キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

【我が家の愛用ギア】キャンプでも挽きたてのコーヒーを飲みたい!珈琲グッズをご紹介♪

コーヒーミルとドリッパー

キャンプで迎えたすがすがしい朝に飲むコーヒー。それだけでキャンプに来てよかった!と思える瞬間ですね。インスタントコーヒーは場所も取らず作り方も簡単ですが、せっかくですから豆から挽いてさらにおいしいコーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか?私が愛用している、サイズがコンパクトでキャンプに適したコーヒーグッズをご紹介します。

コーヒーの色々な淹れ方

コーヒーの淹れ方は色々あります。簡単な淹れ方から器具が必要なものまで様々です。順番に紹介していきます。
コーヒーの入ったコップ

インスタントコーヒー

一番手軽な淹れ方です。粉末状のコーヒーにお湯を注ぐだけで簡単にコーヒーが完成です。最近のインスタントコーヒーはおいしいものも多いですし、外で飲めばこれでも充分おいしく感じられます。

ドリップコーヒー(コーヒーバッグ)

一袋ずつ梱包されているドリップコーヒーです。挽いたコーヒー豆がペーパードリップの中にセットされています。カップにセットして、お湯をゆっくりと上から注げばできあがり。こちらの方が少し手間がかかる分、インスタントコーヒーより薫りがいいですね。ドリップペーパーと挽いた豆がセットになっているので、特別な器具が必要でないのも手軽です。

ドリップコーヒー(豆から自分で挽く)

キャンプ場でコーヒーをドリップしている様子
先ほどのドリップコーヒーとはドリップする点では同じですが、コーヒー豆を器具を使用して挽くところから始めます。挽いた豆をドリップペーパーにセットし、お湯を注ぎます。多少手間はかかりますが、豆を挽くという行為からコーヒーの薫りを楽しむことができ、コーヒーを淹れること自体が楽しいです。もちろん挽きたてコーヒーは味わいも薫りもとてもいいです!我が家ではこの方法でいつもコーヒーを淹れています。詳しい淹れ方は後ほどご説明します。

その他の淹れ方

他にもフレンチプレスという挽いた豆を上からゆっくりプレスして淹れる方法や、エスプレッソを作るためのモカエキスプレスを利用する方法などがあります。

我が家のコーヒーグッズ

我が家で愛用しているコーヒーグッズはこちらです。まず左側がコーヒーミルで、豆を挽くための器具です。そして右側はドリッパーです。
コーヒーミルとドリッパー

コーヒーミル

E-PRANCEコーヒーミル

出典:Amazon

細くて場所をとらないデザインに惹かれて購入しました。似た形では、ポーレックスのコーヒーミルの方が有名ですが、お値段が安いこちらを選びました。値段は1,200円前後と安かったですが、侮ってはいけません!キャンプで使用するのはもちろん、自宅でも毎日1回はこちらを使用していますが購入から3カ月経ってもまったく問題なく使用できています。約2人分の豆を挽くことができます。ハンドルを回す時に、筒を握っている手が滑ることが難点ですが、このコンパクトさはキャンプでも気軽に持ち運べてとても重宝しています。

パーコレーター

キャンプならではのシンプルでワイルドな淹れ方です。挽いたコーヒー豆をパーコレーターという器具にセットして、直火にかけるだけで抽出できます。サイズが大きいパーコレーターを選べば、大人数分を一度に淹れられる長所もあります。ただ、少し薫りが飛んだり粉っぽくなりがちな点もあります。

ドリッパー

ユニフレームのコーヒーバネットcute という商品です。こちらのすごい所は、バネ部分が平らになり、収納する時にぺたんこになります。また、壁面がないのでお湯を注いだ時に発生するガスを逃すことができ、雑味のないおいしいコーヒーを淹れることができます。場所を取らないので、できるだけ荷物を減らしたいキャンパーには本当におすすめです。もし多少大きくても良いのであれば、100円ショップで売っているプラスチックのドリッパーでも代用できます。

実際に淹れてみました

それでは実際に淹れてみましょう。

1.ミルの上部のふたを取って、豆を入れます。

コーヒーミルにコーヒー豆を入れる様子

2.ミルの蓋を閉めて、ハンドルを回して豆を挽きます。

コーヒー豆を入れたコーヒーミル

3.挽いた豆をドリップペーパーの上に乗せます。

挽いた豆をドリップペッパーにセットした様子
豆は平らにした方がおいしく出来上がります。

4.お湯を少量淹れて、30秒蒸らします。

その後、静かに「の」の字を書くようにお湯を注いでできあがり。これでおいしいコーヒーの完成です!

コーヒーセットの収納方法

コーヒーセットの中身一覧
コーヒーセットがばらばらにならないように100円ショップのセリアで購入した袋にまとめています。 ・コーヒー豆 ・コーヒーミル ・ドリッパー ・ドリップペーパー ・砂糖、コーヒーフレッシュ 自宅でもこの袋にまとめています。キャンプに行く時にはこの袋をさっと持ち出すだけですので手間もかかりません。

簡単に作れるおすすめコーヒーを紹介!

おしゃれで入れやすいコーヒーポットを紹介!

おすすめのコーヒードリッパーを紹介!

まとめ

コーヒーカップとさくらんぼ
いかがでしたか?豆から挽くとなるとなんだか難しい、特別な器具がいるんじゃないかと思われた方でも少しのグッズを揃えることで本当に薫りのあるコーヒーを飲むことができますよ。サイズがコンパクトなグッズを選べばキャンプへの持ち運びも楽々です。ぜひキャンプの朝にはおいしいコーヒーをお伴にしてみてくださいね♪

今回紹介したアイテム

商品画像AGF マキシム カフェアラカルトスティック 50本ゴールデンブレンド ドリップコーヒー 100袋キャプテンスタッグ ステンレス製パーコレーターユニフレーム ドリッパー
商品名AGF マキシム カフェアラカルトスティック 50本ゴールデンブレンド ドリップコーヒー 100袋キャプテンスタッグ ステンレス製パーコレーターユニフレーム ドリッパー
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事