キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

グレゴリーのオールデイの魅力を解説!おすすめコーデも紹介!

グレゴリーのオールデイを取り入れたコーディネート

グレゴリーのオールデイは普段使いでおしゃれでかっこいいコーデも簡単にできちゃう上に、登山でも使える優れもの!そんなオールデイの4つの魅力とおすすめコーディネートを紹介します!

オールデイの4つの魅力

グレゴリーのオールディの内側

出典:Amazon

高い耐久性

アウトドア用バッグパックを作り続けてるグレゴリー。普段使いのバックパックでも高い耐久性があります。オールデイの中でも特にバリスティックナイロン生地を使った、HDナイロン製のオールデイは通常ナイロンの約4倍の密度があり、ハードな登山にも耐え得る耐久性があります。

普段使いしやすいサイズ感

グレゴリーのオールデイの容量は24Lも入るので、普段のおでかけにはもちろん、1泊分の荷物も余裕で詰められる使い勝手の良いサイズです。また、リュックのサイドに4本の調整用のコンプレッションストラップが付いているので、荷物が少ないときにはベルトを締めることですっきり見せてくれるのも魅力的です。

抜群の収納性

グレゴリーのオールデイ

出典:楽天

リュックはたくさん入る分、物の出し入れに時間がかかることが難点。グレゴリーのオールデイは収納性能が高く、そんな悩みも解決してくれます!オールデイにはフロントに縦型ジッパーのポケットが付いているので、出し入れの多いものを収納しておけば、探す手間も省けます。また、メイン内側にもPC収納ポケットや小物が入れられるポケットが付いており、荷物の整理整頓がしやすいつくりになっています。

体にフィットする背負い心地

グレゴリーのオールデイ

出典:楽天

たくさん荷物が入っても、背負い心地が悪いと疲れてしまいますよね。グレゴリーのオールデイは肩が痛くならない工夫や重さを感じにくい設計で作られています。特にショルダーベルトは、人体にフィットするカーブで設計され、クッション性の高いベルトになっているので、重い荷物でも肩が痛くなりにくいです。また、登山リュックについてることが多い、チェストベルトとウエストベルトもついているので、重い荷物もしっかりと固定され、重心が肩だけでなく腰にも分散されることで重さを感じにくくなっています。

コーディネートしやすいデザイン

グレゴリーのオールデイは、シンプルでかっこいいデザインのものから、かわいくておしゃれなデザインのものまで幅広く展開しています。自分のスタイルに合わせてコーディネートできるのもうれしいポイントです!シンプルなリュックは、普段使いはもちろん仕事用にもぴったり!柄のリュックはコーデのアクセントになり、取り入れるだけでおしゃれ度がアップしますよ!

旧バージョンとの違い

旧ロゴマークの入ったグレゴリーのリュック

出典:Amazon

現在のオールデイは『V2.1』というバージョンアップされたデザインのものになっています。旧バージョンの違いは4つあります。リストで見比べてみましょう。
名称オールデイ(旧)オールデイ(V2.1)
容量22L24L
ボトルポケットなしあり
メインジッパーフルオープン半分まで開く (ボトルホルダー部分まで)
ウエストベルト収納不可収納可能
V2.1では容量が24Lにアップし、ボトルポケットが付いたのが大きな違いです。メインジッパーの開閉は、ボトルポケットが付いたことにより、旧バージョンではフルオープンできましたが半分までの開閉になりました。また、デイパックの場合、ウエストベルトは普段あまり使用しない場合が多いので、収納できる仕様になったのはうれしいポイントです!
グレゴリーのロゴ

出典:楽天

機能の部分だけでなく、オールデイには現在のロゴタイプと旧バージョンのロゴタイプが存在します。グレゴリーは2016年にロゴの変更があり、現在は直線的な形のロゴですが、旧バージョンでは少し丸みの帯びたロゴタイプでした。旧バージョンのロゴは、現行品では取り扱いがないためレア品として注目を集めています!

オールデイと人気モデル『デイパック』『ハーフデイ』を比較!

オールデイと同じくらい人気な商品、グレゴリーの「デイパック」と「ハーフデイ」。一体どのような点が違うのでしょうか。比較してみました!
名称オールデイデイパックハーフデイ ミニ
画像
容量24L26L16L
サイズ27×47.5×17cm40×45.5×16.5cm22×40×15cm
ウエストベルトありありなし
ボトルポケットありなしなし
ポケット数5(外側3、内側2)3(外側1、内側2)2(外側1、内側1)
この3つの一番の違いは容量です。ハーフデイはオールデイに比べて容量が少ないので、街で普段使う時向けです。オールデイはハーフデイに比べて容量が大きい分、本体に厚みがあります。 一方、よりアウトドア向きな容量のデイパック。こちらはポケット数などの機能性はオールデイより劣りますが、軽量性に優れています。軽いハイキング、旅行などにも使えるのがデイパックです。 街で主に使う場合ハーフデイ、アウトドアで主に使う場合デイパック、街でもアウトドアでも使いたい人用がオールデイと言えます。

グレゴリーオールデイおすすめカラー紹介!

グレゴリーのオールデイは種類も豊富!ここでは中でもおすすめの機能・カラーの商品を紹介します!

グレゴリーオールデイを使ったおすすめコーデを紹介!

グレゴリーのオールデイは男性でも女性でもおしゃれに使える万能リュックです!ここでは、オールデイを使ったおすすめコーデを紹介します。

メンズコーデ

グレゴリーのオールデイコーデ

出典:楽天

どんなコーディネートにも合わせやすいブラックのオールデイを使ったコーデ。グレーのトップスに薄いパープルのパンツを合わせた淡いトーンのファッションにも、ブラックのオールデイを合わせるとコーデが締まって見えます。

レディースコーデ

グレゴリーのオールデイコーデ

出典:楽天

シンプルなモノトーンコーデのアクセントとして、花柄のオールデイを合わせたコーデ。オールデイがボリュームのあるリュックなので、細身のパンツを合わせることで、スッキリした印象になります。

シーンを選ばない万能リュックのオールデイ!お気に入りを見つけて出かけよう!

グレゴリーのオールデイは使うシーンを選ばない万能なアイテムです!耐久性も高いので、普段使いだけでなくアウトドアでハードに使うこともできます。カラー展開も豊富なので、お気に入りを見つけて普段使いからアウトドアまで幅広い外遊びの相棒にしましょう! ▼オールデイ以外にも、グレゴリーについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

今回紹介したアイテム

商品画像グレゴリー オールデイ グレゴリー デイパックグレゴリー ハーフデイ ミニグレゴリー オールデイ ブラックグレゴリー オールデイ HDナイロングレゴリー オールデイ ガーデンタペストリー
商品名グレゴリー オールデイ グレゴリー デイパックグレゴリー ハーフデイ ミニグレゴリー オールデイ ブラックグレゴリー オールデイ HDナイロングレゴリー オールデイ ガーデンタペストリー
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事