hinata

>

ファッション

>

アウトドアブランド

>

グレゴリー

>

【その歴史40年】グレゴリーのデイパックが愛される理由!

【その歴史40年】グレゴリーのデイパックが愛される理由!

 ファッション

グレゴリーのデイパックを背負う後ろ姿

グレゴリーのデイパックは人気のアイテム!1日分の荷物を入れるにはジャストのサイズにおしゃれなカラーリングでアウトドアからタウンユースまで幅広く使えるのが長年愛される理由です。今回はそのデイパックの魅力を似ているモデルとの違いを指摘しながら紹介します。


 目次


お手軽さが人気!デイパック

デイパックの起源はクライマーのためのバックで、1日分の荷物が入れられることからその名前がつきました。大きすぎず小さすぎないちょうど良いサイズなので日帰りの登山やトレッキングにぴったりのバックです。
最近では普段使い用として購入する人も多く、街でも背負っている人をよく見かけます。

たくさんのブランドからこのデイパックは販売されていますが、デイパックといえばグレゴリーです!この「デイパック」という名前もグレゴリーが始まり、という話もあります。なんと2017年でデイパックが登場して40周年!そんなに長く愛される理由は一体どこにあるのでしょう?

今回はそのグレゴリーのデイパックについて解説します!

これが定番!グレゴリーのデイパック

頑丈なバッグで非常に重宝しています。かれこれ15年程前に購入し、学生時代から授業からライブ、旅行からハイキングまで色々な場面を共にしてきました。リュックタイプのバッグはコレ以外考えられないですね。重いものを背負ってもガッチリホールドしてくれるので、疲れも軽減されます。本当にお勧め。リュックタイプのバッグでは殿堂入りさせてもいいほどの傑作だと思います。

amazon.co.jp

商品は思ったよりいいですね。見た目よりものも多く入ります。たすかる。シンプルなデザインも気に入りました。がしかしコストパフォーマンスがよくない!。その点が惜しいだけです。あとは何年持つかで星を二つ追加するかどうかですね。

amazon.co.jp

デイパックの機能性に関しては満足している人が多く、長く使っている人の評価は高いです。ただ、グレゴリーのデイパックは他ブランドのものに比べて値段が高め。

初めて買うには手が出しにくいという人もいますが、レビューにあるように10年以上使っている人だって少なくありません。使えば使うほど満足していくこと間違いなしです!

似ている名前のデイアンドハーフとハーフデイとの違いは?

グレゴリーには、デイパックの他にも名前の似た「デイアンドハーフ」と「ハーフデイ」という2種類のリュックがあります。デイパックを含めたこの3種類、何が違うの?という方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回はそんな3種類のリュックの特徴を紹介していきます!

背負った瞬間に背中に吸い付くようなフィット感です。すごく良いです!私は身長が181cmあり、一般的な20〜30L前後のバックパックではこじんまりしていて体に合いませんでした。体の大きな小学六年生が小さいランドセルを背負うみたいにアンバランスでした。デイアンドハーフのサイズですと、体とのサイズ感もしっくりきます!

amazon.co.jp

小学校高学年の男の子用に、少し子供用としては高いものだが、長く使えるものということで自身も20数年愛用しているグレゴリーのデイパックの中からチョイス。同じ生地のデイアンドハーフは20年以上愛用できたので、子供が社会人となっても使ってもらえると安い買い物になると思います。

amazon.co.jp

3つの中であなたに合っているバックパックはコレ!

ピクニックなど手軽に行けるアクティビティによく出かける人、普段でもバックをよく使う人は
デイパック!

大きすぎず、小さすぎないのがデイパックのいいところ!日帰りのアクティビティならスペースに余裕ができすぎて荷物が動いてしまうなんてことはありませんし、持っていく荷物が入りきらないなんてこともありません。

形が可愛くカラーも豊富でおしゃれなので、普段も使えます!アウトドアにタウンユースと使い方が幅広いのがデイパックの魅力です。

登山や旅行など長時間バックを背負う必要がある人は
デイアンドハーフ!

容量が33Lと登山や1泊2日ぐらいの旅行をするにはちょうどよいサイズに加え、背負っても疲れにくいようにウエストベルトが太くなっているのがポイント。アウトドアでは長時間バックパックを背負いっぱなしなんてこともあるので、背負いやすさは大事ですよ!

サイクリングのお供として。また、自転車通学・通勤している人には
ハーフデイ!

ハーフデイの特徴はコンパクトでスリムだということ。そのためサイクリング中に背中の荷物が邪魔だと感じにくいです!コンパクトと言っても着替えやタオルを入れるのには十分なサイズ。普段自転車通学や通勤をしている人にもおすすめです!

ここまで見てきた特徴を見やすいように表にまとめました!

デイパック、デイアンドハーフ、ハーフデイの比較表    

グレゴリーの他製品

グレゴリーはデイパックだけでなく、他にもたくさんのバックパックを出しています。デイパックと同じように優れたものばかり!またビームスとのコラボもしており、今後も他ブランドとのコラボがあるかもしれません。

グレゴリーのバックパック10選▽

グレゴリー×ビームスについてはこちら▽

デイパックの代名詞グレゴリー

@s.h.i.b.a.1017が投稿した写真 -

グレゴリーのデイパックはしっかりとした機能性からくる使い勝手の良さとシンプルなデザインが長年愛されている理由です♪そのアウトドアでもタウンユースでも活躍するデイパックを持っていろいろなところにお出かけしましょう!


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪