キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜もっとそとが好きになる〜
コーヒー

出典:PIXTA

キャンプで至福のコーヒーを!8つの淹れ方と必要な道具28選を紹介

※本記事には一部プロモーションが含まれます

キャンプ・アウトドアの楽しみの1つである、自然に囲まれながら飲むコーヒー。普段よりもゆったり時間を使えるアウトドアだからこそ、コーヒーのいれ方にこだわってみるのもおすすめです。今回はコーヒーのいれ方やおすすめの道具を紹介します!この機会にお気に入りの道具を使って、おいしいコーヒーを味わってみてください。

小池美枝子

監修者

バリスタ・バリスタトレーナー

小池美枝子

  • Instagramアカウント
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

数々のチャンピオンシップ出場を経て現在ではジャッジ(味覚審査員)を務める。2006年ジャパンバリスタチャンピオンシップサイフォンの部優勝、2013年ジャパンコーヒーイングッドスピリッツチャンピオンシップ準優勝。 コーヒー教室「コーヒーアカデミー ドンマイスター」主宰。書籍監修・飲料プロデュースなどもこなす。 理論的かつバリスタやコーヒー界のトレンドをふまえた指導、オリジナルアレンジコーヒー、コーヒーカクテルに定評がある。 テレビ出演「おしゃれ工房」「ラヴィット!」他公式HP

続きを読む

キャンプ・アウトドアでコーヒーを楽しめる8つのいれ方

ハンドドリップを使用したり、エスプレッソを抽出したりと、コーヒーのいれ方はさまざまです。ここでは、アウトドアシーンと相性がいい、おすすめのコーヒーのいれ方を紹介!淹れ方によって、必要なコーヒー豆の量は異なります。コーヒーをつくる前に、一度に抽出できる量を把握しておきましょう。
タイプ別ドリップフレンチプレス直火式エスプレッソメーカーパーコレーターコールドブリュー
画像
コーヒー豆中挽き 中細挽き粗挽き 中挽き細挽き粗挽き 中挽き細挽き

キャンプシーンでメジャーな「ドリップ式」

ドリップ式は、基本のコーヒーのいれ方です。豆の粗さやお湯の温度、お湯の注ぎ方など、細かいテクニックで味わいを微調節できます。フィルターを通すことでコーヒーの雑味を取り除けるので、より繊細な味わいを楽しめるのも魅力。日常的に使っているもので代用できます。 【目安量(マグカップ1杯分)】
  • 湯量:200cc
  • 豆量:11〜16g(中挽きから中細挽き)
  • 完成の液量:170〜180cc
【手順】
  1. ドリッパーをセットして、湯通しをして器具を温める。
  2. 挽いたコーヒー豆を入れ、少量の湯を乾いたコーヒー豆がなくなるように全体に回しかけ30秒ほど待つ。
  3. ドリッパーの中心に少しずつ静かに湯を注ぐ。湯がドリッパーに溜まらないように数回に分けていれる。
  4. 必要なコーヒーの液量ができたらドリッパーを外し、上下にかき混ぜ全体の濃度を均一にする。

手軽なのに本格派「コーヒープレス」

コーヒープレスは、ドリップコーヒーとよく似た味わいをより手軽に楽しめます。プレス機に粗挽きにしたコーヒー豆とお湯を注いで数分放置するだけなので、簡単に安定した味わいのコーヒーを作れるのが魅力です。ドリップコーヒーのようにフィルターを通さないため、ダイレクトな味わいを感じられます。 プランジャー(抽出器具)のタイプは、お湯を入れたら一定時間放置する「フレンチプレス」、空気圧によって手早く抽出できる「アエロプレス」、プランジャーに挽き豆を閉じ込めて浸漬抽出する「アメリカンプレス」です。コーヒープレスの王道「フレンチプレス」を使ったコーヒーの淹れ方を紹介! 【目安量(マグカップ1杯分)】
  • 湯量:160cc
  • 豆量:12~13g(粗挽きから中挽き)
【手順】
  1. 器具を温める。
  2. 挽いたコーヒー豆を入れ、少量の湯を乾いたコーヒー豆がなくなるように全体に回しかけ30秒ほど待つ。
  3. 必要な湯を一気に注ぎ3分待つ。
  4. プランジャーを30秒かけてゆっくり押し下げる。

安定した味を再現できる「直火式エスプレッソメーカー」

キャンプシーンでのビアレッティのモカエキスプレスと珈琲
苦味の強いガツンとくる味わいが特徴のコーヒー。イタリア語の「急行」が語源で、コーヒー豆に圧力をかけて一気に抽出するので、名付けられたと言われています。急速に抽出されていることで、余計な雑味が溶け出さず、コーヒー豆のうまみを凝縮した味わいが特徴です。 ブラックよりも、ミルクをたっぷり注いだカフェラテやカプチーノにして飲むのが好きな方にもおすすめ。蒸気でエスプレッソを抽出するため、少し時間がかかりますが、その分カフェで飲んでいるような本格的な味わいを楽しめます。 【目安量(デミタス1杯分)】
  • 湯量:50cc
  • 豆量:6~9g(細挽き)
【手順】
  1. ボイラーに水を入れる。
  2. フィルターバスケットに挽いたコーヒー豆を入れボイラーにセットしサーバーをしっかり閉める。
  3. 火にかけて待つ。沸騰するとコーヒーが出始め、空気がブシュブシュと出ている音がしてきたら抽出完了。

直火で煮出す「パーコレーター」

コーヒープレスと直火式エスプレッソの中間のような味わいを楽しめるのがパーコレーターです。内蔵されたパイプに何度もお湯を循環させてコーヒーを抽出するため、加熱時間を変えることでコーヒーの濃さを調節できます。一度に数杯分をいれられるので、大人数に使いやすいでしょう。 【目安量(マグカップ1杯分)】
  • 湯量:160cc
  • 豆量:12〜13g(粗挽きから中挽き)
【手順】
  1. ポットに水を入れ沸かす。
  2. フィルターバスケットに挽いたコーヒー豆を入れる。
  3. お湯が沸いたら火から降ろし、フィルターバスケットをセットする。
  4. 再び火にかけ、ふたのつまみ部分から見えるコーヒーの液体の色が好みの濃さになったら火から降ろし、2〜3分落ち着かせてからカップに注ぐ。

暑い季節にもぴったり「コールドブリュー」

水出しコーヒー

出典:PIXTA

冷水や常温水で抽出する水出しコーヒーです。一般的にはあまり知られていませんが、苦味が少なくスッキリとした味わいでコーヒーが苦手な方でも飲みやすいのが特徴。抽出時間が非常に長く、数時間経たないと飲めないものもありますが、ゆったり過ごしたいアウトドアには適しています。 水や冷水を使うので、暑い季節にもぴったり。夜作っておいて、朝に飲むコーヒーとしてもおすすめです。中には短時間で抽出できる器具もあるので、待ち時間を減らしたい方はそちらを選んでみてください。 【目安量】
  • 水量:650cc
  • 豆量:50g(細挽き)
【手順】
  1. ストレーナー(茶こし)に挽いたコーヒー豆を入れ、容器にセットする。
  2. 水を注いで5〜8時間待つ。

無骨キャンパーにおすすめ「フィールドコーヒー」

ケトルでお湯を沸かす

出典:PIXTA

古い歴史のある昔ながらのいれ方です。粗挽きの豆をそのまま入れて煮出す方法で、ドリップコーヒーが誕生する前にスウェーデンで屋外仕事をする人々が飲んでいたと言われています。野性味のある味わいが無骨キャンパーにぴったり。器具などが必要なく、ワイルドスタイルの方におすすめです。

抽出時間なしですぐに飲める「インスタントコーヒー」

インスタントコーヒー

出典:PIXTA

インスタントコーヒーは、コーヒー豆の抽出液を粉末状に仕上げたもの。お湯にサッと溶けるので待つ時間がいらないのが特徴です。 大きな容器に入っているものから一人用のスティックタイプまで種類もさまざま。味のバリエーションも多く、深煎りやラテ、ノンカフェインなど、好みの味が手軽に味わえます。アウトドアでカフェ気分を味わうのにもおすすめです。

こだわりのコーヒーを持っていくのもあり

「キャンプへは自宅で入れたコーヒーを持って行きたい」という方もいるはず。そんな方は水筒を持っていくのもおすすめ。水筒があれば家で淹れたコーヒーを持っていくことも! またコンビニやコーヒーショップによっては、持っている水筒やタンブラーにコーヒーを入れてくれる場合があります。キャンプへ行く前に立ち寄れば、大好きな味をアウトドアでも楽しめるのでおすすめです。水筒は保温効果があるので、寒い季節でも長時間温かいままのコーヒーが飲めます。

キャンプで使えるコーヒーアイテムの選び方

ここからはコーヒーをいれるのが楽しくなるような、キャンプに適したコーヒーアイテムの選び方を紹介します。さまざまな選び方がありますが、自分のコーヒーをいれるスタイルに応じてチェックしてみてください。

好みの味わいをチョイス

コーヒとコーヒー豆

出典:PIXTA

キャンプでコーヒーを楽しむ上で、最も重要な要素のひとつが「味」です。フルーティーなブレンドやコクのあるダークローストなど、自分が好きな豆をチョイスするのがポイント。また同じ豆でも抽出方法を変えれば、香りや味の濃さなども変えられます。 ほかにも味の幅を広げたいなら、シナモンやバニラなど、さまざまなスパイスを使ったフレーバーインスタントコーヒーを試してみましょう。

一度にどれだけいれたいかで大きさを決める

コーヒーアイテムのサイズは、一度にいれたい量によって異なります。ソロキャンプやデュオキャンプなどで一度に1、2杯だけ抽出する場合は、ハンドドリップなどの小さめタイプがおすすめ。逆に大人数で飲む場合には、パーコレーターのように一度に数杯いれられるものを選ぶといいでしょう。

アウトドアシーンでは耐久性のあるものが使いやすい

キャンプで使うコーヒーアイテムを探すときは、耐久性も重要です。熱や寒さ、湿気などで簡単に破損しないような、耐久性のあるアイテムを選ぶのがポイント。 ステンレスやホーローは傷みにくいので、アウトドアでの使用に適しています。中にはガラスタイプなどもありますが、落下やぶつけてしまって破損してしまう可能性もあるので、強度のあるものを選ぶようにしましょう。

コンパクト収納できればソロキャンも身軽

一人キャンプをする予定なら、場所を取らないアイテムを探すことも大切です。折りたたみ式のコーヒードリップは、小さくて荷物のスペースをほぼ取らないのでおすすめ。中には厚さ1mmほどに収納できるものもあるので、コンパクトに持ち運びたい方は選択してみてもいいでしょう。

お気に入りのマグカップにもこだわる

コーヒーをつくるアイテムだけでなく、コーヒーをいれるマグカップも好みのものを選びましょう。お気に入りのマグカップを持っていれば、キャンプがさらに楽しくなります。好みのデザインを選ぶのはもちろん、アウトドアシーンで使うなら、軽量で荷物になりにくいマグカップを選ぶのもポイントです。 サイズは300ml前後がベター。子ども用なら200mlを選ぶと持ちやすく、ちょうどいい量を入れられます。ほかにも素材により風合いや使い勝手が異なるので、総合的に判断して決めるがおすすめです。

手間を減らしたいなら直火タイプを選択

パーコレーターやエスプレッソメーカーを使う予定なら、直火式のものを選ぶと手間が省けます。本体にコーヒー豆と水をセットすれば、コクたっぷりのコーヒーが完成。 ポンピングや混ぜる作業が必要なく簡単です。また、シンプル構造でさっと丸洗いでき、故障などの心配もなくメンテナンスもしやすいでしょう。

アウトドア用ケトルも忘れずにチェック

ケトル

出典:PIXTA

アウトドア用のケトルは軽量で持ち運びしやすいのが特徴。ドリップ式やコーヒープレスでは、アウトドア用のケトルが必須です。 家にある「やかん」でも代用できますが、大きくかさばるため、アウトドア用のケトルを用意した方がコンパクトに持ち運べます。また、注ぎ口にふたがついているものなら、焚き火で使用しても灰などが入りにくいのでおすすめです。

セットになっていると便利

自分にぴったりのアイテムをそろえるのは大変なもの。コーヒーをいれるアイテムが一式セットになっているものなら、そろえる手間がかかりません。キャンプ用に特別に設計されたケース付きのものは、アイテムがぴったり収まるようになっているので、忘れ物も減らせます。見た目もおしゃれで、スッキリと持ち運べておすすめです。

キャンプ・アウトドアのコーヒーをおいしくいれるアイテムを紹介

ここからはコーヒーをいれるうえで必要なアイテムを紹介します。自分のいれたいスタイルやシーン、人数などに応じてぴったりのものを探してみてください。

キャンプにおすすめのマグカップ

家にあるカップで代用できますが、アウトドア用のカップは保温性・耐久性などに長けているのでおすすめ。キャンプといえば、このカップ!というお気に入りのカップが見つかると、いつものコーヒーもさらに美味しく感じられるはずです!

キャンプにおすすめのコーヒーミル

コーヒーミルは、コーヒー豆をひくために必須の道具。アウトドア用のコーヒーミルは、いかにもアウトドアらしいかっこいいものから、便利に使えるものまでさまざま。持ち運びを考慮してコンパクトなものを選んだのでチェックしてみてください。

キャンプにおすすめのドリッパー

ドリッパーは家にあるものでも代用できますが、少々かさばるのが難点。アウトドア用として使うなら、折り畳めるものやコンパクトに収納できるものをおすすめします。

キャンプにおすすめのケトル

お湯を沸かすために必要なのはケトル!ケトルにはさまざまな形が用意されていますが、どのタイプでも問題はありません。お気に入りの形、大きさを見つけてください!

キャンプにおすすめのコーヒープレス

コーヒー初心者の方でも手軽にいれられ、コーヒー豆の香りや風味を楽しめるコーヒープレス。細かい粉も一緒に抽出されるため、口の中で味が持続しやすいのが魅力です。

キャンプにおすすめの直火式エスプレッソメーカー(マネキッタ)

イタリアでは一般家庭でよく使われている直火式エスプレッソメーカー。使うほどにコーヒーの香りが器具になじみ、より自分好みの味を楽しめるアイテムとしてもおすすめです。

キャンプにおすすめのパーコレーター

パーコレーターは、水とひいたコーヒー豆を入れて火にかけておくだけでコーヒーができる便利なアイテム!パーコレーターのフィルターは金属フィルターで目が粗いため、粗めに挽いたコーヒー豆を使うのがポイントです。

キャンプにおすすめのコールドブリュー

アウトドアシーンでも冷たいコーヒーを楽しみたい方もいるはず。氷などをいれてしまうとせっかくのコーヒーが薄まってしまうので、コールドブリューがおすすめです。

キャンプにおすすめのコーヒーセット

まだコーヒーアイテムを集めていないという方はコーヒーセットがおすすめ。デザインも統一されているので、キャンプサイトもオシャレにきまりますよ。

焙煎で本格キャンプコーヒーに挑戦

コーヒー豆の焙煎

出典:PIXTA

キャンプでもっと質の高いコーヒーを味わいたい人は、コーヒー豆を自分で焙煎することをおすすめします!自分で焙煎したコーヒー豆をひいて、ドリップかパーコレーター、好きな方法で楽しんでください。コーヒー豆を焙煎するには、ロースターと生豆の2つが必要になります!それぞれチェックしてみましょう。

ロースターでワンランクアップのコーヒーに

難しそうに感じる焙煎ですが、ロースターを使えば誰でも気軽に行えます。ロースターを使い、焚き火でゆっくりと焙煎するのも新しいキャンプの楽しみになります。

こだわりの生豆を見つける

お皿の上のコーヒー豆

出典:PIXTA

今ではネットでさまざまな種類の生豆を購入できます。代表的なコーヒー豆の特徴を紹介するため、自分にあった豆を探してみましょう!
  • モカ
独特の酸味、甘み、コク、くせになりそうな良い香りが特徴。コーヒーの起源とも言われる豆です。
  • コロンビア
バランスが良いコロンビア国で生産されているコーヒー豆です。日本での流通量が多く、値段が安いことも特徴の1つです!
  • キリマンジャロ
栽培地の標高が2,000mと高いため、味や風味がグッと詰まった高品質なコーヒー豆です。味の特徴は、強い酸味とコク。ほのかにする甘い香りも特徴的です。深く焙煎すると上品なコクが強く出てくるため、自分で焙煎する際には焙煎時間での差を試してみてください。
  • グアテマラ
コクがあり、香りも良好でスッキリした後味の良いコーヒーです。ほかの豆との相性も良く、ブレンドコーヒーに使われているほどバランスの良いコーヒー豆です。
  • ブルーマウンテン
ちょっぴり高価ですが、卓越した香りと酸味、苦味、コクなど総合的にバランスの取れた味わいです。特別な日のキャンプで味わうのはいかがでしょうか? どうでしょう?これだけでも迷ってしまいますが、ぜひお気に入りの豆を見つけて、キャンプでのおいしいコーヒー時間を満喫してきてください!

キャンプでおいしいコーヒーを!

今回は、コーヒーのいれ方やおすすめの道具を紹介しました。BBQで食べるお肉が普段よりも美味しく感じられるように、キャンプでのコーヒーは普段の何倍もおいしく感じます。忙しい日常から離れ、大自然の中で最高の一杯を楽しんでください!

今回紹介したアイテム

商品画像スノーピーク ステンレス真空マグ 300コールマン ダブルステンレスマグ300キャプテンスタッグ モンテ ダブルステンレスマグカップ350GSI ジャバミルスノーピーク フィールドバリスタ ミル貝印 KHS コーヒーミル&ドリッパーカフラーノ オールインワンクラシックOYUNKEY コニカル式電動コーヒーミルMUNIEQ(ミュニーク) Tetra Dripスノーピーク フォールディングコーヒードリッパー「焚火台型」ZAFIELD ポータブルコーヒードリッパースノーピーク フィールドバリスタ ケトルキャプテンスタッグ キャンピングケットルクッカー14cm 1.3Lカクセー PP-06 SOLA Relax -ソラリラ- キャンピングケトルスノーピーク チタンカフェプレス3カップBAYKA フレンチプレスコーヒーメーカービアレッティ MOKA EXPRESS 1cup用スタレッソミニ エスプレッソマシンバラゾーニ 直火式エスプレッソメーカーGSI ステンレス コニカルパーコレーター 8CUPキャプテンスタッグ 18-8ステンレス製 パーコレーター3カップスノーピーク フィールドコーヒーマスターEpeios コールドブリューメーカーWEMUG コールドブリュー ボトルポケトル ポケトルコーヒーキットHARIO V60 アウトドアコーヒーフルセット 8点セットユニフレーム 焚き火ロースターマルカ 豆煎器
商品名スノーピーク ステンレス真空マグ 300コールマン ダブルステンレスマグ300キャプテンスタッグ モンテ ダブルステンレスマグカップ350GSI ジャバミルスノーピーク フィールドバリスタ ミル貝印 KHS コーヒーミル&ドリッパーカフラーノ オールインワンクラシックOYUNKEY コニカル式電動コーヒーミルMUNIEQ(ミュニーク) Tetra Dripスノーピーク フォールディングコーヒードリッパー「焚火台型」ZAFIELD ポータブルコーヒードリッパースノーピーク フィールドバリスタ ケトルキャプテンスタッグ キャンピングケットルクッカー14cm 1.3Lカクセー PP-06 SOLA Relax -ソラリラ- キャンピングケトルスノーピーク チタンカフェプレス3カップBAYKA フレンチプレスコーヒーメーカービアレッティ MOKA EXPRESS 1cup用スタレッソミニ エスプレッソマシンバラゾーニ 直火式エスプレッソメーカーGSI ステンレス コニカルパーコレーター 8CUPキャプテンスタッグ 18-8ステンレス製 パーコレーター3カップスノーピーク フィールドコーヒーマスターEpeios コールドブリューメーカーWEMUG コールドブリュー ボトルポケトル ポケトルコーヒーキットHARIO V60 アウトドアコーヒーフルセット 8点セットユニフレーム 焚き火ロースターマルカ 豆煎器
商品リンク

特集・連載


あわせて読みたい記事