キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

キャンプ・アウトドアで至福のコーヒータイム!淹れ方と必要な道具を紹介

コーヒー豆

キャンプ・アウトドアの楽しみの一つである、自然に囲まれながら飲むコーヒー。普段よりもゆったり時間を使えるからこそ、コーヒーの淹れ方にこだわってみましょう。今回は、コーヒーの淹れ方やおすすめの道具を紹介します!この機会にお気に入りの道具を使って、簡単に美味しいコーヒーが淹れてみましょう!

キャンプ・アウトドアでコーヒーを楽しむ淹れ方

ハンドドリップを使用したり、エスプレッソを抽出したりと、コーヒーの淹れ方はさまざま。ここでは、アウトドアシーンに相性がいい、おすすめのコーヒーの淹れ方を紹介!

ドリップ方式

コーヒーサーバー ドリッパー セット 600ml 4cups アウトドア 割れない 食器 キントー KINTO アルフレスコ ALFRESCO プラスチック製

出典:楽天

ドリップ式は、基本のコーヒーの淹れ方で、豆の粗さやお湯の温度、お湯の注ぎ方など、細かいテクニックで味わいを微調節できます。フィルターを通すことでコーヒーの雑味を取り除けるので、より繊細な味わいを楽しめるのも魅力。キャンプ用に道具をそろえる必要はなく、普段使っているもので代用できます。

コーヒープレス

コーヒープレス
コーヒープレスは、ドリップコーヒーとよく似た味わいをより手軽に楽しめます。プレス機に粗挽きにしたコーヒー豆とお湯を注いで数分放置するだけなので、簡単に安定した味わいのコーヒー作れるのが魅力。ドリップコーヒーのようにフィルターを通さないため、ダイレクトな味わいを感じられます。

直火式エスプレッソマシン(マネキッタ)

コーヒーはブラックよりも、ミルクをたっぷり注いだカフェラテやカプチーノにして飲むほうが好きな方はエスプレッソマシンを使用するのがおすすめです。蒸気でエスプレッソを抽出するため、少し時間がかかったりますが、その分カフェで飲んでいるような本格的な味わいを楽しめます。

パーコレーター

キャンプシーンでのビアレッティのモカエキスプレスと珈琲
コーヒープレスと直火式エスプレッソの中間のような味わいを楽しめるのがパーコレーターです。内蔵されたパイプに何度もお湯を循環させてコーヒーを抽出するため、加熱時間を変えることでコーヒーの濃さを調節できます。一度に数杯分を淹れられるので、大人数に使いやすいです。 ▼パーコレーターを詳しく知りたい方はチェック!

キャンプ・アウトドアコーヒーに必要なおすすめアイテムを紹介

おすすめのマグカップ

家にあるカップで代用できますが、アウトドア用のカップは保温性・耐久性などに長けており、アウトドア用をおすすめします。キャンプといえば、このカップ!というお気に入りのカップが見つかると、いつものコーヒーもさらに美味しく感じられるはずです!
▼アウトドアのマグカップがもっと知りたい方はこちらをチェック!

おすすめのコーヒーミル

コーヒーミルは、コーヒー豆を挽くために必須の道具。アウトドア用のコーヒーミルは、いかにもアウトドアらしい格好いいものから、ピクニックらしいかわいいデザインのものまであります。

おすすめのキャンプ用ドリッパー

ドリッパーは家にあるもので十分に代用できますが、アウトドア用としてコンパクトに収納できるものをおすすめします。ダイソーやセリアといった100円均一ショップにも売っているので、気になる方はチェックしてみましょう。

おすすめのキャンプ用ケトル

お湯を沸かすために必要なのはケトル!ケトルにはさまざまな形が用意されていますが、どのタイプでも問題はありません。お気に入りの形、大きさを見つけてください!
▼その他のケトルが気になる方はこちらをチェック

おすすめのコーヒープレス

コーヒー初心者の方でも手軽に淹れられ、コーヒー豆の香りや風味を楽しめます。そこで今回は、コーヒープレスの特徴やハンドドリップとの違いについてご紹介しよう。コーヒーの香りや風味を味わいたい方には、コーヒープレスはぴったりです!また、細かい粉も一緒に抽出されるため、口の中で味が持続しやすいのも魅力。

おすすめの直火式エスプレッソマシン(マネキッタ)

おすすめのパーコレーター

パーコレーターとは、水と挽いたコーヒー豆を入れて火にかけておくだけで簡単にコーヒーを作れるとても便利な道具です!パーコレーターのフィルターは金属フィルターで目が粗いため、粗めに挽いたコーヒー豆を使うのがおすすめ。
▼パーコレーターについて知りたい人はこの記事をチェック!

焙煎で本格キャンプコーヒー

キャンプでもっと質の高いコーヒーを味わいたい人は、コーヒー豆を自分で焙煎することをおすすめします!自分で焙煎したコーヒー豆を挽いて、ドリップかパーコレーター、好きな方法で楽しんでください。コーヒー豆を焙煎するには、ロースターと生豆の2つが必要になります!

①ロースター

難しそうに感じる焙煎ですが、ロースターを使えば誰でも気軽に行えます!ロースターを使い、焚き火でゆっくりと焙煎する朝はキャンプならではの楽しみです。

②生豆

今ではネットでさまざまな種類の生豆を購入できます。代表的なコーヒー豆の特徴を紹介するため、自分にあった豆を探してみましょう! ■モカ 独特の酸味、甘み、コク、くせになりそうな良い香りが特徴。誰もが聞いたことがある最も古いコーヒー豆です。 ■コロンビア バランスが良いコロンビア国で生産されているコーヒー豆です。日本での流通量が多く、値段が安いことも特徴の1つです! ■キリマンジャロ タンザニア産のコーヒーを日本ではキリマンジャロという愛称で親しまれています。味の特徴は、強い酸味とコク。ほのかにする甘い香りも特徴的です。深く焙煎すると上品なコクが強く出てくるため、自分で焙煎する際には焙煎時間での差を試してみてください。 ■グアテマラ コクがあり、香りも良好でスッキリした後味の良いコーヒーです。他の豆との相性も良く、ブレンドコーヒーに使われているほどバランスの良いコーヒー豆です。 ■ブルーマウンテン ちょっぴり高価ですが、卓越した香りと酸味、苦味、コクなど総合的にバランスの取れた味わいです。特別な日のキャンプで味わうのはいかがでしょうか? どうでしょう?これだけでも迷ってしまいますが、ぜひお気に入りの豆を見つけて、キャンプでのおいしいコーヒー時間を満喫してきてください!

キャンプでおいしいコーヒーを!

今回は、コーヒーの淹れ方やおすすめの道具を紹介しました。BBQで食べるお肉が普段よりも美味しく感じられるように、キャンプでのコーヒーは普段の何倍もおいしく感じます。忙しい日常から離れ、大自然の中で最高の一杯を楽しんでください! ▼それぞれの淹れ方についてもっと詳しく知りたい人はこの記事を記事をチェック

今回紹介したアイテム

商品画像スノーピーク ステンレス真空マグコールマン ダブルステンレスマグ300キャプテンスタッグ マグカップGSI ジャバミル貝印 コーヒーミル&ドリッパースノーピーク フィールドバリスタ ミルミュニーク テトラドリップスノーピーク フォールディングコーヒードリッパー焚火台型ZAFIELD コーヒードリッパースノーピーク フィールドバリスタケトルキャプテンスタッグ ケトルカクセー ステンレスケトルスノーピーク チタンカフェプレス3カップGeneric コーヒー フレンチプレスBAYKA フレンチプレスコーヒーメーカービアレッティ エスプレッソメーカー 直火式 モカエキスプレススタレッソミニ エスプレッソマシンバラゾーニ 直火式エスプレッソメーカーGSI ステンレス コニカルパーコレーター 8CUPスノーピーク フィールドコーヒーマスターキャプテンスタッグ コーヒー ポット パーコレーター今日からあなたも焙煎職人
商品名スノーピーク ステンレス真空マグコールマン ダブルステンレスマグ300キャプテンスタッグ マグカップGSI ジャバミル貝印 コーヒーミル&ドリッパースノーピーク フィールドバリスタ ミルミュニーク テトラドリップスノーピーク フォールディングコーヒードリッパー焚火台型ZAFIELD コーヒードリッパースノーピーク フィールドバリスタケトルキャプテンスタッグ ケトルカクセー ステンレスケトルスノーピーク チタンカフェプレス3カップGeneric コーヒー フレンチプレスBAYKA フレンチプレスコーヒーメーカービアレッティ エスプレッソメーカー 直火式 モカエキスプレススタレッソミニ エスプレッソマシンバラゾーニ 直火式エスプレッソメーカーGSI ステンレス コニカルパーコレーター 8CUPスノーピーク フィールドコーヒーマスターキャプテンスタッグ コーヒー ポット パーコレーター今日からあなたも焙煎職人
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事