hinata

>

キャンプ

>

キャンプ初心者

>

雨が降ってもキャンプは楽しめる!雨キャンプを充実させるコツ

雨が降ってもキャンプは楽しめる!雨キャンプを充実させるコツ

 キャンプ

山際が曇ったキャンプサイト

出典:ajari / flickr

雨の中でのキャンプは、悩みが絶えません...。平均3日に1回雨が降る日本で、キャンプをしている最中に雨に合わないようにするのは至難の業です。そこで今回はいつ雨が降ってもいいように、キャンプで知っておくべき雨対策を全部ご紹介しちゃいます!これらをおさえておけば、雨が降ろうとキャンプを楽しめること間違いなしです♪


 目次


レインコートなどの雨具は常備!

   

Instagram (@quas)

雨が降ったときのために、雨具は常備しておきましょう!この雨具ですが、特に持っておきたいのがレインコート!雨具というと傘が一般的ですが、テントの設営などの作業をする際、傘はほとんど役に立ちません!片手での作業は難しいんです!そこで必要になるのが、雨から守りつつ、手もふさがらないレインコート!これと合わせて長靴を履けばとても快適になりますよ♪

しかしレインコートがあるからといって、傘が不要というわけではありません!テントでくつろいでいて、トイレに行きたくなったときなど、設営時に使った濡れたレインコートをもう一度着るのは不快ですよね?すぐに使える雨具として、傘は必須アイテムです!

キャンプアイテムは濡れても錆びない素材で!

   

Instagram (@KB)

キャンプで使用するアイテムですが、雨で濡れた時のためにできれば錆びにくい素材のものが良いでしょう。購入時から雨のことを考えておくと、後で悩まずにすみます!
特にステンレスやチタン製のものが錆びにくくておすすめ♪特に外で使うテーブルやチェアは素材に気をつけると良いでしょう!

テントを立てる場所が重要!

   

Instagram (@tsuchan04)

天気の悪いときは、テントを張る場所に注意することが大切です!まず川岸サイトでは増水する恐れがあります。川の近くにテントを立てないようにしましょう!

また、水はけが悪いところを選んでしまうと、テントの床から水が染み込んでくることがあります。雨が降りそうな天気の時は、できる限り砂利など水はけの良い場所にテントを立てることをおすすめします♪

雨キャンプでタープは必須!

   

Instagram (@gotooutcamp)

タープとは野外に張る屋根状のもので、キャンプにおけるリビング空間を作り出します。雨の日はこれが雨よけとなって重要な役割を果たしてくれます。晴れの日には日よけになるのでとてもオススメのアイテムです!
テント設営時にすでに降っている場合、設営はテントよりタープから始めると良いでしょう♪最初に雨をしのぐための広い空間を確保することで、その後の作業がスムーズに進みます!

テント、タープの設営も工夫が大切!

   

Instagram (@new_ibusigin)

タープを建てた後にテントの設営を行います。テントはタープと連結させるように設営するのが正解!これによってテントとタープを行き来する際、濡れることがなく安心です♪

テントとタープは、雨の逃げ道を作っておくことが大切です!張り綱を使ってしっかり張ることを心がけましょう!またタープはポール一カ所を短くして傾斜をつけることで、雨水の逃げ道を作ってあげてください♪

雨が降ると地盤が緩むことで、ペグが抜けやすくなってしまいます。特にタープの場合、ペグとはり綱を使ってきつく引っ張ることにより設営するものです。ペグが抜けてしまうと大変ですね!ペグの上に重い石を置くなどして、抜けないようにすると安心です♪

ごみ袋やブルーシートを用意!

雨が降ったときのために、濡れてほしくないものを入れるごみ袋があると便利です!キャンプに行くときは常に持っておくと、万一の時にもとても重宝します☆

ここで注意してほしいことがあります!それはごみ袋に濡れたものを入れないということです!濡れたものを入れると、密封されて臭くなったり、カビが発生しやすくなります。
濡れたキャンプ道具などは、無理して現地で片付けず、ブルーシートなどに包んでしまうのが得策♪これで蒸れにくくなります。この場合も、自宅に帰ったらしっかりと乾かしましょう!

このブルーシートですが、紐をくくり付けて、タープとして利用しているキャンパーの方もいらっしゃるようです!幅広い使い方があるので、常備していて損はないはず!

雨だからこその楽しみ方がある!

   

Instagram (@akkhstyle)

雨の日にキャンプをしたくないと思う方も多いと思います。キャンプ中、急に雨が降ってくるとテンションが下がってしまいますよね。確かにのびのびとキャンプはできないかもしれませんが、雨だからこその楽しみ方もできますよ♪

例えば読書やパソコンを使った映画鑑賞です♪家でもできるよ!という方もいると思いますが、テントの中で読むからこそ、落ち着いて過ごすことができるはずです!読書に関しては、雨が降ってなくてもする人がいるみたいですよ!ソロキャンプで来た方など、一度やってみてはいかがでしょうか?♪

またファミリーで来たのなら、トランプやUNOなどのカードゲームで遊ぶのもいいと思います☆本やトランプはたいした荷物にもならないので、常備しておくと良いでしょう♪

撤収はタープを最後に!

   

Instagram (@makokichix)

撤収するときも工夫が必要です!まず、次の日も雨の予報が出ていたときは、寝具以外の道具はできるだけ車に積んでおきましょう!これで撤収が非常に楽になります。

朝起きたら雨が降っていたとき、、、
撤収は工夫をしないと、大変です!作業の段取りは以下の手順で行うのがベスト!
1、テントやタープの中の荷物を、ゴミ袋などに入れて車へ
2、テントを素早く、大雑把にたたむ
3、最後にタープを同様にたたみ、ブルーシートにくるむ

重要なのは、タープは最後に片付けるということです!タープは雨よけという重要な役割を担っています。これを先に撤収してしまうと、びしょびしょになって風邪をひいてしまいます!
普段の着替えだけでなく、カッパなどの雨具などをきちんと準備していきましょう!

いかがでしたか?これらのことをしっかり守れば、雨の日でも慌てることなく楽しめるはず!雨は突然降り出すこともあるので、キャンプに行くときは常に雨対策を万全にしておくと安心です♪雨が降っても落ち込まず、いつもと違った過ごし方でキャンプを充実させてください☆


あわせて読みたい記事



新着記事


  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪