【その歴史40年】グレゴリーのデイパックが愛される理由!

 ファッション

グレゴリーのデイパックを背負う後ろ姿

グレゴリーのデイパックは人気のアイテム!1日分の荷物を入れるのにはジャストのサイズにおしゃれなカラーリングでアウトドアからタウンユースまで幅広く使えるのが長年愛される理由です。今回はそのデイパックの魅力を似ているモデルとの違いを指摘しながら紹介します。


 目次


お手軽さが人気!デイパック

デイパックの起源はクライマーのためのバックで、1日分の荷物が入れられることからその名前がつきました。大きすぎず小さすぎないちょうど良いサイズなので、日帰りの登山やトレッキングにぴったりのバックです。最近では普段使い用として購入する人も多く、街でも背負っている人をよく見かけますね。

デイパックタイプのリュックは、たくさんのブランドから販売されていますが、デイパックといえばやはりグレゴリー!「デイパック」という名前もグレゴリーが始まり、という説もあります。そんなデイパック、2017年で登場して40周年になりました。そんなに長く愛される理由は一体どこにあるのでしょう?

これが定番!グレゴリーのデイパック

グレゴリーのリュックを背負った女性    

出典:楽天

「デイパック」はグレゴリーの定番かつ人気モデル

デイパックの特徴はフロント部にある斜めのポケット。斜めになっているので開け口が横のポケットより大きく開き、荷物が取り出しやすくなっています。ファスナーの持ち手も大きめのものを使用しているのでポケットの開け口が広いだけでなく開けやすさも◎。フロントポケットはバックを背負いながら開け閉めすることも多いので嬉しい工夫ですね。

容量は?

容量は26Lと1日分の荷物を入れるには十分なサイズ!中にはPCなどがちょうど良く入るスリーブと小物をまとめて入れやすいメッシュポケットがあります。これは普段持ち運ぶ荷物の種類が多い人にはありがたい収納です!

背負いやすさ抜群!

また、アウトドアで使う時に大事なポイントがバックの背負いやすさとフィット感。ショルダーストラップには「EVA」というクッション性に優れた素材が入っており、長時間背負っても疲れないように工夫されています。加えて、ショルダーストラップと本体の連結部にはウイングというパーツが使われていて、運動していてもフィット感が損なわれないようにもなっています。

1日分の荷物を入れることができても1日中背負うことができなかったらバックパックとして失格減点ですよね。その点、疲れにくく背負いやすいこのデイパックは優れています。

バックの生地に使われているナイロンは耐摩耗性に優れた素材で、アウトドアで使っても簡単に壊れたりしません。なんと、このデイパックを10年以上使っている人もいるほど。

コーデしやすいシンプルなデザイン

形はティアドロップ型と言われる三角形のような形をしており、シンプルだけどキュートでつい背負いたくなります。カラーバリエーションも豊富で10色以上もあり、個人の好みに合わせて色が選べるのが嬉しいポイント。あなたもお気に入りの色が見つかるはず!

機能性が優れている上、アウトドアでもタウンユースでも使い勝手もいいのがデイパックの人気の秘訣です!

デイパックの定番&別注モデルをチェック!

ブログのレビューをチェック!

良いところをまとめておきます!!

・定番で何十年も使えて色あせない
・質実剛健
・ファスナータブの茶レザーが良いアクセント
・シンプルな構造
・必要最低限の小分けも良い
・腰のストラップは収納可
・エイジングも楽しみ
(中略)
デメリットを挙げておくと、バッグの上部に手持ち用の掴むところが欲しいんですよね。
電車の中で手に持ったりするのに掴むとこがないとね。

こた通信

ブログのレビューをチェック!

私が購入したのは、HDナイロンを使用しているモデルで4年経った今も劣化した感じが見られません。防弾チョッキの素材に使用されているだけあって頑丈にできています。

背中が当たる部分については、汗が付くのでにおいとか大丈夫かなと思っていたのですが、4年たった今のところ臭くないです。臭くなっても洗濯機で丸洗いすれば大丈夫です。容量は日々の買い物ぐらいなら余裕なんですが、1泊以上の荷物となるとパンパンになってしまうのでもっと容量の大きいバッグをお勧めします。

BLOG コレです。(BLOコレ)

デイパックの機能性に関しては満足している人が多く、長く使っている人の評価は高いです。ただ、グレゴリーのデイパックは他ブランドのものに比べて値段が高め。

初めて買うには手が出しにくいという人もいますが、レビューにあるように10年以上使っている人だって少なくありません。使えば使うほど満足していくこと間違いなしです!

デイアンドハーフ、ハーフデイとの違いは?

グレゴリーには、デイパックの他にも名前の似た「デイアンドハーフ」と「ハーフデイ」という2種類のリュックがあります。デイパックを含めたこの3種類、何が違うの?という方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回はそんな3種類のリュックの特徴を紹介していきます!

ブログのレビューをチェック!

実際に背負ってみると、さすがアウトドアのザックブランド。
ショルダー部が他のデイパック型リュックとは一線を画すクッション感。

重みが分散される感じがある。
適切な表現か分からないが、そこそこ中身を入れていても背負うとあまり入れていないような感覚になる。

THE RETURN OF GSSMBOY

ブログのレビューをチェック!

このリュックの最大の特徴!メインポケットしかないという点!!
これをメリットと捉えるかデメリットと捉えるかは人それぞれです。
僕にとってはメリットです。
それにこのメインポケットのみの点がデイアンドハーフの特徴です。

ゆるゆるリュッカー

3つの中であなたに合っているのはコレ!

デイパックがおすすめなのはこんな人!

デイパックは、ピクニックなど手軽に行けるアクティビティによく出かける人、普段でもバックをよく使う人のおすすめです。

大きすぎず、小さすぎないのがデイパックのいいところ!日帰りのアクティビティならスペースに余裕ができすぎて荷物が動いてしまうなんてことはありませんし、持っていく荷物が入りきらないなんてこともありません。形が可愛くカラーも豊富でおしゃれなので、普段も使えます!アウトドアにタウンユースと使い方が幅広いのがデイパックの魅力です。

デイアンドハーフがおすすめなのはこんな人

デイアンドハーフは、登山や旅行など長時間バックを背負う必要がある人におすすめ。

容量が33Lと登山や1泊2日ぐらいの旅行をするにはちょうどよいサイズに加え、背負っても疲れにくいようにウエストベルトが太くなっているのがポイント。アウトドアでは長時間バックパックを背負いっぱなしなんてこともあるので、背負いやすさは大事ですよ!

ハーフデイがおすすめなのはこんな人!

ハーフデイは、サイクリングが趣味の人や、自転車通学・通勤している人におすすめです。

ハーフデイの特徴はコンパクトでスリムだということ。そのためサイクリング中に背中の荷物が邪魔だと感じにくいです!コンパクトと言っても着替えやタオルを入れるのには十分なサイズ。普段自転車通学や通勤をしている人にもおすすめです!

ここまで見てきた特徴を見やすいように表にまとめました!

デイパック、デイアンドハーフ、ハーフデイの比較表    

グレゴリーの他製品

グレゴリーはデイパックだけでなく、他にもたくさんのバックパックを出しています。デイパックと同じように優れたものばかり!またビームスとのコラボもしており、今後も他ブランドとのコラボがあるかもしれません。

グレゴリーのバックパック10選▽

グレゴリー×ビームスについてはこちら▽

デイパックの代名詞グレゴリー

@s.h.i.b.a.1017が投稿した写真 -

グレゴリーのデイパックはしっかりとした機能性からくる使い勝手の良さとシンプルなデザインが長年愛されている理由です♪そのアウトドアでもタウンユースでも活躍するデイパックを持っていろいろなところにお出かけしましょう!


あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪