知ったり河原にある石が色んな形があることを知る。土を触ってあそんでいると、中から虫が出てくる。鳥が鳴く声を聞いたり、動物の足跡を発見する。家族でたき火をしながら、火の危険さ、燃え盛る木のすごさを知る。すべて「原体験」です。

男の子が気に登っている    

出典:ziggy_mars / ゲッティイメージーズ

我が家の子どもたちは、キャンプへ行く前には虫・動物が苦手で本で見ることですらあまり興味も示しませんでしたが、今では触りはできないものの、図鑑をすすんで見て名前を聞いて来たり、興味をしめすようにもなりました。
どうすることもできない暑さや寒さを感じたり真っ暗闇を見て、物に頼らずして人間の力だけではどうしようもできない事を知るのも原体験です。このようにキャンプに行くことは、原体験をたくさん与えられるので、子供の脳を育てるチャンスになりますよ!

感動を共有しよう!

星空をキャンプ場で見ている    

出典:anatoliy_gleb / ゲッティイメージーズ

キャンプ場は大自然の中にあるので、星空がとても綺麗にみえて感動します。街中では味わえない感動です。星空だけではなく、蛍が現れるキャンプ場もあります。テントがたくさん張られていてランタンを灯している風景もとても素敵です。

ご飯が上手に炊けたり、お花がきれいに咲いていたり。山の上から見る風景が絶景だったり…どんな体験でもいいので、子どもと感動を共有しましょう。それだけで、子どもの脳は育まれていくんだそうですよ。子どもに「まえにあそこでみたほしがめっちゃきれいやったね!」などと言われる事が多々あって、私はいつもハッとさせられます。覚えていないようで、子どもたちにとっては大事な思い出になっているんだな、と気付かされる一瞬です。

いつからいつまで?子連れキャンプを楽しめる子供の年齢は?

小さい女の子と両親がテントの中にいる    

出典:EduradSV / ゲッティイメージーズ

キャンプが子供に与える影響を理解して、より子供をキャンプに連れていきたいと感じたと思いますが、では子供は何歳からキャンプに連れていけるのでしょうか。おすすめとしては、歩けるようになって、外遊びにも少し慣れてきた1歳半以上になってからです。やはりキャンプは外なので自分で歩けるようになってからがいいと思います。さらに、8歳までにした経験が脳をよく育ててくれると言われているので、8歳までにはキャンプデビューをするのが望ましいでしょう。 
ただし、基本的にキャンプ場が特に年齢制限をしてない限り、何歳からでもキャンプ場は利用できます。そのため自分たちが何歳ぐらいの子供ならお世話をしながらキャンプできるかによって決めるのがいいでしょう。ただし、夜泣きの時期などは周りへのマナーを考えるとさけるのがいいでしょう。
また、何歳まで子連れキャンプを楽しめるかは、子供次第ですが、一般的には小中学生まで。中高生になっても一緒にキャンプに行っている方もいれば、部活などが忙しくなって行けなくなってしまったという方もいます。何歳から行けなくなってしまうかは予測できないので、一緒に行けるときにたくさん楽しみましょう!

まとめ

キャンプが子供に与える影響について世間体に言われているお話と私の経験を交えて紹介しましたがいかがだったでしょうか。自然体験が減っている今こそ子供にキャンプを経験させてあげることは大切だと思います。これを機にぜひ子供たちをキャンプに連れ出してあげてください♪

バーベキューでお肉にかぶりつこうとする子供    

出典:コールマン


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

3

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

4

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

5
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪