グレゴリー大特集!定番から隠れた名品まで、おすすめアイテム26選!

 ファッション

グレゴリーのリュックの写真

グレゴリーと言えばリュックのブランドとして有名ですが、そのデザイン性からアウトドアシーンだけではなく、オシャレなファッションアイテムとしても年代を問わず人気を博しています。今回はそんなグレゴリーのブランド紹介とリュックをはじめとした人気アイテムをご紹介します!


 目次


どこまで知ってる?グレゴリーのこと

アメリカのバックパックブランド「グレゴリー」

サニーデイスペシャルを背負っている女性

出典:Amazon

グレゴリーは1977年にアメリカのカリフォルニア州サンディエゴで設立されたアウトドア系のバックパックブランドです。設立者のウェイン・グレゴリーが22歳の時に会社を立ち上げ、その後、会社を解散。グレゴリーを設立するまでの期間はアウトドアブランドでデザイナーをして様々な経験を得て、グレゴリー設立に至ったそうです。

グレゴリーのリュックは種類が豊富。アウトドアシーンだけではなく、日常ファッションや通勤通学ファッションをオシャレに見せてくれるシンプルな普段使い用のリュックも幅広く展開されています。

シンプルでおしゃれなデザインがグレゴリーの人気の秘密!

グレゴリーのリュックを背負った女性

出典:楽天

グレゴリーの人気の理由は大きく3つ。まず最も大きな理由として挙げられるのがデザイン性です。1つの製品を取っても柄やカラーの選択肢が多いので、自分らしいスタイルに合ったリュックが見つかります。

2つ目は、機能性。大容量なのはもちろん、すぐに物を取り出せるポケットがたくさん付いている点も便利です。また、人の体にフィットするように作られているので安定して背負えて、疲労を最小限に抑えてくれます。

3つ目は、丈夫さ。多少荒い使い方をしても、アウトドアフィールドで使用する事を想定して作られているので、簡単には壊れません。グレゴリーのリュックはとにかく丈夫なので、長く愛用できます。

年代によって変化するロゴ

出典:楽天

グレゴリーのロゴは時代とともに変化してきました。1977年のファーストタグは、社名である「Gregory Mountain Products」の頭文字GMPでロゴが形成され、カリフォルニアのホイットニー山を表現しています。そこから、茶タグや紫タグなど様々なロゴが形成され、現在の直線的なデザインロゴに変わっていきました。

グレゴリーの代表作!定番・人気のアイテム4選

グレゴリー「バルトロ」

出典:楽天

本格的なアウトドア向けのリュックといえばバルトロ!とにかく収納力があり、多くの荷物を詰め込めます。しかしそれだけではなく、多くの荷物を詰め込んで重量が増えたとしても、できるだけ身体に負担がかからないように背負えるのがバルトロのすごいところ。身体にフィットして、長距離の登山でも負担の少ない状態で楽しめます。

<バルトロの口コミをチェック!>

14kgの荷物を入れて2回ほど登ってみましたが、グレゴリーの優れてる点は、なんといっても腰回りのサポート力。(中略)疲れてきたら、ショルダーハーネスを締めて肩を背負う。ピタッとハマると重量感を感じさせない分散力で、少し高い買い物でしたが、機能的には申し分のない高性能ザックで大満足。背面長があってなくて、肩に浮きがでてる人が多いという話も聞きましたが、サイズ選びはわかっている人にみてもらうのが一番です。

さらにバルトロは「カスタムフィット対応モデル」で、ショルダーハーネスはS~Lの3サイズ、ウエストベルトはXS~XLまでの5サイズ、計15種の組み合わせの中から自分にあったものに交換することでベストなフィット感を追及できます。

毎日かたこり。3.0

▼バルトロについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

グレゴリー「デイパック」

オシャレなグレゴリーのリュックが欲しいならデイパックは外せません。コンパクトなサイズながらも使いやすさは抜群。歩いている時や自転車に乗っている時でもショルダーがずり落ちないようにベルトが付いていて、さらにファスナーにも大きなストラップが付いているので開閉もとても便利です。

<デイパックの口コミをチェック!>

定番で何十年も使えて色あせない 質実剛健 ファスナータブの茶レザーが良いアクセント シンプルな構造 必要最低限の小分けも良い 腰のストラップは収納可 エイジングも楽しみ

こた通信

▼デイパックについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

グレゴリー「オールデイ」

大きなポケットが2つ付いたオシャレなデザインのオールデイは使えるシーンが沢山あるリュック。ちょっとサイクリングに出かけたり、町中を散策したり、ピクニックなどのライトな遊びのシーンでも活躍してくれます。ただの大きなリュックというイメージよりは、デザイン性も兼ね揃えているのでこれからアウトドアを初めたいと思っている女性の方にもおすすめですよ。

<オールデイの口コミをチェック!>

このグレゴリーのオールデイはどんな人におすすめなのか?デイパックともデイアンドハーフとも違う点といえば、この絶妙な容量!!あんまり大きいリュックは必要ない人。小柄な体格の人。そんな人に僕はこのグレゴリーのオールデイをオススメさせてもらいます。とても長持ちするリュックなので、ぜひとも!

ゆるゆるリュッカー

▼オールデイについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

グレゴリー「テールメイト」

大人気のウエストバッグ・ショルダーバッグであるテールメイト。腰に巻くこともできますし、肩にかけて使用することもできます。コンパクトでありながら、普段持ち歩くようなスマホ、携帯、カギなどであれば余裕を持って収納可能。ポケットが付いていて小物の収納に便利なことも嬉しいポイントです。

<テールメイトの口コミをチェック!>

街中(この時はアジア)でも使用してみました。たくさん歩きましたが、太いストラップのおかげか、背面のクッション素材のおかげか、肩や背中に痛みを感じることはありませんでした。また、人が多いところではスリを警戒し、斜めがけしているバッグをお腹側に持ってきますが、背中側からお腹側への移動もスムーズにできました。

あと、暑い国では汗をけっこうかくのですが、これも素材のおかげか汗染みを気にする必要がありませんでした。汚れても濡れたタオルでさっと拭けますし。

かたぱんログ。

▼テールメイトについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

おしゃれなグレゴリーのリュックおすすめ8選

グレゴリー「イージーデイ」

出典:楽天

背負い心地の良さではイージーデイがとても人気。ティアドロップ型をしていて、ショルダーから背中への曲線が体にフィットするようになっています。滑らかなフォルムで、おしゃれ好きな女性にも人気が高いデザイン。リュックとしての性能もとても高く、ファスナーが大きく開くので沢山の荷物を上手に整理整頓して入れることができます。また、外側と内側にもポケットが付いていて、収納力の高さでもおすすめのリュックですよ。

<イージーデイの口コミをチェック!>

クラシックなデザインでライトな印象ですが背面とショルダーはしっかりしていて一日中背負っていても疲れにくいです(中略)容量20Lなので少なめに感じますがメインジップがここまでガバっと開くのでかなり物の出し入れがしやすいです 床においてスーツケースのように開いて荷物の出し入れができます

しょしょブログ

グレゴリー「マルチデイ」

リュック兼トートバッグとして使えるマルチデイ。持ち手が付いていて見た目が可愛いのでおしゃれな女性からも人気が高いです。マルチデイで何と言っても特徴的なのは、トップ部分が巾着になっていること。巾着なので荷物の多さに応じて口の閉じ具合を調節できます。人によって荷物の量が変わってくるアウトドアシーンでは嬉しい仕様です。

<マルチデイの口コミをチェック!>

4リットルのペットボトルが丁度2本入る大きさで、買い物用途としても十分な容量があると思います。重い物(ビン物や野菜等)を上まで満杯に詰めると、背負うのが大変(後に倒れそう)な位入ります。

昨日の晩酌日記 by青麺記

グレゴリー「オーバーヘッドデイ」

アウトドア以外にも使えるリュックとしておすすめなのが、この長方形のフォルムのオーバーヘッドデイです。四角いので書類や冊子、ノートパソコンといった角ばったものを綺麗に収納可能。通勤や通学に使っている方が多いです。特に自転車で通勤や通学をしている方は、リュックの中で荷物が散乱して困った、という経験があるのではないでしょうか?このオーバーヘッドデイなら、そんな悩みを解消してくれるはずですよ。

<オーバーヘッドデイの口コミをチェック!>

現行モデルでは以前のものと違ってメインポケット内に小分けポケットが施されています。これは大きな変化だと思うんです!そもそもグレゴリーといえばそういう小分けポケットがなくてメインポケットのみで勝負する潔さ、シンプルさが魅力の一つでした。

こた通信

グレゴリー「カジュアルデイ」

学生から社会人、子育て中のママにも人気なのがカジュアルデイ。グレゴリーのリュックの中でもとてもシンプルなのに、機能性はしっかり兼ね揃えています。子育てママが公園に遊びに出かけたりする時には、22Lという容量で子どもに必要な荷物をしっかり持ち運ぶことが可能。ファスナーはサイドの深い部分まで開くようになっていて、荷物の出し入れがしやすいのも嬉しいポイントです。

<カジュアルデイの口コミをチェック!>

写真で見た限りペラペラなのかな…?と心配でしたがいざとどくと肩のパットはとてもしっかりしてるしチャックも生地も思った以上にしっかりしててとてもよかったです。なにより色がかわいい〜!また違う色も購入したいと思いました(^^)

Amazon

グレゴリー「ファインデイ」

「ファインデイ」は、グレゴリーの一番人気の「デイパック」のDNAを引き継ぎながらスケールダウンし、シンプルにデザインされたアイテム。それほど荷物の多くない日の外出にぴったりです。サイズが小さくなった分、武骨さも軽減され、女性でもスマートに扱いやすいですよ。

<ファインデイの口コミをチェック!>

今までサニーディを愛用していました。少し小さいなぁと思っていたので、今回ファインディを購入。160㎝の私には背負いやすくピッタリでした。普段使いには丁度いい大きさです。

Amazon

グレゴリー「カバートミッションデイ」

スリムで軽量なビジネスバックをお求めの方におすすめなのが、カバートミッションデイです。カバートミッションデイを含むカバート・クラシック・シリーズのコンセプトは"ビジネスバッグに見えないビジネスバッグ"。A4サイズまで収納可能で、ポケットの数が8つと豊富にあるのが特徴です。内部には保護パットが付いたPCスリーブや脱着可能なマルチケースが備わっています。

<カバートミッションデイの口コミをチェック!>

まさかのペットボトル2リットル3本です。ビジネスリュックとしては十分すぎます!弁当も入りますよ!!

ゆるゆるリュッカー

グレゴリー「ファニーデイ」

グレゴリーのファニーデイの画像

出典:Amazon

グレゴリーのリュックでおしゃれをもっと楽しみたいと思っているなら、ファニーデイがおすすめです。ファニーデイは小ぶりなデザインで、女性が持っても大きすぎず小さすぎずファッショナブルな見た目に導いてくれます。素材はキャンバス地。ジュアルなファッションにぴったりマッチしてくれます。アウトドア系のファッションをしたいけど、リュックは少し可愛い雰囲気も出していきたいという方にもぴったりです。

【基本情報】
サイズ:29.0W×35.0H×15.5Dcm
重さ:380g
容量:8L

<ファニーデイの口コミをチェック!>

色はRUSTです。レンガ色で落ちついています。ショルダー部分は黒だと思っていたらカーキ?のような色でレンガ色と相性も良くおしゃれです。小さいですがそれなりに物も入ります。男性が両肩できちんと背負う小さくてバランスが悪いですが片掛けなら大丈夫かなという感じです。作りはさすがグレゴリーなのでしっかりしています。

楽天

グレゴリーのショルダーバッグおすすめ3選

グレゴリー「スウィッチスリング」

出典:楽天

公園に出かけたりなど、少なめの荷物でアウトドアを楽しむ時に最適なのが、ワンショルダーデザインのスウィッチスリング。左右どちら側にでもかけられるのが特徴です。縦開閉のジッパー付フロントポケット内部には小物用スリーブポケットとキークリップが付属。また、大開口のジッパー開閉式メインコンパートメント内部にはスリーブポケットが備え付けられていて、小物の収納にも便利です。

<スウィッチスリングの口コミをチェック!>

普段、財布と鍵、その他小物を持ち歩いてます。今回、このバッグを購入したのは、A4サイズの本が入る大きさが欲しかったので。届いてみると、自分の使用範囲では、最高のバッグでした。一番良かったのは、肩ベルトの小物入れです。当方、J1compactを使っているのでぴったりおさまりました。バッグに入れたままだと着信に気がつかないことが多々あったので、近くで音が聞こえるのは、最高です!

Amazon

▼グレゴリーのショルダーバッグについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

グレゴグリー「パデッドショルダーポーチ」

四角いかわいい形のショルダーバッグ。ストラップを外すとそのままポーチとしても使用可能です。自宅ではポーチとして使い、持ち歩く時はショルダーバッグにするなど使い分けるのもOK。全面にパッドがついていて中身を保護してくれるので、電子機器や貴重品を収納するのにも最適です。

<パデッドショルダーポーチの口コミをチェック!>

大きさは、500mlのペットボトルを余裕をもって入れることができるほど。その上から、長財布やコインケース、ワイヤレスイヤホンなども入れることができるので、最低限必要なものは持ち運びすることができるポーチかなと思います。

マーくん流

▼グレゴリーのポーチについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

グレゴリー「サコッシュ」

アウトドアやフェス、日々の買い物など、幅広いシーンでポケット感覚で身軽に持ち歩けるサコッシュです。ナイロンコードのストラップは着脱が可能で、ポーチとしても使用可能。フロントには小物収納に適したジップポケットが備え付けられていて、使用頻度の高いものの収納の便利です。

<サコッシュの口コミをチェック!>

山で地形図・コンパス・筆記具を持ち歩くのにベストな製品。スマホなどズッシリした物を入れないのが快適に使うコツです。

Amazon

▼グレゴリーのサコッシュについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

グレゴリーの機能的ザックおすすめ7選

グレゴリー「デイアンドハーフ」

出典:楽天

アウトドアシーンをもっと楽しみたいなら、容量をしっかり確保できるデイアンドハーフが最適。登山などのアウトドアはもちろんのこと、キャンプに出かける時の移動用リュックとしても便利です。日常のファッションに取り入れるよりも少し本格的にアウトドア用のリュックが欲しいと思っているなら、デイパックよりもこちらのデイアンドハーフがおすすめです。

<デイアンドハーフの口コミをチェック!>

メッシュポケット内にはキーホルダーが付いています。物を落としやすい僕はこのキーホルダーの存在が非常に重要で、デイアンドハーフパックに付いていて本当に良かったです。

MONOTABI

▼デイアンドハーフについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

グレゴリー「エニーデイ」

大きなポケットが2つ付いたデザインのエニーデイは、利用シーンが幅広いリュック。サイクリングに出かけたり、街中を散策したり、ピクニックなどのライトな遊びのシーンでも活躍してくれます。ただの大きなリュックというだけでなく、デザイン性も兼ね揃えているので、これからアウトドアを始めたいと思っている女性の方におすすめですよ。

<エニーデイの口コミをチェック!>

この素材が欲しく探してグレゴリーを捜し当て外ポケットも大きい一つの深い物と違い分類出来
探しやすいので、とても気にってます。しいて言うなら背中がメッシュではないためかなり暑いです。冬用として使い、夏は背中メッシュのリュックを探します。

楽天

グレゴリー「フラッシュデイ」

トートバッグとデイパックを掛け合わせた2wayデザインのリュック。開口部にはファスナーが付いていて、荷物をしっかりしまえます。小ぶりな印象ながらA4サイズも余裕で収納可能。別売りのシングルポケットが装着可能で、多様に使えるのも嬉しいポイントです。ボトム部は裏地を貼って補強。グレゴリーの特徴である耐久性の高いEVAショルダーストラップも健在です。

<フラッシュデイの口コミをチェック!>

正直最初は結構脆いイメージがありましたwwwでもさすがはグレゴリークオリティ!!丈夫!!(中略)本当に丈夫でいつも重めの荷物を入れていますw

リュックマン

グレゴリー「バウンダリーデイ」

米軍に正式採用されたスピアパックの設計コンセプトが受け継がれた、スピアーシリーズのリュック。製法、デザイン、耐久性など、細部にわたりこだわりのある作りになっていて、普段使いやタウンユースはもちろんのこと、アクティブ派にもおすすめです。背面にはPCとタブレットが収納できるスペースが設けられていて、デバイス類の持ち運びに便利。また、本体には荷物を乱雑に入れても中身が安定できるように、クロスオーバーのサイドコンプレッションが設けられています。

<バウンダリーデイの口コミをチェック!>

・ミリタリー仕様でかっこいいし都会的
・仕事で使う人にはPC専用ポケットがめちゃくちゃ便利
・モーリーシステムが特徴的!グレゴリー公式以外で探せば拡張性は無限?
・パデットケース同時購入がおすすめ(その場合ブラックで合わせたほうが。。。)
と、いろいろ書きましたが、総合的には大満足です!街で被ることがまずないですし、他人と差をつけるにもおすすめです!

とまらない物欲日記

グレゴリー「アルピニスト」

山で使うのに最適なアルパインバック。ミニマルながらも十分な機能を兼ね備えています。35Lの大きさは、日帰りもしくは一泊二日の山小屋泊におすすめ。バックをより軽くすることも可能で、フレームシート、ステイ、ビビーバット、ウエストベルトを外すと450g以上の重量を削ぎ落とせます。

<アルピニストの口コミをチェック!>

アルピニストという名前ですが無積雪期のワンディでも十分使えます。スリーシーズン小屋泊なら十分35リットルでも対応できると思います。何よりこのカラー・アイゼンポケット・グレゴリーという3ポイントが気に入ったわけ。背負い心地などは書きません!といいましたがグレゴリーのザックは自分にとてもあっているのでとても満足しています!もちろん・・・背負い心地・フィット性にもね(^_-)-☆

ゆるけい登山

グレゴリー「ズール 30」

流線型で軽量な「ズール&ジェイド」が進化したリュック。背面の長さを調節することができ、通気性も高いです。つまり、フィット感も通気性も兼ね備えているということ。どちらもリュックには重要な要素なので嬉しいですね。また、足を上げるのに合わせてヒップ・ベルトが旋回して動くので、腰回りにスムーズにフィットして浮き上がるような感覚をもたらします。このフィット感と肌触りと使い勝手の良さで、一度使えばきっとお気に入りになるでしょう。

細身のスタイルな為、嵩張らず背中への貼り付き感はとてもイイ感じでして、背負った感じは自分の背中からはみ出さず、もう背骨感(?!)といいましょうか、全く振られることもなく快適な背負い心地でした。背負い心地だけ良ければもうそれでいいように思いますね。

っかり山岳部~2nd

グレゴリー「アルパカRT」

防水生地と止水ファスナーを使用して作られた耐久性の高いパック。開口部はロールトップ式で、荷物の量に合わせてサイズの微調整が可能。また、サイドファスナーからダイレクトに本体へアクセスできるので、PCもスマートに取り出せます。通勤や通学として、また自転車移動でも活躍間違いなしです。

<アルパカの口コミをチェック!>

思ったよりも荷物が入ると思いました。上の開け閉めは手間ですが、防犯的には逆にいいと思います。横から中の物を取り出せるので使いやすいです。

Amazon

グレゴリー×ビームス!コラボアイテム4選

グレゴリー×ビームス デイパック40th記念モデル

40周年を記念してビームスとコラボしたデイパック。黄色と赤の奇抜な切り返しが目を引くおしゃれなリュックです。タグが、1983年から7年間だけ使用されていた茶タグになっているのも、古くからのファンには嬉しいポイントです。

機能性に耐久性に優れ、デザイン性も人気のグレゴリーのバッグです。これまで注目していなかった人は、この機会にグレゴリーの40周年記念モデルを手に入れてみるのもいいかもしれませんね。一度使うと、グレゴリーバッグの虜になってしまうかもしれませんね。

Men`s Modern

グレゴリー×ビームス ヒップメイト 40th記念モデル

40周年モデルのヒップメイト。こちらも先述のデイパック同様、黄色と赤色の切り返しが目を引きます。デイパックよりもかなり小さいので、ワンポイントとしてファッションに取り入れるのも素敵ですよ。

財布、スマホ、車の鍵は必ず持ち歩くので、パンツのポッケに入れてましたが、コレに全て入れて、たすき掛けする事でパンツがストレスフリーになる優れものです。ジッパータブは付いていないので自作がオススメです!小さいですが何と言っても所有する喜びに浸れます。

Amazon

グレゴリー×ビームス ナイスデイ

ビームスボーイ限定ナイスデイ。グレゴリーで不動の人気を誇る「デイパック」と「ファインデイ」の中間のちょうどいいサイズ感に仕上がっています。ライニングにはヒートエンボス加工でグレゴリーとビームスボーイのロゴが配されたスペシャルな仕様。ブランドタグには、ビームスボーイ別注アイテムで使用されている、通称“紫タグ”を踏襲したカラーリングが採用されています。ユニセックスで使用できるシンプルさが◎ちょっとしたお出かけからアクティブシーンまで、毎日持ち歩きたくなるアイテムです。

グレゴリー×ビームスプラス 別注ミッションパック

グレゴリーのミッションバッグの画像

出典:Amazon

グレゴリーの旧ロゴを配したビームスプラス別注の3wayバッグです。ブラックなので、普段使いはもちろんのこと、ビジネスシーンでも活躍すること間違いなし。落ち着いたデザインながら、旧ロゴの微妙なアクセントがおしゃれです。

【基本情報】
カラー:ブラック
サイズ:38.5W×30.5H×13.5Dcm
素材:ナイロン

今でも現役で使っているグレゴリーミッションパック。ヨレヨレ、汚れで使用限界になっていたが、『復刻』に目が留まり早速購入した。現物比較しましが、復刻版と言って良いと思います。ただ、リュックにしたときのハンドルがついていないので改良して欲しい。ショルダーストラップがセットになっていたので嬉しかった。3wayバッグで重さが600g、それで耐久性もある。満足しています。

楽天

▼グレゴリーの3wayバッグについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

▼グレゴリーとビームスのコラボアイテムについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

グレゴリーはトートや財布も人気!

グレゴリー「ティーニートート」

出典:楽天

グレゴリー定番の斜めファスナーが印象的なティーニートート。底部分のマチが広めでパッドも入っているので、たとえばお弁当など、傾けたくないものでも持ち運びやすいです。開閉口にはジッパーが付いているので、閉めておけば中身が見えてしまう心配もありません。

▼グレゴリーのトートバッグについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

グレゴリー「コインワレット」

丸みを帯びたフォルムが可愛いコインケース。ファスナーがL字に開くので、小銭もの取り出しにももたつきません。内側にはスリットポケットがあり、折り畳んだ紙幣やレシートの収納に便利。さらに背面にはカード収納用スリーブも付いています。

▼グレゴリーの財布についてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

▼グレゴリーのランタンバッグも可愛いんです!あわせてチェック!

グレゴリーの店舗をチェック!

出典:楽天

様々なグレゴリーのリュックを比較したいとなったら、直営店に行くのが一番。特に原宿店は、最近移転リニューアルされて、コンセプトのある展示ごとに参考にできます。グレゴリーの直営店は東京を中心に11店舗が展開されています(2020年3月18日現在)。直営店の他にショップインショップも。下記のリストをチェックして最寄り店舗に行ってみましょう!

店舗一覧はこちら:グレゴリーの取り扱い店舗

▼グレゴリーのアウトレット店舗もあわせてチェック!

グレゴリーのバッグでもっとおしゃれに!

出典:楽天

グレゴリーのアイテムは種類が豊富でどれを買えばいいのか悩んでしまいますよね。グレゴリーのリュックは本来、アウトドア用として品質の高いバリエーションが用意されていました。それゆえ機能性も高いので、便利に長く使えるおしゃれなバッグが欲しい方、グレゴリーは要チェックですよ。


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪